Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2011-07-25 (月) 縦横無尽の文章レッスン ねずみ女房

[]縦横無尽の文章レッスン ねずみ女房 縦横無尽の文章レッスン ねずみ女房を含むブックマーク 縦横無尽の文章レッスン ねずみ女房のブックマークコメント

 

縦横無尽の文章レッスン

縦横無尽の文章レッスン

 

  

 本書に関して一番書きたいことは先に述べました。

 

■[日々の冒険]縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110724/p1

 

 今回はもう1作品、語りたい作品があったので。

 

 

 

 後期第六週で取り上げられた児童文学

 何と日本では1977年に発行されて以来のロングセラーらしい。

 しかし残念ながら私は今まで本作品について知ることはなかった。

 もし子どもの頃読んでいたら、どう感じただろう。

 大人になってから読み返したらどう思い返しただろう。

 だから子ども時代や青春時代には名作をできるだけ読んでおくべきなのだ。大人になってから再読する時の楽しみが増えるから

 

 この授業が終わってから、著者は仲間の先生達と昼食。

 

「あのメスネズミって、私たちですよね。

 ガラス窓の外の何かを、大事ものを見たがっている」

 

……というような会話をされます

 思索的な人は誰でもそのように思うのではないだろうか。この作品にはそう思わせる魔力というか底力を持っている。

  

 このメスネズミについてどうとらえるか。

 両極端に、行動して成功したというのと、行動できずに失敗したというのと、その間にいくつかの段階がある。どの段階にいるかの前提によって、ねずみ女房自分に例える意味が違ってくる。

 

 しかし何であれ、この先生方は功成り名を遂げて大学で若い学生たちを教える身分になっている。

 しかし私は何だろうか。

 思春期精神不安定を持ちこたえられずにその後も狂い続け、結局人生を棒に振ってしまって、いつ自ら幕引きしようかと真剣に思っている毎日

 私はめすねずみですらない。めすねずみ以前の問題である

 

 やはり少年時代に読んでおきたかった。

 今更遅きに失した感があるが、今度読んでみたい。

   

  ↓児童文学案内のようです。

 

そして、ねずみ女房は星を見た〈大人が読みたい子どもの本〉

そして、ねずみ女房は星を見た〈大人が読みたい子どもの本〉

  

■[日々の冒険]縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110724/p1

■[日々の冒険]縦横無尽の文章レッスン その他 

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110801/p1

    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-07-24 (日) 縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』

[]縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』 縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』を含むブックマーク 縦横無尽の文章レッスン 野見山暁治『昨日のこと』のブックマークコメント

 

縦横無尽の文章レッスン

縦横無尽の文章レッスン

 

  

 新聞の日曜読書コーナーで紹介されていて、面白そうだと思って読んでみた。

 

縦横無尽の文章レッスン [著]村田喜代子

 [評者]田中貴子甲南大学教授日本文学

  http://book.asahi.com/review/TKY201104190162.html

  

 大学での講義をまとめたものらしい。

 名文を鑑賞した後、40分ほどで実際に文章を書くという講義らしい。

 こんな授業、受けてみたかった。

 

 そういえば中学時代の国語の授業は、結構文章を書いたり創作意欲を刺激する内容が多かったが、高校の国語の授業はつまらない解説を聞くばかりで本当につまらなかった。 

 教室で文章を書くときは大体いつも40分間と決めている。

 (中略)

 気楽に書こう。

 ひょいと書こう。

 下書きのつもりで書こう。

 気負わないで書こう。

 失敗しても書こう。

 要は書くこと。

 と、40分の時間を与えて無理やり書かす。

 こんなふうにいきなり書かせて結構書けるのが、若い人たちの素晴らしいところである

 社会人になると、さあ書け、と言ってもさっとは案が浮かんでこない。

 若い人はそれが出来る。浮かぶのである

 ただし、書かせないと出来ない。

 授業時間に有無を言わさず書いてもらうのはそのためだ。

 書かないと、書き上がらない。

 書けば、書き上がる。

 以前、社会人創作教室を持たされたが、こんなふうにうまくはいかなかったものである

 みんな散々な出来損ないを提出したものだ。

 瞬発力は年取って急に頑張っても無理なのである

     

 本当にそう思うな。

 高校くらいまでの自分ならこういった出題に喜々として取り組んだはずだが、精神的に荒廃してしまった今、書けと言われても全く書けない。浮かんでこない。

 

 例えば、2回目の講座で、野見山暁治抽象的な版画『昨日のこと』を見てイメージをふくらませて短い文章を書く、というレッスンがある。

 

 テーマになった版画『昨日のこと』が掲載されているが、何かの都合か、残念ながら非常に小さくて白黒での掲載である

 この申し訳程度の小さな印刷を見て同じ課題をこなそうとするのは、実際に授業を受けた大学生に対して非常にハンディがある。

 しかし、見た限り、何が何だかからない版画である

 

 ロールシャッハテストを始めとする心理テストにおいて私の反応は

1)暗い、マイナス思考絶望的、悲観的

2)性的連想が多い

 

 ロールシャッハテストは白黒なのだから連想が明るくなるより暗くなるのはある程度は仕方ないとは思うが、私の場合、普段から人生に敗北したという悔しさ・ルサンチマンで一杯なのでかなり度を越したマイナス思考である

 大学時代うつ状態精神科に通っていたことがあり、そこでロールシャッハテストのようなものを受けた。

 女性器を思わせるカードがあって、実物は見たことがないのだがここでもし正直に言わなければおぼこぶってわざと知らないふりをしているとか、性に対して否定的とか逃げているという判定が下されるのではと思って正直に答えたことがあった。何で見たこともないのに見たかのように答えなければならないのかと悔しかった。

  

 それはともかく、ここに掲載された野見山暁治の版画『昨日のこと』を見ると、強姦など犯罪に巻き込まれた女性死体のようにしか思えないのである

 掲載されている白黒の小さな挿絵からはこうとしか思いつかない。

 

 ニュースでは、よく、若い女性が事件に巻き込まれた殺人事件のニュース毎日のように報道されている。

 最近話題になった東電OL殺人事件だとか、市橋達也の事件などもそうである

 野見山画伯には申し訳ありませんが、この版画から私が思うのは、こういった事件のようなものばかりです。

  

 だから私がもしこの授業を受けていたとしたら、そんなこと書いていいのか、もっと別の高尚なことを思いつかねばならない、と四苦八苦することでしょう。

 しかし本書に掲載された大学生レポートは、そういった猟奇的犯罪性なものを感じさせない立派なものだった。

 1人、交通事故テーマにしたものがあって、それは近いかな。

  

 しかし、私のような猟奇的犯罪的な連想をするのは異常なのだろうか。

 他に私のような連想をする人はいないのだろうか。

 授業を受けて課題を提出した大学生達も、全然猟奇的犯罪連想しなかったのだろうか。無理して別の高尚なことをひり出して提出したということはありませんか?

 それとも、やはり私の性格は異常なのだろうか?

 

 しかし、このような作品をテーマ課題にするのも考え物ではないだろうか。

 もっと明るさを感じる作品なら、私も明るくのびのびとイメージを膨らませるのだ。

 ロールシャッハテストのように、暗部を引き出すような作品をテーマに考えさせられると、私のようにうつ傾向でルサンチマンにあふれた人間だと精神状況がさらに悪化してしまう。

  

 それで、この版画は一体、どう解釈するのがいいのでしょうか。

 検索しても出てきません。

 

 創作意欲にあふれた利発な少年だったはずなのに、人生ボタンの掛け違いで袋小路に迷い込んでいるうちに感性おかしくなったようだ。

 もう創作はできない。

 文章も書けない。

 

 引導を渡されたかのような、文章失格宣言を受けたかのような読書体験。

 

 本書で一番書きたかったことは書き尽くしました。

 あと、小物ネタで面白そうなネタがあったので次に書きます

 

 名文を書かない文章講座 (朝日文庫) 八つの小鍋―村田喜代子傑作短篇集 (文春文庫) きのこ文学名作選 中高年のための文章読本 (ちくま学芸文庫)

  

■[日々の冒険]縦横無尽の文章レッスン ねずみ女房

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110725/p1

■[日々の冒険]縦横無尽の文章レッスン その他 

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110801/p1

     

23:30の雑記

縦横無尽の文章レッスン」 村田喜代子・著

  http://arakisin.diary.to/archives/51743773.html

団塊バカ親父の散歩話 『縦横無尽の文章レッスン』

  http://yuki-wan.at.webry.info/201105/article_13.html

Catch of the Day 縦横無尽の文章レッスン

  http://blog.goo.ne.jp/libra1963/e/9fc18b4ecfabdadf45240519e04bcec0

独り言つ 縦横無尽の文章レッスン

  http://hos.sci.hokudai.ac.jp/mutter/2011/03/post-434.html

 

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-07-10 (日) DGの“DQNゲート”化に断固反対!

[]DGの“DQNゲート”化に断固反対! DGの“DQNゲート”化に断固反対!を含むブックマーク DGの“DQNゲート”化に断固反対!のブックマークコメント

  

  

  

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-07-08 (金) 白いアルフォートと謎のアートギャラリー

[]アルフォートアートギャラリーミッシングリンク アルフォートとアートギャラリーのミッシングリンクを含むブックマーク アルフォートとアートギャラリーのミッシングリンクのブックマークコメント

 アルフォートは白が一番好きじゃ。

 アルフォートミニは必ず白を買う。

 ミニではない白の大判があって、たっぷり食べられるので嬉しかったんじゃが、すぐに見かけなくなってしまった。

 もう発売中止になったんじゃろうか。

 わしが気に入った商品はすぐに消えてしまうというジンクスが今回もまた発動されてしまった。

 

f:id:nazegaku:20110613161519j:image

  

 右がアルフォートミニで、左が大判

 幻の大判ミニの2倍近くあるのう。

 

ニコニコ大百科 アルフォート

 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88

 

関心空間 アルフォート

 http://www.kanshin.com/keyword/954512

 http://www.kanshin.com/keyword/885127

 

何でアルフォートは船の絵なんですか?

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1122597951 

  

 アルフォートといえば思い出すのは、アートギャラリー

 わしが中学から高校に通っていた頃、アートギャラリーというチョコレート菓子があった。

 アルフォートには帆船の絵が描かれているが、アートギャラリーには世界の名画の絵が描かれていた。

 箱の裏に絵のちょっとした解説も印刷されていて、空腹も満たせる上に絵の勉強もできるという、一石二鳥お菓子じゃった。

 初めてアルフォートを食べた時、アートギャラリーに非常に良く似ていたので、アートギャラリーマイナーチェンジしてアルフォートになったのかと思っていた。

 帆船の絵も素敵じゃが、やっぱり色々な絵を解説付きで楽しみたいと思ったりもした。

 

 しかし今回検索してみると、アートギャラリーナビスコから出ていた、という記述発見した。

 一方で、わしと同じようにアートギャラリーアルフォートになった、と思っている方もいらっしゃった。

  

 とにかくアートギャラリーについての記述自体が少なく、歴史の中で忘れられたような存在になっている。

 幻の菓子アートギャラリーの謎!

 

 現在ブログツイッターもあり、写真つきでお菓子ジュースなど色々紹介することもできるが、インターネットが発達する前のお菓子ジュースなどサブカルチャー的なものは、消費されて記憶の彼方に消えてしま存在である

 現物画像はそれこそマニアックな人のコレクションに頼るしかない。

 そういうわけでアートギャラリーアルフォート関係ミッシングリンクなのである

 

 可能ならばもう一度アートギャラリーを手に取って、アルフォートと食べ比べてみたいのう。

 画像だけでも見たいもんじゃ

 町田忍さんや串間努さんのようなコレクターなら知っておられるだろうか。

 

 アートギャラリーについて覚えておられる皆様、情報お待ちしております

        

ナビスコアートギャラリー」というお菓子を知ってますか? どんな絵が書いてあっ... 

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496696479

     

じゅぽなんのブログ

ブルボンアルフォート

 http://ameblo.jp/fktkm955/entry-10847665944.html

  

ぶらっくべるべっと る〜む 物質精神 意識無意識狭間

チョコがなくて・・・

 http://blogs.yahoo.co.jp/arlequin1225/2251341.html

  

  

刑務所の】▲アルフォート▲【中】

 http://unkar.org/r/candy/1081527720

 http://www.uwasa2ch.net/food_drink/1081527720.html

 

13 :無銘菓さん:04/04/12 06:09

昔、似たような菓子アートギャラリーってなかった?

  

14 :無銘菓さん[kkkkkkkkkkkkkkkkkkk]:04/04/12 19:25

>>13

あった!!懐かしい〜。

チョコにいろんな名画が描かれてた。

ブルボンナビスコってまずいよね。。。。。

 http://mimizun.com/log/2ch/candy/1019140896/

 http://logsoku.com/thread/food2.2ch.net/candy/1019140896/

 

354 :無銘菓さん:2005/08/13(土) 11:44:55

ブルボンパクリ商品多すぎ!

アルフォートなんてナビスコアートギャラリーそのまんまじゃん。

 

356 :無銘菓さん:2005/08/15(月) 00:59:58

アートギャラリーなんて知っている人少なし。っていうか知らん。時代が止まっている人?

  

224 :無銘菓さん:04/08/28 18:33

ナビスコってさ、いっつも先に商品開発してブルボンに真似されてんだよね。

パルフェ→シルベーヌ、アートギャラリーアルフォート

チップスター→ポテルカ

それから・・・ピコラとか、たーくさん。

ほんとお人好しのナビスコ社。

 

225 :無銘菓さん:04/08/28 20:19

アートギャラリーアルフォート

 

森永エンジェリアとか不二家のペコのおやつなんかはどーなの?

アルフォートについて語るスレ

 http://dic.nicovideo.jp/b/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88/1-

 http://dic.nicovideo.jp/b/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88/31-

 

22 : ななしのよっしん :2010/01/05(火) 22:20:46

15年ぐらい前の話ですが、

前面のチョコレート部分にモナリザとかガチの名画が描かれたビスケットが十種類ほど入ってるお菓子ありませんでした?

これもアルフォート

  

32 : ななしのよっしん :2011/02/04(金) 01:54:17

>>22

1年前のレスに返すのはあれだけど、ググったらアートギャラリーというお菓子らしいね

画像で見たかったんだが検索キーワードダメなようで見つからなかった…。

 

33 : ななしのよっしん :2011/02/12(土) 11:28:30

>>32

おお!超ありがとう たまたま記事を振り返りに来ていました

アートギャラリー+アルフォート検索で、前者がナビスコ後者ブルボンお菓子だということが判りました

外観・味・包装まで本当にそっくりなので当時を知る人も同一商品と思っていたのではないでしょうか

実在の名画をチョコレートに装飾しているかどうかという点が大きな違いというだけで…

ブルボンナビスコってまずいよね。。。。。

http://mimizun.com/log/2ch/candy/1019140896/

しかし、すごいスレタイだ)

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

2011-07-06 (水) 牛丼より鰻丼!

[]牛丼より鰻丼! 牛丼より鰻丼!を含むブックマーク 牛丼より鰻丼!のブックマークコメント

 吉野家期間限定の鰻丼が始まっていた。

 

f:id:nazegaku:20110705212253j:image

 

  http://www.yoshinoya.com/menu/don/unadon.html

 

 どうせ中国産の安物のウナギだろうが、ウナギウナギである

 平賀源内先生健康にいいと推薦された健康食品である

 健康に悪そうなアメリカ牛肉丼より余程いい。

 日本人がアメリカ牛肉丼を食べるのをやめて鰻丼を食べれば日本人の健康ポイントが数%上昇するであろう。

 

 期間限定といわずに年中レギュラー提供してくれればいいのに

 いっそのことアメリカ牛肉丼をやめて鰻丼屋にチェンジすればいいのだ。

  

 調べるとすき家でもうな丼やってるみたいだ。

 こういったことには疎いので。

 うな丼派がどんどん増えていってほしい。

  

吉野家すき家うな丼ではどちらがおいしいでしょうか?

 http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/question/detail/1365409833/

 

すき家うな丼vs吉野家うな丼

 http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/don/1276234407/

   

吉野家vsすき家! 牛丼チェーン店によるウナギ戦争の行方は? - ガジェット通信 吉野家vsすき家! 牛丼チェーン店によるウナギ戦争の行方は? - ガジェット通信 吉野家vsすき家! 牛丼チェーン店によるウナギ戦争の行方は? - ガジェット通信 このエントリーをはてなブックマークに追加

   

 アンケート作成しました。投票お願いします。

鰻丼と牛丼どちらが好きですか

高級品から安物まで色々ありますがまあ一般的にということで。

 

鰻丼

牛丼

どちらも好き

どちらも嫌い

その他

 http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=70923

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110706

2011-07-03 (日) キネマの昭和歌謡 れとろ爺の昭和歌謡背後トーク

[]キネマの昭和歌謡 れとろ爺の昭和歌謡背後トーク キネマの昭和歌謡 れとろ爺の昭和歌謡背後トーク を含むブックマーク キネマの昭和歌謡 れとろ爺の昭和歌謡背後トーク のブックマークコメント

 6月6日(月)のNHK-FMミュージックプラザテーマは【−キネマの昭和歌謡−】。

 この週のミュージックプラザはどの曜日もキネマに因んだものじゃった。

 

 youtubeを彷徨っていたら、デュークエイセスが大脱走マーチ日本語カバーしている曲を発見した。

   

デュークエイセス 大脱走マーチ

 http://youtu.be/G-LHOnrRUzU

大脱走The Great Escape(1963米)

 http://youtu.be/YaPg4txpoVE

大脱走 ・ 大脱走マーチ

 http://youtu.be/l6-V_mLp0F8

  

 わしがまだ小学6年生だった頃、6年生は運動会鼓笛パレードを強制的にやらされることになって、その時の曲目の1つにこの大脱走マーチも入っていた。

 

 ソド ソミレドラ レレドシドシラソミ

 

と今でも全曲音階で言えるわい。もしかしたらリコーダーで吹けるかもしれない。

 戦争中に軍人勅語などを強制的に暗唱させられて今でも暗唱できるという話を聞くが、それと似たようなもんじゃ

 

 当時は大脱走という割には悠々とした曲で、何でこれが大脱走マーチというのか不思議じゃったが、映画テーマ曲だったのか。

 

 マニアックな曲がかかることで有名な月曜MPにピッタリの曲だと思うんじゃが。採用はされなかったが、多分何人かはリクエストしたと思うぞ。

  

大脱走テーマ日本語

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010560270

  ↑ザ・ブロンソンズの「大脱走’95」というのもあるらしい。

  

 それから

子門真人版・スターウォーズ

   

 これも絶対誰かリクエストしていたに違いない。

 

 テクノ歌謡 ポリドール編 ハートブレイク太陽族 

  ↑スター・ウォーズテーマ~カンテナバンド (子門真人)  が収録されている

  

 まあ、

   

ゴジラジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ!」

 

ではなくて

 

ゴジラ メインタイトル」 (オリジナルサウンドトラック)

ガメラマーチ」 (大映児童合唱団)

 

が流れたのは順当かとは思うが。

  

 映画に関するマニアックな名曲・迷曲ならこんなのもありますぞ、というこれはという情報がありましたら、お知らせ下さい。

  

   

■[老若男女懐メロ]ローハイド小坂一也 伊藤素道とリリオ・リズムエアーズ版) 

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110612/p1

■[老若男女懐メロ]蒲田行進曲 キネマの天地

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110616/p1

   

■[老若男女懐メロ]驚きのその後の人生 「続おさななじみ」デューク・エイセス

 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090108/p1

■[老若男女懐メロ]イエスタディワンスモア(内山田洋とクールファイブ版)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20090408/p1

■[老若男女懐メロ]海外ミュージシャンが歌う昭和歌謡 れとろ爺の昭和歌謡背後トーク

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110404/p1

       

ミュージックプラザ 公式サイト http://www.nhk.or.jp/fm/mp/

  

ミュージックプラザ −キネマの昭和歌謡

つのだ☆ひろ

6月6日(月) 午後4時00分〜5時20分

  

「もう一度」 (竹内まりや)

(4分04秒)

MOON RECORDS WPCL-10611-4>

ラスト・ショー」 (南佳孝)

(3分45秒)

CBS/SONY 32DH352>

「シネマは踊る」 (杉真理)

(3分38秒)

SONY MHCL 1296>

蒲田行進曲」 (松坂慶子風間杜夫平田満)

(2分37秒)

<COLUMBIA COCP-36122-3>

銀座カンカン娘」 (高峰秀子)

(2分47秒)

VICTOR VICL-41090>

「裏町のおてんば娘」 (江利チエミ)

(2分47秒)

KING RECORD KICS 2186>

ローハイド」 (小坂一也)

(1分53秒)

<COLUMBIA COCA-70368>

「さすらいの口笛」 (ロイヤルナイツ)

(2分46秒)

VICTOR BRIDGE-045>

「俺は待ってるぜ」 (石原裕次郎)

(2分28秒)

<TEICHIKU TECE-50301-2>

君といつまでも」 (加山雄三星由里子)

(3分01秒)

FUN HOUSE FHCF-2251>

下町太陽」 (倍賞千恵子)

(3分46秒)

VICTOR VICL-61011-2>

男はつらいよ」 (渥美清)

(3分16秒)

<COLUMBIA COCP-36122-3>

ゴジラ メインタイトル」 (オリジナルサウンドトラック)

(2分07秒)

東芝EMI TYCY-5345>

ガメラマーチ」 (大映児童合唱団)

(1分07秒)

東芝EMI TOCT-8791>

戦士の休息」 (町田義人)

(3分33秒)

<COLUMBIA COCP-36122-3>

セーラー服と機関銃」 (薬師丸ひろ子)

(4分30秒)

<COLUMBIA COCA-70257-8>

ヤマトより愛をこめて」 (沢田研二)

(4分25秒)

<POLYDOR UPCY-6091>

【れとろ爺】

懐メロを聴いているとどこからともなく現れ、その曲に関連するようなしないような微妙な話題を一方的にトークする。明るく元気な曲でも強引に暗くて悲しい話題に持って行って聞く人を嫌な気にさせることも多々ある。好戦的思想を嫌う平和主義者という一面もある。最近NHK-FM「にっぽんのうた 世界の歌」界隈に出没することが多い。ブログランキングクリックされると喜ぶ。

 ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110703

2011-07-01 (金) こどもほじょりん製作所

[]こどもほじょりん製作所 ゴツゴツした職人文学 こどもほじょりん製作所 ゴツゴツした職人文学を含むブックマーク こどもほじょりん製作所 ゴツゴツした職人文学のブックマークコメント

 

こどもほじょりん製作所

こどもほじょりん製作所

   

 主人公は町工場の9歳の女の子、すまこ。

 お姫様魔法動物と会話などのファンタジーではなく、町工場の生活に根差したリアリティあふれる物語

 一つ間違えば大けがという町工場現実も描かれています

 

 堺市堺区の住人にとってはおなじみの地名が登場するのでより一層リアリティを感じます

 高須神社の近くの坂道自転車の練習をするっていうんですけど、どのあたりなんでしょうか。まだ不案内なんでちょっと見当つきません。

 

 すまこちゃんは幼い頃から芸術家肌で、自分ゆっくりしたペースだとか一人で想像する時間を大切にしていたんですね。

 現実的な父親との違いも描かれていて実感できます

 私もそんなタイプの子どもだった。

 これがうまく成長していれば私も芸術家学者になれたかもしれなかったのに。

 思春期自分の完全否定という悪夢の道に陥り、再起不能になるまで徹底破壊してしまった。

  

 作者の安井寿磨子さんの実家日本でたった一軒の自転車補助輪工場という。

 私が使っていた補助輪もこちらで作られたものだったのかな。

 補助輪というのは三輪車卒業してから自転車に乗れるまでの一瞬の間使われるはかない存在

 はかないが、子どもが成長する過程で大切な思い出となるもの

 オタマジャクシの脚だとかカエル尻尾のような存在か。

 

 高齢化が進む社会。補助輪を子どもだけのものと考えずに、お年寄りも気軽に利用できるような風潮になればいいですね。

 実際お年寄り自転車というのは非常に危険ものです。

 転倒して大腿骨折なんかすればおおごとになります

 

    

のんびり加減が面白い 高須神社停留場(大阪府阪堺電車阪堺線

  http://www.asahi.com/travel/hitoekigatari/TKY201106270147.html

  

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110701


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2524020  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |