Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2017-02-25 (土) 清須会議 二大陣営の駆け引きを描く政治劇

[]清須会議 二大陣営駆け引きを描く政治清須会議 二大陣営の駆け引きを描く政治劇 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 清須会議 二大陣営の駆け引きを描く政治劇 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 清須会議 スタンダード・エディション [DVD]  清須会議 (幻冬舎文庫)


 冒頭、地位のありそうなお坊さんが絵巻物を広げると絵が動いて物語が始まる演出面白い


f:id:nazegaku:20170225132138p:image


しかしこのお坊さん、誰なんだろう。前田玄以でんでん)なんだろうか。どういうシチュエーションだろうか。それは視聴者が考えることってか。


 織田信長篠井英介)亡き後、後継者を決めるために清州に集まった家臣達。

 信孝(坂東巳之助)を推す柴田勝家役所広司)&丹羽長秀小日向文世) VS 信雄(妻夫木聡)を推す羽柴秀吉大泉洋)&黒田官兵衛寺島進)の構図に。

 二大陣営駆け引きを描く政治劇・交渉劇・会議劇です。

 見てる分には面白いけど、いざ自分が渦中に巻き込まれると、神経がまいりそう。

 私は算命学で見ると習得本能攻撃本能が高いので、ディベートは得意なのですが引力本能がないので人望・人気がない。いわゆるええこと言うけど嫌われるタイプ。だから多数決になると、「あいつがいるのなら反対陣営に入る」となりそう。

 まあそれはともかく、二大陣営駆け引き、楽しめました。

 柴田勝家役の役所広司は「笑の大学」「有頂天ホテル」と全く違うキャラでした。

 佐藤浩市三谷作品では誰にも遠慮しない傍若無人キャラを演じている印象ありますが、今回の池田恒興はどちらの陣営にも気を使っているような二股かけているような面白い役どころを演じていました。

 羽柴秀吉に対抗意識を持つ丹羽長秀を演じた小日向文世は『真田丸』では秀吉を演じました。

 様々な役を演じる役者仕事って、奥が深いですね。

 それにしても、明智光秀浅野和之)がかなり年配に描かれていました。私も過去村上弘明マイケル富岡らの光秀を見たことありますが、本作品の光秀は史上最高齢なのではないでしょうか。史実では50代で亡くなっているのですが。これじゃまるで水戸黄門様や天海僧正だ。


 

 最後丹羽長秀は羽柴陣営分断工作に乗せられます

 もし長秀が秀吉工作に乗せられず、柴田支持を貫いていたなら、会議の結果はどうなっていたでしょうか。

 長秀VS秀吉の“夢の対決”が見たかった。

 しかし、滝川一益阿南健治)が馬にも乗らず一人で走っていたのは何で?まるで落ち武者みたい。

 滝川一益会議に間に合っていたら、結果はどうなっていたのでしょうか。

(私は敗者に肩入れしたくなるので、敗者が勝っていたかもしれないシナリオを色々とシミュレートしたくなります。)


 しかし、信長亡き後も織田家には色々な人材が残っていたのですね。

 これらの人々はみな秀吉に追いやられたのですか。

 皮肉なことに豊臣家も秀吉亡き後、徳川家に同じことされるのです。


  

 この映画ジャンルで言うと「会議もの」か。色々と見たい。

  https://twitter.com/aryamashoukai/status/420519234104352768

  https://twitter.com/aryamashoukai/status/420519165447774208

  https://twitter.com/aryamashoukai/status/539008134258229248


 f:id:nazegaku:20170225132151p:image 満面の笑み


 

 f:id:nazegaku:20170225132147p:image 会心の笑み


 

 f:id:nazegaku:20170225132143p:image

 「腹の中の長秀に問え」


 

 清須会議 スタンダード・エディション [DVD]  清須会議 (幻冬舎文庫)


 wikipedia:清洲会議

 wikipedia:清須会議 (小説)


ロケTV

三谷幸喜監督映画清須会議」 「軍師官兵衛」と比べて見ると面白い

  http://locatv.com/kiyosukaigi-kanbee/


■[映画]大空港2013 蔵之介伯父さんの見せ場

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161119/p1

■[映画]ラヂオの時間 日本の現状もこんなものかも

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160518/p1

■[映画]ザ・マジックアワー デラ富樫の真意は?

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160616/p1

■[映画]THE 有頂天ホテル “怒りのツボ”にはまった

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160227/p1


ブクログ(DVD)

 http://booklog.jp/item/1/B00IRU97FO

 http://booklog.jp/item/1/B00IRU669Y

 http://booklog.jp/item/1/B00IRTXWOC

ブクログ(本)

 http://booklog.jp/item/1/4344420551

 http://booklog.jp/item/1/4344021975

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

  

2017-01-23 (月) ファントマ/ミサイル作戦

[]ファントマミサイル作戦 古城の冒険 ファントマ/ミサイル作戦 古城の冒険 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク ファントマ/ミサイル作戦 古城の冒険 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 ファントマ ミサイル作戦 [DVD] ファントマ ミサイル作戦 [DVD]  


 今回ファントマに狙われるのは、スコットランドの古城に住む大富豪マクラシュリー卿(ジャン=ロジェ・コーシモン)。

 その奥方(フランソワーズ・クリストフ)は、交霊術やタロット占いを行う。

 いいご趣味をお持ちですね。妻をめとらば才たけてこのような趣味理想ですな。

 しかし、間男に命じて年上の亭主を殺害しようとするんじゃ駄目ですね。


  

 それにしてもジューヴ警部(ルイ・ド・フュネス)、警官のクセに死体に驚きすぎる。

 あたかもドリフコント志村けんけが化け物を見るようなお笑いパターンを繰り返す。

 しかも二度ならず三度までも。ほんとに警官ですか?


 今回のファントマはベッドが動いて地下の基地に運ばれたり城からロケットが発射されたり発想がはっちゃけてる。(一体いつ改装工事したんだ?)

 また、ファントマを殺そうとして逆に脅迫されるギャングの一団も登場し、ファントマ VS ファンドール&ジューヴ警部 VS 第三勢力 という三つ巴の構図に。


 f:id:nazegaku:20170122205922p:image f:id:nazegaku:20170122205917p:image


 面白い展開なのですが、時間的に第三勢力を十分描くことは無理だったようで、ほとんど忘れられた存在のようになっていました。

 他にも、誘拐された人や人質になったファントマの部下のその後が気になります


 

 ファントマに逃げられた時、ジューヴ警部ベルトラン(ジャック・ディナン)に

「お前のせいだ!」

八つ当たります

 これ、今ならパワハラ発言でしょう。

 神経が弱いとうつ状態になりそう。

 ところで、字幕で「黙れ、お前のせいだ」

の部分が空耳

「〜やがって」

と聞こえます


 f:id:nazegaku:20170122210107p:image f:id:nazegaku:20170122210103p:image


 今回、ファンドール(ジャン・マレー)が黒ずくめになって特殊作戦を敢行。


 f:id:nazegaku:20170122210100p:image


 今後のシリーズではファンドールのスーパーヒーロー化が進行するのか!?と思ったら、ファントマシリーズはこれで打ち止め。

 続編の話は出なかったのでしょうか。

 これで終わりとはもったいない気がします

 この世界観が続いていたら、その後はどんな展開になっていたのでしょうか。


 ファントマ 危機脱出 [DVD] ファントマ 電光石火 [DVD] ファントマ ミサイル作戦 [DVD] ファントマ・トリコロール・ボックス [DVD]


 wikipedia:ファントマ


ブラッケン・ダーキンの肖像

 パリの怪盗ファントマ三部作 危機脱出 電光石火 ミサイル作戦

   http://blacken.xyz/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%80%AA%E7%9B%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E4%B8%89%E9%83%A8%E4%BD%9C%E3%80%80%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%80%80%E9%9B%BB%E5%85%89%E7%9F%B3/


みんなのシネマレビュー ファントマミサイル作戦

   https://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=7239


■[映画]「ファントマ電光石火」に「天空の蜂」のあのシーンが!?

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161204/p1

■[映画]ファントマ/危機脱出

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161120/p1

■[名作文学]怪盗ファントマ(ネタばらし注意!)

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120524/p1


ブクログ http://booklog.jp/item/1/B000LRZHVY

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2017-01-13 (金) ドグラ・マグラ(1988年映画版)

[]ドグラ・マグラ(1988年映画版) ドグラ・マグラ(1988年映画版) - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク ドグラ・マグラ(1988年映画版) - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 ドグラ・マグラ [DVD] ドグラ・マグラ [DVD]  


 

 原作は難解な小説として有名ですが、この映画はそんなに難解なことはなく、意味が通っていてエンタメに徹していました。

 それでも、若林先生が突然いなくなって死んだはずの正木先生が登場したり、時間軸がどうなってるんだという部分がありました。

 突然回想が入ったり、場所が変わったり、語り口の変化が悪夢感を表していて面白かった。

 予告編で示されたフレーズが全てを表しているのでしょうか。


f:id:nazegaku:20170112205308p:image


  

 狂人解放治療所の患者さん達が個性的なコスプレをしてて楽しかった。うっかりしたら私も入所していたところだ。


f:id:nazegaku:20170112205312p:image


f:id:nazegaku:20170112205323p:image


 いか八朗さんって、初めて知った。


 wikipedia:いか八朗


   

 力士(フランケン赤坂)とは、犯人(ネタバレ注意)が武器を持って凶行に走った時、初めから素手で立ち向かって取り押さえようとしていた勇敢な患者さんでしょうか。少し離れて消極的に助太刀していたのが軍人(いか八朗)さん?


  

f:id:nazegaku:20170112205315p:image


f:id:nazegaku:20170112205319p:image


 

 あほだら経指導・坂野比呂志


  

 桂枝雀師匠がちゃかぽこちゃかぽこと歌っていたのは、あほだら経というものだそうだ。

 これ一つマスターしたら、何かの時にかくし芸として披露できそう。


 wikipedia:あほだら経


 まんがで読破版を読んでいたので、より一層理解しやすかった。

 というより、まんがで読破版は、この映画版に基づいているのでしょうか。正木教授も若林博士もどことなく映画版に似ているし。


  

 まんがで読破版、映画版ときて、次はいよいよ原作に挑戦するべきところですが、いざ本を見ると、細かい字がぎっしり詰まって分厚くて、非常にためらわれます


 ドグラ・マグラ [DVD] ドグラ・マグラ [DVD]  


 wikipedia:ドグラ・マグラ

 wikipedia:松本俊夫


叡智の禁書図書館<情報と書評> ドグラ・マグラ(1988年)松本俊夫監督

  http://library666.seesaa.net/article/37560486.html

うめめちのなんだか気になる映画の木 No.098『ドグラ・マグラ』

  http://umemechi.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

オスカーのブログ

 夢野久作『ドグラ・マグラ』、松本俊夫監督映画『ドグラ・マグラ』

  http://ameblo.jp/smeathman/entry-12183978085.html

13月の迷宮

■「ドグラ・マグラ」/映画/1988年日本監督:松本俊夫

  http://labyrinthundecimber.blog80.fc2.com/blog-entry-1638.html

奇天烈名画座(不定期更新ブログ)■[ミステリー]『ドグラマグラ』

  http://d.hatena.ne.jp/naritaya/20060806/1154872174

桂枝雀は終わらない

  http://www.asahi.com/showbiz/stage/rakugo/TKY200902220049.html


うっかりガタロ語り 阿呆陀羅経

  https://sites.google.com/site/ozlime/index/a-ho-dara-kyou

新しい地平へ−新交流地帯

趙博の「怒!阿呆陀羅経」に出会いました。

  http://asyagi.exblog.jp/24392978/


■[日々の冒険]ドグラ・マグラ (まんがで読破)

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161230/p1


ブクログ

  http://booklog.jp/item/1/B000194U1A

  http://booklog.jp/item/1/B01A6BWW1C

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!


   

2350690  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 |