Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2013-03-13 (水) 筒井康隆『聖痕』(ネタバレ注意!)

[]筒井康隆聖痕』(ネタ晴らし注意!) 筒井康隆『聖痕』(ネタ晴らし注意!)を含むブックマーク 筒井康隆『聖痕』(ネタ晴らし注意!)のブックマークコメント

 朝日新聞朝刊で連載されていた筒井康隆聖痕』が3月13日、238回をもって(了)となりました。

 筒井康隆様、筒井伸輔様、ありがとうございました。お疲れ様でした。

 あっという間に終わったと思ったら、1年なかったんですね。

 どうりで主人公がどんどん成長して時間の経過が早かったはずです。


   

 あまり読み慣れない古い言葉が沢山出てきて文章がずらずらとつながり、地の文と会話が混然一体となった、個性的文体でした。(注)を指差しながら読んだのもいい思い出。


  

 連載開始早々、主人公が陰惨で猟奇的事件に見舞われます

 その後、主人公のおじいさんが非業のあっけない死を迎えます

 つい先ほどまで血気盛んに激怒していた人がこんなに簡単死ぬものか、と、物悲しい気分にさせられました。

 その後、主人公正反対の弟と、骨肉の争いを展開する物語なのか、読むのが苦しくなりそうだな、と思いましたが、どうやら展開はいい方向に向かっていきました。


   

 思えば、登場人物は、あまり悪い人は登場せず、いい人が多かったですね。


   


  


    

以下ネタバレ注意!)


   


   


    

 最初はどうしようもない悪たれで主人公敵役になるのかと思っていた弟君も更生の方向に向かったようで、うるさくつきまとうストーカーがいましたが、弟君の更なる更生のきっかけを作って退場していきました。


   

 時代背景を描きながら時代はどんどん進んでいきます

 バブルの到来からバブル崩壊も描かれ、リーマンショックまで描かれ、東日本大震災を思わせる大地震も描かれます

 主人公被災地炊き出しボランティアに行き、偶然、宿命犯人と再開し、許します

 この許し、象徴的ではないでしょうか。

 金杉君が、人類のあるべき未来について語ります


  

「これからはやはり、リビドーや複合観念コンプレックス)の呪縛から脱した高みで論じられる、静かな滅びへと誘い、闘争なき世界へと教え導く哲学宗教必要になってくるだろうね。その場合にはナショナリズム排除しなければ、その布教世界敷衍(ふえん)することはできない筈だ。どうせ滅びるなら仲良く和やかに滅びに到(いた)ろうではないかと諭すんだ。飢餓による資源の奪いあいナショナリズムが残るとしても、キリスト教仏教みたいに理想だけは高く掲げなきゃね。日米関係もTPPも領土問題も最終的には食糧問題包含され収斂(しゅうれん)される。世界国家領土は不必要という認識にまで登り詰めれば、残り少ない食べ物を分けあいながら、幸福に、そして穏やかに滅亡していけるだろうよ」


  

 この未来観に向けて、物語必然的に進んできたのではないでしょうか。


   

3月14日追記)

 主人公世俗的な欲望から超越しているため、人々を調停するというか組み合わせるというか、縁結びのようなことが得意。

 主人公は色々な事件を引き起こすというか巻き込まれますが、大概の事件はほどよく解決し、人々はほどよく幸せになります

実は私は全く逆の展開、人々が不幸になっていくのではないかと恐れていたのです。まあ全国紙の朝刊でそんなブラックな展開はあり得ないですね。)

 金杉君が主人公の周りを宗教に例えるシーンがありましたが、言い得ています


   

 主人公の年の離れた妹もどことなく異彩を放っています

 彼女も今後どのようなドラマを演じていくのでしょうか。

 インフレTPP領土問題に……。

 彼女が今後育っていく人生こそ日本人が今後直面する問題が描かれるはずです。

(実は本作品彼女による壮大なドラマプロローグだったりして)


   

3月18日追記)

文体実験、伴走に感謝 筒井康隆さん「聖痕」を終えて

  http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201303170083.html

新聞活字が大きくなり、連載小説の一回の収録枚数が」

「二十年前の「朝のガスパール」連載時の三枚から今回の「聖痕」では二枚に減った」

  ↑新聞文字数は20年でそんなに減っていたのですか!


      

 漂流 本から本へ 朝のガスパール (新潮文庫)


筒井康隆さん新作「聖痕」 : 本よみうり堂】

 http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20130618-OYT8T00578.htm?from=tw

【(書評)『聖痕』 筒井康隆〈著〉】 http://t.asahi.com/bqen


   

物産日記

聖痕』(筒井康隆作)、萎えゆく世の中に生きるヒント

  http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/products/blog/2013/03/post-337.html

哲学的談笑 筒井康隆聖痕』完結

  http://blogs.yahoo.co.jp/jinne_lou/63559428.html

      

ゾラ実験」の新聞連載小説聖痕」 筒井康隆さん特集

  http://book.asahi.com/special/tsutsuiyasutaka.html

漂流―本から本へ ■膨大な読書量が広げた精神世界

  http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704850.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4103145307

読書メーター http://book.akahoshitakuya.com/b/4103145307


    

■[日々の冒険]伊坂浩太郎ガソリン生活自家用車家族物語

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20121213/p1

     

■[名作文学]川上弘美七夜物語』残っている謎

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110507/p1


    

wikipedia:聖痕


                                         

     

   ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m

   ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2524191  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |