Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2016-08-14 (日) 俳句で綴る心の旅路 伊藤郁子

[][]俳句で綴る心の旅路 伊藤郁子 俳句で綴る心の旅路 伊藤郁子 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 俳句で綴る心の旅路 伊藤郁子 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

f:id:nazegaku:20160814151013j:image  俳句で綴る心の旅路―精神医療の現場から 


 著者の伊藤郁子さんは、精神科ケースワーカー

 旦那さんが精神科クリニックを開業した時、そのクリニックで精神科デイケアを始め、しかもそのプログラム俳句を取り入れたそうです。

 実は著者の伊藤郁子さんのお父上は、河東碧梧桐の高弟・田島賢亮です。

 そのためデイケアの「青空句会」は自由律俳句の流れをくみ、自由律俳句誌『海紅』誌上で中塚檀の指導も受けたそうです。

 デイケアプログラム俳句を取り入れた効果については、おおむね好評のようですが、本書にも、あまり好きではないと感想を書いている方もおられます


  

 句会の際は、無理に句を詠まなくて良く、他のメンバーの句を知ることで十分としているようです。

 ある時、医師の方から、句会を苦痛に思うメンバーがいると聞かされて、よく聞いてみると、自分も句をつくりたいのに思い浮かばないということでした。


 

「仲間が詠んで楽しんでいるのを見ると自分が惨めになり、なんとも言えない淋しさに陥り、孤独になってしまうと言うのでした」


  

 確かに、何をやるにせよ、盛り上がる連中とその輪に入れない人がいるものです。私もよく後者になります自然にそうなることもあるし、意図的に反発してそうなることもあるし。


  

 私は子どもの頃から外に出て体を動かすのが嫌いで、家にこもって読んだり書いたりばかりの子どもでした。

 学校でも、体育・運動会遠足が嫌いで、座って聴いている授業が好きでした。

 芸術系の授業でも、美術音楽書道よりも、作文の授業が好きだったから文芸系が合っているのです。

 だから、将来精神を病んでデイケアに通うようなことがあれば、スポーツ系のプログラムボイコットして文芸プログラムに出席すると思います

 人の好みは人それぞれで、スポーツを好む人もいれば、文芸を好む人もいます

 その意味で、デイケアプログラム選択肢が多い方がいいと思います


 では、幾つか作品引用させて頂きます


  

はるなのに嗚呼はるなのに春なのに 心溶

 ↑これは、やられました。

 自由律俳句の新たな定番作品になりそうな句。

 或いは、定型句になりそうなフレーズ

 新聞雑誌見出しになりそう。もしかして既に先例、ありますか?


   

美について沈思黙考する春の日 男35歳


  

我一人こおろぎの音夜長楽し 男26歳


 

冬寂し師走の雑踏我孤独 女41歳


  

今日も生きる明日も生きよと木枯らしの音 女32歳


  

 俳句で綴る心の旅路―精神医療の現場から 心は生きている―精神医療の現場から 


 俳句療法で認知症予防 (俳句療法学会研究叢書第6巻) 詩歌療法―詩・連詩・俳句・連句による心理療法 俳句セラピー入門―自然な心で生きる―


 俳句・連句療法 俳句療法―ときめきのある人生ー (俳句療法学会研究叢書第4巻) 俳句療法


 wikipedia:自由律俳句


 wikipedia:海紅


中塚檀 http://www.自由律俳句.net/nakatuka-mayumi/


自由律俳句結社「海紅」

  http://kaikoh-web.sakura.ne.jp/WordPress/


移ろうままに

この師ありてこそ——田島賢亮

  http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-02-18-1

  http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-02-19

  http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-02-19-1

  http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-02-19-2


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4897093031

読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4897093031/

読書メーター http://bookmeter.com/b/4897093031

アンケート実施中です!】

最近地球温暖化を実感しますか?(2016年8月調査

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=166714

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


        

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

れーずんれーずん 2016/08/14 22:05 はじめまして
よろしければ相互リンクして頂いてもよろしいでしょうか?

nazegakunazegaku 2016/08/15 09:37 リンクありがとうございます。
はてなアンテナの表示の変更で対応させて頂きました。
47件のうち、更新順に25件表示される仕様となっています。

2015-11-02 (月) 「奥の細道」の知恵 品川嘉也

[]「奥の細道」の知恵 品川嘉也 「奥の細道」の知恵 品川嘉也 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 「奥の細道」の知恵 品川嘉也 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 「奥の細道」の知恵 (講談社文庫) ←文庫版 

 奥の細道―続『右脳俳句』 (しごとが面白くなる) ←旧版 


芭蕉情報化社会先駆者である!」

芭蕉日本共通語下地を作った!」


 国語時間芭蕉俳句も幾つか習ったけど、

こんなすごい方だったとは。

 若い時は知らない

 知った時は手遅れ……か?

 今からでも遅れた時間を取り戻していきたい。


構造工学の薦め』 〜「秋迎え 向日葵色を 還しけり」

 「仕事が面白くなる 右脳俳句」 & 「奥の細道 続「右脳俳句

  http://blogs.yahoo.co.jp/srfch485/38439871.html

 品川嘉也著 「右脳俳句入門」 〜 右脳流 吾破覇派 俳人奔馬 阿奉」 宣言

  http://blogs.yahoo.co.jp/srfch485/38860555.html


右脳俳句 公式サイト http://www.valley.ne.jp/~brain/index.htm


 俳句 (講談社学術文庫)

 俳句―四合目からの出発 (1967年)

  ↑本書に収録されている鼎談で、江國滋が「抱腹絶倒俳句の本」と。


ブクログ http://booklog.jp/item/1/406184959X

読書メーター http://bookmeter.com/b/406184959X

アンケート実施中です!】

オーウェル1984年』を読んだことありますか?

また、日本オーウェル世界に近付いていると思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=150684

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


       

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2011-06-26 (日) 誰それが歌よむ時に世の中の新しき歌大いに起る

[]ドラえもんの国語おもしろ攻略 俳句・短歌がわかる ドラえもんの国語おもしろ攻略 俳句・短歌がわかる - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク ドラえもんの国語おもしろ攻略 俳句・短歌がわかる - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 

  

 俳句・短歌を始めようと思って図書室の児童書コーナーで見つけてきた。

 ドラえもんのマンガで俳句・短歌を鑑賞できる。

 俳句・短歌ロボ「オカマロくん」も登場。

 このネーミング、何にちなんでるんだろうか。

  

 読みやすいのう。

 子ども向きといってもあなどってはいけない。

 基本的な俳句・短歌をおさえている。

 私などのように中年になってから俳句・短歌を始めてみようという者の入門書としても使える。

 

阿倍仲麻呂

「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

の解説で

「これは、『百人一首』にある歌です。」

と言うオカマロくんに

「えっ、どうして。

 よんだ本人は帰ってこなかったんでしょう。

 なぜ歌だけ。」

とのび太君が突っ込み、ドラえもんも

「うーん、そういわれるとな…。」

と応じるシーンで終わる。

 

 本人が帰らなくても歌だけ伝わることもあると思うし、よく考えれば何てことない突っ込みだが、しかし見方を変えて見れば、鋭い指摘ともいえるし、面白い突っ込みとも思える。

 春日三球・照代の

「地下鉄の車両は一体どうやって入れるんでしょうねぇ。それ考えると夜も眠れないの」

にも通じる発想だ。

 

 俳句・短歌の歴史の紹介もある。

 俳句の方が歴史が新しく、江戸時代の松尾芭蕉や与謝蕪村あたりから始まっている。

 だから本書で紹介されている歌も、俳句の方が江戸時代以降の新しい時代のものが多く、短歌の方は、奈良時代あたりから始まって広い時代をカバーしている。

 時代が古い分、古語で書かれていて、ちょっととっつきにくい。

 古文は中学校から習ったと思うが、本書の想定読者層はまだ古文を習っていない小学生と思われる。

 だからいっそのこと新しい時代の短歌に重点を置いた方が良かったのではとも思う。

 

 しかし大人になってから再入門しようというような私のような読者にとっては、なかなか骨があって良い内容じゃ。

 

 本書で最後に紹介されている短歌

 

牛飼が 歌よむ時に 世の中の

新しき歌 大いに起る

(伊藤左千夫)

  

 これはいいのう。

 

負け組が 歌よむ時に 世の中の

新しき歌 大いに起る

 

……という意気や良し。

 

 

岩田亨の短歌工房 −短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

 牛飼の歌:伊藤左千夫の短歌

  http://blog.goo.ne.jp/uh1960apple1999uh2005/e/16f1a75d438c921337c6df40db1928be

  

“表現技法”と、“鑑賞文”を至急お願いします

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140544996 

 

  

  

 ドラえもんの国語おもしろ攻略―詩が大すきになる (ドラえもんの学習シリーズ) ドラえもんの国語おもしろ攻略 文法力がつく (ドラえもんの学習シリーズ) ドラえもんの国語おもしろ攻略 読解力がつく (ドラえもんの学習シリーズ) 図と絵でとける応用問題 (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの算数おもしろ攻略)

    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  

      

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2508872  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |