Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2017-02-02 (木) 書物の倫理 三木清

[]書物倫理 三木清 書物の倫理 三木清 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 書物の倫理 三木清 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 http://booklog.jp/item/7/050537


 冒頭、「本の箱は捨ててしまう」と書かれていて、衝撃的だった。

 私なら箱やカバーどころか、オビや折り込み広告の類いまで大事に取っておきます

 本は大事に扱うので、汚れるのも嫌なのです。

 よく、

「何度も読むので本がボロボロになった」

という言い回しがありますが、私なら何度読んでも綺麗なままです。

 それと同じように、以前、出久根達郎が、

辞書を使う時、カバーや函は捨ててしまものだが」

と書いていたのを読んで驚いたことがありました。

 私が高校時代に使っていた英語辞書は、今でも箱やオビがついています

(ほとんど使ってないんだろうという突っ込みはなしだ)


荒馬紹介のツイッター保管庫

 ★こんなことをつぶやいた。21★

   http://yorodzu.seesaa.net/article/384220906.html

 ↑この下の方に書いたエピソードです


  

 それはともかく、この三木清文章は1933(昭和8)年4月のものだとか。

 当時から本を取り巻く環境は大きく変わりました。

 今では一般書店で箱入りの本はほとんど見なくなり、電子書籍まで出ています

 出版点数も多くなり、再読に値しない本も点数稼ぎのようにどんどん出版されています


  

 しか

「本は道具と同じように使うべきものだ」

自分文庫本棚)にはにはその隅々に至るまで自分の息がかかっていなければならない(=活用しなければならない)」


 

という意見は拝聴して実行しなくてはいけないでしょう。

 本を道具のように使いこなして活用したからこそ、三木清哲学者として後世に業績と名を残すことができたのです。

 私などは本を大切にする愛書家なのですが、積ん読の傾向が大いにあります

 本は大切に所持しているだけでは駄目で、活用しないと。

 それにはまず、いつも思うのですが、速読マスター必要です。


 読書と人生 (講談社文芸文庫) 人生論ノート (新潮文庫) 三木清『人生論ノート』を読む 三木清教養論集 (講談社文芸文庫)


青空文庫 図書カード:No.50537 書物倫理 三木清 

 http://www.aozora.gr.jp/cards/000218/card50537.html

  http://www.aozora.gr.jp/cards/000218/files/50537_37480.html


 wikipedia:三木清


ブクログ

 http://booklog.jp/item/7/050537

 http://booklog.jp/item/1/B009B1VAGM

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2396589  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |