Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2012-06-30 (土) 紅色ダイヤ 小酒井不木

[]紅色ダイヤ 小酒井不木 紅色ダイヤ 小酒井不木を含むブックマーク 紅色ダイヤ 小酒井不木のブックマークコメント

 主人公は、少年科学探偵塚原俊夫君(12歳)。

 ワトソン役は、ボディーガードとして雇われた大野さん(柔道三段)。

 俊夫くんは、お父さんに小さな実験室兼探偵事務所を建ててもらい、そこで日々実験探偵にいそしんでいます

 最近迷宮に入った大事件を三つも解決しました。

 俊夫くんに探偵をすすめたのは、赤坂の叔父さん。

 この叔父さんというのも面白い人で、もと逓信省官吏探偵小説が大好きで、退職して毎日探偵小説を読んでいるという変わりもの

    

 そして事件は始まります

 赤坂の叔父さんの家にある、祖先伝来の宝・紅色ダイヤが盗まれたのだ!

  

……なかなか面白いキャラが揃っています

 その後の展開が期待されます

   

 しかし、予告状を解読する時点で、その後の展開が予想されるんですね。

 主人公少年であり、文体もかなり易しめということから子ども向け媒体に発行された読み物かと思っていたら、大正13年から14年にかけて雑誌子供の科学」に発表されたものだとか。

 だから少年科学探偵”だったのか。

子ども科学」、今でも発行されてますね。大正時代から続いてるとはすごい。

   

 まあ状況設定雰囲気を楽しむ作品です。

 このシチュエーションで他の作品は描かれなかったのでしょうか。

 少年科学探偵・俊夫くんや助手大野兄さん、赤坂の叔父さんの活躍もっと読みたいぞ。

 

……と思って調べたら、ありました。

   

宮澤の探偵小説

小酒井不木探偵小説選』

  http://homepage3.nifty.com/DS_page/kozakai/sen.htm

  

 速読の練習に読んでみようか。

  

■[速読読書]外務大臣の死 今一つ消化不良

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20111104/p1 

   

 小酒井不木探偵小説選 (論創ミステリ叢書) 怪奇探偵小説名作選〈1〉小酒井不木集―恋愛曲線 (ちくま文庫) 人工心臓(探偵クラブ) 新青年傑作選怪奇編 ひとりで夜読むな (角川ホラー文庫)

  

 小酒井不木―幻想有理の探偵劇 (叢書 新青年) 

      

wikipedia:小酒井不木

はてなキーワード > 小酒井不木

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%BC%F2%B0%E6%C9%D4%CC%DA 

速読読書カテゴリは、『無料速読トレーニングhttp://www.servicemall.jp/sokudoku/

さんが出している2つのメルマガ

世界の名作を読みながら速読力を身に付ける』

  http://www.mag2.com/m/0000144067.html

日本の名作を読みながら速読力を身に付ける』

  http://www.mag2.com/m/0000145860.html

の使用テキスト感想文です。

  

紅色ダイヤ小酒井不木

 http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/s/0085001.html

から

   

   →バックナンバーへ

 

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!


   

2377508  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 |