Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2011-05-29 (日) 町田忍の昭和レトロ紀行 大阪市平野区に登場

[]町田忍昭和レトロ紀行 大阪市平野区に登場 町田忍の昭和レトロ紀行 大阪市平野区に登場を含むブックマーク 町田忍の昭和レトロ紀行 大阪市平野区に登場のブックマークコメント

まいどっ!

 現在サンテレビで放送中の『戦国鍋TV』月曜の再放送で堺衆&利休七哲が登場しているぞ。

 本放送での再登場はないんかのう。

 

 さて、最近レトロ趣味のわしのバイブル存在となりつつある、サンテレビで放送中の『町田忍昭和レトロ紀行』で、大阪市平野区が紹介されておった。

 

 平野は昔、堺と並ぶ自治都市として勢力を誇ってたそうじゃ。

 歴史的町並みも多く残り、まちづくり運動の一環として「平野町ぐるみ博物館」が開かれているという。

 

 中でも全興寺さんは面白いのう。

 地獄を体験できる見世物小屋だとか、駄菓子屋さん博物館だとか、南海平野モニュメントだとか。

 

 今までレトロ紀行で訪れた地は遠くて、気合いを入れて旅行せんと行けん場所じゃったが、平野区なら日帰りでも行けそうじゃ。ぜひ行ってみたいのう。

 

 平野区平野線は廃線になってしまったが、堺市では大浜支線こそなくなってしまったが、阪堺線がまだまだ健在じゃ。

 平野線のように死して皮を残して思い出になってしまう前に何とか生かして活用する道を見つけてほしいもんじゃのう。


何でもそろう堺やさかい

 堺の自治はプライスレス

 ええ商いは ウィンウィンウィンウィン!

  

町田忍昭和レトロ紀行 大阪市平野区

  http://youtu.be/aSc2vXt4VnA

  

(今回の放送で披露されていたトリビア

 “せんべい”と“おかき”と“あられ”の違いが分かりますか?

 分からない人は検索して調べてみよう!

  

 阪堺電車 阪堺線&上町線 [DVD] 阪堺電軌和歌山軌道線 全盛期の大阪市電―戦後を駆けた車輌たち (RM LIBRARY (49)) 大阪市電が走った街 今昔 水の都の路面電車定点対比 (JTBキャンブックス, No. 19)

  

Little Trees 【+plus】: プロムナード平野。(旧南海平野線跡)

 http://littletrees.blog90.fc2.com/blog-entry-328.html

    

■[日々の冒険]姫路モノレール 未来の残骸

http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110523/p1

  

■[堺]チンチン電車紀行 阪堺電車

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20071117/p1

  

■[堺]堺のバンドブレイク中!戦国鍋TV

http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110118/p1

  

平野区

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%8C%BA

平野町ぐるみ博物館

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E7%94%BA%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%BF%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

  

南海平野

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E5%B9%B3%E9%87%8E%E7%B7%9A

  

まっぷる 全興寺(駄菓子屋さん博物館平野の音博物館

 http://www.mapple.net/spots/G02700159601.htm

南海大浜支線

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E5%A4%A7%E6%B5%9C%E6%94%AF%E7%B7%9A

鉄道のある風景 - 阪堺電気軌道南海電鉄 大浜支線

 http://nekosuki.org/landscape/pieces/map-oohama.htm

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-24 (火) 阪堺線のカオナシさんにクレームが来たというどうする???カオナシ

[]阪堺線のカオナシさんにクレームが来たという どうする???カオナシ 阪堺線のカオナシさんにクレームが来たという どうする???カオナシを含むブックマーク 阪堺線のカオナシさんにクレームが来たという どうする???カオナシのブックマークコメント

 大阪に唯一残る路面電車である阪堺線堺区間が赤字というので存廃問題になっていて、阪堺線を応援するためにカオナシさんが活躍されています

 どうやら阪堺線を応援する個人の方が個人的にカオナシのコスプレをして時々阪堺線に乗ってくるようです。

阪堺線 カオナシ」

などで検索すると、色々なブログで紹介されています

 私も会ったことはありませんが、以前書いたことあります

 

■[堺]阪堺線にカオナシが出現するらしい

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110225/p1

   

 それで、滅多にコメントがない私のブログコメント欄に“阪堺線のカオナシ”を名乗る方からコメント頂きました。

 

阪堺線の乗客から子供が怖がるからカオナシ何とかならないかってクレームが来たのだと。どうする???カオナシ」

  http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p10406695c.html

  

 はてこれは信憑性のある情報か、それともカオナシをかたる赤の他人のいたずらかと思いましたが、ちょっと検索してみると、同じカオナシさんを記事にした他の方のブログにも同じ日付けで同じような書き込みが幾つか見られるので、信憑性ある情報かも分かりません。

  

 本当にしても嘘にしても、いずれこのような問題が来ることが予想されました。

 上に紹介した私の過去記事でも書きましたが、やはり事情を知らずにいきなり出会うと身構えるところがあります

 特にカオナシは黒ずくめで白い無表情な顔をしているのでホラー的な格好です。

千と千尋の神隠し』という映画は確かにアカデミー賞を受賞した日本のみならず国際的に著名な映画で、カオナシも著名なキャラクターです。

 しかし中にはカオナシを知らない人も多いはずです。

 また、確かに堺周辺のブログ界でカオナシさんは話題になっているのですが、インターネットブログをしない人は、カオナシさんの試みを知らないと思います

 この、

1)カオナシを知らない人

2)阪堺線を応援するカオナシ運動を知らない人

 

なんかがいきなりカオナシさんに会えば、やはり怖いと思う人もいると思います

 

 ↓カオナシさんとはこんなヒトです。  

D

   

 また、カオナシのコスプレの弱点は、全身を覆ってしまうところです。

 人間、隠れたものを怖がる心理があります。顔や全身を覆ってしまったら、中に何があるか不審に思うものです。

 これが寅さんだとかクレヨンしんちゃんだとかのび太くんなど、圧倒的知名度で顔がオープンだったとしたら、まだ怖さが半減したと思います

 例えば、マントの中に武器を隠せます

 また、赤の他人の不心得者がカオナシさんになりすまし悪事を働くかもしれません。

  

 もう一つの弱点は、声を出さないところです。

 確かにキャラの由来などを考えると声を出さないというプロデュースは正しいとは思うのですが、こういった理不尽クレームに対しては弱いのです。

阪堺線を応援している」

という紙やハンカチに書いたメッセージ写真に撮られる時に出してくるようですが、クレームのことを考えると、始めから見えるようにしておくべきでしょう。

 企画力勇気ある個人が実行し、好奇心勇気ある人とのコミュニケーションによって広まった面白い試み。

 こういった試みは周囲に受け入れる度量がないと広まっていかないだろう。

 堺市にはそれを受け入れる度量があった……ということでいい話や。

……と以前書きましたが、やはりクレームが出ましたか。

 ちょっと残念です。

 しかし、物騒なこの時代、仕方のないことかもしれません。何せ災害義捐金募金箱が盗まれる時代ですから

 

 それで今後カオナシさんはどうするべきでしょうか。

 これは多くの人の意見を聞くべきでしょう。

 世の中には色々な考え方をする人がいるのだから、多くの人の意見を集約して最大公約数的な方法を取るべきでしょう。

  

 私個人の提案としては、参考にならないので述べるだけ述べますが参考にならないでしょう。

 何せ私の考えることは毎度毎度何から何まで少数派ばかりなので、多数派になったことありません。少数“派”というより、仲間なんていないと考える方が早くて、少数一個人です。

 

 それで私の参考意見というのは、

1)集団化、プロジェクト

2)公開化、PR強化

   

といったものです。

 

1)集団化、プロジェクト

  

 このカオナシ運動は、個人の方が個人的に行っているようですが、こういったクレームが来るようになると、個人の手におえる段階ではありません。

 観光ボランティアなどしかるべき組織で“堺観光カオナシプロジェクト”といった感じで取り組む段階ではないでしょうか。

 カオナシが喋らないので誤解されるというのであれば、ボランティアの方が一人横について説明するといった形も取れます

(ストロングマシーンズ&将軍KYワカマツみたいだ)

  

2)公開化、PR強化

 

 事情を知らない人からクレームが来るのなら、徹底的にPRを強化するべきです。

 阪堺線の駅に趣旨を書いたポスターを貼る、

 周辺地区回覧板で回す

 市の広報や市の施設でPRする

 出没場所時間を予告しておく

 

 など、知らなくて驚いてクレームをつける人がいなくなるまで徹底的にPRして堺の住人に周知の事実として溶け込むようにするのです。

 ひこにゃんなどゆるキャラ観光客誘致に活躍中ということですが、カオナシさんに堺の観光キャラになってもらえば経済効果は抜群でしょう。

 個人の行為で始まったカオナシ運動がそこまで大きなものになれば一つのサクセスストーリーでしょう。

 いや待てよ。著作権など権利の問題があるのか。

 そこら辺、堺市ジブリ日本テレビさんの間で話し合いが必要かもしれません。

  

……と参考にもならないことをつらつら述べました。

 これはもう個人が行うには限界があるムーブメントかもしれません。

 カオナシさんは信頼のできる人や団体に相談された方がいいのではないでしょうか。

 多くの人の衆知を集めて良き解決法が得られればと願います



■[堺]阪堺線にカオナシが出現するらしい

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110225/p1

フラフラロミロミ 阪堺線の顔なし

 http://blog.aloha-ke-akua.com/?eid=212

まぐかっぷ2

初詣路面電車の旅〜堺市編〜

  http://blog.livedoor.jp/arika31-1/archives/52101756.html

のりさんの鉄っちゃん想い出風景

 浜寺ステーションギャラリー

  http://205-161-205.at.webry.info/201105/article_6.html

堺 だいすき ブログ(BLog) //堺の街**街づくり(blog)ブログ**//

 堺の都市伝説 /阪堺線に顔なし・・・話題になっている・。01

  http://ameblo.jp/town-watch/entry-10813983682.html

日本さくら草の栽培日記と関心

 カオナシさんからコメントが届く

  http://blog.livedoor.jp/naniwasakurasoukai/archives/51576402.html

 カオナシさんにようやく会える

  http://blog.livedoor.jp/naniwasakurasoukai/archives/51579877.html

 カオナシさんを思う

  http://blog.livedoor.jp/naniwasakurasoukai/archives/51592356.html

   

堺のチンチン電車を愛する会

 http://www.sakai-toshiseibi.or.jp/aisurukai/index.html

阪堺電気軌道株式会社

 http://www.hankai.co.jp/

   

      

 阪堺電車 阪堺線&上町線 [DVD] にっぽんの旅 堺 るるぶ堺市 (国内シリーズ) ウォーカームック 堺市Walker2009→2010年版 61802-55 (ウォーカームック 154)

  

 千と千尋の神隠し (通常版) [DVD] 千と千尋の神隠し サウンドトラック 千と千尋の神隠し (徳間アニメ絵本) 千と千尋の神隠し―Spirited away (ロマンアルバム)  


    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

阪堺線のカオナシ阪堺線のカオナシ 2011/05/24 05:37 アドバイスありがとうございます
いろんな人がいても許してもらえる方法を模索してなんとか続けたいと思っています

nazegakunazegaku 2011/05/26 06:44 阪堺線のカオナシ様
堺市民が知恵を出し合って協力していい対処法が見つかればいいですね。

ミルキーウェイミルキーウェイ 2012/07/30 23:13 以前から噂は聞いていました。一度お会いしたいです。やはりもう少し宣伝が必要なんでしょうか!?知らずに出会えばビックリすることでしょうね。

nazegakunazegaku 2012/08/01 07:29 会ったことをブログで書かれている方も多いし、youtubeでも画像があります。
時々、ブログのコメント欄にも降臨しておられるようです。
結構出現しているのではないでしょうか。
ただ、全身着ぐるみなので、夏の暑い時期はあまり出ないのではないかと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110524

2011-05-23 (月) 姫路モノレール 未来の残骸

[]姫路モノレール 未来の残骸 姫路モノレール 未来の残骸を含むブックマーク 姫路モノレール 未来の残骸のブックマークコメント

 サンテレビで放送中の『町田忍昭和レトロ紀行』で兵庫県たつの市を訪問した回で、最初姫路モノレールが紹介されました。

 1966年開業して8年間だけ存続した幻のモノレールですが、今でもその残骸が所々に残っているようです。

 モノレールというと、1970年代生まれの私なんか、21世紀を思わせる未来的な乗り物なんですが、あまり普及していませんね。

 姫路モノレールの残骸は、訪れることのなかった未来廃墟のようです。

 

姫路市企業交通事業部

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E5%B8%82%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%B1%80%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E9%83%A8

 

モノレール

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

 

麗しの姫路モノレール

 http://himejimonorail.web.fc2.com/

 

週刊 姫路モノレール

 http://ameblo.jp/himemono/

 

姫路モノレール

 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/8656/report/himejimonorail.html

 

Himeji Monorail(姫路モノレール)

 http://youtu.be/1yiEjHALHcI

 

 

 姫路モノレール手柄山駅舎を複合施設としてリノベーションした手柄山交流ステーション開業し、姫モノが一般公開されているようです。

 行ってみたい。

 

幻の姫路モノレール一般公開へ−姫路博覧会企画展

 http://himeji.keizai.biz/headline/436/

  

姫路モノレール一般公開について

 http://www.city.himeji.lg.jp/s80/2212412/_21739/_23779.html

  

姫路モノレール http://shiromaruhime.seesaa.net/article/200676851.html

 

とれいん工房汽車12ヵ月

■[廃線][鉄道時事ネタ]姫路モノレール手柄山駅跡で封印されてきたロッキードモノレールを見る。

 http://d.hatena.ne.jp/katamachi/20091026/p1

■[廃線]37年間放置プレイされていた姫路モノレール手柄山駅がついにオープン

 http://d.hatena.ne.jp/katamachi/20110427/p1

  

 そういえばわが堺市阪堺線も、かつて大浜公園に続く支線“南海大浜支線”があり、廃止されていたのだった。

 

南海大浜支線

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E5%A4%A7%E6%B5%9C%E6%94%AF%E7%B7%9A

 

 阪堺線全体も廃止が取りざたされています

 そんな寂しいことになりませんように。

  

 モノレールと新交通システム モノレールガールズ 

 

 あと、伏見書店さんも紹介されていた。

 行ってみたい。

 

こめこめかふぇ 伏見書店

 http://kome2cafe.exblog.jp/15471667/

  

  

昭和の町

http://h.hatena.ne.jp/keyword/%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E7%94%BA

   

ニュースリリース ポータルサイト News2u.net 今こそ【昭和】に注目!!庶民文化から古き良き日本を知ろう!『町田忍の昭和レトロ紀行』(旅チャンネル)

    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-21 (土) 犬矢来

[]犬矢来 犬矢来を含むブックマーク 犬矢来のブックマークコメント

町田忍昭和レトロ紀行』で門司下関をまとめて1回で訪問する豪華な強行軍スケジュールを行っていました。

 その中で、「犬矢来」というのが出てきて、町田さんが

「犬のマーキングを防止するために置いている。

 おしっこすると自分にかかるからできないから

と説明されていました。

 しかし自分にかかってくるとは、どういう仕組みでしょうか。物理的に有り得るものでしょうか。

 

 検索してみると、犬の小便よけ以外にも色々な目的があるようです。

 他に、「駒寄」「つばどめ」というのもあるみたいです。

  

 何にしても風情があるものです。

  

http://www.eonet.ne.jp/~kisozouen/page136.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1341949898

http://www.y-sukiya.com/blog/index.php?no=r1211

http://bpc.blog14.fc2.com/blog-entry-1729.html

http://www.kyoto-oike.co.jp/index.php/category/products/take-gaki/komasyose

http://www.kyo-machiya.jp/mametishiki/09.html

  

http://h.hatena.ne.jp/keyword/%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E7%94%BA

   

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110521

2011-05-19 (木) こんな時こそのプロレス・ヒーロー論(アンチヒール論)(2)

[]改革は反則・暴力なしで 寒々とする暴力革命の先 改革は反則・暴力なしで 寒々とする暴力革命の先を含むブックマーク 改革は反則・暴力なしで 寒々とする暴力革命の先のブックマークコメント

 以前、 中邑真輔CHAOSについて批判させて頂きました。

 

こんな時こそのプロレスヒーロー論(アンチヒール論)(1)

■[地上波プロレス中継観戦記]復興依り代にふさわしいのは IWGPヘビー戦

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110502/p1

 

 プロレスの見方は一つではなく、見る人の数だけ考え方が違うということを受け入れた上で、極私的な意見として、アンチヒール論の2回目を述べさせて頂きます

 今回テーマにするのは、プロレスリング・ノアKENTA選手率いるNO MERCY。

 プロレス会場で仲田龍GMを名指しで批判して週刊プロレスでも取り上げられて話題になっています

  

 私は何をするにしても少数派で、多数派になることはほとんどありません。

 ともすれば少数派の間ですら、いつの間にか仲間外れにされて追放されかねない異端者です。

 何せかつて新日本プロレスで軍団抗争が行われていた時、国際軍団を応援していたくらいです。

 だから今回もいくら言っても絶対に支持されないだろうとは思いますが、どう考えてもKENTAのNO MERCYには賛成できないんですね。

 

 管理職を批判する労働争議なら被雇用者現場組を応援せなならん、というところですが、応援する気になれません。

 何か改革を求めているようですが、この改革には暴力や反則が伴っています

 暴力や反則によって行われた改革の先には、何があるのでしょうか。

 このような改革は認められません。

  

 同じ改革でも、かつて三沢光晴らによって行われた超世代軍とNO MERCYと比べると、明らかに劣化でしょう。

 私は一時大学受験などでプロレスを見るのをやめていた時期がありましたが、久しぶりに見た時、全日本プロレスで繰り広げられていた超世代軍VS鶴田軍の抗争に興奮したものです。タッグマッチしていても、三沢が隙あらば鶴田エルボーをぶち込んでいって鶴田を怒らせるのです。

 それまでは新日びいきだったのですが、全日を見直しました。

 反則・乱入なしの正々堂々のプロレスによる改革。因縁というのもなく、ただ組まれているから戦うのみ。前日まで超世代軍だった田上明川田利明が次の日から何の因縁もなく鶴田軍や聖鬼軍に加入して超世代軍と戦う。

 この超世代軍の行ったプロレスこそ、プロレスのあるべき未来ではないでしょうか。

 

 この流れの四天王プロレスと比べると、NO MERCYのやってるプロレスは、口で言っていることは立派ですが、スケールの小さい茶番ではないでしょうか。

 乱入・反則で試合をぶち壊し、選手を負傷欠場でぶち壊し。自分達が悪いことして格好つけて威張ってるだけ。

 彼らが今までやってきたのは、言ってみればかつての仲間への内ゲバいじめと公開リンチ

 そしてかつて新日本のベルトを取ったこともある実力者丸藤正道を負傷欠場に追い込む。

 このような仲間外れ・内ゲバいじめリンチをして試合選手をぶっ壊している“改革”の行き着く先は?寒々とします

  

 まあ言うなれば今のNO MERCYのやってることは“黄巾の乱”のようなもんで、いずれ劉備曹操などの群雄に討伐されるような類のものではないでしょうか。

   

 改革を行うなら、反則・乱入なしの正統派プロレスで結果を出すべきではないでしょうか。かつて超世代軍が行ったようなプロレスで。

 多人数で一人をリンチしたり裏方をいじったりしていないで、かつて三沢鶴田に対してやったように、秋山や潮崎に対して連日膝蹴りをぶち込むような軍団抗争を開始したらどうなのか。

   

 或いは、天龍同盟。残念ながら天龍同盟は、私が一時プロレスから離れていた時期なので知りませんが。

 

 或いは、平成維震軍。これは私も覚えています新日本WARを股にかけて札幌連戦WAR軍と新日本隊に二連勝して一大ムーブメントを起こしました。

 前身の齋藤彰俊誠心会館小林邦昭越中詩郎の抗争で、斎藤がブーイングする観客に対して「反則してないのになぜだ!」と反発していた、と週刊ファイトに書かれていたのを今でも覚えています。反則なしでもすごい試合はできるのです。



 何度も言いますが、超世代軍時代のプロレスとNO MERCYのプロレスを比べると、劣化としか思えません。

 かつて天龍同盟超世代軍四天王プロレス未来形プロレスを行った歴史のある系統の団体で、このような暴力革命が"改革”の名で行われているというのは、劣化・退化の類ではないでしょうか。

 

   

 改革が必要でも、反則や乱入などを行う必然性は全く感じられない。

 例えば、学校の改革が必要だから不良グループと組んで暴力によって改革を行う、というような。

 町内会の改革が必要だから暴力組織と組んで暴力によって改革を行う、というような。

 会社の改革が必要だから裏社会組織と組んで改革を行う、というような。

 

 そういった反則・乱入によって行われる改革に良き未来が期待できるのでしょうか。

 金丸たちのNO MERCY(NMC)に反旗を翻した鼓太郎は、自分たちのチーム名についてアンチ・ノーマーシーユニオンこと「ANMU(アンム)」と命名。来るべきタッグ王座戦、そして今後のシングル戦線に向け「真っ向からやる」と、NMCとの全面対決を決意した。

  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110509-00000002-spnavi_nm-fight.html

   

 週プロ5月11/18合併号で反NMC軍のコメントが掲載されているが、こちらの方が支持できます

 

鈴木鼓太郎

「今のオマエのやり方じゃ、NOAHの内部が崩壊するだけなんだよ!」

青木篤志

「おい、(NMCを)擁護するファンもよく聞け。アイツらの相手をしてやっているオレらがいるから、面白くなるんだよ。よく覚えておけ!アイツらが面白いんじゃねぇ!!」

石森太二

「オレも同じ。向こうが言っていることが面白くない。オレらがいるから面白いんだよ。

鈴木鼓太郎

「アイツらがやり始めて、試合を通して変わった点は何もない。ただ客の不満をアオッているだけじゃ、何も変わらないよ。」

  

 また、週プロ6月1日号の仲田龍GMインタビューのやり取り

「−NO MERCYの動きは体制を動かすムーブメントではないと?」

「やることを全部やっていれば、みんながガッと押していくけどさ

(略)たぶんほかの選手たちも社員もそう思っているよ。」

「−KENTA選手は対戦相手のことも考えられないと?」

自分だけ目立てばいいのかよ」

天龍さんが天龍同盟をやった時は、社内でもみんな天龍さんを応援していたもん。

 NO MERCYを応援している人はオレ、誰も知らないよ。」

  

 鈴木青木・石森の意見の方が圧倒的に説得力あります

 週プロではその後彼らのインタビューは掲載されていません。

 ぜひ彼らのインタビューを掲載してほしいところです。

 また、NO MERCYの他のメンバーの金丸義信や平柳玄藩に対してもインタビューを行ってほしい。

   

 偉そうなことを書いてきましたが、こんなことを書いている私自身は全く結果を出せていない人間です。

 ブログを書いても書いてもコメントブックマークももらえずアクセスすらなく全く注目もされず存在感が全くなく失笑され無視されているような状態です。

 今回の記事でも多くのノアファンから恨まれたり顰蹙を買ったりするかもしれません。

 まあ初めからあってなきが如きブログなので何を書いても誰にも見られない気楽さもあるし失うものは何もない。

 そういう意味では私のブログは“不発ブログ”です。私自身が全くの不発なので“不発”と言われているヨネ選手に肩入れしているのかもしれません。

 そういえば私自身も新入りの仲間から仲間外れにされて追放されそうなタイプだ。

 そんな背景もあって、私が絶対にNO MERCYを認めたくないのは、私個人の私的な感情からも来ています

  

 関係者並びにファンの皆様にはお気に触ることも多かったと思いますが、あくまでも一プロレスファンの個人的な意見ということでご容赦下さい。




中途半端プロレス好きの語り

KENTAと仲田GMは大きなアングルなのか?

 http://wrestlingtalk.blog104.fc2.com/blog-entry-16.html

NOAH- MON

KENTA、仲田GM、そして丸藤?

 http://plaza.rakuten.co.jp/noahmon/diary/20110512/

ブラックアイ2

ノア内幕晒す口争が会場でも始まる

 http://beye2.com/item_28536.html

仲田GMの改革案は手詰まり状態?

 http://beye2.com/item_28625.html

minブログ

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権王者決定戦開催決定!

 http://ameblo.jp/feohansur430/entry-10886579911.html

NOAHしか観ぃないっ!

大好きなNOAHの大嫌いなところ

 http://ameblo.jp/akemikehanakenta/entry-10891629462.html

反無慈悲軍ANMU

 http://ameblo.jp/akemikehanakenta/entry-10887400855.html

 

ANMU人気はでそうですか?

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1361908058

リングサイドグラフティ

四天王プロレスFILE 〜至高の闘いの全記録〜

 http://ringside.jugem.jp/?eid=33

  

プロレスリング・ノア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A2


NO MERCY (プロレスリング・ノア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/NO_MERCY_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A2)

ディスオベイ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%99%E3%82%A4




超世代軍

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E4%B8%96%E4%BB%A3%E8%BB%8D

聖鬼軍

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E9%AC%BC%E8%BB%8D

プロレス四天王

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E7%8E%8B

四天王プロレス

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%A5%D7%A5%ED%A5%EC%A5%B9

王道プロレス

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E9%81%93%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9

天龍同盟

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E9%BE%8D%E5%90%8C%E7%9B%9F

平成維震軍

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%90%E7%B6%AD%E9%9C%87%E8%BB%8D

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-18 (水) 疑惑の小島軍(仮)崩壊事件

[]疑惑小島軍(仮)崩壊事件 疑惑の小島軍(仮)崩壊事件を含むブックマーク 疑惑の小島軍(仮)崩壊事件のブックマークコメント

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110518

2011-05-17 (火) 北畠顕家 阿部野神社 石津の戦い

[]北畠顕家 阿部神社 石津の戦い 北畠顕家 阿部野神社 石津の戦いを含むブックマーク 北畠顕家 阿部野神社 石津の戦いのブックマークコメント

 北畠顕家とは南朝方の武士で、大河ドラマでは後藤久美子が演じました。堺にもゆかりの人物だったんですね。

 阪堺線天王寺に向かう時、確かに「北畠」という駅があります

 まさかその名が北畠顕家に由来するものだとは思わなかった。

 歴史ブームだとか歴女ブームだとか言われている昨今、“顕家祭り”なんていうイベントどうでしょう阪堺線PRにもなるし。

  

 私も歴史は好きで人よりは少しは知っているつもりでしたが、まだまだ知らないことは沢山あると思い知りました。

 

  北畠顕家―足利尊氏が最も恐れた人物   破軍の星 (集英社文庫)

  

北畠顕家

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%95%A0%E9%A1%95%E5%AE%B6

 

石津の戦い

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%B4%A5%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

 

阿部神社

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE

 

北畠

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%95%A0%E9%A7%85

 

北畠

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%95%A0

  

太平記 (NHK大河ドラマ)

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E8%A8%98_(NHK%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

  

Taiheiki Beginning

  http://youtu.be/45pecpWeb8k

  

 NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第壱集 [DVD] NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第弐集 [DVD]

  

 私がもう一度見たい大河ドラマ

 

1 毛利元就

2 太平記

3 炎立つ(第1部・第2部)

4 新選組!

  

黄金の日日』『独眼竜政宗』『竜馬がゆく』は見たことないので見てみたいベスト3。

  

 信長秀吉家康関係は一度見たらどうでもよくなる。最近は初めてでも見る気も起こらない。

 ついでに最近大河も全く見る気も起らない。

     

大河ドラマ 毛利元就op

  http://youtu.be/lNeyH1tG2j0

  

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集 毛利元就 [DVD] 

     

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110517

2011-05-16 (月) 太陽と月 仏足石歌体

[]月は笑うばかり 月は笑うばかりを含むブックマーク 月は笑うばかりのブックマークコメント

NHK短歌の5月15日の

題「働く」

ゲスト今井

  

 短歌番組なのにゲスト俳人というのは時々あるようだ。

 今井さんの師匠加藤楸邨も時々短歌を作歌されていたようで、一首紹介されていた。

 575777で7語多いと思っていたら、選者の坂井修一さんが

 

「仏足石歌体」という、古い形の歌です

 

とフォローされていた。

“古い形”という言葉に弱い私は敏感に反応してしまう。

 

 俳人加藤楸邨が作歌した「仏足石歌」、非常にレアな紹介ではないだろうか。

  

  

 本日の題「働く」は9首選ぶのに苦労するほど、いい作品が寄せられた、と坂井さん。

 その中で、太陽が「おれほど働け」と月に言っても月は笑ってるだけ、という歌が面白かった。

  

「俺ぐらい働いてみろと太陽が月を責めたが月は笑った」

   

 今井スケール・視点が大きい」

 坂井「笑ってるだけ、というのがいい」

  

 最後に局アナウンサー濱中博久

「周囲にそんなことを言ってる人がいるのでしょうか」

コメントされた。

  

 なるほど、私は宇宙的でダイナミックな構図の面白さばかり見ていたが、確かに人の関係を宇宙になぞらえたとも読める。

 例えば母の日が済んだばかりだが、太陽を父、月を内助の功の母となぞらえることもできる。

 濱中さんのコメントで初めて気付いた。

 濱中さんは時々、選者やゲストが触れない方向からの視点で鋭くフォローされるのであなどれない。

 

仏足石歌

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E8%B6%B3%E7%9F%B3%E6%AD%8C

万葉集遊楽

万葉集その二百六十二(弥彦山:やひこさん)

  http://manyuraku.exblog.jp/13135881/

大中遺跡付近

  http://www.asahi-net.or.jp/~pu7t-kmr/onoe/onoe4.htm

「通常の短歌を詠み、そこへ更にもう1句。まるで言い残すことがないよう、一言添えるかの如く5句目と対句になる7音をリフレインさせる、というものです」 

  http://www.nunato.com/nara1-01.htm

  

■[名作文学]体育会系女流作家に圧倒された

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110505/p1

  

NHK短歌NHK俳句 http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/

  

はてなハイク NHK短歌

  http://h.hatena.ne.jp/keyword/NHK%E7%9F%AD%E6%AD%8C

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110516

2011-05-14 (土) 気が塞いだらこれを聴け!「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)

[]気が塞いだらこれを聴け!「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット) 気が塞いだらこれを聴け!「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)を含むブックマーク 気が塞いだらこれを聴け!「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)のブックマークコメント

 5月7日の「世界の快適音楽セレクション」のテーマは“ゆるい音楽”だった。

  

 その中で一番良かった曲は、「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)。

 ほとんど笑い声だけで綴った曲。

    

  

Laughing Rag

Laughing Rag

  

 アーッハッハッハ

 ヒーッヒッヒッヒ

 フーッフッフッフ

 ヘーッヘッヘッヘ

 

……というようなフレーズが延々続きます

 1949年の録音といいますが、時代や国は違えど笑い方は今の日本と変わらないなと思います

  

 事前にゴンチチさんも、楽しくなくても無理にでも笑っていれば脳が楽しい勘違いして免疫力も上がっていく、というようなやり取りをしていました。

 以前、「音楽ソムリエ」のコーナーで、人生相談BGMとして流すには、というような話になったことあります

 この「ラフィング・ラグ」こそ人生相談BGMにかかっていれば前向きになれそうな、無理にでも楽しくなれるような曲です。

 

 曲が終わってお二方が改めてどのようなコメントを述べられるか楽しみでしたが、コメントなしで「喫茶・謎」のコーナーになだれ込みました。

 このコーナーもまたすごくて、先日書かして頂きました。

 

■[日々の哲学]気球に乗った兵隊さん チチ松村さんの思い出を解読せよ!

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110513/p1

 

……と、「ラフィング・ラグ」から喫茶・謎」に続く部分を何度も聴かせて頂いた次第です。

   

     

ブルブル ブルース (Blues)

 深海魚のようなブルースマン 

  http://blog.livedoor.jp/ogitetsu/archives/51438156.html

ダン・ピケット Dan Pickett

  http://bluesring.digitalfruits.com/artist/DanPickett.html

  

 1949 Country Blues

世界の快適音楽セレクション −ゆるい音楽

 5月7日(土) 午前9時00分〜10時55分

  

「ああなんてやわらかいんだろう」 (ゴンチチ)

(4分03秒)

EPIC/SONY ESCB1309>

レイジーボーン」 (レオンレッドボーン)

(3分06秒)

WARNER BROS. BS2888>

レイジーボーン」 (細野晴臣)

(3分45秒)

<SPEEDSTAR VICL-63777>

「ゼアズ・アン・エンド」 (ホリー・ゴライトリー)

(3分34秒)

P-VINE PCD-23443>

「ザ・ジョンソンボーイズ」 (デヴィッド・リンドレー)

(3分06秒)

<A WORLD OF MUSIC CD12550>

「今この瞬間」 (ジョー・バルビエリ)

(3分51秒)

<OMAGATOKI OMCX-1225>

タイム・リメンバード」 (ビル・エヴァンス)

(6分02秒)

UNIVERSAL 0025218920025>

「1900イエスタデイ(遠い初恋)」

(リズ・ダモンズ・オリエント・エクスプレス)

(2分58秒)

REV-OLA CRREV40>

ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)

(2分33秒)

<KRAZY KAT 811>

イメージ、オータム、ウーム」 (ゴールドムンド)

(3分05秒)

<TYPE REC. TYPE039>

サントラライフ・アクアティックから

ライフ・オン・マーズ」(セウ・ジョルジ)

(3分25秒)

<HOLLYWOOD REC. 2061-62494-2>

アイランド・ウーマン」 (アンドレ・トゥーサン)

(2分30秒)

<HNH INTERNATIONAL 76029-2>

「ネヴァー・ギヴ・ユア・ハート・アウェイ」

(カールトン&ザ・シューズ)

(4分10秒)

<IPM IPM-8024>

ウキウキキョロキョロ」 (サキタハヂメ)

(3分31秒)

<(有)アセント BJCO-9>

放課後音楽室」 (ゴンチチ)

(1分50秒)

EPIC ESCB2111>

「ザ・ウィルヘルム・スクリーム」 (ジェイムスブレイク)

(4分37秒)

<POLYDOR ATLAS 02CD>

「アイ・ネヴァー・ラーント・トゥ・シェア」

(ジェイムスブレイク)

(4分51秒)

<POLYDOR ATLAS 02CD>

ミラクルズ」 (ロン・セクスミス)

(2分36秒)

YAMAHA MUSIC YMCP-10002>

シークレット・ラヴ」 (ブラッド・メルドー)

(7分14秒)

<NONESUCH 520275-2>

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m


 

2011-05-13 (金) 特命リサーチ2011 チチ松村さんの思い出を解読せよ!

[]気球に乗った兵隊さん チチ松村さんの思い出を解読 気球に乗った兵隊さん チチ松村さんの思い出を解読を含むブックマーク 気球に乗った兵隊さん チチ松村さんの思い出を解読のブックマークコメント

  

特命リサーチ2011 捜査File No 666 

 気球に乗った兵隊さん チチ松村さんの思い出を解読せよ】


  

 5月7日の「世界の快適音楽セレクション−ゆるい音楽−」における『喫茶・謎』のコーナーで語られた、チチ松村さんの不思議な思い出。

 今回はこの謎に迫ってみよう。


    

 マスターから一番古い記憶は何かと聞かれてチチ松村さんが語った思い出。


  

 家の玄関から東の空を見上げると、軍服を着た兵隊さんが気球に乗って上がっていって、それを眺めていた。

 しかも1回きりでなく、「何度も見た」「日曜ごとに見た」ということである

 しかし両親に聞いても思い当る出来事はない。


  

 リサとガスパール 300ピース 気球にのって 3-827


      

所長「メルヘンチックというか不思議というか怖いというか、不思議な話だな。

 荒馬捜査員はこれをどのように調査したんだね。」


 

荒馬紹介「フロイトの創始した精神分析でも、記憶について色々な解釈が提出されています

 私は記憶という観点から調査してみました。」 



    

 調べるとチチ松村さんは1954年生まれで、兵隊さんを見るのは時代的におかしい。

 そもそも気球に人が乗っている光景は滅多に見るものではない。


   

 夢で見た光景か、もしくは、本やTVラジオに描かれたシーンで、それを現実に見たものと思っているのではないかと思われます

 気球に乗るシーンは少年向けフィクションなんかでよく出てきます

 松村さんが子どもの頃読んだ当時の本や、「少年倶楽部」など戦前戦中の少年小説なんかにも似たようなシーンが描かれていたはずです。


  

 漂流 本から本へ 漂流 本から本へ

  ↑筒井康隆さんなら似たようなシーンのある本を何冊も挙げられるのではないでしょうか。


  

  

 私が子どもの頃でも、「少年探偵団」で、怪盗コスプレをした怪人二十面相気球に乗って逃げていくシーンはありましたし、「魔女っ子メグちゃん」のOPにもメグちゃん達が気球に乗ってるシーンがありました。「ポールのミラクル大作戦」なんかでもいかにもありそうなシーンだし、結構TVなんかでありそうなシーンです。


 

 気球船探険 [DVD]


    

 人間記憶というのは結構あやふやで、実際には経験していないことでも本当にあったかのように作り替えることがあります

 そういった記憶あやふやさを証明する実験についての本も色々と出ています

 明智小五郎デビュー作と言われる江戸川乱歩の『D坂の殺人事件』も、記憶の思い違いをテーマにしています


   

「日曜ごとに見た」ということは、まさにTVラジオ番組などを思わせる要素ではないでしょうか。


 

 VILAC パズル 気球 ババール VL2190


    

所長「なるほど。フロイトのいう“過誤記憶”のようなものか。」

荒馬「チチ松村さんの特異な才能を思わせるエピソードではないでしょうか。」


 気球 ロイヤルブルーレザー ゴールドフレーム時計 #G1610010 


白虎(声:ゴルゴ松本

「本物の二宮金次郎は薪なんて背負っていなかった!

 あのポピュラーな金次郎銅像はジョン・バニヤン天路歴程』の挿絵モデルにしたものだったことが判明したのである

 チチ松村の見た兵隊さんの乗った気球記憶は、彼が幼い頃に見た物語だったのだ!

 この新説、信じるか?」


  

青龍(声:松方弘樹

 「信じないか?」  


 君たちは受験生―受験期は人生の黄金期


   

……と、一応、もっともらしい説明をつけてみました。

特命リサーチ』大好きだったのです。

 あの番組のように科学的にスッキリと説明できれば格好いいのですが。

 精神分析心理学に関心ある皆様は、どう解釈されますか?


  

 特命リサーチ200X「心霊現象解明ファイル」 [DVD] 特命リサーチ200X!―F.E.R.C.極秘調査報告 松岡征二ファイル超常現象編 特命リサーチ200X!F.E.R.C.極秘調査報告 伊達徹ファイル 地球危機警鐘編 特命リサーチ200X―コミックス


    

 しかし私は実は超常現象肯定派で、世の中には科学では割り切れない現象もあると思っております

 実はオカルト雑誌ムー』なんかも大好きです。


 

世界の快適音楽セレクション」を毎週聴いていると、ゴンチチのお二方が、普通人間とは違った感覚を持っているということが実感できます

 だからお二方が実は動物昆虫植物なんかと話せる能力を持っておられても不思議に思わないし、普通の人が見えないものが見えることもあるかもしれません。

 特に子どもの頃は、大人が見えないものを見ることがある、といいますから
    

   

 松村さんが

過去何度も話した」

と言ってる割にゴンザレス三上さんも

「初めて聞いた」

と役を忘れて本気で怖がっていたというのも不思議な話です。


  

 以前ゴンチチ一行が演奏旅行宿泊した際、早朝、他の人は聞いていない軍歌松村さんだけに聞こえて起こされたことがあったらしい。


「その時にキミの横で気球が上がってたんと違うか」


  

不二家憩希のブログ 気球に乗った兵隊さん。

   http://blogs.yahoo.co.jp/t6k3/60506240.html 


  

世界の快適音楽セレクション

  http://www.nhk.or.jp/fm/kaiteki/


   wikipedia:世界の快適音楽セレクション


  

■[老若男女懐メロ]いわく付き思い出の曲特集 世界の快適音楽セレクション

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110110/p1

■[日々の冒険]気が塞いだらこれを聴け!「ラフィング・ラグ」 (ダン・ピケット)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110514/p1


      

  GONTITIスーパーベスト 2001-2006 gontiti 25th Anniversary CD 知識ゼロからのアコースティック・ギター入門 ゴンチチの脳内麻薬書簡 


       

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110513

2011-05-08 (日) 賑やかでレトロ風で哀愁

[]賑やかでレトロ風で哀愁 ジンタらムー賑やかでレトロ風で哀愁 ジンタらムータを含むブックマーク 賑やかでレトロ風で哀愁 ジンタらムータのブックマークコメント

ジンタらムータ】

 ジンタ(市中を練り歩く明治時代吹奏楽)やチンドンといった日本音楽を、

世界の民衆音楽と融合させる独特の活動で知られるバンド

  

 関西では朝日新聞夕刊4月19日付で掲載され、見出し

原発にNO チンドン哀愁の旋律と」

 

 別の地域では同じ記事の見出し

「怒り解き放つ混沌サウンド」のようだ。 

  http://twitpic.com/4md7a4

 

 同じ新聞の同じ記事でも掲載日や見出しが違うこともあるというのは意外。

 

ジンタらムータの練り歩き / 4.10 原発やめろデモ!

  http://t.co/gZbOF2M via @youtube

  

 賑やかでレトロ風で哀愁。ええなあ。

[music]ジンタらムータ@渋谷O-nest

 http://d.hatena.ne.jp/hatooon/20081121/p1

ジンタらムータとは大熊ワタルcl桜井芳樹(g)渡辺明子(tb)JIGEN(b)こぐれみわぞう(chin-dong)からなるシカラムータ(CICALA-MVTA)の別ユニットです。

CICALA-MVTA公式サイト http://www.cicala-mvta.com/

 

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

[]【こけしマッチ【こけしマッチ】を含むブックマーク 【こけしマッチ】のブックマークコメント

 4月20日の夕刊で紹介されていました。

 

 こけしマッチアメリカンドリームを夢見たこともあったが、

「今は現実が見えました……」。

  

……この短い記述に色々な背景が偲ばれます

   

 ありふれたマッチに顔を描くと特別な存在に。

 山川草木に神を感じるアミニズムの伝統を持つ日本ならでは。

 マッチも工夫次第で色々な売り方ができる。

 そういえば、【2こまッチ】というのもありました。

  

 http://twilog.org/aryamashoukai/date-100505

  

 他にどんなプロモーション方法があるか、考えてみよう。

     

 手づくり雑貨の売り方手帖 大阪みてな帖 雑貨と喫茶とエトセトラ ゆるゆる雑貨の手づくり手帖  

  

公式サイト http://www.kokeshi-m.com/

  

使うのが惜しい 顔がついた「こけしマッチ」って?

  http://www.excite.co.jp/News/bit/E1225272377472.html

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 の皆様のコメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110508

2011-05-07 (土) 川上弘美『七夜物語』残っている謎

[]川上弘美七夜物語』残っている謎 川上弘美『七夜物語』残っている謎を含むブックマーク 川上弘美『七夜物語』残っている謎のブックマークコメント

 七夜物語(上) 七夜物語(下)

 朝日新聞朝刊で連載されていた川上弘美七夜物語』が5月5日でついに完結。

 1年以上も連載していたことになるのか。ずっと拝読させて頂いていて面白かった。もっともっと続いていてほしかった。

  

 内容は充実していたのう。児童名作文学古典となるんじゃないかのう。

 小学生物語だったのに、連載終了時は大人になってクラス会をしている。

 連載も1年以上に及ぶ長いものだった。

 その間、社会も大きく変わりました。

 この連載を読んでいた方々にも色々と大きな変化があったのではないでしょうか。

  

 以前この作品についてブログに書いた時、『不思議の国のアリス』になぞらえました。

 他に書いている方で、ミヒャエル・エンデの『モモ』になぞらえていた方もおられました。私は読んだことないので書けなかったのですが、『モモ』にも似ているのでしょうか。

 

 単に面白おかし冒険するだけでなく、さよの両親は離婚していて、一緒に暮らしている母親再婚話が出てきたり、元・父親と再会したり、さよの相方の仄田(ほのだ)くんの対人関係問題が出てきたり、現実の深刻な問題も描かれていた。

 他にも、夢の世界冒険の話だけでなく、定時制高校の口笛部員を名乗るカップル(南生さんと麦子さん)と出会ったり、現実世界でのエピソードたっぷり描かれていたのも良かった。

 連載期間が長くてたっぷり描き込めたのが幸いしている。もっと長く続いても良かった。

  

 物語1977年舞台となっていましたが、最終回ではさよが小学生クラス会に出た次の日ということになっていました。現在から過去を回想していたわけです。

 というと、昭和50年代に小学生生活を送っていた現在の私の世代とほとんど同じというわけです。

 思えば私もさよや仄田くんに似たような感性があったのに、学者にも作家にもなれなかったなあ。いつもながら自己嫌悪ルサンチマンであります。私の場合、未だに醒めない“悪夢千億夜物語”の世界から脱け出せないようです。

  

 最後世界冒険でさよと仄田くんは光と闇に分離した自分達の分身と戦い、力尽きて倒れます

 その後、今まで知り合った夜の世界の住人達がお別れにやって来ます

 南生さんと麦子さんの2人までやって来ました。

 このいわくありげな2人、私は秘かに夜の世界ラスボス存在かと思っていました。

 一時は、実はさよの両親の若い頃だった、というタイムパラドックスオチがあるのでは、とも思っていましたが、よく考えると現実世界高校生として存在してるのだからそんなわけないな。

 実はこの2人は……という設定に、なるほどと合点がいきました。

 

 そんな2人やグリクレルやウバやさよの両親やら、主要なキャラが全員悟ったように現れてお別れしていった後で、○○だけが異を唱えて結末を変えてしまったという展開も意外だった。

 これは一体どういうことなんだろうか。

 子どもの素朴な心が未来を変えるという暗示なんだろうか。

 

 他にも、色々説明されていないこと、解明されない謎があるような気もします

 後は自分達で考えてみよう、ということなんでしょうか。

  

 単行本になったらもう一度通読してみたい。そして改めて感想を書いてみたい。

 本当言うと一夜の冒険が終わるごとにブログ感想を書くつもりだったのだが、いつものように最初だけで終わってしまった。

 単行本化の際は挿絵酒井駒子さん)も全部収録してほしいものだ。

  

新聞連載小説七夜物語」を終えて 川上弘美さん

  http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201105100167.html   

    

■[名作文学]川上弘美七夜物語 ななよものがたり」1977年日本アリス

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20091220/p1

■[日々の冒険]川上弘美七夜物語」 アリス in unconscious

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20100217/p1

   

 七夜物語(上) 七夜物語(下)

  

後は野となれ 「七夜物語」完結

  http://tktt123.blog83.fc2.com/blog-entry-144.html

  

どくまらブログ

読書中日記:『七夜物語』(川上弘美) (NILK)

  http://blog.ribura.watson.jp/?eid=1485446

   

a column 朝日新聞の『七夜物語

  http://a-column.blog.so-net.ne.jp/2010-08-17

  

Yesterday Today Tomorrow 〜監督とその仲間たち〜

「いりまじったもの」〜七夜物語

  http://chestpass.blog61.fc2.com/blog-entry-74.html

        

日本語教師奥村隆信 ひとり語り

川上弘美七夜物語』、朝日新聞連載完結

  http://tiaokumura.exblog.jp/15919171/

  

東風にのって さようなら、なつかしい思い

  ttp://ew335.exblog.jp/12529631

            

You Can Fly 「七夜物語」(3) 川上弘美

  http://ameblo.jp/yashima1505/entry-10874339912.html

 

naruming Diary 七夜物語

  http://naruming.blog3.fc2.com/blog-entry-1236.html

   

BOOK.asahi.com

 http://book.asahi.com/book/9784022509598.html

 http://book.asahi.com/book/9784022509604.html

      

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

七夜物語』愛読者の皆様のコメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-06 (金) 小西康陽 これからの人生

[]小西康陽 これからの人生 小西康陽 これからの人生を含むブックマーク 小西康陽 これからの人生のブックマークコメント

 5月4日(水)午前、NHKFMを聴いていたら放送された「小西康陽 これからの人生。」

 選曲が良かった。

 このプレイリストは保存版だろう。

 

 NHK番組表には曲目掲載がなく、公式サイト解説付きで掲載されています

   

http://www.nhk.or.jp/konishi/

  

    

ミズラモグラの巣で

 ■[音楽]これからの人生

  http://d.hatena.ne.jp/Talpidae/20110504/p1

   

pizzicato file

 NHK-FM小西康陽 これからの人生。』4

  http://pizzicato-file.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/nhk-fm-4-6a43.html

   

特に

 

2.ザ・シャデラックス/あしたのニュース

3.ダークダックス/美しい星

  

が良かった。

 SF的な「あしたのニュース」。

 いつもと違うダークダックス

 youtubeには出ていないようだ。

  

美しい星 赤い鳥

  http://youtu.be/d5hyGujTOV0 

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-05 (木) 萌え出づる春になりにけるかも

[]体育会系女流作家に圧倒された 体育会系女流作家に圧倒されたを含むブックマーク 体育会系女流作家に圧倒されたのブックマークコメント

 NHK短歌5月1日の放送。

いはばしる垂水の上の早蕨の 萌え出づる春になりにけるかも

 ゲスト田口ランディさんが紹介された歌。

 中学で習った時、衝撃を受けたという。

 

萌え出づる春になりにけるかも」

というフレーズに覚えがあるようなないような。

 検索すると有名なフレーズのようで、色々な方が使っている。

 高校で習った、と書かれている方もいて、私も高校で習ったような習わなかったような。

  

 下の句は非常にいい。よく分かる。折に触れ使いたくなるだろう。

 しかし残念ながら、解説を聞いたり読んだりしても、未だに上の句はピンとこない。古語が難しくて理解できないのだ。

 ここら辺、中学時代に衝撃を受けてその後作家になった田口さんと、習ったことすら忘れて未だに理解できない凡夫の大きな差であろう。

 

和歌の総角

 http://waka.or.tv/req/hth_iwa.html

たのしい万葉集

 http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/eight/m1418.html

権太左衛門二世  春になりにけるかも

 http://blogs.yahoo.co.jp/k_29tigers/2253958.html

 

 

 田口ランディさん、お名前は本の広告でよく拝見しておりましたが、女性だったんですね。

 話し方や動作が非常にダイナミックで男性的だ。一般的イメージ文学少女ではない。

 むしろジャージを着て大盛り料理ガツガツと食べるような体育会系タイプだ。

 口も非常に大きくて肉食系を思わせる。

 プロ作家としてやっていくには、やはりこれだけのバイタリティが必要なんだろう。

……と、近頃文章の書き方について悩んで色々考えている草食系爺の私は思いました。

    

NHK短歌NHK俳句 http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/

 

はてなハイク NHK短歌

  http://h.hatena.ne.jp/keyword/NHK%E7%9F%AD%E6%AD%8C

    

 NHK 短歌 2011年 04月号 [雑誌] NHK 短歌 2011年 05月号 [雑誌] 

    

 「全然知らない」から始める 短歌入門 かんたん短歌の作り方―マスノ短歌教を信じますの? 一人で始める短歌入門 (ちくま文庫) 声に出して味わう日本の名短歌100選

    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110505

2011-05-04 (水) 安倍晴明神社から足を延ばして

[]路面電車でいくレトロ突っ込みどころ満載パワースポット異界巡り 路面電車でいくレトロで突っ込みどころ満載パワースポット異界巡りを含むブックマーク 路面電車でいくレトロで突っ込みどころ満載パワースポット異界巡りのブックマークコメント

 阪堺線に乗って安倍晴明神社にお参りしてきました。

  

f:id:nazegaku:20110504133424j:image

  

f:id:nazegaku:20110504132940j:image

 

f:id:nazegaku:20110504132028j:image

 

f:id:nazegaku:20110504132358j:image

(↑注:一部変更もあります

  

 少し歩くと、阿倍王子神社があります

 安倍晴明神社阿倍王子神社末社ということです。

  

 阿倍王子神社は広く、「鎮守の森」というだけあって、フィトンチッドや木や大地の気が充満しているようで、パワーを感じます。 

  

  

 阪堺線から安倍晴明神社に向かう道は閑静な住宅街でしたが、裏口に回ると広い道路が開け、別世界のよう。

 東天下茶屋商店街からあべの王子商店街に向かって歩くと、色々な見どころがあります

町田忍昭和レトロ紀行」「見参!アルチュン」などが好きな方なら楽しめることでしょう。

 

ブラタモリ」を見て「アルチュン」を思い出した

  http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p10368619c.html

  

 数年前にも来ましたが、その時閉まっていた駅前の古本屋さんが本日も閉まっていました。こちら、閉店されてるのでしょうか。

「玉突」のお店は?

  

 書店自習室もいい味出しています

 安倍晴明神社近くの民家には、ペットボトルオブジェ作成して飾っているお宅がありました。

「見参!アルチュン」なら突っ込みが入るところです。

 民家なので写真は撮りませんでしたが、この技術力はすごい!

  

 すごくいい建物だと思ったのが、「大森カメラ店」様。

 閉まった扉にパンフレットが1枚だけ入っていて、取るのは悪いと思ってきれいに読んで戻しておきました。

 こんな人生、いいですね。一つの理想の形です。

 本日は閉まっていましたが、帰ってから検索してみると現役バリバリで、ブログツイッター現在進行形更新中でした。

  

 なかなか面白い町で、パチンコ屋さんまで店頭無料自転車空気入れを設置して地域貢献。こんなの初めて見ました。(ここで写真が欲しいところ。写真撮っておけば良かった。)全国に広まってほしい試みだ。

 

 いい雰囲気で映画に出てきそうなsolpara食堂さんで昼食。

    

solpara食堂

  http://www.solpara.info/

  http://ameblo.jp/solparainfo/

   

f:id:nazegaku:20110504140223j:image 

ごはんセット500円(小学生以下400円)

 (ごはんみそ汁副菜・香物)

  

 手間暇かけて栄養たっぷり、これで500円!

  

 この町は秘めたる可能性がありそうだ。

 この周辺には、祭日のために閉まっていたけど、他にもいい感じ(私の言う“いい感じ”とは、レトロということだが)の喫茶店ぜんざいの店もあった。あと、入らなかったがあべの王子商店街も結構活気があるように見受けられた。

 阪堺線経由で安倍晴明神社に参られる方は、こちら側まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 しかし、祭日に閉店しているということは、お客様の層が休日に来る観光客ではなく、平日に来る層が多いということだろうか。土日も閉まっているのだろうか。

  

本項未掲載写真

  http://f.hatena.ne.jp/nazegaku/%E9%A2%A8%E6%99%AF/

   

  

 GWであべのキューズモール効果もあってか、廃線が取りざたされる阪堺線堺区間)も、この日は上りも下りも満員。天王寺行きは、乗れない人までいる始末。そんな時でも、前の出口から乗ってくる頭脳派も。このバイタリティというかしぶとさというか、見習わなくては。

 そもそも詰めればもっと入るのに入り口が一つで、ボトルネック効果で入れないというのも問題。

 満員の時に皆が下りない東天下茶屋駅で降りるというのも結構難しい。

 満員がゆえに普段では考えられない嬉しい問題である

 こんな時にカオナシさんが乗ってきたらすごいことになるだろう。

 でも、これだけ繁盛しているならカオナシさんも心配して出てくる必要もなく家でのんびりしていられるでしょう。

   

■[堺]阪堺線にカオナシが出現するらしい

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110225/p1

     

 この賑わいが持続して廃線回避できればいいのだが。

  

 ここまで読み返して残念。素材はいいのにうまく生かし切れていない。

 今後はもっと上達したい。お粗末でした。

 

  

安倍晴明

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%B4%E6%98%8E

 

安倍晴明神社

http://event.jr-odekake.net/spot/7034.html

http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_8.html

 

阿倍王子神社

http://abeouji.tonosama.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%80%8D%E7%8E%8B%E5%AD%90%E7%A5%9E%E7%A4%BE

  

 阪堺電車 阪堺線&上町線 [DVD] 阪堺電軌和歌山軌道線 全盛期の大阪市電―戦後を駆けた車輌たち (RM LIBRARY (49)) 大阪市電が走った街 今昔 水の都の路面電車定点対比 (JTBキャンブックス, No. 19)

  

東天下茶屋

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E8%8C%B6%E5%B1%8B%E9%A7%85

  

あべの王子商店街

http://ooji-mall.com/

http://abeno.jugem.jp/

   

東天下茶屋商店街

http://zaq.ne.jp/spot/89835/%E6%9D%B1%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E8%8C%B6%E5%B1%8B%E5%95%86%E5%BA%97%E8%A1%97/

   

http://ushinosanp.exblog.jp/14813836/

   

http://www.abenoplus.com/tinden/higashitengatyaya.php

   

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110504

2011-05-03 (火) 勇気を試される表現者 原子力村と文学村

[]勇気を試される表現者 原子力村と文学勇気を試される表現者 原子力村と文学村を含むブックマーク 勇気を試される表現者 原子力村と文学村のブックマークコメント

文芸時評】斎藤美奈子

 原子力村と文学

 勇気を試される表現

  (朝日新聞2011年4月27日

    

 私も文章を書くのが好きでブログツイッターを書いたりしておりますが、全然評価されないのはなぜかと最近特に悩んでいる。

 まあ答えは明らかで、つまらないし面白くないし拙いのである

 とても自分の文章でお金原稿料、購読料、チップ)をもらえないなと思って、密かにお金原稿料、購読料、チップ)をもらえる文章の研究をしている。

  

 この斎藤美奈子さんの文芸時評は、お金をもらえる文章の見本のようなもの。

 ちょっと勇気がいりそうなことを糾弾調でなく抑圧した調子で書かれているが、説得力があり、伝わってくる。

 検索してみると、伝わったようで、色々な方がこの文芸時評について書かれています。 

  

 スポンサーからの金と権力がものをいう資本主義の時代。

 原稿料で食っていくのに一番確実なのは、大資本スポンサーにつけて御用売文家・曲学阿世の徒となるのが一番楽なことではないでしょうか。

 この文芸時評はそういった楽な姿勢と一線を画すものかと思いますが、そのようなことを書けるのも、確固とした実力があるからこそ。

   

 しかし民主社会とは、本来、原発に反対の意見も賛成の意見も自由に表明し、議論できる社会であるはず。

 21世紀にもなっているのに、原発に反対の意見を表明する側だけが一方的に「勇気」を必要とされる社会であるというのは、やはり民主主義とは形だけであり、実態は資本を持つ側が支配するゆるやかな見えない独裁社会ということなんだろうな。

「先の戦争の後、『文学者戦争責任』が取りざたされた時期があった。

ならば『文学者原発責任だって発生しよう。安全神話に加担した責任スルーした責任。」

文学の人は文学だけ追求してりゃいいんだよ、という態度は「文学村」の内部の言語である点において「原子力村」と同質ではないか。」

「(伊坂幸太郎)「PK」には印象的なフレーズが登場する。「臆病は伝染する。そして、勇気も伝染する」。ほとんど少年漫画のセリフである。でも「つながろう日本」よりはずっといい。(略)いま必要なのは勇気の伝染」ではないか文学から放たれるシュートを待ちたい。」

 政治的なことはほとんど書かないブログなのに、憲法記念日にこのような記事を書くことになったのも何かのめぐり合わせだろう。 

 

 

ジージはある日、世界に吠えた

おののく魂たち

  http://ji-ji-wanwan.seesaa.net/article/198150870.html

   

The Remains of the Day

日々のこと

  http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/blog-entry-1086.html

   

さぶろうの WORDS OF LOVE

原子力村と文学村〜斎藤美奈子

  http://ameblo.jp/lovemedo36/entry-10876972082.html

   

ミズラモグラの巣で

[読書]原子力村と文学

  http://d.hatena.ne.jp/Talpidae/20110427/p1

    

      • > ぴり・ぴり

2011-4-27-Wed 雨の水曜日

http://d.hatena.ne.jp/pirica/20110427

    

紙魚子の小部屋(2009秋〜)

消えてしまいました。  

  http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/573.html

   

Ted's Coffeehouse 2

文学者原発責任に言及した文芸時評

  http://ideaisaac2.blogspot.com/2011/04/literary-review-referring-to-literary.html

     

中野香織オフィシャルブログ

勇気の伝染」

  http://wwwmode.kaori-nakano.com/blog/2011/04/post-d2b4.html

   

one man dog, obi one blog 2 小尾隆の日誌

4月27日そして追記

  http://obinland.exblog.jp/14679017/

   

虎尾の会

もう薄れ始めている原発事故

  http://blog.goo.ne.jp/hama8823/e/589940d3712ce810748cbcc5d00ef927

   

七海耀の錯乱気流

川村湊福島原発人災記−安全神話を煽った人々』現代書館

  http://blogs.yahoo.co.jp/ochikoboremaru/51885712.html

  

時代を駆ける

大政翼賛原発推進―戦争中と変わらぬ日本今日新聞批評4月27日

  http://blog.livedoor.jp/sho923utg/archives/51629683.html

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントや言及TBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-05-02 (月) こんな時こそのプロレス・ヒーロー論(アンチヒール論)(1)

[]復興依り代にふさわしいのは IWGPヘビー戦 復興の依り代にふさわしいのは IWGPヘビー戦を含むブックマーク 復興の依り代にふさわしいのは IWGPヘビー戦のブックマークコメント

 5月3日に新日本プロレスIWGPヘビー級チャンピオン戦が行われる。

レスリングどんたく 2011

2011/05/03(火) 15:00 福岡福岡国際センター

10試合60分1本勝負 IWGPヘビー級選手権試合

(第56代王者)棚橋 弘至  VS (挑戦者)中邑 真輔

 このような時だからこそ、私は棚橋に勝ってほしい。というか、中邑には勝ってほしくない。

 というのは、中邑は反則を行う悪党軍団・CHAOSリーダーからである

 CHAOSとは試合中に反則・乱入凶器攻撃を繰り返し、試合実況を行うアナウンサー執拗に攻撃する悪党集団である

 確かに昔のプロレスには、アブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シン、ザ・シークなどといった悪党レスラーがいた。

 しかし今の日本人中心のプロレスで、このような日本人中心のヒールユニットは必要なものだろうか。

   

 CHAOSヒール系軍団はレフェリーを攻撃したりするが、審判を攻撃して許される格闘技は他にあるだろうか。

 そのような行為がまかり通っているからプロレス八百長だとかショーだとか言われ、一段低く見られ、市民権が得られないのだ。

 実況アナウンサーを攻撃する行為など言語道断である。そのような行為を演出として許容しているうちはいつまでたってもプロレス市民権獲得は無理だろう。

 

 さすがに中邑自身はこういった行為には直接関与することは少ないが、そういった軍団を率いているということが問題である

 

 かつて中邑は総合格闘技にも挑戦し、プロレス救世主的・伝道者的存在であった。

 ボブ・サップ

「一番すげえのは プロレスなんだよ!」

とアピールした。

 そのことを思えば、悪党軍団と仲間になった今の中邑は、堕落しか思えない。

 いわば、成績も人気も一番になれないので不良グループに入ってしまった中高生とか、ビジネスで芽が出ないので違法集団や暴力集団に入ってしまった反社会的人間のようではないだろうか。

  

 人間、いくら苦しくても悪の道に入ってしまってはいけない。

 目立ちたい、チャンスを得たい、チャンピオンになりたいからといって悪の軍団に入ってしまうようでは駄目だ。

 

 そして今、日本が未曾有の震災に見舞われ、立ち上がっていこうという時であるプロレスが何ができるか、という大事な時である

 プロレスは一筋縄でいくものでなく、十人十色の見方ができるものである。各人それぞれの意見があることは分かった上で個人的意見を述べさせてもらうと、私はこのような時こそ棚橋の方が中邑よりチャンピオンにふさわしいと思うのである

 

 プロレスが人々を勇気付けなければいけない時である

 明るいコスチュームを着て勝った後にエアギターを鳴らして「愛してまーす」とパフォーマンスする棚橋の方がよりふさわしくないだろうか。

 確かに総合格闘技に挑戦し、「一番すげーのはプロレスなんだよ」と言っていた頃の中邑は輝いていた。

 しかし今、ぐれて悪い集団と付き合って黒いコスチュームを着てふてぶてしい表情をしている中邑がチャンピオンになっても元気が出るだろうか。

 

 いくら苦しくても真っ当に、まじめにこつこつとやり直さなければいけない時である

 ここで悪のチャンピオン誕生することで、苦しくなったら生き残るために悪の道に入ってもいい、悪の道も楽じゃない、生き残るためにはそれなりの努力が必要じゃ、悪の道に入って努力の末にようやくチャンピオンになった、良かった良かった、感動した、というようなメッセージを送るようになっては良くない。

 

 棚橋がチャラい、という批判もあるが、「悪い」より「チャらい」の方がはるかにましではないだろうか。

 

 もしここで中邑がCHAOSの悪い連中を制裁して正統派に戻るのならハッピーエンドなのだが。

  

 ということで、私個人としては、日本復興の「依り代」となるべきIWGPチャンピオンには、今の中邑より棚橋の方がふさわしいと思うのである

  

 偉そうなことを書いてしまったが、こんなことを書いている私自身はマイナス思考で陰気で、とてもチャンピオンだとか象徴だとか代表だとかになれるような存在ではない。

 関係者並びにファンの皆様にはお気に触ることも多かったと思いますが、あくまでも一プロレスファンの個人的な意見ということでご容赦下さい。

 

   

棚橋弘至

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%9A%E6%A9%8B%E5%BC%98%E8%87%B3

中邑真輔

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%82%91%E7%9C%9F%E8%BC%94

CHAOS (プロレス)

http://ja.wikipedia.org/wiki/CHAOS_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9)

   

こんな時こそのプロレスヒーロー論(アンチヒール論)(2)

■改革は反則・暴力なしで 寒々とする暴力革命の先

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110519/p1 

  

過去の拙い記事。文体は変わってもアンチヒールという点で一貫している。

 

■[地上波プロレス中継観戦記]7月25日(日)ワールドプロレスリング新日選手の悪への変身ブームにうんざり

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040802/p1

■[地上波プロレス中継観戦記]10月10日緊急プロレスSP!新日10・9両国大会

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20041011/p3

■[地上波プロレス中継観戦記]10月17日(日)ワールドプロレスリングプロレス冒涜する蝶野

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20041026/p1

■[地上波プロレス中継観戦記]週プロ朝日新聞に登場

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20040906/p1

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 プロレスファンの皆様のコメントや言及TBもお待ちしております。m(_ _)m

   

2011-05-01 (日) 2011年5月のツイート

[]2011年5月のツイート 2011年5月のツイート   を含むブックマーク 2011年5月のツイート   のブックマークコメント

荒馬紹介のツイッターでのつぶやき適当な拾遺。

なお、過去つぶやき

ツイログ http://twilog.org/aryamashoukai

 にも保管されています

  

    

↓この形式の保存は面倒くさいのでやめました。

#もの


#地域活性化、各地の面白い取り組み、#sakaishi


#雑談

#運命

#開運自己啓発

#消費税 #shouhizei


#社会

   

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110501


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2685953  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |