Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2004-07-24 (土) 第28回「そして池田屋へ」(7/18)

[]第28回「そして池田屋へ」(7/18) 〜長い殺陣シーン 第28回「そして池田屋へ」(7/18) 〜長い殺陣シーンを含むブックマーク 第28回「そして池田屋へ」(7/18) 〜長い殺陣シーンのブックマークコメント

 新選組が、過激尊攘派の計画を掴み、会津藩に報告。

 しかし、会津藩の中にも、事なかれ主義の重役がおり、出動しないことを主張。

 これでは幕府の先も思いやられる。

 新選組は、近藤局長が選抜した10人の小隊と土方の本隊に別れて尊攘派の密会を調査。

 近藤小隊池田屋で発見し、乱闘となる。

 沖田が多くの武器を発見、ここにいるのは確実だというのに、2階に上がったのは近藤と、近藤局長が連れてきた谷昌武(浅利陽介)のみ。近藤局長が浪士達とチャンバラを始めた時は、他のメンバーは下で武器をくくったりしていたというのが少々間が抜けていた。

 近藤は昌武に「土方らに伝えよ」と走らす。昌武に危ないことさせず、始めから伝令に使うつもりだったのだな。

 しかし、浪士達は一体何人いたのだろうか。さすがに新選組は強く、どんどん斬っていくように見えるが、次から次へと現れて来る。戦いは池田屋の2階、1階、さらに裏側や正面といった外にも及ぶ。その広い範囲で延々と戦いが続いていく。

 新選組隊士を斬って裏口から逃げた浪士もいたようだが、それでも延々と戦いは続く。

 あらかたけりがついたと思われる頃、ようやく土方の本隊も到着。それでも敵の浪士は結構残っており、井上源三郎小林隆)や斎藤や原田などの見せ場を作った。

 さらに、武田観柳斎八嶋智人)に「遅い!」と叱られながら 松原忠司(甲本雅裕)や河合耆三郎(大倉孝二)の隊も到着。

 3つに別れていたのか。河合はこの後戦闘に参加したのだろうか。

 観柳斎の報告によると、

「殺傷7名、捕縛4名。大勝利です」

とのことだが、もっと斬られていたような気がする。

 また、新選組の被害は

「死亡1名、重症2名」

とのこと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040724

2004-07-19 (月) 理科の先生、社会の授業

[]理科先生社会の授業 理科の先生、社会の授業を含むブックマーク 理科の先生、社会の授業のブックマークコメント

 千葉市の中学で、社会科の教師がいないため、代わりに理科の教師が授業をやっているという(A新聞7月18日)。

 始めから

「私は社会が嫌いなので……」

と宣言、授業らしい授業をしていないとか。

 学問は皆つながっているのである。

 そんな専門馬鹿では、専門の理科の授業も大したことなかろう。

 小学校先生は色々な科目を教えているではないか。

 専門以外の学問にも好奇心を持って通じた教養人でないといけない。

 一流の教師ならば他の科目も教えられるはずではないか。

 そもそも教師の就職先もなくて困っているというのに、現場では足らないとはどういうことか。

 少人数制にして教師も増やさないと日本が愚民化してしまう。貧困な教育行政である。

2004-07-18 (日) 第27回「直前、池田屋事件」(7/11)

[]第27回「直前、池田屋事件」(7/11)〜「私は学問が好きなんです」 第27回「直前、池田屋事件」(7/11)〜「私は学問が好きなんです」を含むブックマーク 第27回「直前、池田屋事件」(7/11)〜「私は学問が好きなんです」のブックマークコメント

 谷三十郎(まいど豊)は、弟の谷昌武(浅利陽介)を近藤勇香取慎吾)の養子に押し付けてくる。強引なマイペース人間だ。

 勇はしるこ屋で、昌武に他の新選組新入メンバーを加えたメンバーと茶談会を開く。

 昌武に「どうして新選組に入ったのですか」

と聞くと、

「兄に無理やり。

 私は学問が好きなんです。

 人を切るのがいやなんです。」

と告白。

 学問が好きな人が新選組に入ったとは。強引な兄だ。

 この告白を聞いた勇は、

「私も以前はそうでした。

それを聞いて、養子にしたくなりました。」

これは理解のある言葉だ。

新選組もそうだが、現代でも、ビジネスの現場では、

「私は学問が好きなんです」

とは、言いにくい雰囲気がある。

勉強が好きなんです」

の方が、まだ言いやすい。

 船井幸雄や中谷彰宏など、サラリーマンに人気のある作家の本にも、

勉強しろ」

とは書いているが、

学問しろ」

とは書いていないのではないか?

 学問とは、ビジネスや、新選組など、武力対決の現場に必要ないものと思われている。

「友人が殺されそうになった時、初めて人を切った」

と回想する勇。

「そこが私と違うところです」

と昌武。

 机上の空論ではなく、いざという現場ではやられる前にやる。これは仕方のないことです。

 だから、人を切るのがいやならば、人を切らなくてもいい場所にいなければならない。

 人を切らなくてもいい場所、人を切らなくても生きていける職業とは?その場に入ることは非常に努力を要することなのかもしれない。

 意に反する場所にいる昌武が不憫である。

 しかし、このような場違いな発言をする昌武を怒らず、かえって親密感を覚える勇。

 このキャラクターはいい。

 一般的なサラリーマン向けマンガなら、ここぞとばかり説教を始めるのではないか。

時代劇にしても一般マンガにしても、ここまで学問に理解があるとは、ちょっといないキャラクターである。こういうキャラクターが、今後凄惨になっていくと予想される新選組の局長を務めているとは、少しばかりの救いである。

キャラクターといえば、強烈なのは、早速活躍を始めた武田観柳斎八嶋智人)。

「私が見つけました」を連発、さすがにこれには近藤もイヤな顔をしていた。

こういった強烈なキャラがいるのは面白い。

桝屋の武器弾薬を見張っていた4人の新選組隊士。

そこに、尊皇攘夷の浪士達が奪還に来る。

3人は早々に逃げ出し、残る一人も弱い。

この戦闘シーンはあっけなかったが、面白かった。

こういった隊士の描き方もまた、いいものである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040718

2004-07-09 (金) 第26回「局長近藤勇」(7/4)

[]第26回「局長近藤勇」(7/4) 〜就職面接と勢力争い 第26回「局長近藤勇」(7/4) 〜就職面接と勢力争いを含むブックマーク 第26回「局長近藤勇」(7/4) 〜就職面接と勢力争いのブックマークコメント

 先週は芹沢暗殺と、前半の山場であったが、今回はそれから数か月間の流れを、勇(香取慎吾からつね(田畑智子)への手紙という形式で淡々と描いた。

 各人の就職面接活動が興味深かった。

 新選組隊士募集に押しかけた、甲州軍学を学んだという軍師武田観柳斎八嶋智人)。現実にもこんな人を食ったようなキャラクターだったのだろうか。

 三国志なんかでは、優れた軍師がいた国は強い。観柳斎が本当に優れた軍師ならば、新選組は一大勢力となる。

 山崎烝桂吉弥)は、顔を覚えてもらえないというのが特技?らしい。実際、三度目の面接にもかかわらず、土方や山南は覚えていなかった。

 密偵としての役目に最適です、という自己PRが功を奏し、合格

 欠点長所に言い換えてPRする点は見事。頭も切れるのだろう。

 谷三十郎まいど豊)は、近藤・土方・山南の3人に招かれて、参加。馬鹿笑いしながら弟の万太郎若松力)、周平(浅利陽介)もついでにコネ入隊させる。

 オンリーワンの実力を持っていれば、就職にも有利になる。

 そして滝本捨助中村獅童)は、しるこ屋をクビになったところを、たまたま居合わせ近藤としるこを食っていた佐久間象山石坂浩二)の付き人となる!

 これは捨助幸運な大出世だ!

 今回はこういった面白いエピソードを交えながら、大坂町奉行の悪代官内山彦次郎(ささきいさお)との勢力争いがテーマとなっている。

 早速の山崎烝活躍で、商人と組んで油を値上げするなどの悪事が分かるが、内山斎藤一オダギリジョー)を捕らえて拷問にかけ、反撃に出る。

 近藤・土方は内山殺害決断奉行所の帰りを待ち伏せする。

 実行部隊は、土方・沖田・原田斎藤島田。芹沢暗殺組の中では、今回山南は不参加。

 近藤局長はつねへの手紙の中で、総長・山南、副長・土方と紹介した後、庶務事は山南に任せていると述べていた。山南は前線から退いたのだろうか。

 それにしても土方は、内山との一騎打ちを沖田に任せたり、内山ピストルを出しても近くで見ているだけだったり、どういうつもりだったのだろうか。斎藤が後方遠くから走ってきて跳び付いて内山を斬らなければ沖田は死んでいた。確かに斎藤怨念を晴らすのも納得できるが、ここは実行部隊隊長最後に貫禄を見せて一刀のもとに斬り捨ててほしかった。

 芹沢組が抜けたが、新たに多彩な面々が加わり、いよいよ面白くなってきた。次回は池田屋事件だという。

2004-07-05 (月) 第25回「新選組誕生」 追加

[]第25回「新選組誕生」 追加 〜「鬼」から「仏」に変わることこそが“成長”であってほしい 第25回「新選組誕生」 追加 〜「鬼」から「仏」に変わることこそが“成長”であってほしいを含むブックマーク 第25回「新選組誕生」 追加 〜「鬼」から「仏」に変わることこそが“成長”であってほしいのブックマークコメント

 土方や芹沢の影響で“鬼”となった近藤。

 幕末の、幕府・討幕派・外国入り乱れての動乱期に生き延びるためにそれは仕方のない選択だったのかもしれない。

 第21回の感想を書いた時、

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040606

「人を切る人が社会を動かしている」

と書いた。

「実際、人生はこんな風に人を切りながら“成長”していくのだろう。

 人を切ったことがない人は、いつまでも子どものままで、社会を動かせないということだろうか。」

とも書いた。

 近藤は、生き延びるため、幕府を守るという役目を果たすために、土方や芹沢に尻を叩かれて“鬼”となった。

「人を切る」

立場に“成長”したのである。

 今でも人を切れるようになることが“成長”なのだろうか。

 人を切っていた者が切らなくなることこそが“成長”と言えるような時代はいつ来るのだろうか。

「鬼」から「仏」に変わることこそが“成長”であってほしい。

 人を切らなくても生きていける時代にしていかないといけないのではないか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040705

2004-07-04 (日) 第25回「新選組誕生」(6/27)

[] 第25回「新選組誕生」(6/27)〜引き際の見極め 幻の芹沢寺子屋  第25回「新選組誕生」(6/27)〜引き際の見極め 幻の芹沢寺子屋を含むブックマーク  第25回「新選組誕生」(6/27)〜引き際の見極め 幻の芹沢寺子屋のブックマークコメント

「新見副長は法度を破ったため、昨夜切腹しました」

との報告を聞いて怒る近藤(香取慎吾)。

「仲間をわなにかけたお前は切腹しなくてもいいのか?」

と土方(山本耕史)を問い詰めると、

「あんたがそうしろと言うのなら腹を切る」と切り返す。

 これは始めからこう言い逃れるつもりだったんだな。

 まさか近藤が

「そうか。それなら切腹しろ」

と言うはずがない、だからやったもん勝ちだ、という目論みがあったのだろう。

 第21回の感想を書いた時、

「人を切る人が社会を動かしている」

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040606

と書いたが、まさに今回、人を切る土方が事件を起こし、人を切りたくない近藤がその後をついていく展開である。

 用心深くなった芹沢(佐藤浩市)は、用心棒として斎藤一オダギリジョー)を連れて東山へ紅葉を見に行く。8月18日の政変の1月後、9月18日ということだが、もう紅葉が赤くなっていたのだろうか。

 それにしても、沖田といい斎藤といい、芹沢は試衛館メンバーの1本釣りが好きである。

 平山・平間・野口の生え抜き芹沢派の影が薄い。

 紅葉を見ながらお梅(鈴木京香)は芹沢に、田舎への引退をすすめる。寺子屋を始めて子ども達に剣術や絵を教えればいい、と言う。

 まさしくそうしていれば、芹沢やお梅もその後すぐに命を落とすことなく永らえていたのである。

 側近の新見も失い、もはや芹沢には浪士組内に居場所はなく、近藤との勢力争いでの敗北は明らかだった。潔く引退していれば……。

 人間、引き際が大切だと思う。引き際を見極めることができずに深入りして傷口を広げ、自分を含めた多くの人を不幸にするということがある。

 傷が浅いうちに引いて出直すことで新たな展開が出てくることもあるというのに。

 その点、8月18日の政変で、桂小五郎石黒賢)の引き際は見事である。

 新見切りの際は、法度を口実に一応“合法的”に行った土方だが、芹沢切りは正攻法の暗殺方式を取る。

 芹沢はそれに気付き、

「俺の剣は酔うほど切れ味が鋭くなる」

と土方を牽制。

 そして近藤には、

「近藤、鬼になれ。鬼になっておれを食ってしまえ」

とはまた格好いい。

 史実はどうかしらないが、この三谷版芹沢、格好良すぎる。

 酔って帰る際、近頃用心棒役となっている斎藤一も一緒に帰ろうとすると、

「お前はもういい」

と拒否。

 格好良すぎる。

 屯所で寝た頃を見計らい、土方、山南、沖田、原田の4人の刺客が布団に刀を突きつけると、そこにはいなくて横で座っており、

「随分と待たせやがる」

とはまた、すごい演出。そして4人を相手に互角に渡り合うとは、さすが筆頭局長だけのことはある。

 結局、芹沢、平山(坂田聡)は討ち死に、平間(剛州)と野口(岡本幸作)は温情で逃がしてもらい、浪士組内の一本化は幕を閉じた。

 果たせなかった芹沢の寺子屋の夢は野口青年が水戸で引き継ぐのであろう。

 会津候から「新選組」の名をもらい、ついに新選組の誕生である。

 ついに派閥争いを終結させ、一つにまとまった新選組

 次からの展開はどうなる?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040704


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2686675  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |