Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2016-09-28 (水) 斎藤家の核弾頭 篠田節子

[]斎藤家の核弾頭 篠田節子 斎藤家の核弾頭 篠田節子を含むブックマーク 斎藤家の核弾頭 篠田節子のブックマークコメント

 斎藤家の核弾頭 (朝日文庫) 斎藤家の核弾頭 (朝日文庫)


   

 高度管理社会となった日本近未来

 裁判コンピュータ化により職を失った最高裁裁判官斎藤総一郎は、地上げ屋嫌がらせに抵抗しているうちに、成り行き上話が大きくなっていき、ついには国家に対して独立宣言をすることに……。

 1997年書き下ろしされた長編小説ですが、2016年現在日本にも通じるキーワードをそこかしこに見つけることができます

 豊洲市場移転問題沖縄高江問題国民総背番号制原発問題、核による軍拡競争優生学、その他ジカ熱はしか問題など……。

 その他何が読み取れるのか、挑戦してみるといいでしょう。

 例えばこの小説では、有毒ガス汚染された成田飛行場跡や放射能汚染された原発跡地に盛り土をして、国家にとって不要となった国民実験動物として住まわせるのです。

 豊洲市場移転問題原発事故地域への強制帰還を思わせます

 大友克洋AKIRA』が東京オリンピック予言していた、と話題になりましたが、本作品も、未来を予見していると思います

 2011年大地震記述もありますから


   

AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!

  http://tocana.jp/2014/02/post_3594.html


     

 本作品はあらすじだけを読むと、コメディタッチで楽しめる物語かと思ってしまうのですが、なかなか重苦しい物語で、気分爽快とはいきません。

 そもそも高度に進んだ管理社会国家に抵抗するのは、大変なことです。

 公民館に集まった近所の仲間も烏合の衆です。

 一致団結して大いに戦おう!なんてハリウッド映画のような展開にはなりません。

 私のイメージとしては、『1984』や太平洋戦争日本軍の戦記などと同じ、重苦しい読書でした。

 そもそも先頭に立って戦う指揮官斎藤総一郎に共感できません。

 私が総一郎の妻・美和子さんなら、早急に見限って実家に帰るか、有賀さんに頼み込んで連れて行ってもらうと思います


 

 本作品には単行本版、朝日文庫版、新潮文庫版があります

 朝日文庫版の解説斎藤美奈子さんです。


  

 なお、ネタバレブログでは、本作品に描かれた男系女系問題について論じています

 そういえば本作品では天皇制についての記述はありません。

皇居皇族存在し、元号が使われているのだから天皇制が存続していることは確実です)

 なお、物語は2075年(成慶58年)の出来事となっています

 計算すると、成慶元年は、2017年ということになります。ムムム……。


少年少女ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)

 斎藤家の核弾頭 篠田節子 ネタバレ感想

  http://sfclub.sblo.jp/article/177059584.html


 

  斎藤家の核弾頭 (朝日文庫) 斎藤家の核弾頭 斎藤家の核弾頭 (新潮文庫)


 

 wikipedia:篠田節子


 

ほんだらけ 『斎藤家の核弾頭篠田節子

  http://uririn.jugem.jp/?eid=256

ワカバノキモチ 朝暮日記 【読書】 斎藤家の核弾頭 / 篠田節子

  http://asakure.exblog.jp/21500677/


 

WEB本の雑誌 今月の新刊採点<文庫本班> 斎藤家の核弾頭

  http://www.webdoku.jp/shinkan/0109/b_saitou.htm

だいきん日記 Ver.6 @WP 斎藤家の核弾頭

  http://daikin.ddo.jp/2001/09/19_%E6%96%8E%E8%97%A4%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%A0%B8%E5%BC%BE%E9%A0%AD.html

フィンのレビュークワドラント 斎藤家の核弾頭

  http://matuzawa.net/fin/today/book/book55.htm

書評篠田節子斉藤家の核弾頭」(朝日文庫

  http://minato.sip21c.org/bookreview/saito-ke.html


■[憲法]安倍政治の行き着く先 オーウェル『1984年』の世界

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150715

■[自己啓発]5年間の時代の流れを的確に的中させていた!驚きの自己啓発書

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20121210/p1

SF KidなWeblog

 星新一白い服の男」 2014年日本を予見する作品

  http://sfkid.seesaa.net/article/407910669.html


 

ブクログ

  http://booklog.jp/item/1/4022642181

  http://booklog.jp/item/1/4101484120

  http://booklog.jp/item/1/4022571292

読書ログ

  http://www.dokusho-log.com/b/4022642181/

  http://www.dokusho-log.com/b/4101484120/

  http://www.dokusho-log.com/b/4022571292/

読書メーター

  http://bookmeter.com/b/4022642181

  http://bookmeter.com/b/4101484120

  http://bookmeter.com/b/4022571292

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160928

2016-09-22 (木) 見世物大博覧会@国立民族学博物館

[]見世物博覧会国立民族学博物館 見世物大博覧会@国立民族学博物館を含むブックマーク 見世物大博覧会@国立民族学博物館のブックマークコメント

 国立民族学博物館で開催中の特別展見世物博覧会」を見てきました。


   

特別展見世物博覧会

  http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20160908misemono/index


   

 行きのJR(関空快速)や御堂筋線はぎゅうぎゅう詰めでほとんど立ちっぱなしでへろへろふらふらの状態

 千里中央駅大阪モノレールを初めて見ました。子どもの頃想像していた未来の一部が実現しているようでびっくり!

 モノレールから見える景色は、自然豊かな環境なのですが、大規模な集合住宅が次から次に現れて、人口密度の小さい泉南市山の手でのびのび暮らしている私はまた驚いた。

 そこにあの万博公園が現れるんだからすごい。万博開催中の熱気はどれほどのものだったか。


 

f:id:nazegaku:20160911115757j:image


   

 それで「見世物博覧会」は、撮影不可の資料が並べてあるだけで、それは図録に全部掲載されています

 図録を購入すれば、満員電車に立ちっぱなしで疲れた足で歩き回る必要もなくゆっくり見られます


   

特別展見世物博覧会

  http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20160908misemono/catalogue


   

 ただ、映像資料を見られるのは、直接来館した人のみ。

 人間ポンプ芸の安田里美さんの芸が短いながらも放映されていて、これは貴重。

 これ、特撮じゃないですよね。実際に見ないととても信じられない芸。

 特別な胃や身体構造をしていたらしい。

 寺山修司の「身毒丸」の音楽や歌も魅かれるものがありました。

 寺山修司の劇については、何だか不気味なイメージがあったのですが、見せ物の復権を目指したものだったのですね。


 

 wikipedia:寺山修司 wikipedia:天井桟敷 (劇団)


  

 密かに江戸川乱歩世界のような不気味なものを期待していたのですが、展示のほとんどは健全ものでした。


 

 見世物稼業―安田里美一代記 見世物探偵が行く 幕末明治見世物事典 見世物〈4号〉―見世物学会・学会誌


 

 見世物小屋の文化誌 日本見世物世紀末―蛇女、ろくろ首、クモ娘…祭りの怪しげな主役たち登場 見世物はおもしろい (別冊太陽―日本のこころ) 大いなる小屋―近世都市の祝祭空間 (叢書 演劇と見世物の文化史)


 

国立民族学博物館 http://www.minpaku.ac.jp/


   

月刊みんぱく2016年9月号 特集見世物博覧会

  http://www.minpaku.ac.jp/museum/showcase/bookbite/gekkan/201609


 

 wikipedia:国立民族学博物館


 

ゆる江戸 『見世物博覧会』の内覧会へ行って来ました!

  http://mglory55.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

見世物」の世界を観に行こう。『見世物博覧会』@国立民族学博物館

  http://www.arthajime.com/writers/?p=2383


 

見世物小屋〜旅の芸人人間ポンプ一座』(1997年/カラー/119分)

 監督北村皆雄 

 制作ヴィジュアル フォークロア

   http://www.uplink.co.jp/event/2013/7760

ニッポンの、みせものやさん』(2012年/日本/デジタル/90分)

 監督:奥谷洋一

 配給:スリーピン

   http://www.uplink.co.jp/movie/2013/7434

   http://www.dokutani.com/

   https://twitter.com/dokutani_films

立誠シネプロジェクト 特集見世物小屋

   http://risseicinema.com/movies/1778


 

 wikipedia:見世物小屋


 

見世物小屋 今は亡き夏の祭り風物詩 - NAVER まとめ

  http://matome.naver.jp/odai/2136058351061867201

日本最後の一軒になった見世物小屋とは - Excite Bit コネタ(1/3)

  http://www.excite.co.jp/News/bit/E1354613587123.html

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

2016-09-17 (土) 算法少女 学問も人生も清く楽しく美しく

[]算法少女 学問人生も清く楽しく美しく 算法少女 学問も人生も清く楽しく美しくを含むブックマーク 算法少女 学問も人生も清く楽しく美しくのブックマークコメント

 算法少女 (ちくま学芸文庫) 算法少女 (ちくま学芸文庫) 


 

 江戸時代和算書に『算法少女』という書があるそうです。

 平章子という女性父親千葉桃三の協力の下に書いた書物だそうですが、詳細は不明

 この執筆の際にどのようなやり取りがあったのか、作家遠藤寛子さんが想像して描いた物語です。


   

 主人公千葉あきも、その父親千葉桃三も、その他有馬頼徸も、藤田貞資も中根宇多も本多利明も鈴木彦助も山田多門も木賃宿の子どもたちも町の子どもたちも谷素外も、各々が自分に与えられた境遇の中、不満も言わずあきらめず最大限に学問を学び・楽しみ・一生懸命人生を送っています

 清く楽しく美しく。学問人生に対する姿勢を考えさせられます


  

数学資料館」というサイトでは


   

「この本は小学生から大人まで、とくに高校生の時一番読んで欲しい本である


   

と書かれています

 確かに、私もそうありたかったですね。

 若い時は、なぜ勉強するのか、特に数学なんて何の役に立つのか、と反発するものですが、本来和算しろ学問しろ楽しいものだったのです。

 ただ、現在は、ゲームなどの刹那的な楽しみにあふれているので、学問の楽しさに気付きにくい時代です。

 学校先生方の教え方の工夫が必要かと思われます

 その意味で、本作品算法少女』を高校の授業に用いたという高校先生は素晴らしいと思います

 その先生をはじめ、色々な先生方の運動で、絶版になっていた本書が復刊されたという物語もあったようです。


   

 この『算法少女』、1973年岩崎書店の「少年少女歴史小説シリーズ」の一冊として出版されたそうです。

 ということは、私が小学生中学生だった頃の図書室に入っていてもおかしくはない状態です。

 ところが40を越える今まで、本書『算法少女』について知る機会はありませんでした。

(そういえば進研ゼミ情報誌の「おすすめ本」コーナーでチラッと見たような気がします。)

 今回、FeBeのポイントが失効する前に何か購入しようと思って探していたら、面白そうだったので購入したわけです。

 オーディオブックだと読む手間が省けて気楽ですが、数式や図形・挿絵解説などが見られないという一長一短があります


 

耳で読む本、オーディオブック 「算法少女」― 遠藤 寛子 配信中!


   

 私も中学高校時代に本書を読んでいれば、人生目的意識を持ってもっと良い人生を送っていたかのう。

 実際は、その期間は精神を病んで好きだった学問読書をする気力すら無くして人生から滑り落ちていたわけです。

 若い時期に本書とめぐり合う機会がなかったこと自体が、私が人生に失敗した象徴なのでしょう。


 

 算法少女 (ちくま学芸文庫) 算法少女 1 (SPコミックス) 和算書「算法少女」を読む (ちくま学芸文庫) 和算で遊ぼう!―江戸時代の庶民の娯楽


 

 wikipedia:算法少女


 

 wikipedia:算法少女 (小説) wikipedia:遠藤寛子 (作家)


 

算法少女 - アンサイクロペディア

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E7%AE%97%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3

 ↑この記述フェイクなのですか?


 

出版社紹介ページ

  http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480090133/

算法少女」この不思議の書をめぐって

  http://www.chikumashobo.co.jp/pr_chikuma/0609/060905.jsp


 

アニメーション映画算法少女』 -SAMPO SHOJO-

  http://artmic8neo.jougennotuki.com/sanpu_syoujo.html

制作工房赤の女王 算法少女 http://redqueen.oops.jp/sanpou.html


Osaka-cinema-cafe 算法少女江戸時代お話ですよ

  http://cinecafe.exblog.jp/17202870/

靄靄読書録 算法少女

  http://tuyu.jugem.jp/?eid=137


 

数学資料館 算法少女

  http://www.geocities.jp/nicht48/syoujyo/syoujyo.html


 

算数星人の中学受験お役立ち情報

 13才の少女がくり広げる江戸数学小説算法少女」約40年前に出版された傑作!

  http://sansu-seijin.jp/blog/archives/1275


 

少年少女歴史小説シリーズ 岩崎書店

  http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN03749171


 

復刊ドットコム 算法少女

  http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=8910

復刊ドットコム 算法少女秋月めぐる版)

  http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=63240

私が実際に聴いて良かったオーディオブックです。

  https://www.febe.jp/booklist/list/5064


 

ブクログ http://booklog.jp/item/1/4480090134

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4480090134/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4480090134

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2016-09-09 (金) 出版企画:映画に学ぶ会話術

[]出版企画映画に学ぶ会話術 出版企画:映画に学ぶ会話術を含むブックマーク 出版企画:映画に学ぶ会話術のブックマークコメント

 会話が続くコツ 会話が続くコツ


  

 何だかすごい名前の著者が書いた本。ペンネームなのだろうか本名なんだろうか。男性なのだろうか女性だろうか。

 私は会話が苦手で、類書を色々と読んできましたが、勉強だけは熱心なので本書も読んでみました。


  

笑福亭鶴瓶に学んだ「巻き込み力」とは?」

「まわりを巻き込む能力のある人は、リーダーシップ的なパワーも持ち合わせている」


  

オーストラリアラフティングに行った時のツアーガイドイニシアティブ

「メリハリのある素晴らしいイニシアティブ


  

「パネルディスカッションの「ファシリテーター(コーディネーター)」の重要性」


  

などに言及されています

 それぞれ面白そうな事例なのですが、残念なことに、実例が入っていません。

 著者だけが知っていても読者には伝わらない実例です。

 つまり、本書は、法則だけ挙げられていて、実例が驚くほど少ないのです。

アマゾンカスタマーレビューでも指摘している方がおられます


  

 まあ私も類書を沢山読んできましたが、悲しいことに体験実践する機会に恵まれません。

 それならせめて映画ドラマ・TV・小説マンガなどを見て疑似体験することが必要です。

 特にお笑いバラエティを見るのは会話の役に立つとは分かっているのですが、何せTVが映らないもんだから見ることが不可能です。


  

 だからまあ、私もこういった公式集・法則集みたいなハウツー書を読むより、小説マンガを読む方が会話のシミュレーションとなっていいのだと思います

 そのことにより色々な会話の実例を知った上でこういった公式集・法則集を読むと、頭の整理になるというものです。


  

 それで思ったのですが、映画ドラマを題材にして会話の方法を教える本というのは、一つの企画ではないでしょうか。

 このシーンから学べる会話の極意!とかいったような。

 この方法なら、鶴瓶師匠ツアーガイドのお手本が見られない、といったような不満もなく、実例を見ることができます

 また、逆に、作品案内にもなります

 こんな本があれば、映画ドラマを知らない私でも、レンタルする際の指標となるではないですか。

 そういえば洋画を題材にして英語を学ぶという本は現在でも色々と出ています。それの日本語会話版です。

 悲しいことに、私は英会話どころか日本語会話がままならないわけです。

 ともかく、どこかの出版社さんが出してくれないかのう。


 

 映画で学ぶ 英語を楽しむ English Delight of Movie English and TOEIC 世界の英語を映画で学ぶ 『ローマの休日』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック (映画観るだけマスターシリーズ) 1500語で話せる英会話 あの名作映画『シャレード』に学ぶ

 映画『交渉人』から学ぶディベート・英語交渉術 (Screenplay (104)) アカデミー賞映画で学ぶ映画(シナリオ)の書き方 映画で学ぶ憲法 映画で学ぶ国際関係 (広島修道大学テキストシリーズ) 映画に学ぶスポーツ社会学

   

 映画で学ぶ英語学 韓国映画で学ぶ韓国の社会と歴史 (キネマ旬報ムック) 哲学はランチのあとで -映画で学ぶやさしい哲学- 映画で学ぶ!心を揺さぶるコーチング


会話について、こんな本を読んできました。

  http://booklog.jp/users/diletanto?tag=%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&display=front


  

ブクログ http://booklog.jp/item/1/4799104020

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4799104020/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4799104020

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160909

2016-09-08 (木) 沢木耕太郎『春に散る』朝日朝刊連載小説 連載終了

[]沢木耕太郎『春に散る』朝日朝刊連載小説 連載終了 沢木耕太郎『春に散る』朝日朝刊連載小説 連載終了を含むブックマーク 沢木耕太郎『春に散る』朝日朝刊連載小説 連載終了のブックマークコメント

 春に散る  上 春に散る  下


 私はスポーツに興味ないというかむしろ嫌いな方で、ボクシングもそうなのですが、この連載小説は毎回面白く読ませて頂きました。

 ボクシング生活に未練のある4人の老人がシェアハウスで共同生活を始め、偶然出会った才能ある新人を育てるというアメリカンドリームならぬジャパニーズドリームストーリー

 しかし、やはり世の中はお金必要ですね。

 落ちぶれていた3人の老人が生きがいを見つけて再出発して立ち直れたのも、主人公の広岡がアメリカビジネス成功し、ある程度の資金を持っていたからでした。もし4人とも貧乏だったらここまで成功できたかどうか。

 一方でお金だけあっても、何か長所となるものがないと活躍できません。

 彼らには若い時に鍛えた身体ボクシング技術があった。

 長所となる技術を持っているのは心強いものです。


  

 広岡が日本帰国して不動産屋で住居を探す際、店員の佳菜子さんが親切にしてくれます

 なぜ私生活に渡ってここまで深くかかわってくるのか、出来過ぎの成り行きです。

 そしてあっと驚く佳菜子さんの特殊能力過去

 私としてはスポーツ関係話題より、こちらの話題の方が興味津々。


  

 ボクシング関係話題と言えば、翔吾と同門対決をして敗北した大塚さんはその後どうなったのでしょうか。

 真拳ジムもその後どうなったのでしょうか。


  

 しかし、この物語最後は、佳菜子さんにとって辛い最後です。

 佳菜子さんは今後ずっと後悔することになるのでしょうね。


 春に散る  上 春に散る  下


 wikipedia:沢木耕太郎


春に散る(上・下) [著]沢木耕太郎

小説で問う「世代交代」の意味

  http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017031900004.html


「春に散る」四人の行く先は

  http://digital.asahi.com/articles/DA3S12084352.html

始まりは「道から道へ」 沢木耕太郎さん「春に散る」連載を終えて 沢木耕太郎

  http://www.asahi.com/articles/DA3S12545077.html

生き方」より「在り方」 沢木耕太郎さん「春に散る」、加筆し書籍化

   http://www.asahi.com/articles/DA3S12765307.html


オールミーネット 春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

  http://allmenet.net/geinou/post-2702.html

本屋のとなりは写真館 春に散る 最終回 その3 今と違う人間関係

  http://b1enpituhonya.mynikki.jp/archives/65468182.html

しいたげられたしいたけ

 沢木耕太郎『春に散る』は、ひょっとしてそれからの『あしたのジョー』なんじゃね?

  http://watto.hatenablog.com/entry/20150512/p1

 細かすぎて伝わらない沢木耕太郎『春に散る』の『あしたのジョー』に対するオマージュ

  http://watto.hatenablog.com/entry/2016/08/31/220000


■[日々の冒険]マイストーリー 私の物語

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150401/p1

■[日々の冒険]ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれない

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160118/p1

■[日々の冒険]特撮怪獣スぺクタドラマ 荒神 宮部みゆき

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140430/p1

■[日々の冒険]筒井康隆聖痕』(ネタ晴らし注意!)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130313/p1

■[日々の冒険]今野敏『精鋭』連載終了

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20141002/p1

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160908

2016-09-05 (月) 読ませるブログ 樋口裕一 を読んで思ったこと

[]読ませるブログ 樋口裕一 を読んで思ったこと 読ませるブログ 樋口裕一 を読んで思ったことを含むブックマーク 読ませるブログ 樋口裕一 を読んで思ったことのブックマークコメント

 読ませるブログ (ベスト新書) 読ませるブログ (ベスト新書)


  

 小論文指導第一人者が書くブログ文章術。

 個性的で奇をてらったものではなく、基本に忠実な正統派文章指南です。

 人気者には面白い人が多いのですが、本書にもユーモア重要性について書かれています

 確かに、人気ブログになるにはユーモアセンス必要だと思います(私の苦手な分野です)。


 

 本書ではブログ設計図というか方針というかテーマというか立ち位置を考えることについて触れられています

 私が書いているブログは、最近はほとんど本や映画感想ばかりになりました。

 いわゆる“書評ブログ”の下っ端に位置しているのですが、豊崎由美さんによると「書評」というのも結構難しいもののようで、軽々しく名乗るものではないと思い知らされました。


  

ニッポン書評 豊崎由美】今後軽々しく“書評”を書けなくなる本

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110820/p1


  

 今後は「感想ブログから成長して「書評映画ブログ」と名乗れるよう、励んでいくつもりです。


 本書が発行されたのは2009年4月

 その後、ツイッターフェイスブックラインなどといったツールが普及しています

 樋口さんはツイッターフェイスブックなどについてはどう思われているのでしょうか。

 本書の続編としてツイッターやFB入門はあるのでしょうか。


 

 本書の「はじめに」で樋口さんは書かれています


  

「実は10年ほど前から、かなり絶望的な気分でいた。若者文章力の低下が甚だしいからだ。」

「それが、ブログ流行によって一変した。多くの人がブログを用いて、自分意見を発信することによって、社会は変化するだろう。多くの人が文章を工夫し、自己表現をし、自分意見を発信し、他者とやり取りをして、多様な価値観を身につけていくだろう。一人一人が成長し、社会全体も精神的に豊かになっていくだろう。」


 

 確かに、大部分の人が本書で樋口さんが指南しているような姿勢ネットに向かえば、そのような理想的社会が訪れたはずです。

 しかし、ネット社会現実は、

「悪貨が良貨を駆逐してしまった」

のが現実です。


 一昔前までは、現実社会の人前では「良識に反する」と言うことがはばかれていたような言説が、ネットでは堂々と語られて多数派を占め、それが現実社会フィードバックしてきている状況です。

 2ちゃんねるに代表される匿名掲示板やそのまとめサイトの悪影響によるところ大だと思います


  

 また、ツイッター文字数が140字と制限されているので、ブログのように論理的考察議論をすることに向いていません。

 さらに、タイムラインが流れていくので、その場限りでの短文での罵り合いに勝てば勝ちのようなところがあります

 驚いたことに、橋下徹片山さつきといった現実政治家ツイッターヘイト発言を繰り返し、ヘイト言動を煽っています

 橋下徹片山さつきツイッター使用の悪い例ではないでしょうか。


  

 さすがにフェイスブック実名登録から良識を持ったコミュニケーションができるだろうと思えば、あろうことか日本総理大臣安倍晋三フェイスブックは、邪悪ヘイトコメントのたまり場となっています

 これが一国の首相のFBと言えるのか、まるでテロリスト集団ボスのFBではないか


 

 首相政権与党やその補完勢力政治家が率先してSNSを使ってヘイト発言奨励している日本という国は、今後一体どうなっていくのでしょうか。


  

 私のブログ書評映画評メインでいくつもりですが、機会があれば右傾化軍国主義化していく日本批判する発言もしていきたいと思います

 応援よろしくお願いします


 

 読ませるブログ (ベスト新書) 読ませるブログ (ベスト新書)


   

 超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル ブログ飯 個性を収入に変える生き方 見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座 自分メディアのつくり方―“受信者”から“発信者”へポジションを変えよう (アスカビジネス)


■[日々の冒険]頭がよくなるクラシック入門 知的漫談

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20070114/p1

■[自己啓発]できる男に見せる法 本河裕

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160731/p1


 

ブクログ http://booklog.jp/item/1/4584122245

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4584122245/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4584122245

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160905


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2488932  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |