Hatena::ブログ(Diary)

OLDIES 三丁目のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード


森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

   ◆◇過去ログ一覧ページ◇◆   


2015-04-08 (水) NHK大河毛利元就 第23回 尼子襲来

[]毛利元就23回 尼子襲来 毛利元就 第23回 尼子襲来 - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 毛利元就 第23回 尼子襲来 - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 日本戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ毛利元就』。

 『毛利元就』を再見する企画、とうとう3年目に突入してしまいました!


   

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集


過去ログ)   

http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


  

【今回の流れ】 

大内の館で千代寿丸(上川隆也)、加芽(葉月里緒菜)に合う

大内義隆風間トオル)が烏帽子親となって千代寿丸が元服毛利小輔太郎隆元となる

陶興房夏八木勲)と陶隆房(陣内孝則)の口論

渡辺通勝村政信)が家臣となる

尼子経久緒形拳)、毛利攻めを止める

陶興房、死去

尼子軍、毛利攻めを決定

備後路か、石見路か

→元就、五龍城を訪問

新宮党、敗退

尼子詮久、全軍を率いて毛利攻めに出陣


      

(以下、個人的覚え書きメモ。ネタ晴らし注意!)


  

 夜、池の水面を見る隆元に、内藤興盛小野寺昭)の娘・寿(とし)(大塚寧々)が鏡を持って来る。

「父も元服の日、水に映して見たそうにござりますが、よう見えなかったと」


 上洛を巡って陶興房夏八木勲)と陶隆房(陣内孝則)が口論

「お館様には、断じて京都を見せてはならん!」

「父上は、己が果たし得なんだ夢を隆房が果たすことを嫉妬しておられる!」

 人類始まって以来、このような問題は繰り返されてきたのでしょう。


 

 渡辺通勝村政信)が家臣となる。

 通は、父・勝(榎木孝明)が井上元兼片岡鶴太郎)の謀略で倒された後、備後山内家に勤めていたという。

 表情がぎこちなく不自然ですが、一体どういうつもりだったのでしょうか。


■[毛利元就97]第17回 凄まじき夜明

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140518/p1


 毛利攻めを主張する尼子詮久(高嶋政宏)・尼子国久清水紘治)を経久(緒形拳)が諌める

 尼子軍は各地に出兵しているようですが、毛利だけ特別視して後回しのようです。

 元就(中村橋之助)と詮久の兄弟縁組はなかったことになっています


 陶興房の死去を受け、詮久は毛利攻めを独断で決定。経久に事後報告に来る。

 一度は毛利攻めを止めた経久も、今回は口出しする暇もない。

 動揺する亀井秀綱(河原さぶ)・宇山久兼(磯部勉)に

「いや、案ずるな。やりたいようにやらしてやれ。後の始末はわしがつける。」

「考えてみればわしは詮久のおかげで長生きができるというものだ。

 将棋の駒を動かす。

「よいか。これ(玉)が、わしだ。」

 その前にもう1枚玉を置く。

「これが、詮久。」

 その右に飛車、左に角を置き

飛車亀井。角は宇山。」

「それぞれの働きで詮久をしっかりと守ってやってくれ。」


 

 しか尼子経久将棋盤は、玉が2枚だぞ!?

 現代では、目上の人が王将を持つそうです。


 wikipedia:玉将


粟屋元親(塩野谷正幸)(毛利家重臣。尼子情報収集担当

軍勢は3千。それも、尼子軍の精鋭・国久率いる新宮党にござります。」

志道広良中村梅雀

尼子新宮党相手では、誰も勝てん」

 ↑毛利隆元上川隆也)に随行して大内家に行っていた志道殿が戻って来ています


 五龍城を訪問して可愛(高橋由美子)に会う元就。

 可愛の夫・宍戸隆家加勢大周)もその父・宍戸元源石田太郎)も意気軒高。

 毛利と縁組せず尼子の味方になっていればこんなことにならなかったのに。

 宍戸隆家尼子家でなく毛利家を選んだ理由は?


  

 しかし五龍城とはいい名前ですね。

 易経の「乾為天」の九五の位にちなむのでしょうか。


 江の川の地形を利用した宍戸軍の伏せ勢により、新宮党、敗退。

「最強」と言われていた新宮党を破った宍戸軍こそが「最強」か?!

 しかし本作品中では新宮党は“最強”と言われていますが、日本史では知名度が低いですね。

 一般的に“戦国最強”と言えば、まず名が上がるのは、武田軍、上杉軍、そして織田信長軍勢でしょう。

 西日本三国志たる大内毛利尼子家の知名度がもっと上がればいいですね。


 仏壇の前で談話する元就と美伊の方(富田靖子)に、小三太(奈佐健臣)が詮久出陣を知らせる。

 石見路より、総勢2万!

 それだけの軍を動かす余裕があるのなら、最初から備後路と石見から同時に攻め込んでいれば勝てたかも。

 しかし、2万の大軍は危機には違いません。

 次回、どうなる!?  


    

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集 

  ↑見逃していた・忘れていた重要なシーンを再確認しよう!

   名作を見直すことは大切だ。


         

毛利元就97 過去ログ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


    

■[毛利元就97]NHK大河ドラマ毛利元就』検定〜〜〜〜〜〜!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130119/p1


                    

夜盗虫の朝寝坊

■[録画鑑賞][『毛利元就』]#23尼子襲来」

  http://d.hatena.ne.jp/yotomusi/20051106/p9

湯月軒日録(ゆづきけん-にちろく)

 大河毛利元就』第22・23回感想

 http://blogs.yahoo.co.jp/yuduki4410/13958083.html


     

wikipedia:毛利元就 (NHK大河ドラマ)

 wikipedia:毛利元就

  wikipedia:毛利元就 誓いの三矢


大内義隆毛利元就尼子晴久

  http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1346636153/l50

ゴマスリ大河なんかボイコットして過去の名作大河ドラマを見ましょう!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150125/p1

アンケート実施中です!】

見たい大河ドラマはどれですか?

複数選択可です。選択肢にない場合コメント欄にお願いします。

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=141931


     

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m 

2015-01-27 (火) NHK大河毛利元就 第22回 三本の矢

[]毛利元就 第22回 三本の矢 毛利元就 第22回 三本の矢  - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 毛利元就 第22回 三本の矢  - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 日本戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ毛利元就』。

 『毛利元就』を再見する企画、とうとう3年目に突入してしまいました!


   

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集


過去ログ)   

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


  

【今回の流れ】 

吉川興経京本政樹)の訪問

尼子詮久(高嶋政宏)と元就が義兄弟に。詮久の本音は……。

→3年後、塩冶興久(鈴木太郎)の謀反が失敗し、自害

→可愛と宍戸家の養子縁組

尼子経久緒形拳)、詮久に家督を譲る

井上元兼片岡鶴太郎)と赤川元保永島敏行

大内家の評定

三本の矢


(以下、個人的覚え書きメモネタバレ注意!)


 

 尼子方の重鎮・吉川興経京本政樹)が元就に尼子詮久(高嶋政宏)と義兄弟の契りを結ぶことを勧めに来る。

 美伊の方(富田靖子)の興経への第一声「興経。久しぶりじゃ」が

キツネ。久しぶりじゃ」

と聞き間違えて、興経は幼い頃「キツネ」というあだ名で呼ばれていたのかと思いました。


「元就どの それがしは生き抜くことを遊びと考えておりまする。

 双六の如く上がりに向かって色々と手を考えるのは当然のこと。またそれを楽しむが良き生き方じゃと思うておる次第。

 今、尼子と戦う心配なきようにしておけば、他で色々と手を考える楽しみができまするぞ」

 後の大河ドラマ平清盛』の重要アイテム双六敵役吉川興経で語られていた!

平清盛』との共通アイテムがちらほらと。


 吉川邸で尼子詮久(高嶋政宏)と毛利元就兄弟の契りが成立。

 しかしその夜、詮久は本心を元就にネタ晴らし。


  

「何が悲しうて そなたと兄弟の契りなど結ばねばならんのじゃ。笑止千万

「兄上。契ったからとて弟を信用されてはなりませんぞ」

吉川興経。あやつも信用できませぬぞ」


  

 こんな風に簡単にネタ晴らししてしまうところが、自信過剰なところでしょう。しかしこの時の詮久の憎々しい演技、決まっています。『炎立つ』第2部の清原真衡萩原流行)のサイコ雰囲気を思い出しました。

 いい時分に現れて扇子を鳴らす尼子国久清水紘治)も不気味。

 このシーン、名場面です。


 

 尼子家は現在東に進んで京を目指しているという。

 かつて大内義興細川俊之)が西国大名を従えて試みても達成できなかった京都制圧

 信長以前にあり得たかも知れない尼子詮久による京都制圧、実現していればどうなっていたか

 ただ、もし詮久が一時的にうまくいっても、木曽義仲のような結果になったかもしれません。


 尼子家の獅子身中の虫・塩冶興久(鈴木太郎)が敗北。

 今回は塩冶興久(鈴木太郎)の登場はなし。結局前回の1シーン出たきりだった。


 尼子家の脅威に対抗するため、宍戸隆家加勢大周)と可愛(高橋由美子)の養子縁組を画策。

 宍戸元源石田太郎)は、第一話で毛利家に攻めてきた宿敵。まだ健在だったんですね。


■[毛利元就97]毛利元就 第1回 妻たちの言い分

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130110/p1


 宍戸隆家

「考えずとも分かることにございます

 宍戸毛利どのと手を結ぶことが何より」 

「隣りおうた両家が手を結ぶことは何よりの力になりまする」

と了承。

 しか地図を見れば、宍戸家は毛利尼子に挟まれた位置にあります

 この時点では西の毛利よりも東の尼子の方が驚異のはず。

 尼子毛利を攻める時、宍戸も共に責められます

 宍戸隆家判断根拠は?


 宍戸元源が笑って言った台詞

「誰ぞ笹を持て」

意味は?

 えべっさんの「商売繁盛で笹持て来い」に関係するんだろうか?


 尼子経久、80にして詮久に家督を譲る。

「わしはいい爺で死ぬくらいなら、血しぶきの中で地獄に落ちるが本望だ」


 評定に不参加の井上元兼片岡鶴太郎)を赤川元保永島敏行)が訪ねる。

 元就を軽く見くびる井上評価する赤川の違いが面白い

 人間評価とは難しいものです。


 大内家では大内義隆風間トオル)・陶興房夏八木勲)・陶晴賢陣内孝則)が軍略会議

 内藤興盛小野寺昭)はどうしたの?

 尼子家との直接対決を主張する晴賢。

 毛利に合力し、尼子の力を封じることを主張する大内義隆

 結局、毛利が裏切らぬよう跡継ぎ・千代寿丸(上川隆也)を人質に取ることを主張する興房の策が採用される。

 大内義興細川俊之)存命中と比べて厳しい対応

 元就が詮久と義兄弟になったツケか?

 ところで、前回計画中だった少弐氏との戦いはどうなったのでしょうか。


 明国の銭を見る加芽(葉月里緒菜)。『平清盛』との共通アイテムがちらほらと。


子どもなど 生まれた時が別れの始まりじゃ」by美伊の方(富田靖子


 ついに三本の矢エピソード。まだ次男松寿丸・三男徳寿丸は子役さんです。

 感動のエピソードの後に可愛が

「父上、おなごはのけ者にござりますか」

と登場するのがコミカル

 しかし、簡単に折れる矢が3本集まっても折れそうな気がするのですが。

  


     

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集 

  ↑見逃していた・忘れていた重要なシーンを再確認しよう!

   名作を見直すことは大切だ。


          

毛利元就97 過去ログ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


     

■[毛利元就97]NHK大河ドラマ毛利元就』検定〜〜〜〜〜〜!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130119/p1


                     

夜盗虫の朝寝坊

■[録画鑑賞][『毛利元就』]#22「三本の矢

  http://d.hatena.ne.jp/yotomusi/20051105/p9


     

wikipedia:毛利元就 (NHK大河ドラマ)

 wikipedia:毛利元就

  wikipedia:毛利元就 誓いの三矢


ゴマスリ大河なんかボイコットして過去の名作大河ドラマを見ましょう!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150125/p1

アンケート実施中です!】

見たい大河ドラマはどれですか?

複数選択可です。選択肢にない場合コメント欄にお願いします。

   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=141931


    

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m  

2014-11-21 (金) NHK大河毛利元就 第21回 百万一心

[]毛利元就 第21回 百万一心 毛利元就 第21回 百万一心  - OLDIES 三丁目のブログ を含むブックマーク 毛利元就 第21回 百万一心  - OLDIES 三丁目のブログ のブックマークコメント

 日本戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ毛利元就』。

 『毛利元就』を再見する企画、2年目に突入してしまいました!


   

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集


過去ログ)   

   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


  

 前回見てから何と2か月も経過してしまいました。

 今後は時間も取れないし、軽くコメントするつもりで、気軽に見て気軽にコメントしていくことにします。


【今回の見どころ】 

 郡山城の見取り図が高橋家に持ち出されるという事件が発生。

 お家騒動に揺れる高橋家の仕業だと推測された。

 尼子家もまたお家騒動で動けない今、高橋家を討つ絶好の機会。

 高橋家から毛利家に嫁に来ていた雪の方(一路真輝)は元就に高橋家を討つことを進言し、毛利家を去るのであった……。


【今回のお家の事情】 

  

尼子家】

 尼子経久(緒形拳)の三男・塩冶興久(鈴木太郎)は実の子でありながら経久から冷遇され、不満を高めていた。


【高橋家】

 高橋興光(鷲生功)と高橋盛光(諏訪部仁)の家督争い。

 興光が盛光を誅殺して決着をつける。


 

大内家】

 九州の少弐氏を討つため、村上水軍に援助を頼んでいる


(以下、個人的覚え書きメモネタバレ注意!)


 

 郡山城の見取り図の流出を小三太(奈佐健臣)が阻止!

 こういった有能な忍びの存在は主人公が勝つ展開に都合がいいですね。

『太平記』の一色右馬介(大地康雄)しかり、『水戸黄門』の弥七しかり。


 

 元就の二人の子ども(長男と長女?)が美伊の方(富田靖子)に教えられながら双六(バックギャモン)をやってるぞ!

 後の『平清盛』とのつながりがここにも!


 

 尼子経久(緒形拳)の三男なる人物が初登場。何でここまで親子の溝が広まったのか。

「わしは、大きな領土を得て、小さな息子に殺されるかもしれぬ。

 それはそれで面白いか。」

 いわば経久は仕事一筋で家庭を疎かにしたワーカホリックだったのね。


   

「おば上、さような話を興光が信じるとお思いか」

と実家に出戻った雪の方をギョッとさせる興光。確かに半分は推察通り。しかし半分は脇の甘い楽観論だった。

 やはり雪の方の言う通り「先のことが見えず油断だらけ」な人物です。


 毛利軍の侵入を安々と許した高橋家。

 先に興光に討たれた盛光にしろ、高橋家の警備体制はどうなってるのでしょうか。


 京に隠居したはずの雪の方は高橋家に戻っており、高橋家と共に消える道を選びます

藤野(加賀まりこ)

「おのれを生かそうと思うたら、死ぬしかなかったのでございまするなあ」

杉の方(松坂慶子)

死ぬことでおのれを生かそうなどと、それは男の浅はかな考えじゃ」

久(松金よね子)

「生きておれば必ずおのれを生かせる日がまいります

藤野

「いつおのれを生かせる日が来るか、誰にも分からぬ。一生来ないやもしれぬ」

杉の方

「なぜにそこまでして、おのれを生かしたいのか分からぬ。

 さような日が来れば来たで喜ばしいし、来ずばままよと生きておればよいではないか」

藤野

「おのれを生かし、誰ぞの役に立つのが生まれてきた甲斐というものにござる」


  

……と、毛利家の女衆による死生観論争が白熱。

 美伊の方(富田靖子)は雪の方と同じ行動を取ると言っていただけあって、悲しいとはいえ今回の件は認めているようです。


 翻って現代に生きる我々を思えば、一応平和な時代に生きているので、ここまでシビアな選択に直面することは滅多にありません。

 とはいえ、「戦争を、トレモロス!」のかのトッチャンボーヤの独裁制が暴走して憲法が改悪され、集団的自衛権の行使によって日本が戦争に巻き込まれれば、嘘八百田のヤクザのパクリ小説「永遠の良識ゼロ」のような、お国のために命を捨てることが求められる時代になるかもしれないし、特定秘密保護法によって戦争反対を表明することが命がけになるかもしれません。

 戦争に行って名誉の戦死をするか、戦争に反対して犯罪者として死刑になるか。

 そのような究極の選択をする時代が来ないように、今度の選挙は本当にこれが最後の機会です。

 皆様方には朝三暮四のサルのような選択をされませぬよう、伏してお願い申し上げます


 味方の高橋家を討たれて怒る尼子家の一同。

 経久は元就の実力は認めている風。

「名将と呼ばれる者は 皆 悪徳と背中合わせに生きておる」

 確かに一面真理を表していますが、半分は間違っています。悪徳と背中合わせどころか、悪徳にどっぷり浸かっている小物・小悪党の類いも大勢います。むしろそういった類の方が多いのではないでしょうか。


 大内家への村上水軍3トップ謁見シーンでは、村上虎吉(藤原喜明)は前で睨みを効かせ、話すのは専ら加芽(葉月里緒菜)や野田次郎(的場浩司)の役割。

 居るだけで絵になるプロレスラーは得ですねえ。


 今回、毛利家やそれを取り巻く各国のお家の事情がたっぷりと描かれ、見ごたえありました。

 これぞ“日本版・三国志”の醍醐味です。


 wikipedia:百万一心

  


     

 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第壱集 NHK大河ドラマ 毛利元就 完全版 DVD-BOX 第弐集 

  ↑見逃していた・忘れていた重要なシーンを再確認しよう!

   名作を見直すことは大切だ。


          

毛利元就97 過去ログ

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B8%B5%BD%A297%5D


     

■[毛利元就97]NHK大河ドラマ毛利元就』検定〜〜〜〜〜〜!

  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130119/p1


                     

夜盗虫の朝寝坊

■[録画鑑賞][『毛利元就』]#21「百万一心」

  http://d.hatena.ne.jp/yotomusi/20051102/p3


     

wikipedia:毛利元就 (NHK大河ドラマ)

wikipedia:毛利元就

アンケート実施中です!】

Q)2年前と比べると、あなたの暮らしは良くなりましたか

 1 良くなった

 2 変わらない

 3 悪くなった

 4 その他

  http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=138050


Q)今後、あなたの暮らしはどうなっていくと思われますか。

 1 良くなっていく

 2 変わらない

 3 悪くなっていく

 4 その他

  http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=138051


 平成27年10月1日 消費税10%まであと何日? http://counting.hatelabo.jp/count/72110


         

  

         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m


          

↓また、ご意見感想ブックマークなど頂けましたら励みになります

 コメントリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m   



 ←人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m



●荒馬紹介のブクログ  http://booklog.jp/users/diletanto


●ありゃま商会 の回覧板  http://yorodzu.seesaa.net/



 ←参加しています。


 ↑私も使っています。クレジットカード作成を考えている方、考慮してみればどうでしょうか?


 produced by 文理アカデミア総合科学部 
?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!   
水滸伝倶楽部
快傑ゾロ倶楽部
速読読書クラブ
老若男女 懐メロ倶楽部
ありゃま商会 の回覧板
電脳よろづ商店・ありゃま
20世紀少年少女SFクラブ

   ?∞!   ?∞!   ?∞!   ?∞!


   

2347435  それでも私は特定秘密保護法・憲法“改悪”に反対なんです。

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 |