Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2013-07-18 (木) 超訳・易経 天雷无妄から考える

[]超訳易経 天雷无妄から考える 超訳・易経 天雷无妄から考えるを含むブックマーク 超訳・易経 天雷无妄から考えるのブックマークコメント

 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント 


 易経の考え方・読み方について分かりやすく解説された書。

 混迷の時代を反映して、色々な哲学宗教言葉を解説した本が出ていますが、東洋には易経という深い人生哲学の教えがあったのです。

 今までは一般向けの易経の分かりやすい解説書はあまりなかったわけですが、新書という形で一般の人も読みやすい形で本書が出版されたのは、易経の思想を広めるためにもいいことではないでしょうか。

 本書を最初に読んで基本を押さえておけば、その後より本格的に易経を学ぶのに役立つはずです。


 著者の竹村亞希子さんは、2011年3月11日名古屋高層ビルの26階で東日本大震災を体験。

「これは天雷无妄だ!」

と思い、易経言葉を思い出していたそうです。


「天雷无妄」とは、易経64卦の一つ。

 タロットカードでは「塔」のイメージ


  

相場六十四卦 25天雷无妄(てんらいむぼう)

  https://sites.google.com/site/kingsarmonj/ka25

易経ネット 25天雷无妄

  http://www.ekikyo.net/64ka/25.html

運命セラピスト アフィの“運は自ら掴むもの!”天の怒り

  http://afi.nifty.com/afilog/2008/08/post_9476.html

天雷无妄と関東大震災

  http://yorodzu.seesaa.net/article/284242881.html 


 

 天雷无妄は、自然が活発に活動する時を表す卦であり、現代は天雷无妄の時代ともいえる、というそうで、本書では、天雷无妄について詳しく説明されています


 人間自然に順って生きるものであって、思いのままに生きるとき人災がある。


「それ正にあらざるときは(生目)(わざわい)あり。往くところあるに利ろしからず。」


「災」は天災や外からくる災いや、予期せず身に降りかかってくる災い。

「生目」(わざわい)は、人災や自ら引き起こす災い。

 易経ではこの2つを使い分けて記しているそうです。


「往く」は、自然の循環で進むという意味で、往来の「往」、また戻ってくる陰陽の変化。

「行く」は人間意志、ここでは欲と期待で進むということ。


「つまり、無欲、無作為でなければ災いがあると易経は教えています。言い換えれば、この卦は、人の期待はことごとく裏切られ、希望も通らないし、予定は何も実現しない。とにかく望むことがなにもかなわない時なのです。」


人間勝手気ままにやっていると災いが及ぶ、という恐ろしいことが書いてありますが、逆にいえば、あれこれ思いわずらい、悩み、苦労しなくても、自然は人が望もうが、望まなかろうが、絶えまなく循環して万物を生かすと教えているのです。」


 著者の竹村亞希子さんは、天雷无妄は、最も易経的な卦、つまり易経の教えを一番よくあらわしている卦だと書いています

 実は昔から一番好きな卦だったそうです。


震災以降、畏れ震えるようにしてこの卦を読み返し、生かされていることへの深い感謝と畏怖心をより強く感じるようになり、生きることへの価値観が変わった」と書かれています


……と、「天雷无妄」について実例を挙げ、詳しく説明されています

 まさしく腑に落ちる分かりやすい解説です。

 本書ではこのような解説が、他にも幾つかされていて、易経の考え方が身に付くものとなっています


 本書の易経の解説が余りにも分かりやすかったため、私も易経の考え方が分かった気になりました。

 その生半可な知識で原発問題を考えてみましたが、どうなんでしょうね?

 そこで、ここからは私の生半可な易経の知識による原発論をぶたせて頂きます

 長くなるので稿を改めて。

 以下、

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

に続きます


 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 人生に生かす易経 「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ) リーダーのための「易経」の読み方 


 wikipedia:易経


竹村亞希子 公式サイト

  http://www.aki-ta.com/index_pc.html


参院選後の日本民主政治を占う』

【31 沢山咸 二六 そのふくらはぎに感ず。凶。】

  http://iching.seesaa.net/article/369316478.html

参院選後の日本経済を占う』

【29 坎為水 三爻 来たるも之くも坎坎。】

  http://iching.seesaa.net/article/369320101.html

参院選後の雇用環境を占う』

【63 水火既済 六爻  其の首を濡らす。あやうし。】

  http://iching.seesaa.net/article/369324051.html


書評映画評 「超訳易経

  http://blog.livedoor.jp/isop18/archives/65805838.html

昼食難民新書生活

 『超訳易経自分らしく生きるためのヒント』竹村亞希子(角川SSC新書 154)

  http://pasage.blog43.fc2.com/blog-entry-1505.html

「学び」をサポートする女性社長ブログ

 超訳易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント

  http://aiedu.jugem.jp/?eid=3068

ビジネス書評:「知識をチカラに!」 『超訳易経竹村 亞希子(著)

  http://tikara.bizpnet.com/jiko/004988.php


ブクログ http://booklog.jp/item/1/404731577X

読書メーター http://book.akahoshitakuya.com/b/404731577X


国民主権が本当に終了する! 

ブラック企業の合法化!

解雇の自由化!失業者があふれる!

2013年7月参院選の推定日まであと何日?

  http://counting.hatelabo.jp/count/87433


      

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m    

4884748077
致知出版社 渡部昇一
購入: 5人 クリック: 73回
4763195808
サンマーク出版 黄小娥
購入: 3人 クリック: 10回


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2472721  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |