Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2018-06-19 (火) 一畑電車で出雲大社へお詣り

[]一畑電車出雲大社へお詣り  一畑電車で出雲大社へお詣り を含むブックマーク 一畑電車で出雲大社へお詣り のブックマークコメント

 出雲大社近くで宿泊できなかったので松江宿泊し、一畑電車出雲大社へお詣りに行きました。

 宍道湖北側一畑電車が走り、南側JRが走っているんですね。

 宍道湖とは大きな湖で、波打ち際の側を延々と走るのは普段見ない不思議光景でした。

 はるか遠くに対岸が見えるのも不思議光景


 

 f:id:nazegaku:20180408105357j:image


 

 一畑電車は途中(一畑口駅川跡駅)で進行方向がひっくり返ります


 f:id:nazegaku:20180408111237j:image


  

 スイッチバックの様子は『RAILWAYS 49歳で電車運転士になった男の物語』でも描かれていました。

 映画では車掌さんがいましたが、私が乗った時はワンマン化されていて車掌さんはいませんでした。


■[映画]RAILWAYS【レイルウェイズ】 一度は乗りたい一畑電車

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180521/p1


 そして車窓から見える景色は、古き良き日本農村風景

 宍道湖・山・田んぼ・畑・原っぱ……。

 今見とかないといずれはなくなってしまうかもしれない風景です。


 

 f:id:nazegaku:20180408113551j:image


 

 出雲大社駅では、映画レイルウェイズ】で使われた古い車両が展示されていました。


 

 f:id:nazegaku:20180408120817j:image


 

 f:id:nazegaku:20180408120549j:image


 wikipedia:一畑電気鉄道デハニ50形電車

 wikipedia:一畑電車

 wikipedia:一畑電車北松江線

 wikipedia:一畑電車大社線

 wikipedia:大社線



 出雲大社にお詣りできて良かった。

 出雲大社を参拝する際、コツがあるようです。

 私はネットでしっかり調べて実行できたのですが、意外とやっている方は少なかったように思います

 出雲大社に限らず、神社参拝のコツは、先に祀られている神様を良く知っておくことだと言われます

 何事も予習は大事だということです。


出雲大社 http://www.izumooyashiro.or.jp/

 wikipedia:出雲大社




出雲市

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%B8%82







出雲大社は縁結びの最強スポット!参拝に役立つ5つの秘訣 | 島根県 https://www.travel.co.jp/guide/article/2576/


出雲大社」の参拝作法!ていねいな参り方でご縁をゲット!

https://hanasjoho.com/archives/8255

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール

https://出雲大社-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/category/出雲大社-正しい参拝の仕方と方法-参拝手順ルール



お参りの基礎知識 出雲大社

http://kankoumeisho.com/izumotaishaomairi.html

出雲大社で「おかげ」をいただく参拝作法&隠れたパワースポット観光旅行ガイド - ぐるたび https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1248/

[出雲大社]正しい参拝方法をまとめました! https://yossense.com/izumo-taisha/

https://hanasjoho.com/archives/8255

https://syunneta.com/maolin/t21/

https://出雲大社-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/category/出雲大社-正しい参拝の仕方と方法-参拝手順ルール

アンケート作成しました!】

JRのダイヤ改正によって便利になりましたか

   https://blog.with2.net/vote/v/?id=191280

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180619

2018-06-15 (金) 読書する女 1988年映画版

[]読書する女 1988年映画版 読書する女 1988年映画版を含むブックマーク 読書する女 1988年映画版のブックマークコメント

 読書する女 HDリマスター版 [DVD] 読書する女 HDリマスター版 [DVD]


 少し前に原作小説を読んだのですが、映画版が気になって観てみました。

 原作では時制が同時進行だったけど、映画版では枠構造になっていた。

 あの原作をこんな風に脚色するとは抜群のセンスだし洒落ている。

 深刻ぶらずにいい意味での“軽み”を感じさせる。

 BGMも軽快。

 この映画原作と比べてみるのは作劇術の勉強になると思います


 

 f:id:nazegaku:20180614204204p:image

  ↑暖炉はこんな風に燃えてるんですね。


  

 f:id:nazegaku:20180614204159p:image

 f:id:nazegaku:20180614204154p:image

  ↑シーソーみたいな椅子。こんなのあるんですか。欲しい。


 

 f:id:nazegaku:20180614204256p:image

 f:id:nazegaku:20180614204250p:image

  ↑昔の大学はこんな所で講義してたんですか。これで分かるとはエリートです。


 

 f:id:nazegaku:20180614204246p:image

  ↑フランスにも竹が生えてるんですね。


  

 f:id:nazegaku:20180614204241p:image

  ↑この終わり方もいい。視聴者に向かっての語りかけ。二重の枠構造になっている。


 読書する女 HDリマスター版 [DVD] 読書する女 (新潮文庫)


 wikipedia:読書する女


  ツタヤディスカス


ブクログ https://booklog.jp/item/1/B00S7KNQ5G


■[名作文学]読書する女、というより朗読する女

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180326/p1

アンケート作成しました!】

JRのダイヤ改正によって便利になりましたか

   https://blog.with2.net/vote/v/?id=191280

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180615

2018-06-12 (火) ユングの心理学 秋山さと子 講談社現代新書

[]ユング心理学 秋山さと子 講談社現代新書 ユングの心理学 秋山さと子 講談社現代新書を含むブックマーク ユングの心理学 秋山さと子 講談社現代新書のブックマークコメント

 ユングの心理学 (講談社現代新書) ユングの心理学 (講談社現代新書)  


 1章から4章まではユング人生を辿りながらその時点でユング研究していたことを記述物語形式になっていて面白い

 フロイトやその信奉者達との勢力争いは、ゴシップ的な観点から興味深かった。学者派閥争いをするんですね。

 5章と6章は「内向と外向」「無意識と元型」について突っ込んで解説されている。少々歯ごたえある記述

 第7章 ユング現代子ども」の活性化

は、ユング派の観点から人間の生涯について俯瞰的記述

 学術テーマにした新書としては内容としても難易度としてもバランスが取れていて名著ではないでしょうか。


 私が図書館で借りたのはクリーム色した旧版装丁で、表紙に太陽の絵が描かれています


f:id:nazegaku:20180613155756j:image


 今は新書といっても読みやすくて薄っぺらい内容の新書が増えましたが、本書はまだ新書新書していた時代古典的名著です。

 本書は名著なので今でも版を重ねていますが、今の講談社現代新書装丁面白みがないですね。


 

『超図説 目からウロコユング心理学入門』が面白かったのでユングの本を集中的に読もうと思って読んだわけです。

『超図説』で触れられていた記述結構ありました。

『超図説』は意外と重要キーポイントを抜き出していて、よくできた解説書だったと分かりました。


■[学問]超図説 目からウロコユング心理学入門

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180530/p1


 

 本書でも幾つか紹介されていますが、ユングはレベルの高い夢を何度も見たようです。

 さすが名を残す偉大な学者は見ている夢までレベルが違う。

 私も見た夢を記録する努力をしているのですが、ほとんど覚えていないし、覚えている夢も、過去の嫌な経験に関する嫌な夢ばかりです。

 過去にとらわれているから碌な夢も見られないし新しい人生も送れないということを表しています


 ユングの心理学 (講談社現代新書) ユングの心理学 (講談社現代新書)  


 wikipedia:秋山さと子

 wikipedia:カール・グスタフ・ユング

 wikipedia:分析心理学


ブクログ https://booklog.jp/item/1/4061456776

読書メーター https://bookmeter.com/books/56412

本が好き! http://www.honzuki.jp/book/14306/


■[学問]超図説 目からウロコユング心理学入門

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180530/p1

アンケート作成しました!】

JRのダイヤ改正によって便利になりましたか

   https://blog.with2.net/vote/v/?id=191280

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180612


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2648233  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |