Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2009-07-21 (火) サクッとプチ起業 誰でも始めはここから始める

[]サクッとプチ起業 継続と成長ある者が成功できる サクッとプチ起業 継続と成長ある者が成功できるを含むブックマーク サクッとプチ起業 継続と成長ある者が成功できるのブックマークコメント

 

サクッとプチ起業【CD-ROM付き】

サクッとプチ起業【CD-ROM付き】

 

 

“週末起業”は知ってたが“プチ起業”なんて新しい言葉ができたんかと思ったら、それ以前にもあった言葉のようで、他の著者による本も複数出ていた*1

 

 本書に書かれている方法は、ブログを書いている人にとっては当然知っているような初歩的なことである。

 ブログメールマガジンなどネット上のツールを使って自己ブランドを高め、ビジネスにつなげていこうというもの。

 インターネットを知らない人で、インターネットを使って何かやりたいという人が最初に読むには知識が整理されているのでいいだろう。

   

 目次を見ると

 

普通の人が情報を発信できる時代の到来」

ウェブ世界へ発信する「自分メディア

 

……などと威勢のいい言葉が並んでいる。

 確かに、インターネットがなかった私が子どもの頃のことを思えば、今は素人でも世界中情報を発信する手段がある素晴らしい時代である。

 

 しかし、敷居が低いということは、それだけ競争相手が多いということであり、そこから一歩抜け出すにはやはり並々ならぬ才能と努力が必要ということである。

  

 しかし、ブログを使って成功した人でも誰でも最初はゼロから始めたのである。成功するためには誰でもここから出発しなければならない。

 

 後は自分の才能や能力を磨き、伸ばして他人から評価されるまでになる努力が大事だろう。

 

 ブログを書けば誰でも起業できるというわけではありませんから!残念!生存競争斬り!

 拙者も長くブログを書いてますがアクセスは1日に100人もありませんから!*2切腹!!

 

アベマユの女社長な日々 http://ameblo.jp/abemayu/

  

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

 

*1:但し数年前の本なので、今では内容は古くなっていると思われる。

*2:今頃波田陽区だとかギター侍とかの古いネタを持ち出すセンスの悪さと古さが問題です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090721

2009-07-18 (土) 青汁の飲み方研究

[]青汁の飲み方研究 青汁の飲み方研究を含むブックマーク 青汁の飲み方研究のブックマークコメント

 野菜不足に少しでも対策となればと思い、青汁を飲むことにした。

 

野菜不足対策に少しでもなれば 青汁の活用

  http://yorodzu.seesaa.net/article/123627915.html

 

[rakuten:qunqun-lab:10000210:detail]

 

 粉末青汁を色々な飲み物に混ぜて飲んでもいいようなので、色々と工夫してみることにした。

 定番牛乳に混ぜる飲み方のようじゃが、わしはあまり素の牛乳は好きではないので、それに近い乳清飲料から試してみることにした。慣れていけばもっと色々な飲料も試してみることにする。

 

1)エルビー ホワイトウォーター

 人気の「乳性ウォーター」に、当社独自のオリジナル製法をプラスして、お手頃価格を維持しました。爽やかな甘みとコクがありながらも、ゴクゴク飲めるおいしさです。

  http://www.elbee.jp/product/product_02.html

(優)青汁の青臭さが消えてまろやかになる。

 

2)「フルーツカルピス」こだわりのレモンカルピス

f:id:nazegaku:20090717204628j:image

カルピス」にこだわりのシチリア産有機レモンがとけこんだ、甘ずっぱく爽やかなおいしさがカロリーオフで楽しめる、夏にふさわしい乳性果汁飲料です。

  http://www.calpis.co.jp/products/milkybeverage/fc_lemon.html

(優)レモンのすっぱさが青汁の青臭さを消して絶妙ハーモニーを奏でる。

 

3)カゴメ野菜生活100Refresh!レモンパッションフルーツ

f:id:nazegaku:20090719214756j:image

(良)わしは酸っぱいのがダメで、このジュースもゴクゴク飲めるというわけではないが、青汁と混ぜると酸っぱさが緩和されて飲みやすくなる。レモン柑橘系の酸っぱいジュース青汁はいい組み合わせじゃ。

 

4)スコールウォーターレモン

f:id:nazegaku:20090720220827j:image

(優)溶媒となったスコールウォーターレモンが素晴らしい。同じレモンじゃが(2)のフルーツカルピスレモンほど酸っぱくない。わしはこちらの方が好み。資本主義下の競争も色々選択の余地がある点は良い。

 

5)調製豆乳

f:id:nazegaku:20090721230036j:image

(可)豆乳と混ぜると美味い という情報があったので試してみた。しかし豆乳青汁と混ざりが悪い。特典でもらったシェーカーを使うといいんじゃろうが、手間がかかる。なるべく簡単に済ませたいものじゃ。所々青汁の粉の塊ができて飲み心地が悪い。

 しかし豆乳は今回初めて飲んだが、単体で飲むと美味い。これも身体にいいというから、バランスを考えて、青汁豆乳を交互に飲もうと思った。

   

6)カゴメ野菜生活100Refresh!

f:id:nazegaku:20090723224008j:image

(良)溶媒は(3)より飲みやすい。

  

7)ケフィアウォーター

f:id:nazegaku:20090724222405j:image

(優)溶媒は単独で飲むには少々薄くて水っぽい感じがするが、青汁溶媒としては適している。

 ケフィア青汁、強力なコラボレーションの完成である

 

8)ミルトングレープフルーツ

f:id:nazegaku:20090727220139j:image

(優)青汁を水に溶かしてから後にミルトンを入れるのがよろしい。ミルトンとは消毒液のことだと思ってたが、飲み物もあった。

  http://mayeda-sangyo.co.jp/products/milton.html

  

  

[rakuten:qunqun-lab:10000210:detail]

  

野菜不足対策に少しでもなれば 青汁の活用

  http://yorodzu.seesaa.net/article/123627915.html

   

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  

 

2009-07-09 (木) 【百年読書会】『坊っちゃん』その後おれはうらなりになった

[]【百年読書会】『坊っちゃん』その後おれはうらなりになった 【百年読書会】『坊っちゃん』その後おれはうらなりになったを含むブックマーク 【百年読書会】『坊っちゃん』その後おれはうらなりになったのブックマークコメント

 百年読書会 (朝日新書)

   

 百年読書会に参加するつもりが、読書ブログにかけられる時間が少なくなり、先月の『あ・うん』は時間切れで参加できず。

 今月の『坊っちゃん』は何が何でも参加するんだと強行日程で参加させて頂きます

  

 本作品は単純に見ると、恋愛三角関係が核にあります

 英語古賀先生(うらなり君)と遠山のお嬢さんマドンナ)が許婚関係であったところ、古賀先生の父上が亡くなってからお人よし古賀先生が騙されて家運が傾き、結婚暗礁に乗り上げたところに文学士の教頭赤シャツ)がマドンナ横取りし、赤シャツ陰謀でうらなり君が転任させられる。義憤を感じた坊っちゃん堀田山嵐)が赤シャツ天誅を加える、というもの

 それで、まだ恋愛体験する前に読んだ頃は、うらなり君が気の毒、赤シャツけしからん、というのが感想で、悪玉が善玉に退治されるクライマックス天誅シーンを単純に楽しんでいたもんです。

 そして坊っちゃん山嵐ヒーローのように感じ、自分も大人になったらこんなヒーローになって赤シャツや野だいこのような悪人を懲らしめてやろう、と憧れ、その一方でうらなり君は単なる気の毒な脇役としか思わなかった。

 その後数十年がたち、大人になってみると、どう考えても今の私はうらなり君なのだった。

 筋肉少女帯の『元祖高木ブー伝説』という曲があったが、まるで「元祖うらなり伝説である

 

 おれはうらなり君だ

 おれはうらなり君だ

 おれはうらなり君だ

 まるでうらなり君だよ

  

 高校大学時代精神状態悪化したために人生を転落し、負け組・下流・経済弱者に落ちぶれてしまった。何かあれば真っ先に落伍して淘汰される状態である家族責任を持つことなど考えられず、自分一人の明日状態すら不確定で、死は常に身近な問題である

 このような状態恋愛など考えられず、たとえ好きな人がいても他の身分が安定した男と一緒になった方が彼女にとっても幸せだろうと考えてしまう。私はあぶれ男であり、ご先祖様に申し訳ないのだが、代々続いてきたわが家系も断絶の危機なのである

 

 ということで格差社会の厳しい現実さらされた今読み返してみると、子どもの頃は単なる気の毒な脇役としか思えなかったうらなり君がまさに自分のようだと非常に共感・同情を持ってとらえられたのだった。

 しか恋愛問題に関しては、強者が勝ち弱者が負ける弱肉強食自然淘汰は仕方がないのではないかと。

 

 まあ赤シャツマドンナ横取りするのは恋愛における弱肉強食としては仕方がないことだが、つくづく赤シャツや野だいこは悪いやつらだ。個人的問題としては大嫌いである現実社会ではこういう連中が幅を利かせているものであるが。

 坊っちゃん山嵐のような生き方は格好良くてこうありたいものですが、現実にはなかなかこうはいかないものです。

  

 中学時代に『坊っちゃん』を読んで坊っちゃん山嵐活躍に快哉を送った皆さ〜〜ん!あなた方はどんな大人になりましたか〜〜!

 

うらなり

うらなり

 ↑その後うらなりさんはい人生をまっとうしたらしい。

  

【結末の問題点

 ところでクライマックスの大活劇であるが、冷静に考えてみると、少々乱暴である赤シャツ達が芸者と一緒にいたというのは状況証拠しかない。警察官乱闘場面を通りかかれば、坊っちゃん山嵐の方が暴行現行犯逮捕されるのではないか?

 それに芸者遊びだとか遊郭行為に及んだとしても法的には問題ではなく、むしろその帰りに因縁をつけて暴行を加えたことこそ法的に問題ではないか。

 うどんや団子屋に入ることを禁じた赤シャツ芸者と一夜を共にしたという道理問題天誅理由だが、法的に問題があるのは坊っちゃんである

 赤シャツ達が警察に被害届けを出せば坊っちゃん達も危なかったのだが、その後の体面を考えると赤シャツ達も訴えることはできなかったのだろう。

 

 ということは、赤シャツも野だいこも一度の暴行を我慢すればその後は今まで通りの体面を保てるのであり、何らの社会的制裁もなく安泰な生活を送れるのである

 また、古賀先生(うらなり君)も故郷に帰ってくることはできず、当然マドンナ赤シャツのものとなる。

 坊っちゃん山嵐も勝ったようでいて、現実には退散の前に一矢報いただけにすぎない。

坊っちゃん』は、決して、単純な勧善懲悪物語などではなく、現に、善玉たる坊っちゃん達は、悪玉たる赤シャツ達に勝利してはいない。何故なら、うらなりの左遷を防いだ訳でもなければ、山嵐濡れ衣を晴らしたり復職を勝ち取った訳でもなく、むしろ、邪魔者である坊っちゃん達が去った後の中学校における赤シャツ達の立場は安泰であろう。故に、『坊っちゃん』は、むしろ、敗北と挫折物語と言える。だが、漱石の独特なリズムテンポに満ちた文体の魅力によって、読者は深い感銘に満ちた爽やかな読後感を得る事が出来る。だからこそ、所詮、敗残者が一矢報いたに過ぎぬ赤シャツ達に対するリンチ事件が痛快無比な悪人退治に感ぜられるのである

wikipedia:坊つちやん より)

  

【あまりに無茶なうらなり先生転任辞令

 ちょっと疑問に思うんですが、古賀先生(うらなり君)の転任辞令はあまりにもひどすぎませんか?

 赤シャツ陰謀のように書かれていますが、教頭一人の思惑でこんな無茶な辞令がまかり通るわけではない。狸(校長)は取り立てて赤シャツの仲間のようには書かれていず中立のように書かれてますが、普通判断力があれば、到底承服できる人事ではないはず。

 狸も赤シャツの味方をしてうらなり君追放積極的に関与していると思わざるを得ない暴挙ではないでしょうか。

 

 坊ちゃん [DVD]

 ↑うらなり君(岡本信人)が送別会で『鉄道唱歌』を歌って絶望するシーンが強烈に記憶に残っている。

 

赤シャツは何歳か】

 これも疑問に思うんですが、赤シャツは何歳くらいなんでしょうか。

 教頭をして別格扱いで、すごいことに一軒家を借りている。家賃は9円50銭である

 坊っちゃんよりかなり年上というイメージがあるんですが、まだ独身のようです。そして弟はまだ中学生で、坊っちゃんの生徒である赤シャツ兄弟は年の離れた兄弟なんだろうか。

  

イナゴ事件真相

 もう一つすっきりしないんですが、坊っちゃんが宿直の時に寝床イナゴが入っていたというのは、学生達がやったことなんでしょうか。

イナゴはぬくい所が好きじゃけれ、おおかた一人でおはいりたのじゃあろ」

学生が言っている。

 坊っちゃんの早とちりが真相だったとしたら、ちょっとひどい。

 ジャーナリズム精神を持つ者としては、真相が気になる。

 

……ということで、投稿文。

 まだ恋愛体験する前に読んだ頃は、うらなり君が気の毒、赤シャツけしからん、というのが感想で、悪玉が善玉に退治されるクライマックス天誅シーンを単純に楽しんでいた。

 そして坊っちゃん山嵐ヒーローのように感じ、自分も大人になったらこんなヒーローになって赤シャツや野だいこのような悪人を懲らしめてやろう、と憧れ、その一方でうらなり君は単なる気の毒な脇役としか思わなかった。

 その後数十年がたち、大人になってみると、どう考えても今の私はうらなり君なのだった。

 しか恋愛結婚に関して遠山マドンナ嬢の選択(心変わり)を批判するつもりはない。

 負け組に転落して自分一人の明日不安定となった今、家族を養う能力経済力を持つ強者恋愛戦争で勝つ弱肉強食自然淘汰は仕方がないのではないかとあきらめと絶望の心境である

   

wikipedia:坊つちやん

 

 贋作『坊っちゃん』殺人事件 (集英社文庫) 贋作『坊っちゃん』殺人事件 誰も知らない『坊っちゃん』 坊っちゃん殺人事件 (角川文庫)

 謎とき・坊っちゃん―夏目漱石が本当に伝えたかったこと 四国・坊っちゃん列車殺人号 (光文社文庫) 坊っちゃんは名探偵! 夏目少年とタイムスリップ探偵団 (講談社青い鳥文庫) 「坊っちゃん」はなぜ市電の技術者になったか (新潮文庫)

  

その後の坊っちゃん

その後の坊っちゃん

坊っちゃんの歩いた阿南市富岡商店街 往時の活気 今は昔

  http://www.topics.or.jp/special/122545490426/2007/01/117012442279.html

  

百年読書会 記事一覧(公式サイトhttp://book.asahi.com/hyakunen/

  ↑TBできたらいいのに!

  

読書会というからには、色々な人がこの作品をどう読んだか知りたい。

 ということで以下、百年読書会関連記事リンクTBさせて頂きます

 

私の読書遍歴 坊ちゃん 夏目漱石(著)

  http://thebookofbooks.blog35.fc2.com/blog-entry-37.html

Something Better Begining スイミンシャ・ノースブランチ 

 ひとり百年読書会? 予告『坊っちゃん

  http://suiminsha.exblog.jp/10473126/

 ひとり百年読書会? 『坊っちゃん

  http://suiminsha.exblog.jp/10703627/

夕螺の読書ブログ 09年 6月17日(水)

  http://pub.ne.jp/yuura/?entry_id=2227418

紙と鉛筆消しゴム 雨で・・・

  http://taturu.blog.eonet.jp/paperpencil/2009/07/post-326b.html

 

【百年読書会】関連過去ログ

■[名作文学]“百年読書会”始まる 4月は太宰治斜陽

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090405/p1

■[名作文学]“1億総斜陽時代”たる現代日本にて『斜陽』を読む

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090329/p1

■[名作文学]【百年読書会深沢七郎楢山節考』 今後再び人類が直面する現実

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090429/p1


少年少女ネタバレ談話室

 贋作坊っちゃん殺人事件 の暗澹

  http://sfclub.sblo.jp/article/86829531.html

■[名作文学]うらなり先生の見た坊っちゃん

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150404/p1

■[日々の哲学]『うらなり』で考える日本人の国民性

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150405/p1


   

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

  



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2605272  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |