Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ(旧) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2012-12-26 (水) インフレ・デフレ論争

[]机上の空インフレターゲット机上の空インフレターゲット論を含むブックマーク 机上の空インフレターゲット論のブックマークコメント

ツイッターリツイートさせて頂いた縁で、石井登(Noboru Ishii @ishiinb)様からフォロー頂きました。プロフィールを拝読すると、精神世界に造詣の深い方のようで、私もそっち方面には知識はなくとも深い関心があり、非常にありがたく思いました。

   http://www.geocities.jp/noboish/

消費税増税やTPPも批判されているようで、色々勉強させて頂こうと思ったのですが、どうも安倍晋三インフレターゲット政策を支持しておられるようす。

安倍極右カルト)の支持者は性格的に受け付けられません。生理的に駄目なんです。

精神世界は独学で勉強ます

……ということで、フォローを外される覚悟で突っ込んでみました。

   https://twitter.com/ishiinb/status/283193778225942529

  

★Noboru Ishii‏@ishiinb

民主代表選出馬した海江田氏は、安倍総裁が打ち出した金融緩和を「学者の中にもいろんな考え方がある。国民生活を学説の実験台にしてはいけない」と批判。

これは無責任ごまかしだ。

日銀がとってきた円高保持の金融政策ひとつ立場、考え方に基づいて国民デフレの苦しみを強いてきたのだ。

  

☆荒馬紹介(護憲国民主権・反消費税)‏@aryamashoukai

インフレよりデフレの方がましのような気がします

給料は上がらずとも100円ショップなどで何とか生活費を切り詰められるし。

これがインフレなら、ものが買えなくなります

給料が上がる保証はないし。

手押し車札束を積んでパンを買いに行かなければならなくなります

   

そうすると、丁寧に返信頂きました。

  

1)手押し車札束というのはハイパーインフレ状態ですが、インフレターゲット下で管理する以上そうはなりません。

国の借金1000兆円といいますほとんど国内から

日本の対外負債は342兆円、対外資産は582兆円で、海外に240兆円の対外純資産を保有する。  

   

2)今の日本インフレ率を3%にするのさえ300兆円の通貨発行をしても足りないという説も。

から2%のターゲット下で安心して金融緩和をすればよい。

その限りどう転んでもハイパーインフレにはならない。

その金で今必要とされる震災復興インフラの補強をすべき

   

3)デフレこそ日本の諸問題の根本原因。

政府負債増も企業赤字倒産失業増加も円高も、そして自殺者数増加さえも。

成長期には2万人だった自殺者がデフレ突入した97年以後3万人に上昇し現在に至る。

この15年間に15万人がデフレ自殺を強いられたのか!

     

4)怖いのはデフレスパイラル悪循環です。

需要が縮小しモノが売れなくなると商人生産者収入が減る。

収入が減ればますますモノを買う人が減少しさらに勤労者の収入が減る‥‥国民さらに貧しくなり倒産失業もっと増える。

今がこれを止める崖っぷちです。

    

5)日本経済が停滞続けるのは長びくデフレのため。

日銀デフレを容認しお金供給しないから。

他国は日本の如きデフレはこまると大量をお金供給してます

その結果日本は円高に苦しみ、庶民の給与は減り、失業は増え、自殺者も増加、若者は将来に希望を抱けません。

   

6)デフレ下ではモノが有り余って消費する人がいない、それだけ豊かなのだから無理に買わずともよい、供給を縮小すればよいという低成長論。

では私たちの子や孫の世代はどうなってもよい?

需要には将来への投資という面もある。

設備投資は将来の供給のため出費です。

  

7)デフレでは供給需要を上回るが、企業がこのままリストラを続け設備投資止めれ需要を満たせなくなりデフレ終焉

その時は建設も飲食も医療も満足な供給できずモノやサービスが足りない状態で物価が上昇する悪性インフレに。

そんな時震災が襲えば復興できない

    

精神世界だけでなく、経済問題にも詳しいのですね。

私は経済問題はよく分からないので専門的な議論はできませんが、生活者感覚で、何となく胡散臭く感じます。その辺のところを指摘させて頂きました。

       

ハイパーインフレインフレターゲットは違うとは分かりました。

理論的にはあり得る政策だとは分かったのですが、そううまくいくのでしょうか。 

計画経済社会主義がうまくいかなかったように、“机上の空論”ではないかという懸念があります

   

インフレとはつまり異常な状態、病気のようなもの

異常事態になればしわ寄せは弱い立場の者に行きます

本日色々な方をリツイートさせて頂きましたが、賃上げ保証されない限り不安は尽きません。

  http://twilog.org/aryamashoukai/date-121225

  

無理にインフレを起こしても賃上げがあるとは保証されません。   

非正規雇用派遣サービス残業ブラック企業の問題の解決が先でしょう。  

案の定、経団連昇給を否定しています

  https://twitter.com/aryamashoukai/status/283534159966793728

  

そういえば私は有給を全て消化したことありませんが、有給は2年で消えてしまいます

そういえば安倍は前回の政権で、ホワイトカラー残業代無料にしようとしていました。

    

デフレとかインフレとか言う前に、日本労働環境民主国家はいえず、女工哀史蟹工船時代に逆戻りで、それだからこそ若者未来希望を持てず、結婚もできず子どもも産めないのではないでしょうか。

     

法定最低賃金年金生活保護物価上昇に合わせて上がるのでしょうか?

安倍内閣ははなっからその気はなかったりして。

         

こういった面にメスを入れない限り、インフレターゲットトリクルダウン仮説と同じく、利益は大資本に蓄積されるのみで庶民は苦しむだけとなります

昇給なし、消費税税金は上がる。これでインフレになれば国民はもたない。

  【昇給を、取り戻す!】

   

定昇「聖域ではない」=ベア余地なし—経団連春闘指針

  http://jp.wsj.com/article/JJ11083053570146074571818029640030676156510.html?mod=wsj_share_tweet

  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012122000657&g=ind

  

春闘定期昇給協議の余地ない」…経団連指針

  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121220-OYT1T01250.htm?from=tw

  

         

その後、石井さんからの返信はありませんが、補足のつぶやきがありました。

        

数パーセントのインフレでこそ資本主義経済は正常に動き出す。若干のインフレこそ正常なのだお金がまわってこその経済だが、デフレではその流れが止まってしまう。企業も個人もお金を貯め込み設備投資も消費もしなければ、資本主義経済た立ち行かない。デフレこそ異常でそのしわ寄せが弱者に向かう。

  https://twitter.com/ishiinb/status/283559713218641920

デフレ下で日本労働環境ますます悪化した。値下げ競争を強いられた企業はてっとり早く従業員の賃金を下げたり、派遣労働を多くしたり、リストラしたりする。デフレ下の自由貿易外国の安い製品が流れ込めば、日本労働者も「底辺への競争」を強いられることになる。だからTPP参加は阻止だ。

  https://twitter.com/ishiinb/status/283561981431128064

デフレいつまでも続き改善の兆しが見えないとなれば大企業は事業拡大のための設備投資をする気にならない。だから企業内部留保は増え、銀行から金を借りないか銀行国債を買うほかない。インフレに向かい景気改善の兆しが見えれば企業設備投資を始め、お金が循環しだす。政府の積極策が必要

  https://twitter.com/ishiinb/status/283563987038265344

     

結局、ファジーだとかカオスだとかいうように、不確定要因が多すぎて、どうなるか分からないというのが本当のところではないでしょうか。

しかし、一か八かやってみて、もし失敗すれば、しわ寄せが来るのは弱い立場の者です。

インフレターゲットなんてアホな机上の空論には賛成できません。

しかもそれを主導するのがカルト極右安倍晋三というのでは、絶対に失敗するに決まっています

        

それにしても、景気対策というのなら、消費税率を上げることはどうなのか?

これこそ景気を冷やすということは、過去消費税導入や引上げで証明されていることではないでしょうか?

      

       

       

脱原発を考える        

インフレターゲット2%は、賃金UPターゲットも同時にやれば有効、やらないとインフレ不況・・・

  http://blog.goo.ne.jp/t-yosikawa/e/0d6c56534a707e03c84c349208eb24ce

        

止まらぬインフレ 生活圧迫 シンガポール、強まる賃上げ圧力 (1/3ページ)

  http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121224/mcb1212240503008-n1.htm

     

 ハイパーインフレの悪夢 ハイパーインフレサバイバル読本 警告編 庶民は知らないデフレの真実 角川SSC新書 (SSC新書) もしや! 「恐慌」に備えて「今」やっておくべきこと (アスカビジネス)

     

wikipedia:スタグフレーション

 wikipedia:インフレーション

  wikipedia:デフレーション

     

平成26年4月1日 消費税8%まであと何日? http://counting.hatelabo.jp/count/40440

平成27年10月1日 消費税10%まであと何日? http://counting.hatelabo.jp/count/72110

     

 ↓以下、試行錯誤で行っているプロジェクトです。ご参加お待ちしております

忍者サイトマスター 消費税率UPに反対!ブック

WebRing.ne.jp 消費税率UPに反対のWA!

消費税に関するトラックバック・ピープル

消費税に関するPEOPLE

はてなグループ 消費税率UPに反対のWA!

                     

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2737437  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |