Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2010-02-28 (日) れとろ爺の童謡・唱歌背後トーク 大人になって初めて知ったフランス

[]れとろ爺の童謡・唱歌背後トーク 大人になって初めて知ったフランス民謡      れとろ爺の童謡・唱歌背後トーク 大人になって初めて知ったフランス民謡     を含むブックマーク れとろ爺の童謡・唱歌背後トーク 大人になって初めて知ったフランス民謡     のブックマークコメント

にっぽんのうた 世界の歌

 放送日 :2010年 2月15日(月)

 放送時間 :午後5:20〜午後6:00(40分)

 ジャンル音楽>童謡・キッズ

       音楽>民族音楽ワールドミュージック

   富沢美智恵

 

「歌の翼に」                 (石井健三)

                       (3分37秒)

             <キングレコード KICG−25>

スキーの歌」              (杉並児童合唱団

                       (2分01秒)

スキー」                (杉並児童合唱団

                       (2分24秒)

牧場の朝」             (東京放送児童合唱団

                       (3分06秒)

    <日本コロムビア COCC−13020/13021>

  

 この歌は幼稚園学校で習ったことない。残念じゃ。

 この歌で歌われてるような朝を迎えて一日を送るのは理想じゃろう。

 しかしなかなかそうはいかないというのが現実じゃな。

  

   

「春よ来い」             (タンポポ児童合唱団

                       (1分27秒)

「かなりや」                 (芹洋子)

                       (2分06秒)

 youtubeコメントにも似たような書き込みがあったが、働けなくなった労働者使い捨て、というのが現代の風潮じゃ。大資本のみが独り勝ち逃げ、というのが現代の社会じゃろう。そういった社会の仕組みを変えていこうというコンセンサスが必要じゃな。

    

   

「どこかで春が」      (土居裕子タンポポ児童合唱団

                       (1分54秒)

           <キングレコード KICX−8502>

  

 番組後半はフランス民謡じゃった。こういうのも面白い

  

クラリネットをこわしちゃった」      (大和田りつこ

                       (3分00秒)

アビニョンの橋の上で」       (東京放送児童合唱団

                       (1分18秒)

  

  http://www.youtube.com/watch?v=sHmt_KEbeeU

   

「だれかが口笛ふいた」        (東京放送児童合唱団

                       (1分57秒)

 初めて聴いたがいい曲じゃ。

  

サンブル・エ・ミューズムーズ)連隊行進曲 誰かが口笛ふいた

Jean Robert Planquette (1871) /arranged by P. Raulski(1879)

  http://www.worldfolksong.com/songbook/masterpiece/sambre_et_meuse.htm

D


  

「月の光に」               (杉並児童合唱団

                       (1分38秒)

 よく聞くメロディじゃったが、歌も日本語訳詞もあるフランス民謡じゃったのか。大人になってから知るフランス民謡真実

  

2008年ピアノ発表会 〜フランス民謡 月の光に〜

 http://www.youtube.com/watch?v=gf6843W3KsY

民謡作曲者不詳  フランス

「 月の光に 」 Au clair de la lune  詩: 不詳

  http://homepage2.nifty.com/182494/LiederhausUmegaoka/songs/Z/ZZZ_Folksong/S1505.htm

  

アマリリス」              (杉並児童合唱団

                       (2分20秒)

 小学校音楽時間に習ったのは省略バージョンじゃったのか。

 そしてその音楽の授業で習った時に省略されていた部分(輪唱になってる部分)が味わいがあって良い。

  

きらきら星」        (クロイ・マリー・マクナマラ

                       (2分03秒)

  

「王の行進」                (日本合唱協会)

                       (1分49秒)

           <日本クラウン COCE−30587>

   

    

ビゼー組曲アルルの女

 第一組曲 第1曲「前奏曲

 第二組曲 第4曲「ファランドール」

で使われていたメロディ

 わしがまだ人間子ども高校生だった頃、高校の秋の文化行事で、どこかの音楽隊か警察音楽隊の演奏を聴かされたことがあった。

 その時のプログラムに「ファランドール」も入っていた。

 独立してやっていける印象的なメロディが2つ並行して演奏されて、もったいないけど豪華だと感動したもんじゃ

 当時CDの出始めでまだ普及してなかった頃じゃが、家にやや遅れてCDプレーヤーが入ってきてCDが聴けるようになってから、2番目に買ったCDビゼーの『組曲アルルの女』じゃった。

  

wikipedia:3人の王の行列

wikipedia:アルルの女

wikipedia:ファランドール

   

La Marche Des Rois Mages 王の行進

  

http://victorian.fortunecity.com/rodin/485/marche.html 

  

D

  

G.ビゼー/アルルの女 第2組曲 ファランドール

  http://www.youtube.com/watch?v=YxT7oKkTpXk

  

「かあさんの歌」               (樫山文枝

                       (2分38秒)

            <キングレコード KICS−902>

   

メルマガ始めました。

  易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム

    http://iching.seesaa.net/

   

【れとろ爺】

懐メロを聴いているとどこからともなく現れ、その曲に関連するようなしないような微妙な話題を一方的にトークする。明るく元気な曲でも強引に暗くて悲しい話題に持って行って聞く人を嫌な気にさせることも多々ある。好戦的思想を嫌う平和主義者という一面もある。最近NHK-FM「にっぽんのうた 世界の歌」界隈に出没することが多い。ブログランキングクリックされると喜ぶ。

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20100228

2010-02-24 (水) 売れるハウツー書の傾向から日本人の読解力を考える

[]売れるハウツー書の傾向から日本人の読解力を考える 売れるハウツー書の傾向から日本人の読解力を考えるを含むブックマーク 売れるハウツー書の傾向から日本人の読解力を考えるのブックマークコメント

 先日、NLP速読術について書いた。

 

■[能力開発]「NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうか

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20100210/p1

  

 この時、

 今までの速読法は、「飛ばし読みではない速読」ということにこだわりすぎたのではなかろうか。

 そのことが、かえって速読の妨げになっていたのではないだろうか?

斉藤英治式速読は、読む対象や目的によって読書法を使い分ける、という方法提唱していた)

と書いた。

 しかし、読む対象や目的によって読書法を使い分けることについて書いていたリーディングフィールズさんについて見逃していた。

 私も加古式(キム式)登場後、大学時代までは新しい速読流派の本が出ればチェックしていたのであるが(残念ながらマスターはできなかったが)、社会に出てからは新しい速読流派の情報に疎くなっていたもんで。

 

 

1日集中!  速読力トレーニング (アスカビジネス)

1日集中! 速読力トレーニング (アスカビジネス)

    

……ということで、「NLP速読術」によって開眼した速読法によってざっと速読してみた。もしこの速読法に開眼していなくて一字一句読んでいったら最後まで辿り着けたかからない。

  

 本書の81ページに縦軸に「速度」、横軸に「理解」を取ったXYグラフが掲載されている。グラフの位置によって、レベル1からレベル5の速読がありうるという。拙速のレベル1からギアチェンジしていくらしい。

  

 なるほど、最初から一字一句の速読を目指すのではなく、拙速から始めるという方法である。前回私が勝手に決め付けた「NLP速読術」の精神と共通するものがあるのではないか

  

 本書も速読に対する心構えについていいこと書かれている。書かれている内容は「NLP速読術」以上かもしれない。

 

 しかアマゾン書評の数では「NLP速読術」の方が圧倒的であるし、当然売り上げや知名度も「NLP速読術」の方が上ではないだろうか。

  

 この差は一体どこから来るのか?

 やはり、読み易さだとかプロデュース方法とかが「NLP速読術」の方が時流に乗っているのだろう。

  

 本書は細かい字がぎっしり詰まった感じである。一昔前のハウツー書はこんな感じだった。いわゆる優等生的な雰囲気を持っている。書かれている内容も優等生的で、速読の訓練法もMP3ファイルダウンロードしたりとかちょっと複雑である

 最近よく売れるハウツー書はもっとくだけた感じで、字も大きいし余白も広い。マンガのように読めるのである。「NLP速読術」もそんな感じで、速読の訓練法も色々と書いてなく、これだけをしろ、と絞り込んでいる。

  

 速読を必要とする人は当然読むのが遅いだろうし、だから速読法の本が速読しやすいかどうかというのも重要な点ではないだろうか。

   

 最近売れるハウツー書を分析していくと、色々な共通点を得ることができるだろう。

 プロデュース方法について言えば、アマゾンキャンペーンなるものを行うことが一つのブームのようになっている。はっきり言ってどこで買おうが読者の勝手ではないか。購入書店差別するとは傲慢な!どうせなら日本資本書店にしろとか、近所の町の本屋さんで購入する方が余程地域振興になって日本経済効果にもいいだろうとか。(とは言ってもアマゾンが一番利用しやすいのは確か。私もほとんどアマゾンで購入してるし。)

    

 総中流神話崩壊し、日本人の大部分は大資本搾取されるワーキングプアに転落してしまった。日本人の大部分は読書する時間精神的余裕もなくなってしまった。

 知識と精神力の必要な読書をする余裕もなくなってきているのである

   

 分かりにくいことを分かりにくく教えるのは普通のことで、分かりにくいことをわかり易く教えるのは頭がいいことであり、親切なことである

 一昔前のハウツー書・自己啓発書は読むのもかなりの読解力が必要だった。しか最近よく売れているタイプのハウツー書・自己啓発書は非常に分かりやすく書かれている。

 予備校の授業や学習参考書などもその流れにある。

 これは、日本人全体の読解能力が低下していることを表しているのではないだろうか?

 しかしその分かりやすい授業・参考書自己啓発書ハウツー本によって全体の底上げがされれば、それはそれでいいことではあるが。

 実際の効果はどのようなものだろうか。

    

 ともかく、速読の本でも今後は現代のよく売れるビジネス書の傾向に合ったプロデュースが必要だろう。

 その点で本書は少々損してるのではないだろうか。

 しかし、講習会費用比較安価で1日で終わるという。実際の授業は非常に良心的なので、行ってみたい気もする。

  

リーディングフィールズ基本の速読講座

  http://readingfields.com/

    

メルマガ始めました。

  易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム

    http://iching.seesaa.net/

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

2010-02-17 (水) 川上弘美「七夜物語」 心理学・潜在意識・深層心理の世界の冒険

[]川上弘美七夜物語」 アリス in unconscious 川上弘美「七夜物語」 アリス in  unconsciousを含むブックマーク 川上弘美「七夜物語」 アリス in  unconsciousのブックマークコメント

 七夜物語(上) 七夜物語(下)

 1977年ニアレトロ時代舞台小学4年生のさよと灰田くんが謎の本『七夜物語』に導かれて7つの世界冒険するという川上弘美新聞連載小説七夜物語」。

 現在2人は無事に2つ目の世界の試練に耐え、冒険から帰って来たところです。

  

 1つ目の世界は、大きなネズミ“グリクレル”が支配する台所が舞台であるという、いかにも児童文学にありそうなという展開であったが、2つ目の世界は、心理学世界とか、深層心理潜在意識世界といった、児童文学範疇を超えた、考えさせられる内容だった。

 多分小中学生時代の私が読んだら、冒険活劇らしくなくてちょっとつまらないと思ったかとも思うのだが、理屈だとか屁理屈だとか色々な観念を身に付けた今読むと、色々な深読みができて非常に面白い

  

 2人が迷い込んだ世界は、眠りが支配する平和世界で、油断すると眠り込んでしまう。その繰り返しである

 逃避願望が強い私がもしこんな世界に迷い込んでしまえば、これ幸いとばかり眠ってもう元の世界に戻ろうとはしないだろう。

 さよと灰田くんについても、このままずっと寝てこのままここにいたらいいのに、と思いながら読んでいた。

  

 ところが先に2人と仲良しになった口笛部員を名乗る定時制高校生カップルの声が聞こえてきて2人を奮い立たせ、現実世界に戻すのである

 私ならそんな声なんか無視して絶対に戻らないのに。

 特に切り抜き保存していないので手元にないのであやふやなのだが、灰田くんに対しては

「だらしないまま一生を終えていいの」

という声が聞こえてきたそうである

 そう言われると、確かに絶対に戻らないといけないように思うなあ。

  

「元の世界で前のような生活を繰り返すために戻る」

というのと

「元の世界で前の生活を改善して人生を変えるために戻る」

というのでは印象が全然違う。

 人生を生きるというのは、同じような生活を繰り返すというのではなく、改善して向上していくべきものなのだ

  

……というようなことを考えさせられた。

 自己啓発テーマにできそうな内容である

  

 とはいえ、灰田くんはまだ小学4年生。人生まだまだこれからで、今から奮起すれば明るい未来が開けてくる。

 中年を迎えた私にしても、まだ刀折れ矢尽きるという状況にまで追い込まれていず、最後に挑戦したいことが残っている。

 問題なのは、刀折れ矢尽き、客観的にどう見ても絶望的という状況に追い込まれた時である

   

「だらしないまま一生を終えていいの」

と言われて元の世界に戻って来るのは、まだ未来希望があるということなのではないのか。

 今の私なら確かにこう言われれば戻って来ようとするが、絶望的状況に追い込まれていれば、やはり戻って来ないだろう。

 逆に考えれば、人が絶体絶命の状況に追い込まれた時、生死を分けるのは、こういった未来に対する希望や執着なのかもしれない。

  

 自己啓発だとか人生の向上だとかに関心のある私にとって、そういう方向から読んでみたわけだが、他にも色々な読み方ができる、寓意に満ちた設定ではないだろうか。

  

 例えば、社会学政治学の方向から見れば、社会矛盾に目をつぶって安直に生きていくか、社会改善を目指して行動するという茨の道を進むかどうか。

 経済学の方向から見れば、現在、税収が減って年金や公的サービスが危機的状況といいますが、税金を払う義務を遂行するかどうかという(累進課税の原則は守るべき)。

  

 あと、支え合う友人は必要だとか、このエピソードから色々なことが考えられる。

 第二夜のエピソードは、ちょっと考えさせられる、大人が読んでも面白い深い内容でした。

  

 楽しいのう。あと五つ、どんな世界が待ってるんだろうか。

 連載期間が延長してもいいので、たっぷりじっくりゆっくりと描いていってほしい。

  

※第一夜の冒険についても書いています

■[名作文学]川上弘美七夜物語 ななよものがたり」1977年日本アリス

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20091220/p1

     

 七夜物語(上) 七夜物語(下)

     

※『七夜物語』愛読者様のブログにTBさせて頂きます

  

後は野となれ 川上弘美七夜物語」第135話――救世主は口笛部

  http://tktt123.blog83.fc2.com/blog-entry-120.html

昭和の子ども 連載小説七夜物語

  http://do.eek.jp/diary3/diary.cgi?no=16

  

サラ☆の物語毎日 『七夜物語』その後

  http://blog.goo.ne.jp/marupippo/e/97d389a49d3b6be8855a509372b5eb62

日本語教師奥村隆信 ひとり語り 川上弘美七夜物語(ななよものがたり)』(朝日新聞朝刊)、連載100回に

  http://tiaokumura.exblog.jp/12529251

    

中国占星術算命学(初級編)(中級編) 的確で即効的な実践マニュアル

  http://yorodzu.seesaa.net/article/136397985.html

坂本龍馬を算命学で分析すると……?

  http://yorodzu.seesaa.net/article/139450518.html

    

メルマガ始めました。

  易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム

    http://iching.seesaa.net/

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

2010-02-10 (水) 「NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうか

[]「NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうか 「NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうかを含むブックマーク 「NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうかのブックマークコメント

NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~

NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~

 無名の一個人がこんなことを書いて怒られるかもしれないだろうが、無名で影響力がないのをいいことに書き捨て御免で書いてしまおう。

NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうか。もっと突っ込んで断言すると、心理学を応用した科学飛ばし読み、無意識を利用した飛ばし読みの技術ではないだろうか。

  

 私がまだ小学生中学生の頃、加古徳次さんが速読術という術を日本に紹介した。いわゆるキム式速読術、右脳速読である

  

スーパー速読学 (1984年) 

  

 この流派から色々な流派が派生し、またそれらに対抗して“左脳速読”という触れ込みで登場したジョイント速読法(新日本速読研究会)も登場。その後も多種多様速読が登場し、百花繚乱である

 それら速読流派が前提としているのが

飛ばし読みではない」

である

 

 今までの速読法は、「飛ばし読みではない速読」ということにこだわりすぎたのではなかろうか。

    

 そのことが、かえって速読の妨げになっていたのではないだろうか?

斉藤英治式速読は、読む対象や目的によって読書法を使い分ける、という方法提唱していた)

  

 私も今まで長年、飛ばし読みではない速読を目指してきて挫折を繰り返してきた。

 それだけではない。最近では本を1冊読み終えることすらほとんど不可能のような状態に陥ってしまっていた。

 1冊完読を目指すあまりに最初の方だけ読んで肝心のところまで辿り着けなかったり、挫折感を味わってきた。嫌というほどその繰り返しであった。

 今の自分にとって1冊の本を読み終えるということがどれだけ大変なことになっているか。高い山に登山するような心境である

 それなら飛ばし読みでもいいので読みたい部分・必要な部分だけ読んで達成感を味わう方が精神衛生上よほどいいし、実利も上がる。

 

NLP速読術」とはその飛ばし読みの技術をNLPだとか心理学用語を使って理論武装し、システム化したところがブレイクキーポイントではなかろうか。

 変にこだわって速読マスターできない人にとって、発想の転換を促す書だと思う。

 

 まず本書を使って実際に応用することもできる。私もアマゾンの封を開けて本書を読み始めて20分程度で読み終えることができた。時計を取り出す時間もなく正式な読書時間を測ることができなかったのが残念。

 

 今後この読み方を利用して読書量を増やしていきたい。

 また、これを繰り返していくことで、飛ばし読みでない速読もできるようになるかもしれない。

 また、この速読法は小説文学作品に使えるかどうか。小説文学作品も部分的に読むという読み方があってもいい。1冊まるごと熟読することにこだわって結局読み始めることができなかったり、途中で挫折するよりははるかにましである飛ばし読みでない速読マスターするまでの移行的措置として飛ばし読み速読でもいいではないか。

  

NLP速読セミナー http://www.nlpjapan.com/firsttime/seminar11.html

  

   

 ↓似たアプローチ読書法なんだろうか?今度読んでみたい。

 

速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術

速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術

      

■[自己啓発]10分間リーディング VS 苫米地速読

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120110/p1

       

■[自己啓発]クロックサイクルの速め方 読書格差時代に生き延びるために

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110429/p1

■[自己啓発]【ビジネス書検定】【クロックサイクルの速め方(苫米地英人)編】 

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110430/p1

       

■[自己啓発]1分間速読法 不真面目直前一夜漬けメソッド

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130528/p1

           

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2634433  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |