Hatena::ブログ(Diary)

夏かしのブログ

2012-12-31

AKB48が今年(2012年)の日本レコード大賞を受賞したことを、ふさわしくないと思われる方がいるようですが…

今年の日本レコード大賞AKB48の「真夏のSounds good!」に決まりました。結果として、AKB48は去年の受賞に続いて、2年連続の受賞になりました。

AKB48の受賞に関しては、ネットでは色々と議論があるようです。しかし、私は今年の日本レコード大賞AKB48で構わなかったと思っています。まず、簡単に述べてから、詳細に記することにします。

日本レコード大賞は歴史があるので有名ですが、その意義は前世紀において既に失われていると思います。それに、公正な賞ではありませんので、その受賞曲についてとやかく言うほどの意義もないと思っています。今世紀になってからの受賞者を見るならば、AKB48の受賞だけに違和感を感じる人は少ないのではないかと思います。なお、私としては、日本レコード大賞に関するマスコミ報道が多すぎるという意見には、同意します。

それから、今年のオリコンにおけるシングルチャートの22位までは、AKB48グループと、ジャニーズが占めているという現実があります。オリコンのチャートを絶対視する必要はないのですが、トップ100に入っていない曲を歌っているアーティストがレコード大賞をとったとしたらば、別の意味で、違和感を持つ人がいると思います。このことも考えるならば、AKB48以外に妥当な候補を私は思いつきません。なお、ジャニーズのファンが、何で嵐が受賞しないのかとおっしゃるのであれば、その趣旨はわかります。

それから、今回のAKB48の受賞に異論があることをネットに書き込もうと考えられている方は、その前に、今世紀になってからの受賞者と、オリコンの年間シングルチャートの100位までを把握することをお勧めします。それを把握していないでネットで発言すると、単に鬱積を晴らすために発言していると解釈される危険性があるからです。


以下、詳細にウダウダと記載します。

日本レコード大賞は、wikipediaに「『日本レコード大賞は、1959年に始まった日本で最も有名な音楽に関する賞である。」と書いてありますので、きっとそうなのだと思います。少なくても、今年(2012年)、剛力彩芽さんが受賞して報道された様々な賞(例:ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー)よりは有名です。剛力彩芽さんがそれぞれの賞を受賞するたびに報道されたのですから、日本レコード大賞の結果が報道されること自体には、その程度はともかくとして、意義を唱えるものではありません。

しかし、日本レコード大賞が、公正な判断基準で受賞曲が選ばれてる賞という認識は、私にはありません。そもそも、音楽の嗜好が多様化している現在では、あるアーティストとその曲を、その年を代表するものとして、公正に選ぶということが難しくなっています。そのようなことが可能であったのは1980年代までだったと思います。これに関しては、今世紀になってからの受賞者を見れば分かると思います。

それから、日本レコード大賞は、音楽業界やTBS(放送局)の意向が反映される賞です。それが印象的であったのは、1997年にミリオンセラーとなった「白い雲のように」を歌った猿岩石有吉弘行森脇和成)が、最優秀新人賞にならなかったことです*1。何故ならば、この歌は日本テレビの番組である「進め!電波少年」をキッカケに生まれたからです。

音楽業界において、発売されたCDの売上を測る指標はあります。引用されることが極めて多いのは、オリコンによるシングルCD売り上げランキングです。しかし、このチャートの存在価値は、一人のファンが複数枚のCDを買うアーティストの出現により、急激に損なわれてしました。以前から、好きなアーティストのCDを複数枚買う人はいましたが、その人数や度合は、多くの人が違和感を感じるほどではありませんでした。しかし、AKB48のファンの場合はそのレベルが桁違いです。

AKB48のCDには複数versionが発売されており、これを全て購入するファンが多いようです。この他に、複数枚のCDを買うことを促す特典がCDには付いています。特にAKB48選抜総選挙の投票権が付いているCDは、大量に購入するファンが多いようです。この結果、特典を得ることがCD購入の目的であり、CDはおまけで付いているという認識のファンが少なくないようです。

このような複数枚購入のことがあるので、他のアーティストの売上とAKB48の売上を単純に比較すると、不公平です。私は、AKB48選抜総選挙の投票権が入っているCDは、売上枚数の5分の1、その他のCDは3分の1に補正してから比較することが妥当だと考えています。

複数枚を購入する効果は、今年のオリコン・年間シングルチャートを見れば明らかです。これによると、1位から5位をAKB48が占め、AKB48の姉妹グループであるSKE48が、8位から10位を占めています。なお、6位と7位は嵐です。

そして、22位までを、AKB48グループ(AKB48SKE48NMB48)の12曲と、ジャニーズのグループ(嵐、エイトレンジャーKis-My-Ft2 …)の10曲が占めています。

1位の「真夏のSounds good!」(AKB48AKB48選抜総選挙投票権付き)の売上は、1,820,056枚、2位の「GIVE ME FIVE!」(AKB48)の売上は、1,436,519枚です。私流の補正をすると、それぞれ、約36万枚、約48万枚になります。6位の「ワイルド ワット ハート」(嵐)の売上が649,114枚ですから、AKB48の5作品を上回ります。しかし、ジャニーズについても、それなりの補正が必要だと思われます。したがって、補正後において、「ワイルド ワット ハート」がダントツの1位になるわけでないと推測します。


年間シングルチャートからAKB48グループとジャニーズを除いた時にトップになるのは、23位となった「祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces」(Mr.Children )であり、売上は275,640枚です。この後、24位になった「ALL NIGHT LONG」(EXILE)が続きます。乃木坂46AKB48の関連グループと見なすならば、3番目に位置するのは、「24karats TRIBE OF GOLD」(EXILE TRIBE )の205,010 枚です。

AKB48グループとジャニーズのCDの売上にどんな補正をかけても、この3曲にそれらを上回らせることは難しいと思います。また、少なくても高校生までの年代では、AKB48の曲の人気はこの3曲よりも高いようです(ジャニーズの曲については、私は分かりません。)

ネットへの書き込みを見ると、AKB48の代わりにレコード大賞に推す人が多かったのは、「いきものがかり」(「風が吹いている」)と、斉藤和義 (「やさしくなりたい」)のようでした。しかし、両者とも、オリコンのトップ100には見当たりませんでした。これらの曲がレコード大賞になったならば、また別の異論が唱えられると思います。



音楽の価値を測る基準がCDの売上枚数であるという考えには、多くの人が違和感を持ってると思います。少なくても、CDに複数versionがある場合には、売上が一番多いversion同士を比較するべきだと思います。音楽業界がそのように動かないのは、特典付きであったとしてもCDがより売れたほうが望ましいという考えがあるのだと思います。そのような考えを変えるためには、レコード大賞の時期になって思い出したように議論をするのではなく、普段からの議論の積み重ねが必要になると思います。


さて、気になるのは、来年のレコード大賞AKB48なのかということです。おそらく、現在のAKB48のファンのお財布も来年ぐらいまでは保つでしょうし、新たなファンも増えるでしょうから、そうなる可能性は低くないと思います。では、5年連続はありえるでしょうか? もしそうなるのならば、AKB48の芸能界のでの地位は盤石になるでしょうが、レコード大賞の価値は完全に潰える可能性があると思います。

【関連記事】


−−−以上−−−

*1:実際の受賞者は知念里奈であり、受賞曲は「precious delicious

まさまさ 2012/12/31 18:20 恐らく話題にされるんじゃないかと思ってました。
個人的にはレコード大賞というものの指標がよくわからないので、どのアーティストが大賞をとっても
それほど驚きはないだろうし、逆にどのアーティストがとっても必ず何らかの批判なり非難はあったと
考えられます。
レコード大賞という言葉がすでに歴史の中で価値を失っているのかというとそういうわけではないとは
思いますが、個人的にレコード大賞に違和感を覚えたのは、98年ぐらいだったかのglobeの「wanna be a dreammaker」が
大賞だったときだったかと思います。
そして、販売数だけで考えるのならば、(あえてAKBを擁護するなら)おととしの2010年はEXILEではなく、AKBだったと
考えることになります。しかし実際にはEXILEが3連覇を達成したという事実が残ってます。

恐らく5年連続とはならないだろうとは思います。現実的には来年までで一区切りを付けて、
再来年ぐらいからは違うアーティストが大賞となる、もしくはレコード大賞そのものが
終わってしまうと想像します。

年の最後に変なことを書き込みに来て申し訳ありません。

natuka_shinobunatuka_shinobu 2012/12/31 18:41 まさ様、ご丁寧な書き込みありがとうございます。

年末なので…、申し訳ありませんが、簡単に書ける応答をだけをしておきます。
2010年のレコード大賞は、EXILEでなくAKB48でよかったと、私も思っています。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natuka_shinobu/20121231/1356940040