Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2018-02-24 (土) 都立三雲高校心霊写真調査同好会・小暮写真館(上)

[]都立三雲高校心霊写真調査同好会・小暮写真館(上) 都立三雲高校心霊写真調査同好会・小暮写真館(上) を含むブックマーク 都立三雲高校心霊写真調査同好会・小暮写真館(上) のブックマークコメント

 小暮写眞館(上) (講談社文庫) 小暮写眞館(上) (講談社文庫)  


 ナミヤ雑貨店の近所にありそうなタイトルだったので読んでみました。

 商店街の中にある古い写真店舗住宅に越してきた一家物語

 私が子どもの頃にはこんな写真屋も多かったのでイメージ湧きます

 こんな住居に引っ越すと決めた両親もいいキャラなんですが、主人公一家長男・花菱英一。

 写真館に住んでいるからか、なぜか心霊写真と縁があるようで心霊写真を引き寄せ、写真にまつわる因縁調査する羽目になります。英一の弟・ピカや幼馴染・テンコやそのつながり・コゲパンもいいキャラ

 ライトノベル風なタイトルにすると、「都立三雲高校心霊写真調査同好会」といったところ。

 一体どんなトリックがあるのかと思っていたら、人情話でした。

 下巻では写真館のもと店長不動産屋の受付・ミス柿本に関わる話が進展しそう。


■[日々の冒険]ナミヤ雑貨店の奇蹟 タイトル通り“奇跡”の物語

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180214/p1

■[日々の冒険]特撮怪獣スぺクタドラマ 荒神 宮部みゆき

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140430/p1


ブクログ https://booklog.jp/item/1/4062776731

読書メーター https://bookmeter.com/books/7375562

本が好き! http://www.honzuki.jp/book/211015/

アンケート作成しました!】

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180224

2018-02-23 (金) 年収200万円からの貯金生活宣言 横山光昭

[]年収200万円からの貯金生活宣言 横山光昭 年収200万円からの貯金生活宣言 横山光昭を含むブックマーク 年収200万円からの貯金生活宣言 横山光昭のブックマークコメント

 年収200万円からの貯金生活宣言 ←旧版  携書 年収200万円からの貯金生活宣言 (ディスカヴァー携書) ←新版


 某ブックオフで売っていたので購入。

 まあ私は貯金体質なので、特に読む必要なかった。

 確かに私も「貯金美徳投資博打」という古き良き日本人的美徳の持ち主です。貯金だけやっていて投資に無縁でいられるならそれにこしたことありません。

 本書には


 

「そして現在マネーの流れは世界的にも、これまでとは全く逆の「投資から貯蓄へ」と変化しはじめたといえます


 

という記述があります

 本当にそうであれば嬉しい傾向なのですが、しかしよく考えてみれば、本書が発行されたのは2009年4月

 その頃から時代は大きく変わりました。悪い意味で。

 2009年自公悪政が一区切りする末期の時期で、9月に目出度く政権が交代するという、将来に希望が持てた時代なのです。

 2011年の大災害もまだ発生していません。

 それに何より、2012年から極右カルト独裁政治が始まるとは想像もつきませんでした。

 それはともかく、サギノミクスだかアホノミクスだとかによる悪政によって預貯金に利子利息がつかなくなり、預貯金一辺倒では損する時代となりました。

 真面目にコツコツ預貯金している人が報われるのが本来あるべき姿ではないでしょうか。

 サギノミクスだかアホノミクスだとかは、国民博打まがいの投資を強いる悪政なのです。

 それはともかく、博打なんかに手を出したくない私でも、つみたてNISA個人確定拠出年金iDeCo(イデコ)」に恐る恐る手を出してみようと一歩踏み出したところです。

 本書の記述は古くなっていると思うのですが、2017年12月に再編集が出ているようです。この利息利子がつかない時代貯金を進めるとは、一体どんな記述なのか興味あるところです。

 ほんと、投資なんかのことなど考えなくても預貯金さえやっていれば十分な状態理想的政治だと思います


 携書 年収200万円からの貯金生活宣言 (ディスカヴァー携書) 横山光昭 お金が増える本 (1万人の家計を救ったカリスマ直伝! 知識ゼロ・貯金ゼロでもこれならできる!  手間なし努力なしで貯金1000万円へ! 老後不安も解消! 「1000円投資」ゴク楽ガイド) おひとり様を生き抜く「女子貯金」生活 (祥伝社黄金文庫) 1日500円の小さな習慣 「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!


■[経済]買った人全員が幸せになる投資信託は和を大切にする日本人にぴったりの商品なのか!?

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180220/p1


ブクログ

 https://booklog.jp/item/1/4887597045

 https://booklog.jp/item/1/4799314262

 https://booklog.jp/item/1/4799322087

読書メーター

 https://bookmeter.com/books/570870

 https://bookmeter.com/books/7875129

 https://bookmeter.com/books/12511195

アンケート作成しました!】

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180223

2018-02-21 (水) NHK大河毛利元就 第25回 尼子経久死す

[]毛利元就 第25回 尼子経久死す 毛利元就 第25回 尼子経久死すを含むブックマーク 毛利元就 第25回 尼子経久死すのブックマークコメント

 日本戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ毛利元就』。

 『毛利元就』を再見する企画、とうとう5年目に突入してしまいました!


  

 中村橋之助主演 大河ドラマ 毛利元就 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】 中村橋之助主演 大河ドラマ 毛利元就 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚【NHKスクエア限定商品】


過去ログ)   

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


  

【今回の流れ】 

 前回、毛利攻めに襲来した尼子詮久(高嶋政宏)の大軍まさか大敗!こんな状態だったのが

  

(before)

 f:id:nazegaku:20180216203116p:image 

      

(after)

 f:id:nazegaku:20180216203112p:image


 

こんなになっちゃいました。

 戦は風じゃ!とこれを機会に攻め込もうと意気込む大内家の面々。

 しかし、尼子経久緒形拳)にぬかりはなかった!


     

(以下、個人的覚え書きメモネタバレ注意!)



  

 大内家に人質に出されていた長男・隆元(上川隆也)の帰国が許される。

 出立の前日、隆元は内藤興盛小野寺昭)に挨拶に向かう。


 f:id:nazegaku:20180216211442p:image


 陶興房夏八木勲)亡き後、父上は自分の出番だと張り切っているが、私は以前の父の方が好きじゃったと寿(大塚寧々)は言う。


 

「己の番が回って来るまでひたすらに耐えた父上をご立派とは思えませんのか」


 f:id:nazegaku:20180216211446p:image


「あの木で鳴いておるセミは、長いこと長いこと土の中で耐えて

 夏が巡って来るのを待っておったのじゃ。

 さればこそ命を限りにはりきって鳴く」


  

 陶興房亡き後、内藤興盛がはりきっているというのは分かります

 確かに大内義興細川俊之時代は、義興・陶興房内藤興盛トリオで軍議をするシーンがありました。

 しか大内義隆風間トオル)・陶隆房陣内孝則)の代になると、内藤興盛が外れて義隆&隆房のシーンが圧倒的に多くなっています

 義興時代からの重臣なのだから上の方の立場のはずなのに、現時点での内藤興盛立場は、どうなっているのでしょうか。


  

「己の番が回って来るまでひたすらに耐えた父上をご立派とは思えませんのか」

 これはいいフォローです。これは実は隆元の父・元就をも表しているんですね。

 しかし、それに続いて内藤興盛を「セミ」に例えるのはいかがなものか。

 何せセミは鳴くだけで現実的に強い虫ではない。いわば“口だけ”の虫。しかも1週間ほどの短命。

 本人はうまいこと言ったつもりでも、実はよく考えてみると苦笑もの発言だったという例。

 隆元は真面目だけど実は天然だったという意味を込めた内館牧子さんのセリフではないでしょうか。

 ところで、内藤興盛の口髭は、鼻の下で二つに分かれているタイプ。

 おしゃれに見えますが、人相学的には良くないという説も。


  

 廊下で加芽(葉月里緒菜)に遭遇。加芽は内藤家にいたのか!?


 

 f:id:nazegaku:20180217150132p:image


 

「海の向こうの挨拶じゃ」

「加芽は 先々の目途が立たぬ時に男を逃げ場にする気は毛頭ござらぬ。

 隆元どの 男もおなごも いい働きをしておるさ中であればこそ 愛しおうて良いのじゃ」


 

 なかなかいい心がけです。そういう強い心を持った人がビジネス成功するのかもしれません。


 

 秋も深まったある夜、毛利元就中村橋之助)は万願寺の高僧から招きを受ける。

 見事な絵を描く絵師が元就に絵を見せたがっているというのだ。


 f:id:nazegaku:20180217204241p:image


 f:id:nazegaku:20180217204237p:image


 絵師の正体は尼子経久緒形拳)だった!

「わしは そなたと同じ時に生きて 面白かった。」

「はかりごと多きは勝ち 少なきは負ける。

 たたかいの世に生きる 男のありようだ。」


  

 敵ながら尊敬し合っているとはいライバル関係です。

 戦国武将ライバル関係というと武田上杉ばかり有名ですが、毛利尼子そして大内を加えた西日本三国志もっとメジャーとなってほしいですね。

 しかし絵は尼子経久が描いたのでしょうか。もしそうならすごい芸達者だ。

 ところで満願寺というと、第6話に登場したあのお寺なのでしょうか。


  

■[毛利元就97]大河毛利元就 第6回 恋ごころ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130215/p1


 厳島大内本陣に呼び出される毛利親子。

「開けて正月出雲へ向かう!」

「いま一年 待たれるべきと思うております


 f:id:nazegaku:20180217210020p:image


 なるほど元就の言うことはもっとも。しかしこの時点でそう言われても大内家も引っ込みがつかないでしょう。

 大内家が尼子攻めを決定する前に、手紙をつかわすなり陶隆房なり内藤興盛なりに直接会って根回しをしておくべきでした。そもそも息子の隆元ですら驚いています。親子の間ですら意思統一していないのでは到底親会社の説得は無理でしょう。

 というかやはりこのシーンに内藤興盛はいませんね。


 尼子経久の指示により、吉川興経京本政樹)が偽りの投降

 しかし元就や志道広良中村梅雀)は半信半疑

 興経の投降が偽りだと視聴者には種明かしされていて明らかなんですが、ここは明らかにせずに視聴者

本心か、偽りか?」

「経久の策とは何か?」

と考えさせる「What did he it」の描き方にする方法もあったと思うのですが、ここは犯人が分かっている倒叙ものの描き方できましたか。


 尼子詮久(高嶋政宏)は将軍足利義晴から一字をもらい、尼子晴久改名


 f:id:nazegaku:20180221183851p:image

 大内を騙しておびき寄せて返り討ちじゃ!一兵たりとも逃すな!!


 f:id:nazegaku:20180221183846p:image

「大殿の死を大内はもとより あらゆる方面直ちに伝えて下され」

「己の死さえも策略に使う人よ」


 f:id:nazegaku:20180221183842p:image

尼子を攻める!」

「天下を!」「天下を!」「天下を!」(内藤興盛もいる!)


 

 死せる経久、生ける大内を動かす!見事に策に引っかかった大内陣営。このまま無事で済みそうにない。 


    

 中村橋之助主演 大河ドラマ 毛利元就 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】 中村橋之助主演 大河ドラマ 毛利元就 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚【NHKスクエア限定商品】 

   ↑見逃していた・忘れていた重要なシーンを再確認しよう!

    名作を見直すことは大切だ。


         

毛利元就97 過去ログ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


    

■[毛利元就97]NHK大河ドラマ毛利元就』検定〜〜〜〜〜〜!

(2)http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180115/p1

(1)http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130119/p1


                    

夜盗虫の朝寝坊

■[録画鑑賞][『毛利元就』]#25「尼子経久死す」

  http://d.hatena.ne.jp/yotomusi/20051108/p5


 

鬼神が残した冥土土産・・尼子 経久

  http://www7a.biglobe.ne.jp/~onmyousansaku/tunehisa7.htm


 

          

wikipedia:毛利元就 (NHK大河ドラマ)

 wikipedia:毛利元就

  wikipedia:毛利元就 誓いの三矢

アンケート作成しました!】

文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180221


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2574431  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 |