Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2008-06-17 (火) 読書速度測定対応メルマガ

[][][]《メルマガ読書速度測定対応メルマガ 《メルマガ》読書速度測定対応メルマガを含むブックマーク 《メルマガ》読書速度測定対応メルマガのブックマークコメント

 地味なメルマガを出しています

 

●『三四郎』な人生論  http://sanshirou.seesaa.net/

●『少年少女世界の名作文学ブログ速読み版』  http://nazede.gozaru.jp/gogaku.html

 

 今度工夫として、文字数を記しておくことにしました。

 これにより、読書速度を計測することができるのです。

 早速、先日発行した分に取り入れました。

 

http://archive.mag2.com/0000254139/index.html

読書速度計測対応!】

 以下の本文は 1466.4 文字となっております

 ストップウォッチで読んだ時間を記録すれば読書速度が計測できます

 毎回計測して記録しよう!

ひふみよいむなやことひふみよいむなやことひふみよいむなやことひふみよいむなやこ

123456789012345678901234567890123456789

 

 (本文 中略)

  

読書速度計測 結果】

 以上の本文は、(39文字)×(47行)×(ハンディ0.8)=1466.4 文字

(あらすじ)などの見出しhttアドレス、空白の行などは除外しています

 読んだ時間割れば分速や秒速の文字数が出ます

 毎回記録していきましょう。

 

 ヘッダやフッタに毎回同じ文章を入れたりお知らせや広告が入ることもあるので、本文の文字数だけを記載するのがコツです。

 毎回配信時に読書速度を記録するのはマメなことですが、ある程度バックナンバーがたまれば速読訓練時の読書速度計測の教材として活用できるのではないでしょうか。

 

 まあそれよりもメルマガの発行頻度を上げることが先決ですが。

 語学関係メルマガも発行していたのですが、ちょっと発行が厳しいということで、PRをやめることにしました。

 廃刊にするかどうか検討を続けます。 

 

 それでは、この機会にメルマガの購読、お願いします

 

●『三四郎』な人生論  http://sanshirou.seesaa.net/

●『少年少女世界の名作文学ブログ速読み版』  http://nazede.gozaru.jp/gogaku.html

 

 また、メルマガ本文の文字数を入れる“読書速度測定対応メルマガ”につきましては、広まってほしいと思います

 この試みが面白いと思われた発行者の皆様、ぜひ次回の発行から本文の文字数の記入、お願いします

  

 ★情報発信研究会 情報発信について考える http://nazede.gozaru.jp/jouhouhassin.htm

 

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

 

2008-06-09 (月) ひかり速読法

[]ひかり速読ひかり速読法を含むブックマーク ひかり速読法のブックマークコメント

 

9.07倍速くなるひかり速読法

9.07倍速くなるひかり速読法

 

「すずき式ひかり速読メソッドである特許出願中である

 本を読んだ音声を速く聞きながら読むのを速くする方法である

 SRRや斉藤超聴き式や七田式でもやっている方法である

(100万円以上の高額商品を買わなくてもできる!)

 

 聴・視読CDが付いているが、変わっているのは句読点コンピュータ処理により省かれていること。普通とは違った読み方である

 

 特徴的なのはハイテンポ法」を導入していること。メトロノームのような規則的な音を聞くことで読むのを速くするということである

 この方法を応用すれば、工事の音やイビキなどの規則的な雑音も速読訓練に使えるか?

 

 この本自体は速読できた。

 

 決定版!超カンタン速読入門―キミもこれで読書の達人 超聴き・超読みであたまの回転がみるみる良くなる! 七田式超右脳開発トレーニング―高速視・聴・読であなたの中に眠る「本当の力」を呼び覚ませ! 日本一かんたんな速読術 「逆聴」リーディング

  

速読術パーフェクトマスター2 Vista対応版

速読術パーフェクトマスター2 Vista対応版

地球能力開発事業団 http://www.gado.or.jp

 ↑すずき式「ひかり速読法」公式サイトのようです。

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

 

[]ごんぎつね異次元バージョン ごんぎつね・異次元バージョンを含むブックマーク ごんぎつね・異次元バージョンのブックマークコメント

 ごんぎつね (日本の童話名作選) ごんぎつね (小学館文庫―新撰クラシックス) 新美南吉童話集 (岩波文庫) ごんぎつね

 

 先日、ひかり速読法について書きました。

 

■[能力開発]ひかり速読法  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080609/p1

 

 ネット上での需要に対して情報供給が少ないようで、私のような弱小ブログでも検索上位に上がっているようで、ひかり速読法関連の検索で来られる方も多いようです。

 そこで情報を追加しておきます。

 

 この本には訓練用教材例として、トレーニングCDが付いています。

 

1 ゴン狐(前半) 音声×1.0倍 3分38秒

2 ゴン狐(前半) 音声×1.5倍 2分58秒

3 ゴン狐(前半) 音声×2.0倍 2分26秒

4 ゴン狐(前半) 音声×2.5倍 1分59秒

5〜8 ハイテンポ音  120テンポ〜300テンポ

 

 例文として収録されているのは、小学校国語教科書に載っていた「ごんぎつね」に似ているのですが、微妙に違って違和感あります。何せタイトルが『ゴン狐』となっているし、登場する人物が「兵十」ではなく「平助」となっています。

 調べてみると、「ごんぎつね」を書き直したもののようです。

ごんぎつね」自体が小学校国語教科書に載るくらいなので美しい正確な日本語で書かれているし、そんなに難しい文章でもない。

 あおぞら文庫に掲載されているので、著作権の問題もないはずです。

 どう考えてもわざわざリライトする意義が見つかりません。何でわざわざ書き直したのか、理解に苦しむところです。

 まあ考え方によっては、「ごんぎつねマニアにとって、この違和感バージョンをコレクションに加えるのも面白いことかと。

 

 検索すると、「ごんぎつね」は色々な挿絵入りのバージョンが発行されています。

 私自身は国語教科書に載っていた挿絵をおぼろげに覚えています。かすや昌宏という方が描かれていたようです。

 

新美南吉記念館ホームページ 南吉とわたし

  http://www.nankichi.gr.jp/meisaku/kasuya.htm

ごんぎつね挿絵−かすや昌宏

  http://www.yushu.co.jp/shop/g/g600970/

 

 改めて青空文庫原作を読んでみました。

 狐のごんが人間のように考え、反省し、行動に表している。犬や猫ならあるかもしれませんが、野生の狐にそのような人間のような感情があるのかどうかという突っ込みが先に立ちました。

 このように動物人間と同じように描くことは、児童向け読み物やファンタジー物語に多いものです。

 小学生時代には普通に受け入れて違和感なく読んでいたのに、今となっては率直に受け入れられなくなっている。

 何と私の感受性人生の荒波にさらされているうちに後退していたのだった。

 たまにはこんな童話を読んで子ども時代の率直な感情を思い出すことも必要ものです。

 

「ごん、お前(まい)だったのか。いつも栗をくれたのは」

 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。

 兵十は火縄銃をばたりと、とり落しました。青い煙が、まだ筒口(つつぐち)から細く出ていました。

 

 原作最後の部分。

 多くの日本人に受け入れられている名作にケチをつけるようで申し訳ないのですが、最後にごんがうなずくという描写に違和感を感じました。

 つまり、引用した部分の2行目が何だかくどくて甘く、省くと締りが出るような感じがするのです。

 ちょっと書き込みすぎでは、と思えてきます。

 しかし子どもを対象とした場合、この行があることで教訓や感動といったものを確実に付加しています。

 大人が読む場合、あえて書かずに省略することで余韻を持たせることができます。

 この2行目があるかないかが、童話文学の違いとなるのではないでしょうか。

 

 「ごんぎつね」をめぐる謎―子ども・文学・教科書 なぜ日本人は「ごんぎつね」に惹かれるのか―小学校国語教科書の長寿作品を読み返す 新美南吉「ごん狐」研究 (国語教育叢書)

  

ごんぎつね』教材研究

 http://www001.upp.so-net.ne.jp/bittervalley/jissen/gongitune_bunseki.html

  

wikipedia:ごん狐

 

(追記)

ごんぎつね最後違うものがあると聞いたのですが本当にあるのでしょう。

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324409083

   ↑ご紹介ありがとうございます

永遠の破片 《勝手ラストを変えないで >_<。》

  http://blog.livedoor.jp/xyzxyz4/archives/51056861.html

文章のヒント 新美南吉の「ごんぎつね」の原作教科書版の違い

  http://ameblo.jp/shigotobana/entry-10608388308.html

   ↑例の一文はいわくある一文だった。

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080609

2008-06-06 (金) 残念!メルマガ天国がサービス終了

nazegaku2008-06-06

[]《メルマガ残念!メルマガ天国サービス終了 《メルマガ》残念!メルマガ天国がサービス終了を含むブックマーク 《メルマガ》残念!メルマガ天国がサービス終了のブックマークコメント

 メールマガジン発行スタンドメルマガ天国」がサービス終了するようです。

 メル天サービス終了のお知らせ

  

サービスは2008年7月31日をもって終了いたします。

発行者さまは他社のサービスへの移行をお願いします。

なお、新規マガジン登録の受付は終了しました。

メル天ドリームも7月31日をもって終了いたします。

長らくのご愛顧、誠にありがとうございした。

 

地震落雷などの自然災害やその他の原因等によりサービスの提供が困難となった場合、

予定より早くサービスを終了することがありますのでご容赦下さい。

  http://melten.com/

 残念だとしか言いようがない。

 

 メルマガ発行スタンドといえばまぐまぐが圧倒的知名度でシェアも圧倒的であるが、その他にも個性的なスタンドがあるので、組み合わせて利用していこうというのが私の考え方である。

 メルマガ天国はなかなか個性的でユニークスタンドだった。

 

 私もメルマガ天国メルマガを発行させて頂いていた。

 

少年少女世界の名作文学ブログ速読み版 (ID:16583)

  http://melten.com/m/16583.html

発行部数の推移 過去10号分

 

発行回数 発行日時 発行部数 発行部数の推移 ( 右端は50部 )

第22号  2006/08/31 23:06:54 31

第23号  2006/09/24 13:50:38 31  

第24号  2006/10/19 00:45:47 31  

第25号  2006/11/26 20:19:14 33  

第26号  2006/12/24 19:16:58 31  

第27号  2007/02/11 00:35:17 32  

第28号  2007/03/30 00:56:04 33  

第29号  2007/10/03 21:57:35 35  

第30号  2007/12/31 01:20:53 37  

第31号  2008/04/20 20:39:27 39

 

 メル天といえば「自動相互紹介システム」「メルマガ天国ドリーム」「自動クリックアンケートシステム」が特長だった。

 これらは非常に優れた機能であるので、発行者が積極的に利用すれば効果を期待できるものだった。また、発行者が使い勝手改善点などをメルマガ天国側にフィードバックして改善していけば、もっと洗練したものとなるはずだった。残念ながらその辺のバージョンアップが滞っていたのではないか。その辺、利用者側にとっても運営者側にとっても残念な結果となった。

 私も無料メルマガスタンドについてごくたまにブログで書いているので、その中でメル天を使った上で改善して欲しい点などを書くつもりだったのだが、書けないでいるうちにメル天の方がサービス終了になってしまった。

図書カードが当たる!メルマガ天国ニュース 第953号 2008年4月2日 315,000部発行

  (中略)

★ 今日のもくじ

 1.メルマガ天国からのお知らせ

   メル天チャンス(プレゼントキャンペーン情報紹介)

 2.メル天ダイジェスト

   ●(ID: )

 3.新着メールマガジン紹介

 4.★図書カードが当たる! メル天 クイズDEゲット「坪内逍遥

  (中略)

===================================

■このメール無料メールマガジン発行サービス メルマガ天国 が

無料で皆様に配信しています。 http://melten.com/

===================================

メルマガ天国』の運営は、メル天ニュース広告料で成り立っています。

 偶然メールフォルダに削除されずに残っていたメル天ニュースのヘッダとフッタ。

 メル天ニュース広告料が運営費としていたという。

 メル天ニュースではメル天ダイジェストとして、1誌の内容を紹介している。

 スペースはもう少し少なくてもいいので、紹介数を多くしても良かったのでは?

 また、メル天ニュース広告料を運営費としていた割には、あまり読む記事が少なかったのでは?

 プレゼントに頼っていてはコストが高くつくのでは?

 カプライトの公式メルマガのように独自に読みたくなるようなコンテンツがほしかった。

 

 よく見ると、社長の名が女性のようです。女性起業家メルマガ起業したということだったのでしょうか。しかも九州の地で。

 起業物語として面白いテーマだったと思うのですが。検索しても一切出てきません。PRの方法次第ではもっと違った展開になったと思うのですが。

 

 ともかくこのような事態に至ったことは残念です。

 惜しい。いいものは持っていたのに、その潜在能力をうまく活用できなかった、というところではないでしょうか。

 

 今後はメルマガを取り巻く環境もますます苦しくなっていくでしょう。

 まぐまぐは磐石だし、メルマ!もまずは大丈夫でしょう。

 発行者としては、この2つのスタンドを押さえておけばまずは安全。

 それに加えてその他の中小メルマガを好みに合わせて取り入れていけばいいでしょう。

 まぐまぐ、メルマ!以外の中小スタンドもそれぞれの個性や特長を生かして生き残りをはかってほしいところです。

 私は中小スタンドを応援します(私が応援しても屁の突っ張りにもならんが)。

 

f:id:nazegaku:20080608071134g:image

 

f:id:nazegaku:20080608071133g:image

 

 

メルマガ成功法〜メルマガコンサルタントの稼ぐ思考

vol.374 最近の配信スタンドの動向・・・感じること

  http://www.sc-p.jp/products/mail/2008/001146.html

 ↑メル天のサービス終了について触れられています。

  melma!が

「今までは本文を一括で登録できたのですが

 ヘッダ、本文、フッタの3分割で入れるようになっています。」

と書かれていますが、ヘッダやフッタは空白にしておけば今まで通り本文一括登録できます。

  

Pubzine吉田 VS メルマガ天国

  http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mmag/980241030/

 ↑日本メルマガ歴史の1ページ。

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

【以下、歴史的資料としてメルマガ天国公式サイトから幾つかの説明文を収録しておきます。】

はじめましてメルマガ天国です http://melten.com/Hello.html より 

  

発行システム自動挿入型クリック広告は入りません

メルマガ天国から発行されるメールマガジンは、いわゆる「広告付きメールマガジン」ではありません。

メルマガ天国から配送されるメールマガジンには自動広告を挿入しません。

発行者様から広告を挿入してほしいと言われても、メルマガ天国広告を挿入しません。

ただし発行者さんがご自身の発行するメールマガジン広告を入れることがあります。

そのときはぜひ快くクリックしてください。(^O^)/

 

 メルマガ天国おすすめメールマガジン紹介

メルマガ天国メールマガジンには最後に必ず

メルマガ天国おすすめメールマガジン」が掲載されています。

メールマガジンを読み終わった後に、ちょっと目を通してみてください。

新しいメールマガジンとの出会いがあります。

普段忙しくてメルマガ天国のホームぺージに行けなくても

おすすめマガジンをチェックすることができます。

もちろんクリックするだけの簡単登録です。

 

 アンケートのお願い

メールマガジンを購読すると簡単なアンケート付いてきます。

マガジン感想改善点、励ましの言葉などお寄せください。

読者の皆様に愛されるよりよいマガジンを作るために役立てます。ぜひご協力をお願いします。

 

 さあ〜、あなたもさっそく購読、発行しよう!

メルマガ天国の良さ、おわかりいただけたでしょうか?

ご理解いただいたら下のカテゴリから好きなジャンルを選んでご購読ください。

もし好きなジャンルメールマガジンが発行されてなければ、あなたが発行してみてはいかがですか!

新規の発行大歓迎です。

皆様のインターネットライフのお役に立てれば幸いです。

一切無料です。皆様のご利用お待ちしております。

メルマガ天国メールマガジン発行者を応援します http://melten.com/pub.html より

 

 自動相互紹介システム

メルマガ天国で発行されるメールマガジンは相互で紹介し合うシステムになっています。

あなたの発行するメールマガジンの紹介を他のメールマガジンでも自動で紹介します。

またあなたのメールマガジンには他のメールマガジンの紹介が自動で追加されます。

このようにお互いに紹介しあうシステム自動相互紹介システムと呼んでいます。

あなたは紹介文をわずか1行登録するだけでメルマガ天国自動で相互紹介します。

あなたはまったく手間がかかりません。

あなた自身が紹介者を捜したり、紹介文を編集したりする面倒な作業は一切ありません。

紹介文の追加先はランダムで決まります。発行部数に応じた紹介数となります。

メルマガ天国で発行されるメールマガジンは、すべてこの自動相互紹介システムを利用します。

あなたがメルマガ天国メールマガジンを発行すると

メルマガ天国で発行してるすべてのメールマガジンであなたを紹介します。

これによりこれまで以上に幅広い読者を無料で効率よく手間なく増やすことができます。

 

 自動クリックアンケートシステム

あなたの発行するのメールマガジンはどのように評価されていますか?

メルマガ天国では独自にアンケートを行い、メールマガジン各号毎に結果を公表しています。

発行者がアンケートのためにいちいち手をわずらわせる必要はありません。

発行者自身がアンケート文を編集したり、読者の回答を受け取る仕組みを作る必要はありません。

浮いた時間でよりよいマガジン作りに専念できます。

アンケートからメルマガ読者のダイレクトな反応を得ることができます。

読者の声に耳を傾ける事で、より内容の充実したすばらしいメールマガジンを作ることができます。

また、公表された結果は一般の読者も見ることができます。

よりよいマガジンを作れば作るほど読者がどんどん増えます。

メルマガ天国で発行されるメールマガジンはすべてこのクリックアンケートシステムを利用しています。

これによりこれまで以上に幅広い読者を無料で効率よく手間なく増やすことができます。

 

さらに発行部数を増やす各種イベントへのご参加

さらに発行部数を増やしたい発行者様はメルマガ天国の用意する各種イベントに参加できます。

その一つにメルマガ天国ドリームがあります。

このメルマガ天国ドリームは、あなたのマガジンに他のマガジンの紹介を掲載する事で

あなたのマガジンを紹介してもらう仕組みです。

あなたが頑張っただけ自分に戻ってくる仕組みです。

メルマガ天国ドリームに参加してびっくりするほど読者を増やしているマガジンもあります。

メルマガ天国で発行するマガジンは何時でも誰でもご参加できます。

あなたも是非ご参加下さい。

さらにメルマガ天国では自動ではない相互紹介の仕組みとして

不定期でメルマガ天国パーティーを実施しています。

メルマガ天国パーティーでは紹介相手マガジンメルマガ天国がコーディネートして

あなたのマガジンにご紹介します。

あなたのマガジン紹介が相手マガジンに掲載され、

あなたのマガジンに相手マガジン紹介を掲載します。

これでお互いの読者が増えていく関係になります。

参加希望者は随時募集しますので、見逃さないよう応募してください。

これらのイベントに参加して積極的に読者を増やしましょう!

 

メルマガ天国ニュース」でのご紹介

あなたの発行するメールマガジンメルマガ天国が発行するメルマガ情報誌メルマガ天国ニュース」でご紹介します。

 

メルマガ天国はあなたの発行するメールマガジンの発行部数増加にお役に立ちたいと考えています。

メルマガ天国で発行されるすべてのメールマガジンは上記のシステムを利用して幅広い読者を獲得します。

さらに続々とプロジェクト進行中です。ご期待ください。

あわせて発行者様からのアイデア募集中です。気軽にメール(staff@melten.com)でお送りください。

メルマガ天国からのお願い http://melten.com/onegai.html より

 

発行者さんへお願いがあります。メルマガ天国には発行部数を増やすさまざまな工夫があります。

たとえば発行部数増加に欠かすことのできないメールマガジン相互紹介システム

読者登録する際のメールアドレス入力の煩わしさを解消する簡単一発登録システム

読者の声をダイレクトに発行者にお届けするクリックアンケートシステム

1ページでメールマガジンの詳細データと発行部数の推移、

バックナンバーが見れる便利なマガジン紹介ページなどです。

メルマガ天国は皆様のメールマガジンの発行部数が増加する事を願ってシステム作りをしています。

これら豊富な機能を気に入られた方もいらっしゃるでしょう。

しかし他のメールマガジン発行システムで購読されている読者をメルマガ天国に勧誘してはいけません。

具体的にはメールマガジン内では「発行システムメルマガ天国がいい」とか、

メルマガ天国に乗り換えましょう」などと書いてはいけません。

発行システムによってはこのような行為は他のシステムへの勧誘行為と

みなされ強制廃刊処理されてしまいます。

これではせっかくの発行部数増加の工夫が逆効果となります。

メルマガ天国マガジン発行者、配信システム運営者、これを媒体とする広告仲介業者を含めた

メールマガジン業界全体の健全なる発展に寄与したいと考えています。

発行者様の良識ある対応をお願いします。

 

これから購読する読者の勧誘

メルマガ天国には読者にとってもさまざまな工夫があります。

たとえばどれを選んでも一切料金のかからないすべて無料メールマガジンシステム

個人データ入力する必要ない非会員制システム

メールアドレス入力不要の簡単一発登録解除システム

他人からいたずらされる心配のない「いたずら防止コードシステム

プライバシー保護のためのメールアドレス非公開システム

発行システム自動広告を付ける「広告つきメールマガジン」の非採用などです。

これら豊富な機能を気に入られた方もいらっしゃるでしょう。

これから新たに登録しようとする読者に対して「メルマガ天国がいいですよ」とか

メルマガ天国で登録しましょう」などとじゃんじゃん書いてかまいません。

おおいに書いてください。(^o^)/

具体的にはメールマガジンを紹介しているあなたのホームページ

おすすめ配信サービスとしてメルマガ天国をとりあげていただくとか、

他の配信サービスより目立つところにメルマガ天国メールアドレス登録ボタンを置いていただくとかあります。

皆様が新しい読者をメルマガ天国にご紹介いただければ、

メルマガ天国もまた皆様のメールマガジンを紹介します。

ギブアンドテイクの関係です。

これであなたのメールマガジンの発行部数がさらに増加します。

皆様の発行部数の増加はメルマガ天国の願いです。

メルマガ天国からのお願いにぜひともご協力くださいますよう、

よろしくお願い申し上げます。 メルマガ天国スタッフ

 楽しいメールマガジン カテゴリ

 素敵な男女の出会い(854)  ビジネス情報満載(1117)  よく行きます競馬(932)

 神秘の世界へようこそ:占い(316)  インターネット関連ニュース(261)  作ってますかホームページ(147)

 どこに行こうかな旅行情報(363)  お買い得品満載ショッピング(623)  仲間になろうぜ(430)

 一攫千金、ギャンブル(771)  健康医学(820)  自己責任が原則です株式ニュース(451)

 明日が見える経済ニュース(161)  今話題のテレビラジオ情報(122)  見ないと遅れるスポーツ情報(246)

 釣れてるつり情報(36)  みんなのアイドル(383)  遊び情報満載のレジャー(140)

 いっぱい当てようプレゼント情報(672)  楽しいイベント情報(134)  掘り出し物があるよフリーマーケット(79)

 大きくなあれ出産子育て(370)  いろんな趣味があります:ホビー(436)  買うならこれを見てから激安情報(117)

 おもしろ星人登場(237)  コンピュータ関連ニュース(281)  フリーウェア、シェアウェア情報(67)

 裏技知ってますゲーム情報(125)  おもろい夫婦(48)  簡単便利お料理レシピ(228)

 手のぬくもりが自慢の手作り(85)  成功しますダイエット(147)  かわいいペット(233)

 今年こそ英会話で決まり(489)  絶対とりたい資格(231)  めるまが関連(90)

 おいしいレストラン(66)  芸術、文化、芸能(872)  私の秘密おしえちゃう:日記(1702)

 キャリアアップ就職転職(297)  キラリセンスが光るファッション(193)  あなたの知らない映画情報(90)

 お役に立ちます生活の知恵(1072)  土と植物が好きです園芸(90)  サイエンスって神秘的(80)

 私だけのグルメ(195)  あなたの悩みズバリ解決(925)  入門サイドビジネス(241)

 ぼくたち国際人(430)  アニメ大好き(1914)  紹介しますホームページ(455)

 読んでますか小説(1219)  ミュージック(678)  その他(2445)

メルマガ天国運営会社 http://melten.com/kaisha.html より 

 

メルマガ天国バンブー株式会社が運営しています。

 

 会社概要

バンブー株式会社

〒811-0202 福岡市東区以下略

staff@melten.com (広報担当) 

資本金 1,000万円 

代表取締役社長 笹栗 広子 

業務内容 無料メールマガジン発行サービスメルマガ天国』の運営・管理

  

 沿革

平成11年12月 無料メールマガジン発行サイトバンブーテスト公開

平成12年 1月 『バンブー』運営会社設立準備室発足

平成12年 1月 無料メールマガジン発行サイトバンブー』正式オープン

平成12年 2月 『バンブー』から『メルマガ天国』へリニューアルオープン

平成12年 2月 『メルマガ天国』運営会社 現在バンブー株式会社設立

  

 登録マガジン数と読者の推移

 平成12年 1月  登録マガジン数 100誌、総読者数 3,000人

 平成13年 1月  登録マガジン数 3,800誌、総読者数 600,000人

 平成14年 1月  登録マガジン数 8,600誌、総読者数 146万人

 平成15年 1月  登録マガジン数 13,300誌、総読者数 215万人

 平成16年 1月  登録マガジン数 17,100誌、総読者数 222万人

 平成17年 1月  登録マガジン数 19,900誌、総読者数 229万人

 現在      下のカウンタをご覧ください。

 

 (2008年6月8日朝のカウンターによると)

 登録マガジン数 25265

 メルマガ天国ニュース読者数 313368

 総読者数 2127594

 アクセス数 42452307

 

 

 ★情報発信研究会 情報発信について考える http://nazede.gozaru.jp/jouhouhassin.htm

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080606


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2667548  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |