Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2017-10-06 (金) この世はすべて催眠術 エリクソンの現代催眠

[]この世はすべて催眠術 エリクソン現代催眠 この世はすべて催眠術 エリクソンの現代催眠を含むブックマーク この世はすべて催眠術 エリクソンの現代催眠のブックマークコメント

 この世はすべて催眠術―販売・説得・性格改善 会話しながら自然に催眠に入れてしまうNLP催眠法の極意 この世はすべて催眠術―話しているだけで催眠に入れてしまう現代催眠の技術と「無意識」活用法 (マインドエージシリーズ) ←新版旧版があります


 

 ミルトンエリクソンの始めた現代催眠について書かれている本。

 字が細かくて字数も多いけど、レイアウトが読みやすい(段組みになっていて1行当たりの文字数が少ない)ので読みやすい。


 知的な面において面白いことが色々書かれていてエリクソンが行った催眠の事例も紹介されています

 確かにエリクソン催眠能力は驚くべきものですが、実際にエリクソン催眠を行おうと思ってもどうやるのか分からない。本書をどう読めばエリクソン催眠ができるようになっているのでしょうか。私の能力では理解できません。

 第12章 真相アプローチの実際 は興味深い事例集。確かに著者らはエリクソン催眠の有能な術者だとは分かりますが、本書の記述がどう役に立つのかは私の能力では疑問。

 いっそのこと、エリクソンが行った催眠の事例集を読んで自分なりに学んでいく方が近道なのかもしれません。


 wikipedia:ミルトン・エリクソン

 wikipedia:神経言語プログラミング

 wikipedia:エリク・H・エリクソン


 この世はすべて催眠術―販売・説得・性格改善 会話しながら自然に催眠に入れてしまうNLP催眠法の極意 この世はすべて催眠術―話しているだけで催眠に入れてしまう現代催眠の技術と「無意識」活用法 (マインドエージシリーズ) 現代催眠入門―深層アプローチの技術 自分を変える31の方法―心理技法総カタログ 性格改善から創造性開発まで (マインドエージシリーズ) 


ヒューマングロウス・センター

  http://www.mmjp.or.jp/HGC/index.html


復刊ドットコム

 現代催眠入門―深層アプローチ技術

  http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=38290

 この世はすべて催眠術

  http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=23697


  

ブクログ 

  http://booklog.jp/item/1/4795293791

  http://booklog.jp/item/1/4795218129

読書メーター 

  https://bookmeter.com/books/351734

  https://bookmeter.com/books/872340

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20171006/p1


 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2491295  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |