Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2007-10-30 (火) エアコンのデザインは進化したのか!?

[]エアコンデザイン進化したのか!? エアコンのデザインは進化したのか!?を含むブックマーク エアコンのデザインは進化したのか!?のブックマークコメント

 証明写真を撮る必要があったので、通りがかりの写真屋に入ってみた。

“証明写真”という電飾スタンド看板が出てはいたが、コンセントは入れておらず、光らないまま放置されていて、中は薄暗い写真屋であった。店内はガランとしていて、今はセミリタイア状態といった感じである。

 入り口ガラスには、「○○写真機店」と書いてあった。昔は写真機を販売していたんだな。カウンターとなっている木製の枠でカーブのあるガラスのショーケースの中には、昔は写真機が沢山並べられていたのだろうが、今はもう何も入っていなかった。

 店内に入るのに反応して“ピン・ポーン”とチャイムが鳴り、上の方からおじいさんが「はーい」と言ってえっちらおっちらと下りて来た。

 証明写真を撮りたいと告げると、証明写真専用のブースの方に入れられ、撮影された。証明写真専用のブースがしつられていることから分かるように、店内は結構広い。昔は新しい写真機が並ぶ、活気がある店だったんだろうな。

 フラッシュが光って撮り終わったと思ったら、「すみませんフイルムが入ってなかったのでもう1回お願いします。」

 カクッ。久しぶりの撮影だったので弘法も筆の誤りか猿も木から落ちるか。

 

 証明写真が出来上がるまで、座って待つことになった。昭和初期にタイムスリップしたかのような、非常に興味深いつくりである。

 そして、私が座っている前方の壁の天井近くに、非常にエレガントで懐かしさを感じさせる物体が鎮座していたのである。

       

 非常に気になったので店主に聞いてみると、やはりエアコンであった。

 エアコンが出て間もない頃の機種のようで、当時の価格で40万円近くしたらしい。しかも電気を非常に食ったらしい。今はもう壊れて使っていないという。

 

 今では普及して、デザインもある程度決まったフォーマットがあるエアコンであるが、出た当時はこんな形をしていたのか。現在デザインとはかなり違っているので、非常に斬新で新鮮に感じる。

 今のエアコンデザインは、いかにも白物家電そのものといった感じで、単なる白くて細長くて味も素っ気もない物体である。

 しかし、出た当初は、こんなに風情のあるデザインをしていたのである。

 最も目を引くのは、エアコン前面に一面に施された装飾である。こんな装飾があると、安らぎを感じますね。

 また、木製ではないのであるが、木を思わせる色もいい。

 そういえばCDが登場する前のまだレコードしかなかった時代のステレオは木製や木の色をしたものが多かった。

 木製や木の色をしていると、家電というより、家具のような感じがする。当時はステレオエアコン家電ではなく、家具のように扱われていたのではないか。

 家具のように扱われていたエアコン。長年のうちに進化を遂げ、現代のような形になった。

 しかしこれは、果たして進化と言えるのだろうか。ただ単に温度調節すればいい、という機能重視で進化してきたのであろうが、登場当初に持っていた、家具の一要素としての見て楽しむ要素・デザイン面はどうなのだろうか?

 そう考えてみると、今後、木目や木の色をした家具調の家電が出てきても面白いかもしれない。木目が印刷されたノートパソコンが出てきたら購入したくなる。

 

 非常に面白いと思ったので、携帯カメラに撮らせてもらった。

 技術進歩のおかげで写真が簡単に取れるようになったのはありがたいことである。昔は写真機という高価な機器を持ち歩き、現像するためにフイルムカメラ屋に持っていき、写真ができるまで数日待たなくてはならなかった。

 しかし思えば、このような進歩のために、この店のようなカメラ屋さんの仕事が減少することになったのである。

 昔は“写真機”という高価な機器で行っていたことが、携帯電話で手軽に行えるようになった。昔のように、現像済みのフイルムを持って写真屋に持ち込む機会もめっきり減った。

 また、大規模家電販売店が増えることにより、町の小さな“写真機屋”でカメラデジカメを購入することも少なくなった。

 そのような時代の変化により、町の小さな“写真機屋”さんの仕事は減っていったのだろう。

 この店も、昔はショーケースに新品のキラキラ光る写真機が並び、販売直後の珍しいエアコンが入り、写真機を購入する人や写真の現像のために大勢の人が出入りする活気ある店だったのだろう。

 大規模量販店一人勝ちする一方で町の小さな店が衰退するという空洞化現象は、果たして人類進歩なのだろうか?むしろ退化現象ではなかろうか?

 とは思うのであるが、大規模量販店一人勝ちに否定的な私自身も携帯電話カメラ写真を撮り、町の写真屋を利用していないのだから。時代の流れに流されざるを得ない。

  

 さて、エアコンデザイン進化したのだろうか?

 温か味のある家具調をしていたものが、機能の向上と共に無味乾燥の白物家電へと変貌する。

 そして、我々の社会もまた、進化したのだろうか?

 町の小さな個人経営の店に活気があった時代から、大規模量販店が物量作戦で客を集め、町の小さな個人経営の店が衰退する空洞化現象。このような状況は最大多数の最大幸福をもたらすのだろうか?むしろ“最小少数の最大幸福”をもたらすのではないだろうか。

 このままいけば、一部の経営者階級が最大多数の富を独占し、大多数の国民ワーキングプアというプチ奴隷社会に行き着くのかもしれない。

 このようなことを言っている私自身も実は個人経営の店はほとんど利用せず、専ら大規模店舗を利用しているのだから、もはや大規模店舗の独占状態及びプチ奴隷社会は止めることのできない時代の流れなんだろう。そしてもちろん私は負け組の方へ……。

 

 この日私が見聞した出来事は、やがて大部分の庶民階層が将来迎えるアンチユートピア的日常を示唆するものではなかろうか……と、偶然入った店で発見したレトロでヴィンテージ家電を面白おかしく紹介するつもりが、何だか暗い方向に進んでしまった。

 私の懐古趣味は、未来への悲観主義と表裏一体となっているようだ。

 

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

2007-10-24 (水) 吉田初三郎のパノラマ地図

[]吉田初三郎のパノラマ地図 吉田初三郎のパノラマ地図を含むブックマーク 吉田初三郎のパノラマ地図のブックマークコメント

 

 

“鳥瞰図”というのだそうだ。その中でも特に吉田初三郎の鳥瞰図は、“初三郎式絵図”と言われているらしい。

現在の鳥瞰図の手法は平行透視図法が主流であるが、初三郎は「初三郎式絵図」と呼ばれる独自の作風を確立していた。その特徴は見えないはずの富士山ハワイが描かれているなど大胆なデフォルメや遊び心にある。

 吉田初三郎の再発見は、堺市博物館での展示がきっかけらしい。

死後は忘れられていたが、1999年堺市博物館で大規模な回顧展が開かれたのを契機として各地の博物館展覧会が開かれ、再評価されるようになった。

 堺市博物館もやるなあ。

 実は私は、この1999年堺市博物館での展示を見ている。

 当時和歌山に住んでいたのだが、新聞でこの展示について紹介されていた。見えないはずの富士山ハワイなどが見えるという大胆なデフォルメについても触れられていた。一体どんな絵なんだろうと興味を覚え、見に行ったのである。時を忘れて見入ってしまった。和歌山など知っている土地の絵は細かいところまでじっくりと鑑賞した。

 

 右脳を開発して発想力を鍛えるなど、能力開発にも良さそうな絵である。こんな素晴らしい絵が一代限りで絶えてしまうのはもったいない。弟子筋の人が“吉田流”ということで継承しないのだろうか。

 

[rakuten:jigsawclub:10012484:detail] [rakuten:jigsawclub:10012483:detail]

[rakuten:jigsawclub:10012485:detail] [rakuten:jigsawclub:10012486:detail] [rakuten:jigsawclub:10012487:detail] 

 

吉田初三郎 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E5%88%9D%E4%B8%89%E9%83%8E

 

 これで思い出したのだが、昔テレビバラエティ番組で紹介されていた方で、新幹線の窓から見える景色を長い紙に描いて行くという方がいた。一体どんな記憶力と画力を持っているのかと非常に驚いたものである。

 これなんかも一種の天才が描くパノラマ画ではなかろうか。どこかで紹介されていないものか。

 

 

パノラマ地図の世界―自然を街を見渡す楽しみ (別冊太陽)

パノラマ地図の世界―自然を街を見渡す楽しみ (別冊太陽)

 

 

 

 

パノラマ 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

2007-10-18 (木) 血液型殺人事件(ネタばらし注意!)

[]血液型殺人事件―舞台設定を楽しむ 血液型殺人事件―舞台設定を楽しむを含むブックマーク 血液型殺人事件―舞台設定を楽しむのブックマークコメント

第1回 http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/l/0116001.html から

第53回 http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/l/0116053.html まで

 

 東京帝大医学部の外科教授・毛沼(けぬま)博士が変死。医科の学生が開催した、M高出身の者の懇親会から帰った夜であった。懇親会の席から家まで送って行った医学生・鵜澤憲一は参考人として警察の取調べを受ける。

 それから1月たたない間に、法医学教授・笠神(かさがみ)博士とその夫人が自殺

 毛沼博士と笠神博士郷里も同じで、幼い頃から席次を争い、恋愛まで争った因縁深き仲であった。

 

 密室トリック暗号解読の要素もある戦前探偵小説

 物語の半分もいかないうちに暗号らしきものが出てきた時点で、大体の構図が分かってしまう。現実にそんな絵に描いたような偶然があり得るのか、と思えるような予想も当たっていた。推理小説に弱い私でも分かってしまうのだから、謎解きとしては初級レベルだろう。

 この小説はむしろ、戦前の古き良き探偵小説の雰囲気を味わって楽しむべきだろう。

 即ち、舞台東京帝大の医学部である。大学進学率が低かった当時では、超エリート世界である。

 当然、医学生もエリートであり、物語の書き手の鵜澤憲一もエリート学生という自負があり、下宿屋のおかみや警察関係者からもそのように扱われている(ように思える)。

 医学生の間で、同じ高校出身の者による懇親会というのが開かれているというのだから驚きである。当時はエリート階層に入るコースというのは限られていたということだろうか。だからこそ、毛沼博士と笠神博士のように、幼い頃からライバルという関係もありうる。

(とは申せ、格差社会が拡大しつつある現在、この状況に退化しつつあると思ってもいいのでは?これは社会の退化・悪化に他ならない)

 ともかく、戦前の限られたエリート階層を舞台にした探偵小説であり、その雰囲気を味わって楽しめる短編である。(私は現実に進行しつつある格差拡大には否定的であるが、レトロ趣味というか、戦前エリート階級の雰囲気は好きなのである。つまり、現実逃避が好きなのである。)

 

 また、本作品は、医学界を舞台にしている。戦前探偵小説は、医学科学など、理系世界舞台にしたものが結構あるように思える。

 本作品の著者・甲賀三郎は農商務省の化学技官出身だというし、江戸川乱歩甲賀三郎と並んで「戦前探偵小説界の3大巨星」と言われている大下宇陀児は、甲賀三郎の同僚だったというからやはり理系である。

 甲賀三郎探偵小説論争をしたという木々高太郎医学者でもあった。

木々高太郎頭脳パンを提唱した方である

  http://healthy.g.hatena.ne.jp/nazegaku/20070212

  http://healthy.g.hatena.ne.jp/keyword/%e9%a0%ad%e8%84%b3%e3%83%91%e3%83%b3 )

 戦前探偵小説空想科学小説の分野で忘れてはならない海野十三空想科学小説を書いていたことから分かるように、理系の素養がある。

 やはり「SFの先駆者」とも言われる小酒井不木も、医学博士生理学世界的権威と言われていたそうである。

 このように日本探偵小説は、当初から理系の素養を持った方々が活躍していた。

 

甲賀三郎 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E8%B3%80%E4%B8%89%E9%83%8E

大下宇陀児 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B8%8B%E5%AE%87%E9%99%80%E5%85%90

木々高太郎 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E3%80%85%E9%AB%98%E5%A4%AA%E9%83%8E

海野十三 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%87%8E%E5%8D%81%E4%B8%89

小酒井不木 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%85%92%E4%BA%95%E4%B8%8D%E6%9C%A8

 

 本作品『血液型殺人事件』も理系的要素が入っており、タイトルから分かるように、血液型重要な要素となっている。

 当時、血液型を決定する要素について「二対対等形質説(四遺伝単位説)」と「三遺伝単位説」との間で長年の論争に決着が着いて間もない頃のようで、笠神博士血液型研究第一人者ということである。

 この両説は久しい論争の後に、後説が正しい事が、実験的に決定したといっていい。笠神博士は熱心な三遺伝単位説の支持者で、その為に涙ぐましいような努力を払われている。

 この血液型について、事実の真相や暗号解読にも関係してくる。そんな偶然があり得るのか、というような真実が最後に明らかになる。こういった当時の最先端の科学的成果がトリックに絡んでくるというのが、戦前探偵小説の面白さであろう。つまり、書き手も読み手もそんなことに関心がある知的素養の高い層だったということか?

 

 また、血液型と性格についても少しだけ触れられている。

 裏表のある毛沼博士は▲型とされ、とっつきにくいが根はいい笠神博士は●型ということになっている(血液型性格分類を偏見だ、人権問題だ、という意見もあるので、ここでは伏字にしておく)。当時からこんなことが言われていたんですね。

 

血液型 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B

ABO式血液型 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/ABO%E5%BC%8F%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B

血液型性格分類 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B%E6%80%A7%E6%A0%BC%E5%88%86%E9%A1%9E

はてなダイアリー > キーワード > 血液型

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b7%ec%b1%d5%b7%bf 

   ↑リンクスコア現在20しかない。

  はてなダイアリーユーザーの間では、血液型に関する話題を嫌う方が多いということか?

はてな血液型同盟

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%cf%a4%c6%a4%ca%b7%ec%b1%d5%b7%bf%c6%b1%cc%c1

  

 さてこの小説について。

 これほどまでに執念深く陰湿な性格を持ち、これほどひどい悪事を実行する人間がいるものか、と驚く。

 こんなひどい悪人が良心の呵責もなくケロリとして社会生活を送る一方で、被害者の方は人生台無しにされてしまう。やっとのことで復讐すると、良心の呵責に耐えられなくなり、あっけなく自殺してしまう。

 こんなひどい話があるか、所詮探偵小説の中での架空の物語である、と納得しようと思っても、現実世界でもこれと似たようなことがありそうな。嫌だ嫌だ。人間社会のドロドロからは逃避したいものである。

 

 探偵小説とは結局、悪人が善人の人生台無しにする物語を描いたものではなかろうか。

 だからどうしても後味が悪くなることが多い。だから私は推理小説だとかミステリーだとか、『○○殺人事件』とかいうテレビドラマがあまり好きではないのである。しかし懐古趣味というか何というか、日本戦前探偵小説だとか海外古典とされるミステリーは好きである。要するに現代が舞台になると生々しすぎて耐えられないのだが、古い時代の雰囲気が好きなのである。

 結局、現代の現実社会の厳しさから逃避して古い時代の物語に浸っていたいのだ。

  

 甲賀三郎探偵小説選 (論創ミステリ叢書) 甲賀三郎探偵小説選 (論創ミステリ叢書)

 日本ミステリー名作選 (お風呂で読む文庫 85) 日本ミステリー名作選 (お風呂で読む文庫 85)

  

 日本探偵小説全集〈1〉黒岩涙香・小酒井不木・甲賀三郎集 (1984年) (創元推理文庫)

  

青空文庫 図書カード:No.43420 甲賀三郎血液型殺人事件』

  http://www.aozora.gr.jp/cards/000260/card43420.html

読書blog ― すいへいせん 「血液型殺人事件」

  http://sky.ap.teacup.com/aozora365/120.html

 

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

速読読書カテゴリは、『無料速読トレーニングhttp://www.servicemall.jp/sokudoku/top.htm

さんが出している2つのメルマガ

世界の名作を読みながら速読力を身に付ける(マガジンID:0000144067)』

日本の名作を読みながら速読力を身に付ける(マガジンID:0000145860)』

の使用テキスト感想文です。

   →バックナンバーへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20071018


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2525279  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |