Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2015-12-29 (火) 大全 男―女にモテる三条件を身につける法

[]大全 男―ごま書房実用アンソロジー 大全 男―ごま書房の実用書アンソロジーを含むブックマーク 大全 男―ごま書房の実用書アンソロジーのブックマークコメント

 大全 男―女にモテる三条件を身につける法 (POCKET BOOK SPECIAL) 大全 男―女にモテる三条件を身につける法 (POCKET BOOK SPECIAL)  


 ポケットブックという会社から出版されています

 内容は、ごま書房から出ていた実用から読みどころを抜粋したアンソロジー

 昔、ごま書房から色々と新書版の実用書が出ていて、私も色々購入したものです。

 目録を読むのも好きだったので、タイトルや著者名が懐かしい。

 ごま書房のその後はどうなったのか、複雑な事情があるようです。


  

 wikipedia:ゴマブックス

 wikipedia:ごま書房新社VM


  

 本書の内容は


1「男」はやさしくなければならない

 安藤昇  男の修行

 富田隆  モテる男の条件

 橋本保雄  頭くばりが男をつくる


  

2「男」は強くなければならない

 安部譲二  男を磨く

 松浪健四郎  もっと「ワル」になれ

 アニマル浜口  男はもっと燃えろ


  

3「男」は女を歓ばせなければならない

 愛染恭子  女を歓ばせるテクニック

 長田尚夫  男の性能と関係ない長さと太さ

 大島清  電車ですぐ座る男はインポになる


  

 執筆9人中、5人までがア行で始まる方!

 出席簿の始めの方で呼ばれるア行の方は根性がつくので出世するのでしょうか!?  

 読んでみると、なかなかいいこと書かれていました。

 女にモテるかどうかというより、真剣人生を生きていくという心構えだとか社会人としての意識問題です。

 表面的なチャラチャラしたハウツーではなく、真剣に中味を磨くことで結果的女性から評価されることを目的としているようです。

 安部譲二松浪健四郎は、単著では多分敬遠して読まなかっただろう著者ですが、いいこと書いてました。

 安部譲二さんは江戸川乱歩に命じられて写経をされていたとか、漢文権威漢文を学びに行ったとか、なかなか学があってすごい方です。

 松浪健四郎極右独裁政治言論弾圧を実行している側で私は弾圧される立場にあり、激しく批判している対象ですが、氏個人の人生を見据えた将来展望の立て方はすごいと思います。この賢さが私には欠けていた。そこが独裁政治を行う側に入れる人と弾圧される側で終わる人の運命の分かれ目でしょう。

 また、同じ独裁政治家でも、実力も適性も努力もないのに家柄と血筋祭り上げられ、嘘とデマによるマスゴミ操作を駆使して首相になってしまったボンボンバカボン安倍晋三とは違うところです。まあ安倍晋三人生論や仕事論を書かせても碌な本にならないでしょう。


  

 他、橋本保雄さんのビジネスにかける意識もすごい。

 アニマル浜口さんの気合い論も読む意義あります


    

 2001年に購入したというメモがありますが、その時は読まず、今頃読みました。

 当時は人生について投げやりになっていて滅茶苦茶でした。あの頃読んでいれば、少しはマトモになっていたかも。

 こういった人生論に関するアンソロジーもいいものです。


  大全 男―女にモテる三条件を身につける法 (POCKET BOOK SPECIAL) 大全 男―女にモテる三条件を身につける法 (POCKET BOOK SPECIAL)  


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4341141163

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4341141163/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4341141163

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


     

 

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151229

2015-12-22 (火) 夢鬼 蘭郁二郎

[]夢鬼 蘭郁二郎 夢鬼 蘭郁二郎を含むブックマーク 夢鬼 蘭郁二郎のブックマークコメント

 夢鬼 夢鬼


 夢とか睡眠とかに関心があるので、読んでみました。

 しかし私はこういう傾向の作品は苦手。

 勧善懲悪ハッピーエンドで読後爽快スッキリする話の方が好きです。

 恋愛でも、振られたら二度と会いたくなくてその人の前から消えたくなるタイプだし。


夢鬼 蘭郁二郎 図書カード:No.2187

  http://www.aozora.gr.jp/cards/000325/card2187.html

図書カード:No.54462 蘭郁二郎氏の処女作 「夢鬼」を読みて

  http://www.aozora.gr.jp/cards/001669/card54462.html


探偵小説三昧

蘭郁二郎怪奇探偵小説名作選7 蘭郁二郎集 魔像』(ちくま文庫

  http://chapcolo.blog97.fc2.com/blog-category-162.html

お気に入り読書WEB 蘭郁二郎

  http://www.geocities.jp/web_hon/08/ran.htm

宮澤の探偵小説頁 蘭郁二郎作品目録

  http://homepage3.nifty.com/DS_page/ran/list.htm


青空文庫で読む】蘭郁二郎 おすすめ作品 - NAVER まとめ

  http://matome.naver.jp/odai/2135141886715066001


■[速読読書]歪んだ夢 蘭郁二郎 夢見の能力も宝の持ち腐れ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150527/p1

■[速読読書]『睡魔蘭郁二郎(ネタばらし注意!)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20081013/p1

■[速読読書]火星魔術師 ディレッタンティズムと秋の高原

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150519/p1

■[速読読書]話は唐突オチ落語空想科学小説

地図にない島』蘭郁二郎(ネタばらし注意!)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20081013/p1


ブクログ

 http://booklog.jp/item/7/002187

 http://booklog.jp/item/1/B009KSPTH2

読書メーター http://bookmeter.com/b/B009KSPTH2

速読読書カテゴリは、私が速読の練習のために使用したテキスト感想を述べていくカテゴリです。

   →バックナンバーへ

■[自己啓発]30万円の速読講座から脱落した私が勧める速読訓練ソフトは、これだ!!!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150623/p1

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


     

 

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151222

2015-12-19 (土) 超一流の雑談力 安田正

[]超一流の雑談力……というより「超一流のビジネスマナー会話術」 超一流の雑談力……というより「超一流のビジネスマナー会話術」を含むブックマーク 超一流の雑談力……というより「超一流のビジネスマナー会話術」のブックマークコメント

 超一流の雑談力 超一流の雑談力 


雑談力を身につけるための情報ソースはヤフーニュースではなく日経産業新聞

と書かれていることで分かるように、ビジネス寄りの内容。

「超一流のビジネスマナー会話術」

とでもいうべき書。


 

 そういえば私は昔から会話が苦手で、この手の本をよく読んでました。

 以前、「会話のネタを仕入れるためにはスポーツ新聞を読め」と書いている本を読んだことあります

 そういった本とは対象とする層が違うのでしょう。

 本書はあくまでもビジネス現場対象です。


  

「たとえば、トヨタのような大きな会社役員の方と商談をするとしましょう。彼らとの話の中で「あ〜なるほどですね」などと言ったら、その時点で商談終了です。」


  

↑怖い。

 中学以来、感情障害のために他人とのコミュニケーションの機会がなかった私なんか完全に失格です。

 今後社会復帰は可能なのでしょうか。


  

「混んだ居酒屋さんで店員さんをスマートに呼ぶコツ」

  →口の中を広く開けて共鳴させる


  

 私は普段の会話でも声が通らないようで、

「何ですか?」

と聞き返されることが多い。

 気後れしたり声自体が小さいのもあるけど、口の開け方が足りないのもあるのだろうか?

 今後気をつけよう。


  

「開口一番は「よろしくお願いします!」から

 →「君によろしくお願いされる筋合いはない!」と言う人に出会ったことは、少なくとも私の経験では一度もありません。」


  

……と書かれていますが、私はある本の記述を思い出しました。

 徳田虎雄氏の本の中に書かれていたエピソードです。

 徳田氏が若い人の集まりに呼ばれ、参加者若者が順番に自己紹介した。

 彼らは皆、自己紹介最後

「よろしくお願いします」

と言うので腹が立って叱りつけた、というのです。

 徳田氏の言うには、「よろしくお願いします」というのは他人の助けをあてにする言葉だ、他人をあてにせずに自分で何とかしろ、ということでした。

 だから「よろしくお願いします」と言ってはいけない人もいる、うっかり言ってしまうと怒られることもある、ということです。

……私も役に立たないこんな変な知識ばかり多くて揚げ足取りばかり。

 成功できない典型的な例ですね。つくづく自分が嫌になります


 

 1億稼ぐ話し方(初対面から最後まで主導権を握れる!「ロジカル・コミュニケーション」驚異のテクニック) ロジカル・ライティング 英語は「インド式」で学べ! 新発想!P.C.G方式英文速読&多読スタートブック


 wikipedia:徳田虎雄

 wikipedia:安田正 (経営者)


安田正 公式サイト http://yasudatadashi.com/


■[自己啓発]会話のうまさで人生は決まる

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130531/p1


ビジネスマン必見!人もお金自然に引き寄せる○○力って?

  http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000003336.html

超一流の人は雑談の「姿勢からして違う 自分土俵にあげてしまう驚きのテクニック

  http://toyokeizai.net/articles/-/75880


 

コミュニケーション術 こんな本を読んできました

  http://booklog.jp/users/diletanto?tag=%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&display=front


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4905073154

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4905073154/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4905073154

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


     

 

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151219

2015-12-08 (火) メルマガと出版のセクシープロデュース戦略心理学

[]メルマガ出版セクシープロデュース戦略心理学 メルマガと出版のセクシープロデュース戦略心理学を含むブックマーク メルマガと出版のセクシープロデュース戦略心理学のブックマークコメント

 女医マヤのセクシー心理学―男がホレ、女がホレる魔法のテクニック! 女医マヤのエクスタシー心理学―悦びに満ちた「生」を取り戻すためのお色気ビタミン!


 2冊とも、2002年に購入したという書き込みがあります

 女性精神科医がこんな本を書いてる、ということにつられて買ってしまったのだろう。見事に戦略に引っかかってしまった。

 しかし、1冊目を途中まで読んだところで放置

 思えば、うつ状態がひどくて、こんな読みやすい本でも1冊読み切る気力もない時代だった。*1

 本当にうつ状態で悩んでいる人にとって、こんな楽しそうな文体は余計に絶望的になる。

 明るいノーテンキな文体を抵抗なく読める人が楽しみながら知識を増やしていくタイプの本だな。


  

 しかし、この著者、発想は紛れもなく男の発想。男目線です。

 本を書く際の著者の肩書きキャラ設定などのプロデュース力の大きさが分かる事例です。

 しかしすごいのは、続編は第一作を超えられないというジンクスを破って、2冊目の方がレベルが高くなっていること。

 キワモノ的なキャラプロデュース戦略デビューした割に一発屋で終わらずにその後も活躍を続けている実力は本物のようです。


 

 女医マヤのセクシー心理学―男がホレ、女がホレる魔法のテクニック! 女医マヤのエクスタシー心理学―悦びに満ちた「生」を取り戻すためのお色気ビタミン! 〈NJセレクト〉相手の心理を自在にあやつる技術 (NJセレクト) 精神科医・大和まやの人格相談室


 wikipedia:ゆうきゆう


ゆうきゆうの心理学ステーション http://sinri.net/


神秘広告探偵団 ココロ本棚 女医マヤセクシー心理学他の紹介

  http://homepage1.nifty.com/y_yahata/bookshelf/yamato_m.htm


 wikipedia:ヴィルヘルム・ライヒ wikipedia:オルゴン



女医マヤセクシー心理学―男がホレ、女がホレる魔法テクニック!

 ブクログ http://booklog.jp/item/1/487190881X

 読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/487190881X/ 

 読書メーター http://bookmeter.com/b/487190881X

女医マヤエクスタシー心理学―悦びに満ちた「生」を取り戻すためのお色気ビタミン!

 ブクログ http://booklog.jp/item/1/4871908968

 読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4871908968/

 読書メーター http://bookmeter.com/b/4871908968

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


      

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

*1:逆に言うと、13年後、ようやく本を1冊読み切れる気力が出てきたということだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151208

2015-12-07 (月) ラブ・アクチュアリー 見果てぬ世界

[]ラブ・アクチュアリー 見果てぬ世界 ラブ・アクチュアリー 見果てぬ世界を含むブックマーク ラブ・アクチュアリー 見果てぬ世界のブックマークコメント

 ラブ・アクチュアリー [DVD] ラブ・アクチュアリー [DVD]


 色々な人生模様。

 心理問題を抱える私はこういったテーマは冷笑的に見てしまう。

 もし私がこの映画世界に住んでいるとしたら、誰とも関わることなく一人で寂しく過ごしていることでしょう。

 面白いと思ったのは、映画の描き方の形式

 グランドホテル方式というらしい。

 こういった群像劇面白い

 ウィキペディアグランドホテル形式映画タイトルが幾つか挙げられている。

 片っ端から見ていってやろうかと思った。


 wikipedia:ラブ・アクチュアリー

 wikipedia:グランドホテル方式


ラブ・アクチュアリー秘話30選!【ネタバレあり】

  http://ciatr.jp/topics/23326

もし「ラブ・アクチュアリー2」が作られていたら? パロディ予告編話題

  http://eiga.com/l/FJb1a

映画ラブ・アクチュアリー」(03)のキャストは今見直すと豪華だった!

  http://matome.naver.jp/odai/2140815582472603401


ブクログ

 http://booklog.jp/item/1/B00W1ENMNU

 http://booklog.jp/item/1/B0001851BO

 http://booklog.jp/item/1/B006QJS83U

 http://booklog.jp/item/1/B006QJT44W

 http://booklog.jp/item/1/B000E6GB9E

 http://booklog.jp/item/1/B0026P1KVK

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


      

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2015-12-02 (水) 悩み相談、ときどき、謎解き?―占い師ミス・アンジェリカのいる街角

[]悩み相談ときどき、謎解き? 日常人間関係ミステリー 悩み相談、ときどき、謎解き? 日常の人間関係ミステリーを含むブックマーク 悩み相談、ときどき、謎解き? 日常の人間関係ミステリーのブックマークコメント

 悩み相談、ときどき、謎解き?―占い師ミス・アンジェリカのいる街角 (メディアワークス文庫) 悩み相談、ときどき、謎解き?―占い師ミス・アンジェリカのいる街角 (メディアワークス文庫) 


 ミスアンジェリカは、祖母譲りの霊感を持つ街占占い師

 占い勉強中の私としては、霊感を持つ設定はうらやましい。霊感超能力にあこがれる平凡な私です。

 ネット上の意見拝読すると、謎解きに霊感を出すなんて……というような意見も見受けられますが、こんな設定もありということでいいのではないでしょうか。

 押しかけ助手というか恋人というか、キャンドル売りの誠司、積極的ですねえ。男たるもの、これくらい強引でないと彼女ができないのだ。


    

 ミスアンジェリカ本名田中花子は、赤ん坊の頃から他人を寄せ付けない性格で、“心の中の秘密の部屋”と表現しています

南半球の友人」は、高校時代に知り合った同じような部屋を持った友人についての回想です。

 マイペース他人に煩わされずに心の中の秘密の部屋にこもる二人。

 こういった性格人間にとって、そういう過ごし方は有りだと思います

「多くの友人を作らないといけない」

自分の殻を破らないといけない」

なんていう無責任言葉に乗せられるとひどい目にあいます

 実は私もこの二人と似たような性格を持っていました。

 中学までは自分の殻にこもってうまくいっていたのですが、高校デビューに際し、これではいけない、明るくなって友達を作らなければいけない、と思って本来とかけ離れた言動を演じ、心身を病んでしまいました。

 結局、感情障害は治らず、人生に落伍し、御家も断絶の危機に。

 だから対人関係に悩む中高生は無理をせず、ミスアンジェリカ生き方を学ぶべきです。

 秘密の部屋から出るのは、大学に入ってからでもいいのです。高校までの人間関係はある種の人にとって非常に難しい。まだ大学生以降になってからの方が対処しやすいところがあるものです(と、結局感情障害のために大学以降もうまくいかなかった私が言うのも何ですが)。

 閑話休題南半球の友人・小川翠も、最後に無茶をして消息不明になりました。

 小川翠も無茶をせずにそのまま秘密の部屋でいたら良かったのにと思います


 

 ストーリーの謎解き部分ですが、本格推理のようなあっと驚く大仕掛けやトリックがあるというわけでもなく、日常生活や対人関係ありがちな誤解に基づくもの。いわば、“日常人間関係ミステリー”。

 人生経験豊富なお年寄りなどに相談したら意外といいアドバイスをもらえそうな事件です。

 それこそ、ミス・マープルのような安楽椅子探偵なら、似たような事例を紹介しながら謎解きしてくれそう。

 私としては、人間関係希薄なので、人間関係について考える勉強になりました。


  

 本書巻末の事件で、ミスアンジェリカは最大の危機を迎えます

 確かに占いは、他人人間関係を左右する恐ろしい面も持っています

 こんな話を読むと、いい加減な姿勢占いなんかできないぞ、と思えてきます

 私にとっては人間心理勉強になったし良い作品だと思います


 悩み相談、ときどき、謎解き?―占い師ミス・アンジェリカのいる街角 (メディアワークス文庫) 悩み相談、ときどき、謎解き? (2) ~占い師 ミス・アンジェリカの消えた街角~ (メディアワークス文庫) クラス会へようこそ あの頃の想い、取りに帰ろう。 (メディアワークス文庫) 月だけが、私のしていることを見おろしていた。 (メディアワークス文庫)


夜行

悩み相談ときどき、謎解き? 占い師 ミスアンジェリカのいつ街角成田名璃子)

  http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2446.html

積ん読パラダイス

  http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/nayamisoudan.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4048914286

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4048914286/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4048914286

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151202


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2649633  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |