Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2016-01-31 (日) 寝台特急カシオペアを追え トクマノベルズ大活字マガジン

[]トクマノベルズ活字マガジン 2016年 1/7 号 トクマノベルズ大活字マガジン 2016年 1/7 号を含むブックマーク トクマノベルズ大活字マガジン 2016年 1/7 号のブックマークコメント

 トクマノベルズ大活字マガジン 2016年 1/7 号 [雑誌]: 週刊アサヒ芸能 増刊 トクマノベルズ大活字マガジン 2016年 1/7 号 [雑誌]: 週刊アサヒ芸能 増刊  


  

 コンビニで本書を発見

 大活字マガジンを名乗るだけあって、レイアウトが読みやすいと思いました。

 大きめの字に2段組。

 2段組となって1行当たりの文字数が少なくなると、1行読みがやりやすくなって速読がやりやすくなります

 何せ私は速読の願望だけは強いのに全然できないので、毎日速読のことばかり考えています

 大昔に速読講座に通ったことありますが、そこでは、2段組みの新書を使って訓練や速度測定をやっていました。

 その新書ノベルスよりも活字が大きいので速読訓練がやりやすいと思いました。

 この手のレイアウトの本が増えればいいことだ、このシリーズの続刊を望む、と応援する意味で購入。


 結局、読書速度は、1分あたり1ページ以上2ページ以下。まずは2ページ以上を目指したいところ。


  

 西村京太郎さんの作品は本を読んだことも映像作品を見たことなく、今回が初めて。

 鉄道を利用した犯罪誘拐身代金受け渡しの手口など、こんなことができるのかと感心しました。

 本書の巻末には西村京太郎作品リストとして、568もの作品リストされています

 568もの犯罪トリックを考えられたということでしょうか。

 というか、ミステリー作家西村さんだけではなく、他にも大勢の方々が書かれていて、過去から現在まで多種多様作品が生み出され、今後も生み出されていくのでしょう。

 ミステリー小説のタネは尽きない。真面目なだけが取り柄の一般人としては想像もつかない世界です。

勝手非公式アンケート作成しました。回答ご協力お願いします。)

トクマノベルズ活字マガジンで取り上げてほしい作家は?

  http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=159734


  wikipedia:西村京太郎 wikipedia:西村京太郎原作のテレビドラマ


ぼてねこの徒゛然草(づれづれぐさ)〜Drifted talks by fatty cat.

活字中毒トクマノベルズ活字マガジン 2016年 1/7 号 [雑誌]: 週刊アサヒ芸能 増刊

  http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20160101#1451660054

チーム八ちゃん 大活字マガジン西村京太郎

  https://teamhacchan.wordpress.com/2016/01/14/%E5%A4%A7%E6%B4%BB%E5%AD%97%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%BA%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E/


ブクログ http://booklog.jp/item/1/B0198PWPL4

読書ログ なし

読書メーター http://bookmeter.com/b/B0198PWPL4


寝台特急カシオペアを追え (トクマノベルズ) 2000年

 ブクログ http://booklog.jp/item/1/4198505039

 読書メーター http://bookmeter.com/b/4198505039

寝台特急カシオペアを追え (徳間文庫) 2003年

 ブクログ http://booklog.jp/item/1/4198918996

 読書メーター http://bookmeter.com/b/4198918996

寝台特急カシオペアを追え (祥伝社文庫 に) 2009年

 ブクログ http://booklog.jp/item/1/4396334745

 読書メーター http://bookmeter.com/b/4396334745

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


    

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2016-01-29 (金) 八法亭みややっこの憲法噺

[]八法亭みややっこの憲法八法亭みややっこの憲法噺を含むブックマーク 八法亭みややっこの憲法噺のブックマークコメント

 八法亭みややっこの憲法噺 八法亭みややっこの憲法噺 


 著者の飯田美弥子さんは弁護士ですが、高校時代落研所属していたために落語の知識があり、その他にも茶道書道素養もあるとか。

“芸は身を助く”ですね。


  

安倍様、些少でございますが、どうぞこれを。」

「おお、東電屋。いつもながら気が利くな。」

安倍様、瓦版屋にも鼻薬を効かせてございますので、どうぞご安心ください。」

東電屋。おぬしも……悪よのう。」


 

……と街頭演説披露したところ受けたので、憲法の講演を落語でやり始めたそうです。

 本書は、わずか76ページの小冊子。

 憲法講演の落語がそのまま入っているのかと思っていたら、書き下ろしの小文集でした。

 小さな項目ごとに分かれているので、隙間時間にでも少しづつ読んでいくことができます

 内容は、現行憲法解説と、自民党改憲案の批判

 俳句音楽などにも話題は飛んで、色々な知識や素養をお持ちのようですね。


  

 山口誓子について触れられています

 この方、神風特攻隊が、行きの分の燃料しか積まずに飛び立つような戦局のころ、

「海に出て 木枯らし 帰るところなし」

という句を発表した。

 これが物議をかもしまして、これは、特攻隊作戦批判した反戦の句ではないか、という声があがったそうです。

 戦後安全に物が言えるようになってから、誓子本人が、その意味だったと明かしたそうですが、当時は、はっきり言わない。言えば、非国民というレッテルを貼られて、拷問されるのは、知れてますからね。

 この俳句にこんな意味があったのですね。戦争中の言論弾圧想像できる逸話です。このような時代に再びしてはいけませんね。

 ところで、私はこのブログのPR活動のためにブログランキングに参加しています

 ほとんど誰も押してくれないので毎日自分クリックするのが日課です。

 クリックすると、読書カテゴリの上位ブログが表示されます。(当然私のブログは下の方に沈没して見えません)

 その上位の方に、毎日1冊読むのが自慢という偉そうな肩書きブログが居座っています

 その方が

憲兵が家まで入ってきて平和を願う人を逮捕する暗黒の社会イメージは間違い」

治安維持法革命家を取り締まるための法律だった」

とかいうような意味のことを書いていて仰天しました。

 毎日1冊本を読んでいてもこんな認識では読書する意味がありませんね。

 この人にとっては読書とは自分偏見を強化しているだけなのです。

 とはいえ、読書量でもアクセス数でもランキングでも私の完敗で相手にならないのが悔しい。(皆様、ぜひ私のブログランキングクリックお願いします!!)


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


  

 閑話休題。実は本書では、山口誓子のこの俳句エピソードについて、もう一つ興味深い事実について述べられています

 実はこの俳句元ネタがあって、本歌取りだった!もし特高警察俳句の件で逮捕された時、山口誓子が弁明するつもりだった切り返しとは!?

 ぜひ本書を購入して読んで頂きたいと思います


  

 最後に本書から引用


 

日本国民は、67年前、戦争なんかしたら、国民は不幸になるだけだ、何もいいことなんかない、と身に染みて思ったのです。だから平和主義

 これを、ユートピアと一蹴するのは、戦争反省していない人、戦争という選択肢を捨てきれなかった人の言い草です。謙虚さの欠片もない。平和主義害悪というなら、まずお前さん達が戦争においでになるんでしょうね?と言いたいです。」


 八法亭みややっこの憲法噺 武器としての笑い (岩波新書) 武器としてのジョーク (1981年) 安倍政権を笑い倒す (角川新書)


出版社ページ http://kadensha.net/books/2014/201405miyayakko.html

   

今の憲法日本の宝、世界の宝〜八法亭みややっこの憲法噺(飯田美弥子氏)

 伊藤塾明日法律家講座」レポート | マガジン9

  http://www.magazine9.jp/article/ashita/22472/

法学憲法研究所 書籍『八法亭みややっこの憲法噺』

  http://www.jicl.jp/now/ronbun/backnumber/20140519.html

八法亭みややっこの憲法福岡県弁護士会

  http://www.fben.jp/bookcolumn/2014/06/post_3989.html

紙上落語 自民党改憲案を斬る! 八法亭みややっこの憲法

  http://www.min-iren.gr.jp/?p=23298


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4763407007

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4763407007/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4763407007


■[憲法]「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160125/p1

■[憲法]安倍晋三を嗤う 笑いを制する者が言論戦を制す!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150810/p1

■[憲法]お笑い公明党 トンデモ創価学会

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150824/p1 

■[日々の冒険]ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれない

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160118/p1

■[憲法]安倍政治の行き着く先 オーウェル『1984年』の世界

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150715/p1

■[憲法]戦犯末裔よりも戦争に反対して弾圧された者の末裔特集してほしい

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150804/p1

■[憲法]「憲法改正悪徳詐欺」の手口

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140131/p1

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160129

2016-01-26 (火) 内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したの

[]内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのか 内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのかを含むブックマーク 内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのかのブックマークコメント

 内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのか 内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのか  


 内部被曝とは、放射性物質を体内に取り込むことにより、体内で被曝すること。放射線遺伝子を傷つけるので人体への影響は大きい。


 

 wikipedia:被曝


  

 福島原発事故後、内部被曝についてはタブー視されている感があります

 本書によると、広島長崎での原爆でも、内部被曝については隠蔽されたといいます


 

「背景には、『核兵器破壊力はあるが、放射線で長期にわたり苦しめるものではない』としたい米の核戦略があった」  

アメリカ

核兵器は通常兵器と同じ。放射線で長期にわたり命を脅かすことは無い」

という核兵器虚像を描くために、内部被曝を隠ぺいする

被爆から放射性の埃が無いことにし、内部被曝を「生じようがないもの」にしました)

という核戦略が強行されました。」


 

 そのため、広島では、床上1メートルの大洪水の後に、長崎では1300ミリの豪雨の後に放射線測定をして

「放射性の埃はこれだけしかなかった」

ということにされました。

 本書を読めば、広島長崎原爆での放射線被曝線量の公式研究は、支離滅裂でいい加減なものだと分かります

 このように、公正である医学データ研究も大きな権力によって捻じ曲げられることがあるのです。

 そしてそれは今現在まで続いており、現在進行形であり、今後も続いていくのでしょう。


 

ECRRは、チェルノブイリの影響を世界中疫学調査をした結果、平均値として「内部被曝実効線量は外部被曝の600倍」としています内部被曝特性考慮すると妥当な大きさです」

内部被曝を切り捨てる政府を支える学者ICRP論者が外部被曝の3%等と言っているのはとんでもない過小評価です」


  

 内部被曝の怖さが分かる事件としてラジウムガール事件というのがあります

 夜光時計文字盤にラジウムを塗る時、筆先をなめて整えていたら、口の周りが内部被曝でひどいことになったという。


  

 医療被曝でがんになる、などと風評被害をまき散らしている近藤誠という医師がいます

 この方の文章を読むと、内部被曝に関しては過小評価しているようです。

 原子力ムラ曽野綾子と野垂れ死にを推奨する共著があるところを見ると、ICRP論者なのでしょうか。

 内部被曝への疑惑の目医療被曝に向けるための工作員として、原子力ムラにとって都合の良い言動をしていると思います


  

■[健康]CT検査で数十年後にがんになる確率が少しだけ高くなる

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140531/p1

■[健康]CT検査で数十年後にがんになる確率が少しだけ高くなる(2)

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140601/p1

■[健康]受ける?受けない?エックス線CT検査医療被ばくのリスク

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150104/p1


  

 wikipedia:国際放射線防護委員会 (ICRPから転送

 wikipedia:欧州放射線リスク委員会 (ECRR

 wikipedia:国際原子力機関 (IAEAから転送


 

 なお、医療被曝と発がんの関係についての研究では、広島長崎での原爆被爆から計算して推測する、ということが行われます

 しかし上で見たように、広島長崎での観測がそもそも当てにならないものです。

 本書では、澤田昭二先生の以下の記述があります


  

内部被曝障害の仕組みが外部被曝と異なるのでX線やCTスキャンによる被曝比較することは適当でない。さらに、X線やCTスキャンは病気危険を減ずることの兼ね合いで覚悟して浴びるもので、こうしたことを無視した比較は二重に不適当である。」


  

 さて、本書は“市民科学者内部被曝問題研究会内部被曝問題研)”のメンバーが分担して執筆しています

 錚々たるメンバーが大集合です。

 しかし、内部被曝問題研のその後は活動が失速し、本書の出版が最大の成果でありピークだったのではないでしょうか。

 そういう事実を見ていると、財力も権力もない科学者市民がまとまって活動していくことの難しさを実感します

 やはり、財力も権力もある原子力ムラなりカルト宗教団体なりがスポンサーとなって世論誘導操作していく方式効率良いのです。だからこの世の現実は、財力も権力もある原子力ムラなりカルト宗教団体なりのやりたい放題の天下となっているのです。

 民主主義とはいっても、やはり財力や権力を持つ者が有利なのです。

 科学研究とはいっても、スポンサー意向によって捻じ曲げられることもあるのです。

 そういう風潮に一矢報いるためにも、我々一般市民勉強していかなければなりません。

 知は力です。御用学者に騙されない知識と思考力が必要です。


「信頼できる放射線専門家がほとんど前に出てこないうちに、政府の「放射能は怖くないキャンペーン」が高まっていく」

原発安全だと騙された国民住民が、今度は放射線は大して危険ではないと騙されようとしている。この状態を覆したいと、肥田舜太郎さんをはじめ、内部被曝の脅威を解き明かしてこられた方と出会い、歩んできました今こそ市民の手に科学を取り戻して自立すべきときです。そのためにともに尽力し、明るい未来を切り拓きましょう!」(守田敏也・ジャーナリスト


出版社紹介ページ http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/733


市民科学者内部被曝問題研究会内部被曝問題研) http://www.acsir.org/

市民科学者内部被曝問題研究会 ブログ http://blog.acsir.org/


市民科学者内部被曝問題研究会 北関東甲信越支部

  https://www.facebook.com/ACSIRkks/


原発推進派の「放射脳」がまき散らす「内部被曝特別視する必要がない」という都市伝説

  http://blogos.com/article/31413/

みんな楽しくHappy♡がいい♪

沢田昭二氏「放射線内部被曝研究の現状と課題

市民科学者内部被曝問題研究会・第一回総会シンポジウム4/22(動画・内容書き出し)

  http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1821.html

Peace Philosophy Centre

沢田昭二『放射線による内部被曝』−福島原発事故に関連して

  http://peacephilosophy.blogspot.jp/2011/04/blog-post_20.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4845112558

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4845112558/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4845112558


 内部被曝 (岩波ブックレット) 内部被曝の脅威  ちくま新書(541) 内部被曝 (扶桑社新書) 内部被曝の真実 (幻冬舎新書)


 裁かれた内部被曝―熊本原爆症認定訴訟の記録 低線量内部被曝の脅威―原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録 フクシマの真実と内部被曝 見えない恐怖 放射線内部被曝


 甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える: 福島で進行する低線量・内部被ばく 原発からの命の守り方: いまそこにある危険とどう向き合うか 肥田舜太郎さんが語る「いま、どうしても伝えておきたいこと」: 内部被曝とたたかい、自らのいのちを生かすために 子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から


■[学問]知っておきたい放射能の基礎知識 考え、議論するために

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110907/p1

■[健康]内部被曝時代必須の初歩的栄養

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20111114/p1 

■[学問]図説 基礎からわかる 被曝医療ガイド

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20111216/p1

世界を騙しつづける原発御用科学者たち

■[日々の哲学]低線量・内部被曝危険性 世界はこうしてダ・マ・サ・レ・た!

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120108/p1

■[健康][経済]日本医療制度の「既得権益」で守られているのは、一般国民なのです。

 沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本医療堤未果

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150913/p1

■[日々の哲学]最も悪質なニセ科学 原発事故で考える

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20111108/p1 

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

2016-01-25 (月) まさか生きている間に独裁や軍国主義の時代に逆戻りするとは

[]「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号 「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号を含むブックマーク 「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号のブックマークコメント

 週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] 週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] 


 安倍政権言論弾圧が激しくなり、TVから安倍政権批判的なコメンテーター追放されつつあります

 2015年末も、気骨あるジャーナリスト安倍政権による圧力で立て続けに降板させられました。


  

NEWS23アンカー岸井成格さん降板

古舘伊知郎さん「報ステ降板

NHK「クロ現」の国谷裕子さん降板


 

 もはや地上波TVは安倍政権言論統制下にあります

 私もブログツイッターで時々安倍政権批判したりしています

 私のような影響力のない一般人の小物は、言論の自由保障する日本国憲法が健在の限り、まだ言論弾圧対象外です。

 しかし来たる参院選もしくは衆参同日選挙憲法改悪議員3分の2以上を占め、憲法改悪されると、いよいよ私のブログ弾圧対象となります

 私も参院選もしくは衆参同日選挙までは小さな声を上げ続けるつもりです。

 しか憲法改悪議員3分の2以上を占め、憲法改悪された暁には、ブログツイッターを削除して逃亡し、以後は面従腹背で貝になるしかないでしょう。

 私が生まれ育ったのは戦後民主主義時代で、戦争軍国主義はおじいちゃんおばあちゃんの時代の昔のことだ、と思っていました。

 21世紀には世界中平和民主的時代になると思っていたものです。

 それが全く逆で、まさか生きている間に独裁軍国主義時代に逆戻りするとは思いもしませんでした。

 安倍晋三という戦後日本で最低最悪の総理大臣個人的趣味によって、日本独裁軍国主義時代になるのです。

 本当に安倍晋三は“恐怖の男”ですね。


  

 安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない 安倍政権のメディア支配 (イースト新書) 安倍晋三「迷言」録: 政権・メディア・世論の攻防 (平凡社新書) 国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)


 時代の正体――権力はかくも暴走する 安倍政権のネット戦略 (創出版新書) 右傾化する日本政治 (岩波新書) 安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機 (集英社新書)


■闘う言論空間を護れ 「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号(1)

  http://anaume101.seesaa.net/article/432678342.html

■闘う言論空間を護れ 「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号(2)

  http://anaume101.seesaa.net/article/432679336.html

あだち安人「サスティナビリティ」考

安倍政治」のメディア支配

  http://d.hatena.ne.jp/adayasu/20151229/1451396451

YAMACHAN飛騨山猿飛騨MAVERICK新聞(腐った検察権力迎合するマスコミ批判国連中心主義外交)

年末合併特集『「安倍政治」のメディア支配』を編集長が紹介!

  http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/869c6deddc23a823012765bfc48beac1

1+ 図書

 週刊金曜日 2015年 12/25・1/1 号 「安倍政治」のメディア支配

  http://jnsk-book.hatenablog.com/entry/2016/01/15/000000

御言葉をください2

安倍政治」のメディア支配

  http://kyurios.exblog.jp/21981677/


OLDIES 三丁目のブログ

■[憲法]安倍晋三を嗤う 笑いを制する者が言論戦を制す!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150810/p1

■[憲法]お笑い公明党 トンデモ創価学会

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150824/p1 

■[日々の冒険]ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれない

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160118/p1

■[憲法]安倍政治の行き着く先 オーウェル『1984年』の世界

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150715/p1


 

SF KidなWeblog

 星新一白い服の男」 2014年日本を予見する作品

  http://sfkid.seesaa.net/article/407910669.html

“ピロピロ”は始まっている!50年後の日本予言していたトラウマSF

『ピカピカのぎろちょん』(佐野美津男・著/中村宏・絵)

  http://sfclub.sakura.ne.jp/sano01.htm

  http://sfkid.seesaa.net/article/371097516.html


 

万年週末占い研究青年の覚え書き

■2016予言 驚異のシナリオ

  http://iching.seesaa.net/article/432561192.html

展望開運2015 村山幸徳師

  http://iching.seesaa.net/article/432016685.html

■[憲法]易経で考える日本平和民主主義の今後

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150830/p1

■[日々の哲学]吉凶悔吝プロセス原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130805/p1

■[日々の哲学]「君子」「小人」と原発問題

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130808/p1

■これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典

  http://iching.seesaa.net/article/430405799.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/B018W86KFA


   f:id:nazegaku:20160123151454j:image

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

2016-01-22 (金) まぼろしのルパン帝国 高橋実

[]まぼろしのルパン帝国 ファーストルパン愛に溢れた一冊 まぼろしのルパン帝国 ファーストルパン愛に溢れた一冊を含むブックマーク まぼろしのルパン帝国 ファーストルパン愛に溢れた一冊のブックマークコメント

 ルパン三世―まぼろしのルパン帝国 (ザ・ファーストTVシリーズ) ルパン三世―まぼろしのルパン帝国 (ザ・ファーストTVシリーズ) 


 昨年春、「ルパン三世DVDコレクション」でファーストルパンを見てブログ感想を書いていました。

 途中から『まぼろしのルパン帝国』という本の該当する部分を読むようになったのですが、この本はすごい!ファーストルパン愛に溢れた一冊です。

 著者は未発表の脚本とコンテも所持されているようで、放送された完成版と修正前のオリジナル版を比較しながら細かく深く分析していきます

 新解釈深読みてんこ盛りで、物語解釈とはこうやるものだとお手本にできそうです。

 また、衒学的な引用言及・薀蓄も多く、情報量と内容の密度が濃い濃い。

 活字が細かくページに字が詰まっていることもあいまって、なかなかページが進まない。

 後日、何かの研究発表をする時のお手本にしようと思って、本書の論法メモしておきました。

 しかし「(ザ・ファーストTVシリーズ)」って、何よ!?


(以下、個人的メモネタバレ注意!!)


第6話 雨の午後はヤバイ

めまいの中の泥棒探偵]カマイタチ殺人事件真犯人は、いったい誰だったのか?

 ↑以下、原書ではサブタイトルは3行表記ですが、当ブログでは1行で表記します。

 この章は見事。よく考えると謎の多い第6話をうまく解釈しています

 というか、マニアの皆様は皆そこまで補完していたのでしょうか?

 ここまで思い至らないとマニアとは言えない、ということなのでしょうか?

 私の場合説明不足の映画などは

「ここが分かりましぇん……」

ブログに書くことが多いのですが、それは読みが甘い証拠だ。

 今後、映画アニメ感想文を書く上で、本項目を読んで受けた衝撃は忘れないよう自戒


第10話 ニセ札つくりを狙え!

ニセ札を巡る三つの寓話 どうしてルパンは、盗むことを忘れて殴り合いに熱中したか


 

 最初に、アニメ完成版のストーリーと、その脚本『3時に別れの鐘が鳴る』のストーリーが紹介されています

 後者大隅正秋による脚本で、前者は、それに高畑勲宮崎駿修正が入ったもの

 結構大きく違っています大隅版では、ウクライナの銀ギツネ(シルバー夫人)とウクライナ男爵は親子であり、男爵にはボルボという弟がいることになっています

 2つの脚本を比べてみると、確かに著者が指摘しているように、前者は“子どもたちにわかる”よう修正されたルパンであり、後者は“イキで大人指向”のルパンです。


「このどちらが<本物>で、どちらが<ニセ札なのだろう。」


と、問題提起されています


「これは凄い! 本物そっくりだ……いや、本物以上かもしれん。これはもう芸術だ。最高の芸術作品だ!」

というルパン台詞が挿入されると意味深です。


 ニセ札づくりを大隅版と高畑宮崎版に絡めて論じるなんて、すごい発想だ、研究論文とはこの発想が大切なのだと感服。


  

 ところで著者は、大隅版と高畑宮崎版のどちらに軍配を上げているのか、持って回った書き方なので、一見したところよく分かりません。

 私としては、どちらにもいい面があって甲乙つけ難い、どちらも選んで見比べたい、と結論付けたいと思います


第11話 7番目の橋が落ちるとき

現金に体を張るな!なぜ人質は不二子ではなく、美少女でなければならないのか?


  

 前話に続いて、今回も、アニメ版脚本版を紹介して比較されています

 何と脚本では、リーサの代わりに不二子が人質になる設定でした。

 そしてリーサはボルボ養子であり協力者であった、という仮説が大胆に展開されています

 そして7番目の橋をキーワードアニメ版脚本版を比較し、結論付けられています

 こんな風に解釈することができるのだ、と驚きの論文です。


第12話 誰が最後に笑ったか

「勝ったのは俺達じゃない」なぜルパン頭脳を使わず、金と暴力だけに頼ったか


  

 この12話の演出クレジット大隅正秋となっていますが、やはり高畑勲宮崎駿による修正がされているようです。

 この12話が放送された日から41日後、浅間山事件が発生。

 ハヤテ陣営連合赤軍類似点を指摘しながら、アニメ版脚本版を比較して論じられています

 すごく深い読み方ですね。こんな論考を読んでしまうと、今後軽々しく文章が書けなくなってしまいそうです。


第13話 タイムマシンに気をつけろ!

ルパン結婚葬送曲]ルパンはどうして、未来から来たターミネーターを殺さなかったか


ターミネーター』などの先行作品を例に挙げ、タイムスリップものタイムパラドックスについて論じる。

 原作や初期脚本では魔毛は殺されることになっていたが、完成したアニメ版では殺されず、逃げています

 これには深い意味があったんだ!!……と指摘。


第14話 エメラルド秘密

仮面舞踏会は不死身猫と]銭型警部は、どうして目の前の不二子に気付かなかったのか?


峰不二子」をアナグラムすると、「フジミネコ」。

 そこからエドガー・アラン・ポーの『黒猫』や江戸川乱歩の「本格推理小説三原則」を持ち出して、本話を“本格推理”として論じ、峰不二子について論じる。

作品論”とはこんな風にするのだというお手本。


第15話 ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう

[銭型に捕まって黄金像をいただこう!]ルパンは、どうして“バカ銭”に二度目の逮捕を許したか


 権力ゲームという観点からルパンの行動を分析


第16話 宝石横取り作戦

[空翔ぶ<新家族>]新妻不二子は、どうやって亭主ルパンの尻を叩いたのか?


 第14話の後、ルパンと不二子が結婚したという仮定で、不二子を、現実直視し始めて亭主に不満を持ち始めた新妻という観点から論を進める。

 修正前の脚本では、ルパン1世を知るという骸骨男が登場しているという指摘も。

 そして最後は<家>と<家族>論につながるという、大胆な論考。


第17話 罠にかかったルパン

[<新しい女>、百年の孤立]なぜ不二子は、髪を切り、オートバイを捨てたのか?


 映画歴史歴史的俳優女優に絡めながらルパンを、不二子を語る!

 大隅不二子と高畑宮崎不二子の違いは?


第18話 美人コンテストマークせよ

[あるルパンおたく自己言及ルパン製箱詰め少女に、青年はいかに反応したか


 本書担当編集者?が本話のビデオを見ながら著者に挑戦して語る!という形式

 色々文体に工夫していることは分かりますが、読みにくいです。


第19話 どっちが勝つか三代目!

[初代ルパンの華麗なる恋と冒険]なぜルパンは、宿命の対決にヤル気を失くしたか


 モーリス・ルブランアルセーヌ・ルパンシリーズについて色々と言及


第20話 ニセルパンを捕えろ!

[高貴にして卑俗なる日本的ヒーロー]“盗術書”第三十六条は、ドロボー村に何を伝えたか


 貴種流離譚やら日本フランス小説歴史などに触れながらルパン三世ヒーロー性について論じる。


第21話 ジャジャ馬娘を助けだせ!

[見いだされたクラリスの指環]“宮崎ルパン”のヒロインは、いかにライオン大帝と戦ったか


 牧田リエと小山田真希クラリスとリーサ・四人の少女の連環。

 黒澤明アメリカ映画などを引用し、帝国主義への挑戦まで。

 引用の幅が広い。ライオンキング著作権問題など、取り上げただけで結論に至らない話題も。


 

第22話 先手必勝コンピューター作戦!

電脳迷宮のランナウェイ]ルパンは、いかにして電気洗濯機に敗北したか


 コンピュータの発展に絡めて。


第23話 黄金の大勝負!

[あばよ、ニッポン!]ルパンはなぜ、<ルパン帝国>を自らの手で破壊したのか?


 コミック正編最終回脚本版と比較しながら、ルパン帝国破壊について考察


出版社ページ  http://filmart.co.jp/books/manga_anime/2006-9-12tue-120/


アブソリュートエゴレビュー

 ルパン三世 First TV Series (その1)

  http://blog.goo.ne.jp/ego_dance/e/50b7bf27c38d1996ffa41b49e0bd1a55

 ルパン三世 First TV Series (その2)

  http://blog.goo.ne.jp/ego_dance/e/b56857fef121d42a0c947a1480b19bdb


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4845994356

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4845994356/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4845994356


ルパン三世ガンダム天才バカボンファーストが一番!

 講談社 ルパン三世DVDコレクション感想

1 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150311/p1

 2 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150319/p1

  3 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150409/p1

4 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150424/p1

 5 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150509/p1

  6 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150528/p1

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160122

2016-01-18 (月) ぼくがきみを殺すまで あさのあつこ

[]ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれない ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれないを含むブックマーク ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれないのブックマークコメント

 2015年年末朝日新聞夕刊で連載していた、あさのあつこさん『ぼくがきみを殺すまで』が終了しました。

 架空世界物語で、カタカナ人名が登場するファンタジー的な舞台でしたが、描かれている出来事は生々しいものでした。

 架空世界物語なのですが、設定がしっかりと描き込まれていて、リアリティありました。

 共存していた2つの民族がやがて憎しみ合い、戦争を始めるまでには、このような過程を辿って行くという。

 現在日本に住む我々にとっても他人事ではないようなリアリティある描写でした。

 この物語で描かれたのは、70年ほど前に我々が体験したことであり、近いうちに我々が経験することであるのかもしれません。

 実はこの物語の設定があまりにうまく練られていて作りこまれていたので、本当にある世界のような気がして、物語にのめり込んで、もっと長く続いてほしかった。

 意外と早く終わってしまったので「ぼくがきみを殺すまで」ロス状態

 朝日夕刊小説では、子どもテーマにした短いシリーズが4本続いて、その最後の4本目が本作でした。

 本作品短期シリーズに収まりきらないテーマなので、たっぷり期間を取って描いてほしかった。


  

 L=エルシアが最後どうなったのか、最終回では描かれていません。

 ファルドは助けに来るのでしょうか。

 本作のタイトルも気になります

「きみがぼくを殺すまで」なら、ファルドが死刑執行人となってLを処刑するということが考えられます

 今回の主人公は明らかにLなので、このタイトルでは、Lが誰かを殺すという意味になります

 私の考えでは、戦争批判的だったLでも家庭の事情などで戦争に参加せざるを得なくなり、教官となって若い世代戦争を教えたり、自分戦場に出て戦う事態になったことを表したタイトルだと思います

 これは、Lのみに当てはまることではなく、Lやファルドの国の人々など、戦争を始めた国の人全てに当てはまることです。

 当然、今後日本戦争を始めれば、我々にも当てはまることなのです。


  

「重いテーマ物語としてだせるか試される」 あさのさん、来月から夕刊連載小説

  http://www.asahi.com/articles/DA3S11931868.html

佳境「日常、きちんと描く」 あさのあつこさん、夕刊小説「ぼくがきみを殺すまで」

  http://www.asahi.com/articles/DA3S12084303.html


  

宇宙SFその他のメモ

 ぼくがきみを殺すまで (あさのあつこ 著:朝日新聞夕刊連載)

  http://x2babylon5blog.blog111.fc2.com/blog-entry-319.html

湘南オアシスから

 ディストピアを生きる

  http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/231

鷹の爪団の吉田くんはなぜいつもおこったような顔をしているのか

 『ぼくがきみを殺すまで』がいつの間にかおわっていた

  http://parupisupipi.seesaa.net/article/432598949.html

ベル・ブック〜学校図書館航海日誌

「ぼくがきみを殺すまで」あらすじ

  http://ameblo.jp/doro-monnsuta-ka-do/entry-12109354588.html

朝日新聞に連載していたあさのあつこさんの、

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13154102788


  

■[日々の冒険]特撮怪獣スぺクタドラマ 荒神 宮部みゆき

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140430/p1

■[日々の冒険]筒井康隆聖痕』(ネタ晴らし注意!)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130313/p1

■[日々の冒険]今野敏『精鋭』連載終了

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20141002/p1


  

■[憲法]安倍政治の行き着く先 オーウェル『1984年』の世界

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150715/p1


  

SF KidなWeblog

 星新一白い服の男」 2014年日本を予見する作品

  http://sfkid.seesaa.net/article/407910669.html

“ピロピロ”は始まっている!50年後の日本予言していたトラウマSF

『ピカピカのぎろちょん』(佐野美津男・著/中村宏・絵)

  http://sfclub.sakura.ne.jp/sano01.htm

  http://sfkid.seesaa.net/article/371097516.html

世界2008年 福島正実が予見した21世紀初頭の日本

  http://sfkid.seesaa.net/article/414769703.html

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2016-01-11 (月) 脳波操縦士 蘭郁二郎(ネタバレあり!!)

[]脳波操縦士 蘭郁二郎ネタバレあり!!) 脳波操縦士 蘭郁二郎(ネタバレあり!!)を含むブックマーク 脳波操縦士 蘭郁二郎(ネタバレあり!!)のブックマークコメント

 脳波操縦士 脳波操縦士


 語り手が旅先でマッドサイエンティストとその美しき同居人出会い……という展開は

火星魔術師』と同じです。


■[速読読書]火星魔術師 ディレッタンティズムと秋の高原

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150519/p1


が、本作品に登場する森源(森田源一郎)は『火星魔術師』の志賀健吉と違って常識を持ち、野菜作りで村おこしもするし、文学的哲学的であり愛すべき人物です。

 その違いが物語の展開を味わい深くしています


  

(以下、ネタバレあり)




3. 1 4 1 5 9 2 6 5 3 5 8 9 7 9 3 2 3 8 4 6 ……

「みひとつひとついくにむいみいわくなくみふみやよむ……」

「身一つ、世一つ、生くに無意味、曰くなく御文や読む……」


 

 円周率πをこんな風に読ますとは。

 考える方もすごいし、解読する方もすごい。

 森源がすごいのは当然ですが、語り手(遠藤)も結構それに匹敵する頭脳を持っているのでは?


 しかし、脳波が偶然同じだった、ってありうるのだろうか?

 自分脳波他人脳波区別する設定があるのだろうか?

 それよりむしろ、パスワードを設定しないと他人wifiでもつながることができるようなことをイメージする方が分かりやすくないか?

……と、無線ネットにつながることができる現代では、新たな解釈もできるのだった。


図書カード:No.43436 脳波操縦士 蘭郁二郎

  http://www.aozora.gr.jp/cards/000325/card43436.html

   http://www.aozora.gr.jp/cards/000325/files/43436_24883.html


探偵小説ミステリー読書記録 脳波操縦士蘭郁二郎

  http://ramponosekai.blog54.fc2.com/blog-entry-1135.html

書物と音盤 批評耽奇漫録

 蘭郁二郎脳波操縦士」☆ 意味深な深みがある古典SF

  http://ameblo.jp/erroy3911/entry-11363603737.html


ブクログ

 http://booklog.jp/item/7/043436

 http://booklog.jp/item/1/B009M8RRLG

読書メーター http://bookmeter.com/b/B009M8RRLG

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600

速読読書カテゴリは、私が速読の練習のために使用したテキスト感想を述べていくカテゴリです。

   →バックナンバーへ

■[自己啓発]30万円の速読講座から脱落した私が勧める速読訓練ソフトは、これだ!!!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150623/p1


  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

2016-01-04 (月) 砂川奇勝 住宅街の公園の中の異次元空間

[]砂川奇勝 住宅街公園の中の異次元空間 砂川奇勝 住宅街の公園の中の異次元空間を含むブックマーク 砂川奇勝 住宅街の公園の中の異次元空間のブックマークコメント

 今から3年前の2013年正月休み砂川奇勝を見に行きました。

 その時の感想文が残っていたので今頃公開しておきます

 3年間の間で私個人も色々変わったし、社会も変わりました。

 砂川奇勝は今も変わらず存在しているのでしょうか。

  ……………………………………………………………………………………

和泉砂川」の駅名は、砂川奇勝に由来するという。

    wikipedia:和泉砂川駅

からおよそ200万年前に始まる洪積期に、海の底の砂や粘土が積み重なったものが隆起し、丘陵となったもの。白くむき出した地肌が、何かを象徴するように形づくり、そびえている。土質がとても弱く、長い間に雨水などに削られ、今のような奇妙な形になった。この削られた砂が川のように流れるのを見て、砂川という地名がついたという。

  http://www.jalan.net/kankou/270000/273800/spt_27228ab2042005020/?spotId=27228ab2042005020&afCd=&rootCd=&screenId=OUW4001

 地図を頼りに住宅街の中を自転車で走りました。

 坂の下でようやく公園発見。その公園を奥の方に行くと、異空間が広がっていました。

   f:id:nazegaku:20130103161624j:image   

 小規模ながらも崖と谷のミニチュアのような地形で、なかなか迫力あります

 実際に崖を登ったりできるのがすごい。

 ちょっとしたサバイバル気分を味わえますね。

   f:id:nazegaku:20130103161755j:image  f:id:nazegaku:20130103163421j:image 

 公園の高さが丁度谷の底になっていて、そこから崖を上ると、そこに大地が広がっていて、そのすぐ側に民家や道路が迫っています

   f:id:nazegaku:20130103162335j:image   

 昔はこの辺一帯が砂川奇勝のような地形だったんでしょうね。

 それを切り開き、住宅地にして、残った部分が住宅地公園に囲まれて保存されているのでしょう。

 部分的に残っている今でも迫力あるのだから、昔は壮観だったでしょうね。

 山を切り開いたり海や池を埋め立てて住宅街にする人間文明もすごいもんですが。

   f:id:nazegaku:20130103163041j:image  

 しかしこの砂川奇勝、触ってみると意外と柔らかくてもろい。

 風雨にさらされているうちにどんどん浸食されていかないでしょうか。

 崖の上の平地も崩れていっているみたいだし。

愚公山を移す」の故事も、砂川奇勝なら可能な気がします

 数年前に比べて小さくなっていませんか?

   f:id:nazegaku:20130103164202j:image  

 それに、子どもが落ちて怪我したりしないでしょうか。

 本当に、入っていいのでしょうか?立ち入り禁止じゃないでしょうか。

   f:id:nazegaku:20130103163547j:image  

 ともかく、子ども達が遊んでいる奥にこのような異次元空間が残されているのはちょっとしたセンス・オブ・ワンダーです。


  

写真は何枚か撮りました。この写真から順番に見ることができます。)

  http://f.hatena.ne.jp/nazegaku/20130103161559


■[ありゃま紀行]今はなき楽園 砂川遊園展

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20141209/p1


  

泉南市観光資源自然体験

  http://www.city.sennan.osaka.jp/syoukou/kankou01.htm#sunagawa

泉南市公式サイトより 砂川奇勝(泉南市信達市場

  http://www.city.sennan.osaka.jp/~maibun/bunkazai/sunagawakisyou.htm

白砂岩のミニナイアガラ

  http://welcome-sennan.com/tourist-spots/sunagawakisho


ありのまま生きてこう 自分を磨きながら

 阪和電気鉄道 昭和初期の面影 その27 砂川遊園・砂川奇勝

  http://blogs.yahoo.co.jp/rushdoor/26171959.html

gooな話し

 砂川奇勝 「すながわきしょう」 泉南市

  http://blog.goo.ne.jp/v_goo_kazu_san/e/bef70642a6bd32ad02094844b78cba9e

廃人グダグダ旅行

 住宅街にある不思議光景 (砂川奇勝・大阪

  http://inuyamakobeji.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


    

  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160104


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2525277  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |