Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2017-06-23 (金) 戦争論 坂口安吾

[]戦争論 坂口安吾 戦争論 坂口安吾 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 戦争論 坂口安吾 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 戦争論 戦争論 


  

 冒頭の

戦争人類に多くの利益をもたらしてくれた」

で、ギョッとしました。

 こんな感じの論調が延々と続くのであれば放り出そうかと思ったのですが、その後は結構良識的で真っ当な論調になったので安心


 

戦争は終った。永遠に。我々に残された道は、建設のみである昔ながらのものに復旧することを正義としてはならないのだ」


 

 坂口安吾軍国主義戦争で苦しみ、敗戦解放感を味わった世代です。

 その世代が二度と軍国主義戦争体験したくないと思うのは当然のことでしょうね。


 

 しかし戦争が終わって70余年。軍国主義戦争体験していない世代多数派を占める世の中になりました。

 軍国主義戦争に関しては

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

のようなところがあります


  

昔ながらのものに復旧することを正義と」し「戦後レジームからの脱却」を叫ぶバカ殿首相となり、それにこびへつらうウジ虫どもが跳梁跋扈しています

そこまで言って委員会」を始めとする蛆虫クズの集まりのような低俗番組

過激なこと言ったもん勝ち」

ヘイトなこと言ったもん勝ち」

のような風潮があります

 百田尚樹竹田恒泰など坂口安吾の足元にも及ばない吹けば飛ぶような小物が俺は大作家だなどと思い上がって偉そうに発言している時代です。また、それが許される時代です。もっと言うと、国民が騙され・洗脳される時代です。

 このままいけば日本は再び軍国主義戦争時代に引っ張っていかれるでしょう。

 坂口安吾を愛読する皆様、それでいいのですか。


 

耳で読む本、オーディオブック 「朗読街道「戦争論」」― 坂口安吾 配信中!

↑FeBeのオーディオブック版で聴きました。


   

私が実際に聴いて良かったオーディオブックです。

  https://www.febe.jp/booklist/list/5064


青空文庫 図書カード:No.43143 戦争論 坂口安吾

 http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card43143.html

  http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43143_31893.html


 wikipedia:坂口安吾

 wikipedia:無頼派


坂口安吾デジタルミュージアム戦争論」

   http://www.ango-museum.jp/info/works/wo_098.html

wakaben6888のブログ

 坂口安吾の“憲法9条論”(10/21東京新聞社説から

  http://kimbara.hatenablog.com/entry/2013/10/21/224944

明かりの本 戦争論 坂口安吾

  http://center.akarinohon.com/?p=23433


ブクログ

 http://booklog.jp/item/7/043143

 http://booklog.jp/item/1/B009B0C5O4

読書メーター

 https://bookmeter.com/books/11132781


わが戦争対処せる工夫の数々

 http://booklog.jp/item/1/B009LTA81M

坂口安吾太平洋戦争

 http://booklog.jp/item/1/4569704948

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

 

2017-06-11 (日) 堺市人権ふれあいセンター舳松人権歴史館 人権資料・図書室

[]堺市人権ふれあいセンター舳松人権歴史人権資料図書堺市人権ふれあいセンター舳松人権歴史館 人権資料・図書室 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 堺市人権ふれあいセンター舳松人権歴史館 人権資料・図書室 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 久しぶりに堺市人権ふれあいセンター図書館に行った。

 堺市在住時にはよく利用したものだったので懐かしい。

 何と建て物自体がなくなっていて、少し離れた場所アセンションしていたのだった。

 訪れて見ると、何だか狭くなったよう。

 以前は建て物のワンフロア―の大部分を占めていて、児童図書館自習室独立して結構広かったのに、

何だか狭い一角に押し込められたよう。

 それに図書室に入るまでに案内所があって職員が立っていて、監視されてるみたいだ。

 かつての古き良き広き図書時代は思い出の中に。

 建て物は新しくなってもこれじゃ意味がない。

 再訪はないだろう。


  

 それで、図書室と隣り合うコーナーに舳松人権歴史館がありました。

 以前は図書室と違うフロアーにあったので行かなかったコーナー。

 被差別部落の街並みや人が再現されていたのでフラフラと寄ってみました。

 なかなかリアルで衝撃的な再現で強いインパクトを受けました。

 小屋みたいな住居や共同便所や井戸や狭い路地人形リアルで今にも動き出しそう。

 私はレトロ趣味で昔は良かったという思想傾向を持っていますが、昔は良いことばかりではないということです。

 ボンボン育ちで対人恐怖症で便秘で腸過敏症の私にとって、トラウマになりそうな展示です。

 歴史には克服すべき辛い事実も多いというか、大部分なのでしょう。

 我々は日本国憲法精神に則って社会を良くしていかないといけません。

……というそばから共謀罪が成立して憲法改悪されそうな勢いですが。

 負けてはいけない、安倍政権に屈してはいけない!


舳松人権歴史

  https://www.city.sakai.lg.jp/yoyakuanai/bunrui/bunka/jinken/henomatsujinken.html

人権ふれあいセンター

  http://jinken-fureai.jp/

  https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/jinken/jinken/jinkenfureaisenta/index.html


ミュージアムに行きました。 舳松人権歴史

  http://museummania.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

       

2017-06-06 (火) ブログを本に!ブログ文章白熱教室!?

[]ブログを本に!ブログ文章白熱教室!? ブログを本に!ブログ文章白熱教室!? - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク ブログを本に!ブログ文章白熱教室!? - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 「書ける人」になるブログ文章教室 [ソフトバンク新書] 「書ける人」になるブログ文章教室 [ソフトバンク新書]


  

 本書を図書館で見かけたら、第2章だけでも読みましょう。中学・高校6年間の国語の授業や日本文学のエッセンスが凝縮しています

 例えば、文章を抽象度でレベル分けすると 

 記事 → コラム → エッセイ → 物語・小説

となるとか。

 エッセイには『枕草子』『方丈記』『徒然草』の3タイプあるとか。


   

「散文であり、しかも日本語で書かれたフィクションではないほぼすべての文章が、この三つの随筆がカバーするどこかの領域に位置づけられる」


   

 おおっ、そうだったのか!

 中学や高校の古典の授業で少し読んだ切りだったけど、そんなこと聞くと興味出てきました。

 上の引用部でこの三作品が無償に読みたくなりました。こんな先生に国語を習いたかった。


     

 次に読むのは最後の章・第8章です。

 小説とは何か。どう書くのか。凝縮されています

 まあ私には小説を書くのは難しい、自分には無理じゃないか、と思いました。

 自分が書いた駄文を軽々しく「小説」と言ってはいけないということです。


  

■[日々の冒険]今後軽々しく“書評”を書けなくなる本

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20110820/p1

 ↑“書評”についても軽々しく名乗ってはいけません。やはりプロのレベルは素人レベルとは違うのです。


   

「ハッピーエンドで終わるのは、大体エンターティンメントである

 純文学というのは、あるいはシリアスな映画というものは、なかなかハッピーエンドにならないのだ。それはなぜかと言うと、人間というのは個々ちがうもので、そんなふうに異なる人間の自意識がぶつかり合う様子をとことん問い詰めていくせいなのだ。これでは、なかなかポジティブな結論にたどり着かないのだ。」

↑この部分が気になった。前回読んだ時も気になったようで、やはり引用していました。


   

■[名作文学]文学はハッピーエンドでは終わらない?

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20070423/p1


  

 ブログなどネット上のツールのおかげで、素人でも不特定多数の人に作品を披露することができるようになりました。

 しかし軽々しく考えて夜郎自大になってはいけなくて、やはりプロと素人の間には大きな差があると思うべきでしょう。

 アマゾンカスタマーレビューで本書を「スノッブ」と書いている方がおられました。

 確かに、文化に関する色々な言及があります。ウィキペディアを見ると、著者は色々と多才で博学な方のようです。それだけの背景があるからこそ、プロとして継続した活動ができるのでしょう。


  

 本書は2006年11月28日初版発行。

 私は発売直後に購入し、読んだようです。

 当時は私にも夢というか野望がありました。

 それから10年後。

 偶然本の山の中から本書を発見し、再読したわけです。

 今の私には野望もなくなり、恬淡と枯れています

 その間にアメーバブックスも解散していたようです。


   

アメーバブックス新社

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A1%BC%A5%D0%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%B9%BF%B7%BC%D2

2005年 アメーバブックス設立

2006年 本書発行

2007年 アメーバブックス新社と改編

2012年 解散


   

 当時からネットやブログや本を廻る環境も大きく変化しています

 私は今後も恬淡とブログを書き続けます

 本書を読んだことでほんの少しだけ、ブログの文体に関して意識的になるでしょう。

 本書にいいフレーズがありました。


  

「連帯を求めて孤立を恐れず」


  

(追記)

 共謀罪が成立して日本国憲法改悪されると、言論の自由はなくなるでしょうね。少なくとも私のブログは弾圧対象。まさか生きている間に軍国主義が復活するとは。恐ろしい時代になったものです。 


  

 「書ける人」になるブログ文章教室 [ソフトバンク新書] 「書ける人」になるブログ文章教室 [ソフトバンク新書]


   

 wikipedia:山川健一  


イージー・ゴーイング 山川健一

 アメーバブックス新社解散のお知らせ

  https://ameblo.jp/yamaken/entry-11209579703.html

書籍「実録鬼嫁日記」出版のアメーバブックス、会社清算へ

  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/09/27/17004.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4797337931

本が好き! http://www.honzuki.jp/book/64/

読書メーター https://bookmeter.com/books/472036

アンケート実施中です!】

古本屋では本のオビを付けたままで本を販売してほしいと思いますか?

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=146600


          

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

 



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!

2435411  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |