Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2013-08-27 (火) Dr.水上のねじれ腸マッサージ

[]Dr.水上ねじれ腸マッサージ Dr.水上のねじれ腸マッサージを含むブックマーク Dr.水上のねじれ腸マッサージのブックマークコメント

 朝晩3分でガンコな便秘がスッキリ!  Dr.水上のねじれ腸マッサージ 朝晩3分でガンコな便秘がスッキリ! Dr.水上のねじれ腸マッサージ 


 著者が日本ドイツ内視鏡検査をした経験により、意外な事実が判明!


   

 何とドイツ人の腸の形は教科書の解剖図通りの形をしていた!

 そして日本人の腸で教科書の解剖図通りの形をしている人は2割程度だった!


  

 日本人の腸の形はねじれている人が多いのだという。

 実は私も便通が不調で、腸の形がおかしいのではないかと常々思っていたので、納得の説であります


    

 腸の形は遺伝によるものが大きく、それが証拠に、親子では腸の形が似ているのだといいます


   

 それで、腸がねじれた部分で便が詰まって便秘になるそうです。

 実は私も便秘下痢を繰り返すところがあり、下痢で便が出てしまった後、数日間便が出ずにたまっているようで、常に数日分の便がストックされているのではという自覚がありました。

 ねじれた部分でたまっていたのだと考えると説明が付きます


  

 私は便通に効くという市販薬や漢方薬サプリメントを色々と試してきましたが、最初は効いたような気がするのですが、しばらくするとだんだん効かなくなってきました。


 便通と腸に関する不定愁訴には悩まされていて、行動に制限が出るほどです。

 一度大腸内視鏡検査をしたいと思っていました。     

 著者の水上先生は、大腸内視鏡検査で、麻酔を使わなくても容易に苦痛なく行える方法浸水法」を開発されたとか。

 この方法スタンフォード大学から

「従来の方法に比べて簡単で、患者にとっても苦痛がない」

論文が出されたそうです。

 この「浸水法」は普及しているのでしょうか?近所の病院でも採用されているのでしょうか?


  

 ともかく、早速、腸マッサージを始めました。

 現在のところ、便通もスムーズです。



  

 そういえば、昔、健康雑誌で、

「腸下垂の治療には空中自転車こぎ」

という記事を見つけ、実践していたことがありました。

 空中自転車こぎはなかなか大がかりな運動なので、続けるにはねじれ腸マッサージの方が続けやすいと思います

 しかし、腸下垂仮説も、今回のねじれ腸仮説に先立って、腸の走行に注目した慧眼の仮説だと思います


 「腸の大掃除」でやせる! 健康になる! (便秘、オナラ、ガス腹がスッキリ解消!) 腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく 読む便秘外来 腸はぜったい冷やすな! (光文社新書) 便活ダイエット ?便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール? (美人開花シリーズ)


ねじれ腸マッサージ」の効果反響

  http://www.kurihama-med.jp/endoscope/nejire_kouka.html

女性の約半数が悩む便秘救世主、「ねじれ腸マッサージ」を検証

http://news.livedoor.com/article/detail/7779980/

便秘の正体はこれだった!!【たけしの家庭の医学参考】

  http://matome.naver.jp/odai/2133928408169012401

ぽっこりお腹の原因で多い【腸下垂】 その原因と対策法について

  http://matome.naver.jp/odai/2137274083615306801


         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

2013-08-11 (日) 易経から考える原発問題5

[]脱原発は“天火同人”の精神脱原発は“天火同人”の精神でを含むブックマーク 脱原発は“天火同人”の精神でのブックマークコメント

 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント


超訳易経』を読んで易の思想原発問題について4回に渡って考えてきました。


   

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1

■[日々の哲学]「君子」「小人」と原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130808/p1


    

 一応今回でひとまず区切りとなります


 易経には全部で8×8の六十四の卦があります

 本書では、その中から一部の卦を取り出して解説されています

 竹村師の解説は非常に分かりやすいので、全ての卦・全ての爻の解説を読みたいと思います

 旧著も購読しようと思います


 

 それで、本書で解説されている卦の中に、「天火同人」があるのですが、これこそ、脱原発運動必要精神ではないかと思うのです。


  

「天火同人は、社会の下層の、力の弱い大衆から発した力が結集して上を動かし、大きく世の中を動かす。」


「公平無私を心がけて進めば、その志は成し遂げられる。協力すべきときはその志を見分け、それぞれの役割分担をはっきりさせることも大切である。」


「その志というのは誰かの損得にかかわるものではなく、いま世の中が望んでいること、社会の役に立つことです。とても難しいと思われる計画でも勇気をもって実行していけば、不可能をも可能にすると教えています。」


   

 その“天火同人”ですが、爻によって6種類あります

 大勢の人が集まると、色々な人がいるものです。

 易経では、6種類に分類しています

 6種類全てがうまくいくようではないようで、吉もあれば凶もあるというわけです。

 自分を分類するとどこに入るか考えてみるのも面白いかと。


  

占い★六十四卦★卦爻辞★天火同人(てんかどうじん)

  http://space.geocities.jp/suimeiroom/ekika13.html

易経ネット 天火同人

  http://www.ekikyo.net/64ka/13.html   

13.天火同人(てんかどうじん)一致団結して進む時

  http://www5.ocn.ne.jp/~keisho/64/k13.html 


    

 私が乱暴にまとめると、以下のようになるのでしょうか?


  

★初爻★

 広く交際を持って行動する。

★二爻★

 気の合った者同士集まって気に入らない者を裏切り者扱いする。

 派閥争いをする。

★三爻★

 乱暴者。はかりごとで他人を陥れようとする。

★四爻★

 行動を起こすが実力が今一つ伴わず。引き返せば吉。

★五爻★

 正当なリーダー。初めは苦戦するが苦闘の末仲間を集めて勝利することができる。

★上爻★

 主戦場から離れた所で少人数で集まっている。


  

 初爻で表される人たちが目覚めた一般庶民でしょう。

 こういった方々が集まって行動することが大きな力になっていくのです。


  

 二爻で表されるのは、身内で固まって派閥争いに明け暮れるタイプです。

“天火同人”の本来の意味から少し離れますね。

 一応、この二爻は五爻と応じているので正統的な存在です。

 しかし、余りに純粋に正統思想にこだわり過ぎるのも天火同人の目指すところの障害になる、と考えればいいのでしょうか。

 あまり細かな違いにこだわって異端排除に熱心になると“大同団結”ができないとか。


 

 三爻で表されるのは、乱暴で陰険な策士といったところでしょうか。

 人望もないようです。敵方の分裂工作員という見方もできるのでしょうか。

 易経は深いですね。


  

 四爻は実力不足で、五爻に至って、苦闘の末ようやく目的を達することができるわけです。


  

 上爻は面白いですね。主戦場から離脱しています

 実は私なんかもこれに近いかと。

 私は直接行動したりしないし、仲間もいないし、誰にも読まれないようなブログで時々原発を批判するような記事を書いているのみの存在であります

 或いは、参院選の前、引退した自民党ベテラン政治家インタビュー記事がしんぶん赤旗に掲載されて話題になったことがありました。

 そういった、一線を退いたベテランが集まって批判しているような状況も当てはまりそうですね。


 それで、脱原発のためには、五爻の理想を持って初爻の行動で。

 四爻や上爻でもいいのですが、問題は二爻と三爻です。

 ここに脱原発運動問題点が隠されていると思われます


  

 三爻が問題なのは言うまでもありません。

 ここで、三爻を激しく批判するのが二爻です。

 しかし、疑えば、全てが三爻のように見えてきて、仲間を片っ端から攻撃します

 二爻は血縁者とばかり付き合い、他人との交流を拒む人を表します

 市民運動に置き換えると、派閥抗争や異端排除に明け暮れる人でしょうか。

 市民運動にはそういった分裂抗争がよくあります

 例えば、原水爆反対運動も、原水協原水禁に分裂しました。

 原発が争点となった12月衆院選7月参院選でも、脱原発政党は分裂して戦いました。

 あまり熱心でない私から見ると、脱原発運動も、派閥抗争が激しくて誰と誰が仲が良いとか悪いとか、人物相関図がややこしくて分かりません。

 ツイッターでも、フォロアー数が多くてリーダー存在かと思ってたら、同じ脱原発から激しく批判されていたりして、うっかりリツイートすればこの人達から敵認定されるのかと冷や汗を流すこともよくあります


  

 実は私も以前批判されたことあって、鉢呂(鉢呂吉雄経済産業大臣大臣を辞任した際、それに疑問を呈する発言を紹介したところ、陰謀論だとか脱原発派の恥だとか叩かれました。

 そもそも私のツイッターなどは普段からリツイートリプライもほとんどなく影響力もなく、ネトウヨ工作員からも何の反応もない極北の地なのに、普段から脱原発から何のフォローもされていないのに、何でポカ発言した時に限って脱原発から叩かれなければならないのかと。

 脱原発派は同じ脱原発派の問題発言を目を皿のようにして監視しているのかと。

 フォロー姿勢は示さずに叩く時だけ叩くのかと。

 脱原発派の敵は原発推進派でもネトウヨでもなく、脱原発派の異端狩りだったのかと。

 あなたの敵は原発推進派であって脱原発派でないだろうと。

 脱原発派は横や後ろから矢が飛んでくるのでうっかりした発言はできないな、と非常に窮屈に感じたものです。


  

 脱原発派は、派閥抗争・異端排除の際、よく

陰謀説

と言って攻撃します

 陰謀論認定されると追放されるという、マジックフレーズです。

 では、その陰謀説というのは、誰が認定しているのでしょうか。

 ある程度の常識的範囲を超えれば陰謀論認定だという多数派による目安が存在し、その価値観を共有している人々が脱原発派の主流派を形成しているのだと思います

 そして、その価値観から離れた人々が「陰謀論者」認定され、主流派から離れて非主流派となっていきます


  

 しかガリレオ・ガリレイ天動説を発表した頃は、天動説トンデモ認定の説でした。

 脱原発派で主流派を構成している影響力の大きい方々は科学的思考ができる方が多いのでしょう。

 しか脱原発派も皆が皆科学的思考ができる専門家ではありません。中にはよく分からない素人もいるでしょう。

 素人から間違うこともあるでしょうが素人からこそ自由でとらわれない発想で、専門家では分からない真実を突いているということもあり得ます

 コロンブスの卵的展開によって、どうしてもあり得ないトンデモ陰謀論が、実は真実だった、ということもあり得るのではないでしょうか。

 軽々しく仲間を陰謀論認定して追放してしまうのは、非常に攻撃的だと思うのですが。

 少なくとも、鉢呂辞任に疑問を呈したくらいで陰謀論認定して追放してしまうのは、やり過ぎではないでしょうか。


   

 そして、余りにも異端派を攻撃して純化思想に凝り固まっていると、今度は自分自身が二爻から三爻に爻位が上がり、内部を混乱させる獅子身中の虫となるかもしれません。

 易経中庸を重視し、行き過ぎを戒めるのであります


  

 それで私が「天火同人」として必要だと思う姿勢は、少しくらいの違いを認める大らかな姿勢なのであります

 まあ影響力のない上爻だから、何を書いても違いはないでしょうが



 易経は世の中の理を説く思想

 今後は発言するプロレタリアート層も易経を学ぶ時代

 考え方の幅が広がり、説得力が増すはずです。

 右手易経左手マルクス


With the I Ching 13.天火同人

  http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/60f413690c2e900ef03de48b77d3b375

〜 人と同じくする時、協力し、一致団結して進む時 〜

 - 同志の象 = 志の同じ者が集まり協力して切り開く道。初志貫徹し、後に喜びの旗が誇らしく翻る。 −

  http://www.maria-fortune.com/64ka4.htm


易経から考える原発問題】

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1

■[日々の哲学]「君子」「小人」と原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130808/p1

■[日々の哲学]脱原発は“天火同人”の精神

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130811/p1


参院選後の日本民主政治を占う』

【31 沢山咸 二六 そのふくらはぎに感ず。凶。】

  http://iching.seesaa.net/article/369316478.html

参院選後の日本経済を占う』

【29 坎為水 三爻 来たるも之くも坎坎。】

  http://iching.seesaa.net/article/369320101.html

参院選後の雇用環境を占う』

【63 水火既済 六爻  其の首を濡らす。あやうし。】

  http://iching.seesaa.net/article/369324051.html


■[憲法]2013年日本で始まった「ピロピロ」!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130804/p1


 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 人生に生かす易経 「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ) リーダーのための「易経」の読み方 


 wikipedia:易経


         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m     

2013-08-08 (木) 易経から考える原発問題4

[]「君子」「小人」と原発問題 「君子」「小人」と原発問題を含むブックマーク 「君子」「小人」と原発問題のブックマークコメント

 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント 

超訳易経』を読んで、3回に渡って易の思想原発問題について考えてみました。


   

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1


    

 今回は、「君子」と「小人」という観点から原発問題について考えてみます


 易経には立場や地位、心根の違いを表す意味で、「君子」と「小人」という言葉が出てきます

君子豹変す」の本来の意味は、「過ちがあればすみやかに改め、見事に面目を一新する」という意味。過ちをみとめ、心を入れ替え姿勢を新たにして内面も外面も改めるのが君子です。


 これに対して小人は、ものごとが分からない人、卑しく徳のない人で、体面だけを改めて大勢に従う。


君子自分のことは度外視しても、人のため、社会のため、国のため、世界のために考え、行動する人です。小人自分さえよければいい、つまり私利私欲のために行動します。」


 このように「君子」と「小人」の違いを見てきました。

君子」とは、過ちが起きればすぐに改められる人物なのです。

 それでは、未だに収束せずに放射能を海に垂れ流している原発事故経験しながら、原発再稼働を主張し、外国原発トップセールスしているような首相は「君子」でしょうか、「小人」でしょうか?


 今まで見てきたように、安倍晋三自身、国会原発事故危険性について質問され、答弁したことがあります


ウィンザー通信

 「そうならないよう万全の態勢を整えているので何も考えていない」安倍晋三空っぽぶり!ど〜ん!

    http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/0ef1e579e4884eb4076d2c5d529f0b43


 いわば原発事故にいささかの責任を感じてしかるべき立場であるのに、何も反省せず、何も学ばず、何も改めることなく、原発事故などなかったかのようにのうのうと外国原発トップセールスしています

 この男の能天気、頭の中の空っぽぶりには唖然茫然とします

小人」を通り越して「下人」「愚人」とでも形容するしかありません。


 実に情けないことに、日本国民は、この「愚人」と言うべき男の政治に信任を与えてしまいました。2013年7月21日参院選です。


 

 地震列島日本で、原発再稼働を主張する原子力ムラ利権を代弁する「愚人」の政党を信任してしまったのです。

 もし再び大地震が起こり、原発事故が起こればどうなるのでしょうか?


 残念なことに、日本国民も、「小人」たる首相を信任してしまう「小人」の国民だ、ということです。

 一般に、経済政策を期待して、と分析されていますが、目先の株高に惑わされて、本質的なことを無視して白紙委任したようなものです。


 前回、易経の吉凶悔吝プロセス原発問題について見てみました。

 凶に至って恐れ震え、悔いることで吉に向かうことができるのです。

 ところが今の日本は、凶に至ってなお悔いず、「吝」の状態なのであります

 これでは吉に向かうどころか、再び凶の事態に陥りかねません。

 易を学ぶ者にとって、非常に憂慮するべき事態であります

 まさに日本は、上から下まで「小人」の時代ということでしょう。


 以上、『超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント』の解説に基づいて、原発問題について考えてみました。

 著者の竹村さんは『リーダーのための「易経」の読み方』という著書もあり、会社経営している経営者なので、本来はエスタブリッシュメント層に属し、人脈も、経営者層・経団連に深いつながりがあると考えられ、自民党原子力ムラにつながりがあってもおかしくはありません。

 私が色々と書き込んできた原理力ムラ批判・自民党批判は、あくまでも私個人の見解であります

 半解の易経知識で間違った解釈をしているかもしれません。ご了承下さい。


 

 易経は世の中の理を説く思想

 今後は発言するプロレタリアート層も易経を学ぶ時代

 考え方の幅が広がり、説得力が増すはずです。

 右手易経左手マルクス


易経から考える原発問題】

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1

■[日々の哲学]「君子」「小人」と原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130808/p1

■[日々の哲学]脱原発は“天火同人”の精神

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130811/p1


参院選後の日本民主政治を占う』

【31 沢山咸 二六 そのふくらはぎに感ず。凶。】

  http://iching.seesaa.net/article/369316478.html

参院選後の日本経済を占う』

【29 坎為水 三爻 来たるも之くも坎坎。】

  http://iching.seesaa.net/article/369320101.html

参院選後の雇用環境を占う』

【63 水火既済 六爻  其の首を濡らす。あやうし。】

  http://iching.seesaa.net/article/369324051.html


■[憲法]2013年日本で始まった「ピロピロ」!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130804/p1


     

 平成26年4月1日 消費税8%まであと何日? http://counting.hatelabo.jp/count/40440

 平成27年10月1日 消費税10%まであと何日? http://counting.hatelabo.jp/count/72110      


         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m    

2013-08-06 (火) 毛利元就97 第13回 戦乱の子誕生

[]NHK大河毛利元就 第13回 戦乱の子誕生 NHK大河毛利元就 第13回 戦乱の子誕生を含むブックマーク NHK大河毛利元就 第13回 戦乱の子誕生のブックマークコメント

 日本戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ毛利元就』。

 今年のNHK大河ドラマは『毛利元就』だ!


   

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集


   

 ついに尼子経久緒形拳)が挙兵大内義興細川俊之)方の領地に進攻を開始した。

 経久は周囲の国人領主達に参陣を命じる。

 毛利にも大内尼子双方より参陣の命令が来るが、元就(中村橋之助)は決断を後伸ばしにしていた。


(以下、個人的覚え書きメモ。ネタ晴らし注意!)


 吉川元経(ダンカン)、みぶ城攻めにて討ち死に。

 この合戦、何だろうか。吉川尼子方なので、尼子方と大内方の前哨戦のようなものだろうか。

   wikipedia:吉川元経


 大内方の鏡山城を巡って、毛利家に、尼子大内両家から合力の勧誘が来る。

 大内方は、毛利の幼い当主・幸松丸(北尾亘)と、菊姫大内の重臣・杉しげきよの息女)の縁組みを申し出る。

   蔵田房信(大鷹明良) 鏡山城主

   蔵田直信(沼田爆) その伯父


 決断を延ばす元就に対し、相合元綱(西島秀俊)は

「信義など甘い、力でねじふせて勝てば良い」

と、有利な尼子方に着くことを主張。

 渡辺勝榎木孝明)は

尼子は強うなりすぎた。力で弱き者を威圧してくる。」

と苦々しそう。

 それに対して桂広澄(草刈正雄)は

尼子の力を利用すればよい」

と、毛利家内での勢力拡大を狙っているよう。

「利用させる人ではあるまい。毛利が飲み込まれるだけじゃ」

と冷めた反応の渡辺


 

 派閥・勢力争いに勝つために、外部の勢力を利用することがあります

 ところが外部の勢力を利用しているつもりでも、いつの間にか乗っ取られていることもあります

 こういった勢力争いの構図、リアルです。

 自分が巻き込まれるのは真っ平ですが、ドラマを見てる分には面白い

 こういった勢力争いが色々と描かれているのも、「毛利元就」の面白いところです。


 

 そして元就と美伊の方(富田靖子)の間に千代寿丸誕生

 美伊の方は実家のことは忘れ、元就のみを愛する愛妻ぶりを見せつける。

 そこが藤野加賀まりこ)には不満の様子。

 実家大事にして口出ししてくる嫁だと亭主も大変だろう。

 まあいい夫婦関係だな。


  

 軍議を開く大内方。

 義興、鼻の下に髭をたくわえています

 鼻の下の溝(人中)で2つに分かれた凝ったデザインですが、人相学的にどうなのでしょうか?


占い人間学 ヒゲの話

西谷泰人氏は、「ヒゲ権威象徴ですが、鼻の下の縦の溝(人中)のヒゲがないのは運気を落とすので、人中にヒゲを生やすほうが、運気があがる」と述べています。」

  http://pub.ne.jp/junkai4212/?entry_id=2026472


遠藤裕行の占い開運倶楽部 人相占い32

「人中に髭を生やさないのなら、髭は無い方が良いという事です。」

  http://ameblo.jp/kaiun-life/entry-11145153354.html


迎えず送らず。 あごのひげ力

「この人中を「外して」ヒゲを生やすのは運気を下げよくないとされています。」

  http://www.inkan-inkan.com/blog/2009/08/post-9.html


  

 そういえば、渡辺勝ヒゲも、人中に細い切れ目があるデザインだ!


   

 軍議に加わらずバカ騒ぎしている跡継ぎの大内義隆風間トオル)に切れる義興。


  

「財も力も必ず衰える時が来る。

 そうならないようにするのがそちの務めであろう」

「戦やまつりごとしかきぬ男も恥じゃが、遊びしかきぬ男も恥じゃ」


  

 仕事も遊びもできぬ私にとっても身に染みる苦言です。

 跡取りがこれでは大内家の行く末も思いやられます

 これでは見切られても仕方ありません。

 しかし、なぜこうなるまで放っておいた?

 帝王教育の失敗ですね。

 母親の綾の方(東ちづる)が甘やかしすぎた模様。

 義興が上洛中は仕方ないとして、京から戻ってから鍛え直すべきでした。

 まあこれはドラマの上での話。史実ではどうだったか分かりませんが。


 

 悪いことは重なるもので、大内方だった厳島で謀反が発生する。


 

 軍議を行う毛利家。

 毛利家家臣の喧々囂々(けんけんごうごう)の会議シーンは人間関係が錯綜して面白いのですが、今回は発言少な目。

 大内派の井上元兼(片岡鶴太郎)も今回ばかりは大内に分がないので強い主張はできず。

 桂広澄こそ、かねてよりの尼子寄りの意見を堂々と主張する良い機会のはずが、意外と元気がない。

 渡辺勝に言われた指摘がこたえたのか?

 深読みすれば、以前は緊密に通じていた尼子―桂ラインが、尼子の増長によって最近機能していないのではないでしょうか?


    

 一方、珍しく渡辺勝が積極的に発言して強硬尼子方への参加を主張。

 これに対して元就は

「長い目で見れば得策か。尼子経久は信じられるのか」

「目先の勝ちに走っても経久に利用され、捨てられるのは目に見えている」

決断を保留。


  

 元就も渡辺も、尼子経久が信じられない、むしろ利用されそうだ、と警戒している点では同じなのです。

 その点、二人とも鋭い人間観察眼があるようです。

 そして渡辺は、早急に尼子に与せねば面倒なことになる、と結論を下し、元就は時間稼ぎをしようとする。

 元就と渡辺の置かれた立場も違うので、結論の導き方も違ってくるでしょう。

 途中まで同じ分析ながら結論の出し方が違うというのは、人間の心は数学ではない、ということです。  


 

 しかしこの重要会議に、志道広良(中村梅雀)が出席していないのはなぜなんでしょう?

 中村梅雀スケジュールの都合上、出席できなかったのでしょうか?

 この場に志道広良がいれば、何と発言したでしょうか?


  

 しか尼子圧力には抗しきれず、ついに尼子側に参戦を表明。

 宇山久兼(磯部勉)は、

「幸松丸(北尾亘)を大将に先陣を務めよ!はようくみせぬからじゃ!」

理不尽な命令。


  

 やはり参加を遅らせたつけは大きかった!

 尼子の重臣・宇山久兼を迎えるこのシーン、元就ほか毛利家の重臣が並んでいるのですが、元就の後ろに、先の会議のシーンでは登場しなかった志道広良(中村梅雀)が控えています

 しかしセリフはおろか、目立った動きはなし。これは中村梅雀本人が演じているのでしょうか?それとも、CGなのでしょうか?

 オープニングの配役紹介では、今回は志道広良(中村梅雀)はクレジットされていないのです。

 今回の志道広良(中村梅雀)の扱いについては、どういういきさつがあったのでしょうか?


  


 愕然とする元就に美伊の方は


「力がないゆえ、先が面白いものでございましょう。

 力がある者は、後は転がり落ちるばかりにございます

「命さえあれば、人の世はどう転ぶか分かりませぬ」


 

 この美伊の方の言葉しろ、先の大内義興の義隆への小言にしろ、易の考えを思わせるものがあります


 

 東洋哲学易経では、陽と陰が循環している、という思想があります

 力のない者が力をつけていき、やがて龍となって空を飛び、しかしその力は衰えていき、全てがなくなってまた最初からやり直し……。

 この循環の思想は、十二消長卦(十二消息卦)と言って、1年の季節変化に例えられます


  wikipedia:十二消息卦


  十二消息卦 | 易経ネット http://www.ekikyo.net/64ka/12syousokuka.html


 十二消息卦に例えると、大内家は、「財も力も必ず衰える時が来る」という、盛りを過ぎて後の世代小人ばかりという天地否あたりではないでしょうか。

 尼子家は、今が盛りの地天泰や雷天大壮

 毛利家は、坤為地や地雷復時代

 確かにまだ力はありませんが、これから大きくなって先が面白くなる段階です。

 しぶとく生き延びれば、やがて衰えを見せる大内家や尼子家を倒す目も出てくるでしょう。

 しかしその先はまだまだ遠く、障害がありそうです。


  

 尼子本陣に到着し、幼い幸松丸と共に目通りする元就。


 

「今頃やってきて、恥ずかしくないか!」


  

 尼子経久にしてみれば、元就の狩場にまで押しかけて面談して

「手を、組まぬか」と言って、めいの美伊を元就に輿入れさせました。

 これは特別扱いのヘッドハンティングのようなものです。

 また、桂などの有力家臣も尼子である毛利家は、真っ先に参加すべき存在だったのでしょう。

 ところが周囲の国人領主達が加わる中、最後まで加わらないとは、余程生意気だと思ったのでしょう。


 憎き尼子経久!これなら大内に付いた方がましだったか!?

 進むも地獄、退くも地獄

 次回はどうなる!?                 


     

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1 


 

    

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集 

  ↑見逃していた・忘れていた重要なシーンを再確認しよう!

   名作を見直すことは大切だ。


         

毛利元就97 過去ログ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


    

■[毛利元就97]NHK大河ドラマ毛利元就』検定〜〜〜〜〜〜!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130119/p1


                    

夜盗虫の朝寝坊

■[録画鑑賞][『毛利元就』]#13「戦乱の子誕生

  http://d.hatena.ne.jp/yotomusi/20051005/p3             


 wikipedia:毛利元就 (NHK大河ドラマ)


 wikipedia:毛利元就




         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130806

2013-08-05 (月) 易経から考える原発問題3

[]吉凶悔吝プロセス原発問題 吉凶悔吝プロセスと原発問題を含むブックマーク 吉凶悔吝プロセスと原発問題のブックマークコメント

 超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント 超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント


 

超訳易経』を読んで易の思想原発問題について考えてみました。


   

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1


  

 易と原発問題について、再び考えてみたいと思います


 易経の中では、吉凶の他に、「悔」「吝」「咎なし」があるといいます

「吉凶悔吝咎なし」といって、未来の良し悪しを判断する言葉として使われているそうです。

「悔ゆることありて征けば吉なり」

「往けば吝なり」

などと使われる。

「吝」はけちる、恥ずかしいということ。

 人は驕りたかぶると、改めることや努力を惜しみ、けちるようになる。

「悔い改めることをけちるのです。」

 後悔する悔の方が吉に近く、吝は凶に近いものとされている、と説明されています

 そして世の中の万物人間の誰でもが吉凶悔吝は巡り、繰り返しているということです。


 

 この説明を読んで、まさに原発再稼働のことだと思いました。

 長くなりますが、本書から引用ます

 易経の考え方を分かりやすく解説した易経入門として素晴らしいテキストであるし、また、原発問題を考える上で非常に示唆に富む内容であります


「いいことが長く続いていると、たいていのことはうまくいくと思って、多少問題が起きても「まあ、大丈夫だろう」と多くの人が高を括ります。そうしたことをくりかえすうちに、だんだん驕りも生じてきます。誰かが「それはいけない」「間違っていますよ」と忠告してくれたとしても、「大したことはない。いままでも私はこれでやってきた」と改めることを惜しみます。意地とプライド邪魔をして、柔軟になることができない。改めるべきときに「ごめんなさい」がいえない。見てみない振りをする、見逃す。そういうことが積み重なっていくのです。

 凶という言葉は聞きたくないですし、誰でも目をそむけたくなるほど嫌なものです。さらに、自分には悪いことは起こらない、悪くなるはずがないと都合よく考えがちです。そういう思いからも吝になります

 実は、こうした驕りや侮りは物事が順調にスラスラと通じる吉の時にすでに生じてきます。ところが吉の時というのは、しばらくの間は改めることを惜しんでもすべてが順調に通じていくので凶の兆し気づきません。そして気づかないうちに生じた吝は、時間をかけてある一定の量が積もり積もったときに大きな過失や事故になってあらわれ、凶に至ります。」


   

「さて、私たちは吝が高じても凶にならないと後悔できません。凶になってはじめて、

「あのときに改めておけばよかった」

と後悔するのです。」


  

「一方、凶という状況を未然に察知して、「このままじゃいけない」と気づいて素早く改めたなら、災いには至らない咎なしになります。このように悔になれば、吉へ向かうわけですが、人はなかなかその後悔ができないものなのです。」


   

「「震(うご)きて咎なきものは悔に存す」と易経に書かれていますが、「震きて」とは、恐れ震(ふる)えるという意味です。背筋がブルブルッと震えるような思いをしないと、改めないものだというのですが、この震えが凶を吉に、あるいは凶に至る前に回避して咎なしに転換させます。なぜなら、震えることで感受性が回復するからです。驕り、惜しむのは感受性が鈍くなっているからで、悪いことばですが「平和ボケ」も感受性の問題です。」



  

 最後になぜか唐突に「平和ボケ」という言葉が否定的なニュアンスで出てきます。著者が基本的にはエスタブリッシュメント階層に属し、政治的には右に近く、リベラル思想を冷淡に見ているのではと感じさせる記述なのですが、ややこしくなるのでこれ以上立ち入らず、原発問題について考えていきます


    

 上に引用した説明文で、吉の時代に驕りや侮りが生じ、忠告されても見て見ないふりをする、改めない、という例が示されています

 これはまさに原発安全神話そのものではないでしょうか。


   

 前回も紹介したのですが、原発安全神話の酷い例をしぶとく一つ挙げておきます


  

ウィンザー通信

 「そうならないよう万全の態勢を整えているので何も考えていない」安倍晋三空っぽぶり!ど〜ん!

    http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/0ef1e579e4884eb4076d2c5d529f0b43


 そしてこの驕りや侮りの原発安全神話は、積もり積もって大きな事故になってあらわれ、凶に至りました。


 引用した説明文では、怖い目に合って震えることで感受性が回復し、凶から吉に向かわせる、と書かれています

 2011年3月11日日本は大きく震え、日本中の人々が震えました。

 ここで「悔い改め」、行動を変えることが、凶から吉に向かう道だ、と易経は教えています

 ところが、悔い改めることをけちり、「吝」の状態なのが原子力ムラなのです。

 その悪い例が、先にも挙げた安倍晋三首相で、原発再稼働を主張し、外国原発を売り込みに行って「トップセールス」だと張り切っていますが、その実は「死の商人」なのです。


  

 易経に従えば、凶に至って恐れ震え、悔いることで吉に向かうことができるのです。

 ところが今の日本は、凶に至ってなお悔いず、「吝」の状態なのであります

 これでは吉に向かうどころか、再び凶の事態に陥りかねません。

 易を学ぶ者にとって、非常に憂慮するべき事態であります

  (続く)



  

 易経は世の中の理を説く思想です。

 今後は発言するプロレタリアート層も易経を学ぶ時代です。

 考え方の幅が広がり、説得力が増すはずです。

 右手易経左手マルクス


易経から考える原発問題】

■[日々の哲学]超訳易経 天雷无妄から考える

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130718/p1

■[日々の哲学]易経で考える原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130719/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1

■[日々の哲学]「君子」「小人」と原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130808/p1

■[日々の哲学]脱原発は“天火同人”の精神

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130811/p1


ウィンザー通信

 原発事故悲劇を描いた映画は「客が入らんから」と、上映を拒否するクソったれな日本映画館

  http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/553e7a2d181ce3512afbdba10b1609a8

「『朝日のあたる家』は今、日本人が観なければならない作品です!」by 愛知県コロナシネマワールド

  http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/e8851ca6a22409daadbc1c79da00edf1


参院選後の日本民主政治を占う』

【31 沢山咸 二六 そのふくらはぎに感ず。凶。】

  http://iching.seesaa.net/article/369316478.html

参院選後の日本経済を占う』

【29 坎為水 三爻 来たるも之くも坎坎。】

  http://iching.seesaa.net/article/369320101.html

参院選後の雇用環境を占う』

【63 水火既済 六爻  其の首を濡らす。あやうし。】

  http://iching.seesaa.net/article/369324051.html


■[憲法]2013年日本で始まった「ピロピロ」!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130804/p1


         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

2013-08-04 (日) ピロピロ進行中!50年後を予見していたトラウマSF!

[]2013年日本で始まった「ピロピロ」! 2013年の日本で始まった「ピロピロ」!を含むブックマーク 2013年の日本で始まった「ピロピロ」!のブックマークコメント

 ピカピカのぎろちょん (fukkan.com) ピカピカのぎろちょん (fukkan.com)


 

 トラウマSFとしてカルト的人気の名作です。

 ある日突然「ピロピロ」が始まり、子ども達は「ぎろちょん」を作って、野菜を切断して遊びます

「ピロピロ」とは一体何なのか?

 最後まではっきりしたことは明かされず、

 読者は、不条理世界に放り出され、取り残されてしまます


 

 しかし、考えれば考えるほど、「ピロピロ」は2013年日本を予見したものではないか、と思えてきます


    

 例えば7月29日麻生太郎副総理が、憲法改悪を目指す政治的な団体の会合で発言しました。


   

憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。

 だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。 」

     http://digital.asahi.com/articles/TKY201307310772.html

     http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html


 

 憲法改悪を目指す集まりでのこの発言。

 早速、ニュースサイトツイッターでも紹介され、心ある人々が批判のコメント投稿しました。

 ところが、その一方で、自民党支持者、自民党ネットサポーターなども、麻生擁護コメントを書き込むのです。

 こんな明らかにアウトな暴言でも、屁理屈詭弁で逆の意味解釈し、「誤解された」「マスコミ曲解した」と詭弁を弄するのです。

 こんな詭弁でも、コメント欄に数が並べば、それなりに説得力があるように見えるのです。

 時間がなくて普段は政治関係の記事を読まない人が、たまたまこういった詭弁が並んだコメント欄を見ると、

「何だ誤解なのか」

マスコミ曲解なのか」

と思ってしまうかもしれないのです。


 

「嘘も100回言えば本当になる」とはよく言ったものです。

 良識ある人々は勇気をもって発言していかなければなりません。

 これは言論戦なのです。

 確かに、たかネット上での争いです。

 ネットを見ない一般の働き人や子どもたちには別世界次元での争いです。

 普通の人は何も変わらない日常生活を送っています

 それでも、ネット上では憲法を巡って、思想言論の自由を巡って、熾烈な言論戦が戦われているわけです。

 これこそ、「ピロピロ」であり、「ピロピロ」と「反ピロピロ」の激しい戦いなのではないでしょうか?


 

 そういえば、「TPP反対」を政権公約として政権トレモロした自民党ですが、

ある日気づいたら、「TPP参加」に変わっていました。

 誰も気付かないうちに変わっていたのです。


 

f:id:nazegaku:20130803205600j:image

  ↑フェイスブックツイッターで削除されると噂もある画像


 

 ある日気付いたら、96羽目のハトが殺され、9本目のイチョウの木が倒され、黒い高い塀が築かれているかもしれません。

 黒い高い塀の中には、ギロチンが置かれ、まつろわぬ人たちが処刑されているかもしれません。

 (それは軍法会議か、日本版FEMAかも知れません)

 誰も気付かないうちに、少しづつ、少しづつ、進行しているのかもしれません。  (ピロピロ)


 

 憲法改悪されないためにも改憲派詭弁に惑わされないためにもワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わった歴史について、学ぶことが必要なのかもしれません。


 

「ピロピロ」は2013年日本で、既に始まっているのです!  (ピロピロ)


     

これだけの問題作、持ち上げて神棚に祀っておくのはもったいない

今のような時代こそ、著者がが意図したこと、伝えたかったことを

徹底的に分析解釈する必要があるのではないでしょうか。


【ピカピカのぎろちょん 佐野美津男中村宏

  http://sfclub.sakura.ne.jp/sano01.htm

  http://sfkid.seesaa.net/article/371097516.html     


ウィンザー通信

「誰も気づかんうちにワイマール憲法ナチス憲法に変わってた。あの手口学んだらどうかね」麻生副総理

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/86129000f5179d4587bc62cdbbef9493


(追記)

この記事↓に対する言論戦も“ピロピロ”の好例でしょう。


【(今こそ政治を話そう)秘密法とどう向き合う 憲法学者長谷部恭男さん】

 http://t.asahi.com/diyc


開戦2日目にして、御用ネットワーク連携があったのか、中規模著名人言論弾圧に加担するつぶやきが増えてきました。

シラっとした感じで言論の自由揶揄・冷笑するようなコメント、許せません。

一般庶民勇気を持って発言しなければいけない。

これは“ピロピロ”であり“市街戦”なのです!


                               

ピカピカのぎろちょん (fukkan.com)

ピカピカのぎろちょん (fukkan.com)


         

     

      ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

         

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2603470  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |