Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2008-12-30 (火) 世界のプロレス メキシコ空中戦

[]世界のプロレス メキシコ空中戦 世界のプロレス メキシコ空中戦を含むブックマーク 世界のプロレス メキシコ空中戦のブックマークコメント

D

カネック ぺロ・アグアヨ フィッシュマン

   VS

ドス・カラス エンリケ・べラ スペルアルコ

 

D

カネック VS シエン・カラス

 

 私が中学生の頃、地方局(東京12チャンネル系の番組もよく放送されていた)で、『世界のプロレス』という素晴らしい番組が毎週放送されていた。

 山田康夫さんが試合の前後に試合の見所などについて説明するという演出も良かったし、試合の前の対戦カード字幕で出る時にBGMが流れるのも燃えて良かった。

 世界といってもアメリカの試合がほとんどだったが、中に「メキシコ空中戦」というメキシコの試合を紹介するコーナーがあった。

 当時メキシコルチャ・リブレといえば空中戦というイメージがあったためこのようなコーナー名になったのだろうが、実際に放送される試合はマスクはぎだとか流血戦だとかラフな試合が多かった記憶がある。

 この番組をもう一度見たい。DVD化しないだろうか。

 YouTubeにないか検索してみたが日本語タグでは発見できなかった。しかしメキシコの方がメキシコ空中戦コーナーを一部公開されていた。

 間違いなくこれは「世界のプロレス」のメキシコ空中戦コーナーである。私はカネックが好きだったのでカネックの試合はよく覚えている。これらの試合もよく覚えている。非常にありがたいことなのだが、残念ながら試合の前後山田康雄さんのナレーションカットされている。「世界のプロレス」には山田さんのナレーションが欠かせない。もし日本語が分かるのなら多分カットしていないだろう。

 カネックがシエン・カラスに両者フォールで防衛したという中途半端な試合後、確か山田康雄さんの

強敵シエン・カラスに勝った今、カネックの王座は安泰だろう」

というようなナレーションがあったように思うが、この画像ではカットされている。

 

メキシコ空中戦」コーナーでのカネックといえば、フィッシュマンとタッグを組んでの試合(相手チーム忘れた)も思い出す。

 試合前、半魚人フィッシュマン特集ということでフィッシュマンをフィーチャー。家庭でも女子プロレスラーの奥さんとのトレーニングを欠かさない、というようなことを紹介して次の試合ではフィッシュマンが大活躍するぞ、と期待していたらマスクを剥がされて反則勝ち、という意外な結末に。特集を組むのなら活躍する試合を選べ、と思った。

 ロス・ブラソスを特集した回もそうだった。日本でも知名度のあるブラソ・デ・プラタ&ブラソ・デ・オロにエル・ブラソのブラソス三兄弟を悪の三銃士だと紹介して持ち上げておきながら、ロス・ファンタチコスにさんざん痛めつけられて負ける試合が放送された。

 このロス・ファンタチコスは素晴らしかった。ラフな試合がほとんどだった「メキシコ空中戦」コーナーでロス・ファンタチコスの空中殺法は華麗で飛び抜けていた。

 確か登場はこれ1回だけだったような気がする。もっと紹介していれば日本でも人気が出たんと違うか?

 この番組で最もブレイクしたのがロード・ウォリアーズである。ウォリアーズも最初は注目チームの紹介ということで無名チームとの試合が3本ほど一気に紹介された。

「相手の選手がかわいそうなほどですね」

と解説者が言っていたのを覚えている。

 これで人気が出たのか、その後回を追うごとに扱いが大きくなっていき、日本でもブームになって全日に乗り込んで来た。

 ロス・ファンタチコスもこのようなムーブメントを起こせる潜在能力があったのでは?ユニバーサルプロレスみちのくプロレス闘龍門もなかった当時は日本でのメキシコ空中戦活躍の場がなかったのだろうか?

 その後ロス・ファンタチコスがユニバーサルプロレスに来日してブラソスだったかロス・ビジャノスだったかロス・カウボーイズだったかと対戦する、というようなお知らせを週刊ファイトで読み、あの時の!と懐かしく思ったものである。

  

 その他「世界のプロレス」で思い出すのは極悪ゴディ&カーンと壮絶ゴディVSカーン見出し)。最初組んでたのが仲間割れしたという。放送当初、日本での知名度のあるテリー・ゴディキラー・カーンの扱いが大きかった。

 ミッドナイトエクスプレスジムコルネット(コーネット)も大好きだった。ジム・コーネットはその後SMW(スモーキーマウンテンレスリング)という団体を旗揚げした、と週刊プロレスで紹介され、何度か写真入りで紹介されていた。一時は勢いのあったSMWであったがその後選手離脱などで勢いがなくなって消滅した、とその後週プロでの続報。

 実は「世界のプロレス」で放送された対戦カード勝敗名前が出たマネージャー名も含めて放送第1回から、当時書いていた日記に記録していた。その日記帳実家引っ越しに伴なう古い家の取り壊しの際に消滅してしまった。今思うと結構貴重な記録ではないだろうか。もし残っていたら日本プロレス中継史の一助のためにネットで公開しておきたかった。

 熱中してプロレス番組を見ていた子ども時代。私ももう子どもではないし、あんな古き良きプロレス番組ももう出ないだろう。

世界のプロレス」は子ども時代の楽しい思い出である。

 

高木マニア堂 039:吹き替えの魅力全開!世界のプロレス

  http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=6585

    ↑やはり原稿料もらって書いているプロは文章うまいのう。こんなコラムをお手本にすればわしももっと文章が上達するかのう。

テレ東でやってた世界のプロレス

  http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/l50

Tokyo Drifter  世界のプロレス 素晴らしき東京12チャンワールド

  http://blog.livedoor.jp/zeataka/archives/55086290.html

  ↑YouTubeには確かに一度UPされていたようだが、削除されたようである

 

ダークロHP プロレスラー選手名鑑 カネック

  http://kuro.pinoko.jp/pro/w148.htm

Mask Maniaへの道!! エル・カネック

  http://blog.livedoor.jp/mura_tiger/archives/cat_50231122.html

ミック博士昭和プロレス研究室

 盗賊仮面 エル・カネック

  http://www.showapuroresu.com/favorite/canek.htm

 検証! カネック敵前逃亡事件

  http://www.showapuroresu.com/file/file2.htm

悲劇の帝王・エルカネックを検証する!

  http://yasai.2ch.net/wres/kako/990/990091264.html

☆☆☆ ミルマスカラス&エル・カネック ☆☆☆

  http://piza.2ch.net/wres/kako/975/975925506.html

 

wikipedia:エル・カネック

 

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/37

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/64

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/65

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/78

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/80

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsutv/1022734013/86

 ↑ここでロス・ファンタチコスの記述がされている。

「あとカト・クン・リー、クン・フー、ブラックマンのロス・ファンタスティコス

エル・シグノ、エル・テハノ、ネグロ・ナバーロのロス・ミシオネロスに1−2で負けた試合の

1本取った試合だけ流してファンタスティコスが勝ったことにしてたの萎え

「悪役三銃士は敗れ去った」とか山田康雄言ってるし。」

  

……と書かれているが、私の記憶ではロス・ファンタチコスの試合はブラソスとの試合の1回しか記憶にない。

 果たしてロス・ファンタチコスと戦ったのはロス・ミシオネロスかロス・ブラソスか、それとも2回放送されていたのか。どちらにしろこの掲示板に書き込みされている皆様は思い出を共有する同志である。

 

Mask Maniaへの道!! 

 カト・クン・リー クン・フー ブラックマン

  http://blog.livedoor.jp/mura_tiger/archives/cat_60238526.html

  http://blog.livedoor.jp/mura_tiger/archives/cat_50208906.html

  http://blog.livedoor.jp/mura_tiger/archives/cat_60237259.html

 

D

 まさかスーパー・マキナの動画を見られるとは!新日で行われたタッグリーグ戦でメキシコ代表として参戦したカネック&マキナ組。戦績は良くなかったようでTVで放送されたのはこれ1試合のみだったように思う。スーパー・マキナのコスチュームが印象に残っていてその後もずっと覚えていた。

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

   

世界のプロレス世界のプロレス 2009/08/02 18:25 全て所有しています。

nazegakunazegaku 2009/08/04 20:32 デジタル機器やツールが発達した現在ならともかく、アナログ機器中心だった当時、映像の保存は今より大変でした。そのような時代に映像を保存されたとはすごい。幻のお宝映像ですね。

worldnoworldno 2009/11/15 22:32 全て所有しています。必要であればお譲りします。

nazegakunazegaku 2009/11/16 22:44 worldno様、私のような者に有難いお言葉、ありがとうございます。あの番組を再び見られるとは、夢のようです。ただ、そのような貴重な映像を私が頂いても、私には人脈がないので私一人のものとなって死蔵させることになって宝の持ち腐れとなってしまいます。貴重な映像資料の持ち主として私は不適当だと思います。やはり当時貴重だったビデオテープに苦労して毎週録画を続けたworldno様の手元にあるべきでしょう。お気持ちだけありがたく頂戴いたします。ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20081230

2008-12-29 (月) 男の成功と女の幸せ 夢をかなえるゾウ

[]男の成功と女の幸せ 夢をかなえるゾウ 男の成功と女の幸せ 夢をかなえるゾウを含むブックマーク 男の成功と女の幸せ 夢をかなえるゾウのブックマークコメント

 夢をかなえるゾウ スペシャル 男の成功編 [DVD]

夢をかなえるゾウ』は、単発ドラマ版が新聞TV欄の紹介でされていて、この単発ドラマ版は秋から始まる連続ドラマ版につながっている、とかいうようなことが書かれていて、どんな風につながっているのか興味を持って見ることにした。原作本に対する関心もあったので。

 wikipediaで見ると、単発ドラマ版は「男の成功篇」 、連続ドラマ版は「女の幸せ篇」 ということになっている。

 両方比べると、「男の成功」の方が単純で分かりやすい。

 時間の限られたスペシャルドラマなので、始まりから終りまで一気に一直線に進んでいき、結末も脱サラ独立して子どもの頃からの夢だった写真家になって成功する、という非常に分かりやすい展開だった。

 しかし13話にも及ぶ連続ドラマ版は長丁場で、その間グダグダとした展開もあり、どうやって結末をつけるのかと気になる広がりを持っていた。

 そして結局、生き生きと毎日を過ごすことで周囲の人を元気にさせる存在になることが幸せだという風に終わった。

 ううむ、「女の幸せ」とは複雑である。私は男だからストレートに単発ドラマ版のように独立して成功するという方が分かりやすい。

 ギター教室に通うとか英会話に通うとかいっても所詮趣味の範囲であるし、登山の楽しみは分からない。

 同じ神様コーチを受けても、野上耕平(小栗旬)と星野あすか水川あさみ)の得た幸せは、全く違う質のものだった。

 自分を持たずにフラフラして辛いことが重なって大変だったところからここまで成長したのだから、確かにこれは人間的成長であり、成功なのか。

 星野あすかの成長により職場に活気が生まれ、多くの人がいい方向に向かう一方で、網田和哉(丸山智己)のみは社内での扱いが悪くなって降格のようになっているし彼女とも別れたようで、強敵キャラから転落して一人だけ沈んだようになっていた。

 確かに企画が前のように出てこないと悩んであすかから搾り出せ、と言われていたが、その後あすかが見た企画ファイルは出来が良かったようで、立ち直ったかのように思っていたが。

 星野あすかと網田和哉の関係は複雑で、何で会社を辞めさせようとした嫌味な男を助けようとしたり好きになったりするのか、単純な私には全く分からない。これがドラマ的展開というのだろうか。

 こんなことが分からないくらいだから私は成功からほど遠い負け組下流ワーキングプアなんだろう。

 こんな風だから例えガネーシャが現れてコーチしてくれても着いていけんだろう。

 というか、それじゃ駄目なんだけど。目指せ成功

  

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

「夢をかなえるゾウ」の秘密

「夢をかなえるゾウ」の秘密

 

 

夢をかなえるゾウ DVD-BOX 女の幸せ編

夢をかなえるゾウ DVD-BOX 女の幸せ編

 

  

wikipedia:夢をかなえるゾウ

 

夢をかなえるゾウ 公式サイト http://www.ytv.co.jp/yumezou/

  

All About > エンタメ > 話題の本 > 『夢をかなえるゾウ』と自己啓発本世界

  http://allabout.co.jp/interest/book/closeup/CU20080821A/

 

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20081229

2008-12-23 (火) 都市伝説的奇談『地図にない街』

[]都市伝説奇談地図にない街』(ネタばらし注意!) 都市伝説的奇談『地図にない街』(ネタばらし注意!)を含むブックマーク 都市伝説的奇談『地図にない街』(ネタばらし注意!)のブックマークコメント

(あらすじ)

 田舎から東京に出てきた士族出身の青年・寺内は全てを失い、何もするあてもなく公園のベンチで座っていた。そこでボロ毛布を身体に巻いた老人に会い、東京無料で生活する方法について色々と教えてもらう。

 やがて寺内は地図にない街に住む富裕な女性・美代子を紹介され、一週間衣食を共にする。一月たてばまた来いと言われ、ふた月は生活できる金をもらって寺内は帰された。しかしその後、寺内は美代子にもあの老人にも会うことはできなかった。

 

感想)(ネタばらしあります!)

 

 寺内はボロをまとった老人から東京無料で生活する裏技を色々と教えてもらう。しかしよく考えると、いつまでも続けられそうにない方法である。果たして裏があり、寺内は老人に騙されていたのである。

 思えばインターネット無料で色々できる世界である。青空文庫などでは無料で本を読むことができるし、you tubeでは無料映像音楽を楽しむことができる。無料ブログを書くこともできる。はてなダイアリーでは不可能だが、アフィリエイトも可能な無料ブログもある。パソコンを準備して通信料さえ払えばインターネットでは無料でかなりのことをできる。しかし油断していれば悪徳詐欺に引っかかることもあるので用心しなければならない。

 

 美代子と別れて日常生活に戻ってから寺内は社会復帰したようである。美代子にもらった資金を元手に立ち直ったのであろうか。一時は自殺しようと思っていたことを思えば、すごいことである。やはり一文無しより資金がある方が再就職もしやすい。

 

 以下、ネタばれあり。

 

 実は美代子は子爵脇坂夫人であり、かの老人は家付きの七尾医師であった。真実は子ができない脇坂夫人のために七尾医師が仕組んだトリックであったのである。

 歌舞伎座で偶然二人を見かけてこれを突き止めた寺内は七尾医師面談し、医師の金と権力によって精神病院に入れられ、怒りで憤死する。

 浦島太郎の現代版ともいえるべき物語。もしかして浦島太郎伝説の真相もこのような事情だった!?

 

 確かに七尾医師や脇坂夫人が仕組んだ罠はひどいものである。

 しかし考えようによっては、いい経験である。

 一時は絶望して死のうと思っていたところをセレブ夫人といい関係を持って金ももらって社会復帰できたのだから。それこそ詐欺サイトから届くスパムメール煽り文句のようなことを地でゆく経験である。

 いい経験をした、と思って思い出にとっておくという考え方もあるのでは?

 

 しかしすごいのは七尾医師である。子爵の侍医をしているからには、上流階級に属する人物であろう。特にあの当時の医師というのは相当のエリート階級であろう。

 そのような地位にありながらボロをまとってホームレスの真似をして食いっぱぐれた純真な若者を騙すのだから、労働者階級のことにも通じているのである。まるでシャーロック・ホームズが阿片窟で麻薬中毒者に変装して捜査していることの詐欺師版である。

 しかし子爵家の世継ぎを誕生させるために仕組んだ罠がこんな方法だとは、大胆不敵である。ばれたら地位も名誉も失うだろうに。

 子だねの提供者を上流階級青年ではなく一般庶民階級から選んだというのは、口封じしやすいからだろうか?

 大胆不敵な悪のヒーロー七尾医師。他にも色々な暗躍をしていそうである。七尾医師の冒険譚をもっと読んでみたい。

 

橋本五郎探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)

橋本五郎探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)

橋本五郎探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)

橋本五郎探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)

wikipedia:橋本五郎 (小説家)

 

地図にない街 橋本五郎

  http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/l/0098001.html

  http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/l/0098015.html

  

青空文庫 作家作品リスト:No.900 橋本 五郎

  http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person900.html

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m 

速読読書カテゴリは、『無料速読トレーニングhttp://www.servicemall.jp/sokudoku/

さんが出している2つのメルマガ

世界の名作を読みながら速読力を身に付ける(マガジンID:0000144067)』

日本の名作を読みながら速読力を身に付ける(マガジンID:0000145860)』

使用テキスト感想文です。

   →バックナンバーへ

2008-12-17 (水) シューベルト物語

[]シューベルト物語 シューベルト物語を含むブックマーク シューベルト物語のブックマークコメント

 12月13日NHK-FM世界の快適音楽セレクション」のテーマは“大蔵ざらえの音楽”として、今までのテーマに入らなかったがぜひとも流したい曲が特集されていた。

 一番良かったのが、

シューベルト物語

 ニック・クラウスニッキー

 1969年7月

である。

 最初シューベルトの“未完成交響曲”が流れて、アレッと思っていると、物憂げでロマンチックな巻き舌の歌が始まった。その後も未完成交響曲と歌が交互に流れ、しかも歌は日本語英語バイリンガルである。

 ゴンチチさんの解説によると、この曲は子役として活躍したアメリカ生まれのニッキーが水中バレエダンサーを経てその後さらに英語教師に転身し、その英語教師時代に出したレコードという。

 

「見事なバイリンガル歌謡ですね」

と評されていた。

 英語教師レコードを出すというのもすごいが、もともと子役として活躍していたので人脈や話題性もあったのだろう。

 クラシック音楽バイリンガル歌謡

という非常に新しい分野の歌謡では?このジャンルの曲をもっと出したら面白かったのに。

 

 番組の選曲をしている湯浅学さんが「ぜひ流したい」とずっと思っていたがなかなかテーマに合わず流せなかったものという。湯浅さんのナイス選曲である。

 

世界の快適音楽セレクション」で「クラシック音楽」というテーマをやるのはどうだろう。クラシック音楽テーマにしたクラシック以外のジャンルの曲を特集するのである。

 

とばすぜ ハイウェイ シューベルト物語 (1993)

  http://chitlin.exblog.jp/4380939/

 

 はてなキーワードによると、湯浅学さんはかなり著名で活躍されている大家の方だった。

幻の名盤解放同盟」所属ということだが、確かに“幻の名盤解放歌集”に『シューベルト物語』は収録されている。

   amazon:幻の名盤解放同盟

  

   

D

 

D

  

    

メルマガ始めました。

  易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム

    http://iching.seesaa.net/

   

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2490231  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |