Hatena::ブログ(Diary)

無農薬有機お笑いブログ

記事まとめとブログ案内Twitterメールフォーム

2015-12-07

実はトレンディエンジェルって、めちゃくちゃかっこいい「クリエイター」だという話

23:39 | 実はトレンディエンジェルって、めちゃくちゃかっこいい「クリエイター」だという話を含むブックマーク 実はトレンディエンジェルって、めちゃくちゃかっこいい「クリエイター」だという話のブックマークコメント

M-1グランプリ2015見ながら考えてたこと - ←ズイショ→

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2015/12/07/190427

 今年のM-1がびっくりするくらい面白かったのと、上記のブログを読んであーなんか俺もこういうの書きたいなとか久々に思ったので思ったことを書いてみることにしました。

 まず全体的な所見としてはトレンディエンジェル優勝おめでとう!最高にカッコよかったよ!という感じで、心の底から優勝に納得して祝福してるといった心境です。トレンディエンジェルが二本目のネタを終えたときには鳥肌すら立ちました。本当に最高でした。

 なにが最高だったかというと、トレンディエンジェルってめちゃくちゃ尖ってるんですよ。いやいやあんなベタでポップで大衆向けな芸風で尖ってるってそんなわけないだろと思われるかもしれないんですが、そうではなく、だからこそ逆に尖ってるんですよ。

 だって考えて欲しいんですが、例えば過去のM-1優勝者のNON STYLEパンクブーブー。彼らもめちゃくちゃポップで質が高く、ほかに真似のできないような大衆向けのとんでもない漫才を突き詰めています。すごいレベルの存在です。しかし、であるにも関わらず、その二組とトレンディエンジェルを比較して、どっちのほうがポップに振り切っているかと考えてみると、圧倒的にトレンディエンジェルになるんですよ。

 これってめちゃくちゃすごいことで、だってNON STYLEパンクブーブーって、ポップさやわかりやすさというものを大きな武器の一つとして戦い、そして数千組の中から一位になるほどの結果を残しているコンビなんですよ。これはつまり、NON STYLEパンクブーブーは「ポップでわかりやすい笑い」を作るという意味での創造において日本でも有数のクリエイターでありプレイヤーだということです。しかし、そんな彼らと比べても圧倒的に、過剰に、不自然なほどに振り切った「ポップさ」を持ち合わせているのがトレンディエンジェルということになるわけです。それって本当に異次元のような存在なんですよ。

 なにも考えず自然に漫才を作っているだけじゃ絶対にこうはなりません。おそらく彼らは「過剰なまでにポップにする」ということに対して意識的に挑戦して、そしてこの境地に至っています。ハゲネタを入れて、変な動きして変な声出して、テーマもわかりやすくする。その意識からは「深み? 頭を使う笑い? 新しさ? かっこよさ? そんなもん知らねえ、ポップでおもしろいならそれでいいだろ!」とでも主張しているかのような「ポップさ」へのプライドが垣間見えてすらいます。

 そのことは、こんなことからも垣間見えます。

 まず今年のM-1ではなく、去年のTHE MANZAIトレンディエンジェルの一本目の漫才。めちゃくちゃウケていましたが、その漫才の中で出てきたテーマを列挙するとこんな感じになります。

くまもん

ふなっしー

STAP細胞

ようかい体操

 そして次は今年のM-1一本目の漫才。同じく列挙するとこうなります。

五郎丸選手

トリプルスリー

爆買い中国人

 こんなの確実にわざとなんですよ。完全に意図して、狙いすまして、目的を持って「流行りモノ、流行語をネタの中にたくさん入れよう」という縛りのもとで作ってるとしか思えません。こういうふうに書くと、「流行りものを取り入れるなんて浅はかじゃん、なにいいことみたいに書いてるの」と思われる方もいるかもしれないんですが、そうではないんです。

 だって、普通に考えて芸人というのは、特に漫才やコントなど、舞台でもネタに力を入れている人たちは、少なからず「クリエイター」です。クリエイターというのは、一般論としてになりますが、新しいものやすごいものを作って、ちゃんと評価されたいという気持ちを持ってやっています。それがすべてではありませんが、そこに大きなモチベーションの一つがあることが普通です。評価されたいんですよ。それはM-1に出ているあらゆる芸人さんたちがそうでしょうし、だからもちろんトレンディエンジェルだって例外ではないはずです。

 だとしたとき、「流行りモノを入れまくる」という選択は、通常なら選択しにくいものなんです。だって、場合によってはさっき書いたみたいに「浅はか」と思われる可能性だって大いにあるし、少なくとも僕が今大会の出場者が発表されたときにジャルジャルに抱いたような「なにか新しいものを見せてくれるという期待感」みたいなものは、なかなか得られないんですよ。見下されやすいし、評価もされづらい。だからトレンディエンジェルのした選択は、本来「クリエイター」として抵抗があるものでしょうし、だからこそ「ポップでわかりやすい笑い」を武器にして戦っているNON STYLEパンクブーブーですら、極端なところまでは振り切ることができなかった、そんな勇気の必要な、攻めの選択なんですよ。

 これが反骨精神でなくてなんなのか、と僕は思います。「クリエイター」としての「評価されたいという気持ち」や「新しいものを作りたいという気持ち」を抑え、ポップで軽くてわかりやすい笑いに終始し、どこまでも道化を演じることに徹底する。これこそが、いろいろなことがメタ化され一周回った地点にある現代における、純粋な反骨精神だ、と少なくとも僕は思っています。

 そして実は、そんな気持ちの一端が、僕の知るかぎり過去に一度だけ、漫才の中に現れていたことがあります。それは、THE MANZAI 2014、トレンディエンジェルの漫才一本目のネタ中。オチの直前、「ようかい体操」の替え歌で「はーげる はーげる はーげる はーげる 頭皮をめくるとツルリンテン」というポップ極まりないボケをしたあとの、こんなやりとりです。

「ハゲハゲハゲハゲうるせえなあ!」

「大丈夫、いまはな! やりたいことより、できることをやる時期なんだよ!」

 僕はここに、トレンディエンジェル斉藤さんの「クリエイター」としての本音が表れたものだと思っています。やりたいことはある、けどいまは、いつかそれをするために自分の武器を利用して、ただただ「笑いを取る」ことだけを貪欲に追求する。そんな本音と決意が垣間見えた瞬間だと思っています。それらのことを踏まえてもう一度考えて欲しいんですが、トレンディエンジェル、めちゃくちゃかっこよくないですか?

2012-01-31

ウーマンラッシュアワーの漫才はなぜあんなにウケるのか

| 00:15 | ウーマンラッシュアワーの漫才はなぜあんなにウケるのかを含むブックマーク ウーマンラッシュアワーの漫才はなぜあんなにウケるのかのブックマークコメント

 ウーマンラッシュアワーの漫才はウケる。THE MANZAIでは予選で敗退したがウケの量で言ったら相当な上位であったであろう。また、島田紳助がその漫才を評価したりと、非常に評価が高い。

 その理由は例えば「両方がボケとなっている」という構造であったり、バイトリーダー等のあるあるの着眼点であったりと言われているが、今回はもう少し違う点から考えてみる。

 立川談志や、プレゼンを得意とする経営者などがよく使用する手法として「わざと小さい声で話す」というものがある。わざと小さい声で話すことによって、集中しなくては聞き取れない状況にする。そのため、嫌でも集中してしまう。集中すればするほど相手は大きく感情移入することができるし、深い意味も伝わるようになる。集中を向けた対象が発した意味について、深く考えるようになるからだ。

 エンターテイメントというものは相手の集中度が非常に重要で、例えば、ストーリーに解き明かされない謎を残すのも視聴者の集中状態を保つためである。視聴者がキャラクターに感情移入するという行為は、そのキャラクターに集中していることと同義だ。解き明かされない謎のある物語、キャラクターに感情できた物語、どちらも非常に大きな感動を生む。これは集中がもたらす効果である。

 それはもちろんお笑いにも当てはまることだ。立川談志がその手法を使うということからもそれは明らかである。他にも、漫才でのリズム感よくテンポを付ける手法、ボケを言う前に一瞬ためる手法、歌ネタでメロディに乗せることで退屈を産まない手法、など、どれもが視聴者の集中を誘う手法だ。

 そしてウーマンラッシュアワーの漫才なのだが、実はその手法が非常に有効に使われているのだ。使われている場所というがあのウーマンラッシュアワーの一番の特徴である「早口」の部分である。

 立川談志は「わざと小さい声で話す」ことで「集中しないと聞き取れない」状態にしたのだが、ウーマンラッシュアワーは「わざと異常に早口でしゃべる」ことで「集中しないと聞き取れない」状態にしたのである。それによって、あの早口の部分に異常な集中を強制しているのである。先に述べたとおり、集中というのはエンターテイメントを増幅する作用を持つ。それによって笑いが増幅される。

 ボケの部分というのはもっとも集中して欲しいポイントだ。そこに異常な集中を強制することができているのだから、有利に働くに決まっている。

 さらに、それだけではない。「わざと小さい声で話す」と「わざと異常に早口でしゃべる」で大きく違う所が、時間に対する情報量だ。「わざと異常に早口でしゃべる」手法は、短時間に大量の情報を詰め込むことができるのだ。

 笑いはいかに多くの情報を詰め込むかという勝負でもある。フリをたっぷり効かせてボケるのは、そのフリの内容をボケの内容に込めることで情報量を増やすためであるし、あるあるネタの利点は、みんなが過去に体験したことを思い出させることで、その記憶を情報として詰め込むことにある。情報を増やすことは笑いを増幅するのだ。

 あの圧倒的なスピードでの早口で詰め込める情報量は、他の芸人と比べて確実に多い。そのため、情報量の点でも有利になっている。

 そのため、あの早口でのボケは、大量の情報をものすごいスピードで流しこみ、さらにその大量の情報を異常な集中力で理解させる、という構造になっているのだ

 つまり、「わざと異常に早口でしゃべる」手法は、「集中の強制」「情報量の増幅」という、笑いを増やすのに非常に重要な2点を、同時かつ効率的に実践することができている合理的な手法なのである。

2011-09-09

笑いの四分法 「大喜利」「言語学」「文学」「演劇」

| 07:05 | 笑いの四分法 「大喜利」「言語学」「文学」「演劇」を含むブックマーク 笑いの四分法 「大喜利」「言語学」「文学」「演劇」のブックマークコメント

漠然とした話だけど、笑いの手法・方向性を突き詰めると「大喜利」「言語学」「文学」「演劇」の四つになると思う。例を出すと、バカリズムジャルジャル大喜利言語学鳥居みゆき言語学文学バナナマンロッチ文学・演劇、友近が演劇特化、しずる言語学・演劇みたいな感じ。

2011/2/25 Twitterにて

 上記のツイートを数ヶ月前にしたところ、非常に反響があった。これについては色々と思うところがあったのだが、Twitterの仕様上140字しか書けず、非常に漠然とした話になっている。そのため、時間が立った今更ではあるが、これについてもう少し鮮明な考えを述べたいと思う。

 この四分法は、笑いを綺麗に四つに分けることが出来る、といったタイプの学術的なものではなく、考察したり語ったりする際にこういう風に分けると直感的ですよ、という、便宜的なものだ。ある程度曖昧な分け方であるが、それは曖昧であって劣っているということではない。そういった性質であるというだけだ。むしろ、ある程度曖昧な方が実用的であるとすら言えるであろう。生物を分ける際に、イヌ科、ネコ科などと分けるのではなく、穏和、獰猛、俊敏などと分けるのと近い。そのため、完全に独立した四つではなく、それぞれが重なるところもある。図で表すならば、こういった具合だ。

f:id:ncat2:20110909031250p:image

 この右図である。

 では、この四つそれぞれがいったいどのようなものなのか、というところを解説していきたいと思う。



大喜利

 これは、まず大雑把に定義するならば、「発想を飛ばす距離を追求する」という方法論だ。

 冒頭の引用部にあるように、バカリズムジャルジャルが例として挙げられる。他に分かりやすい例を挙げるならば笑い飯の漫才、中山功太のピンネタなどが挙げられる。また、大喜利という名前から分かるように、最も代表的かつ分かりやすい例は、IPPONグランプリなどの大喜利競技である。

 例えば、「あったら嫌な運動会」というお題があったとき、リレーに着目するか、綱引きに着目するか、順位のフラッグに着目するか、来賓のテントに着目するか。その着目したものから、どれだけ発想を飛ばせるか。順位のフラッグに着目したとしたとき、そこからビーチフラッグスを連想するか、「人がたくさん並んでいる」という事実を別の視点から見るか、マリオのゴールの旗を連想するか。またはもっと「そもそも」の段階、「っていうか、運動会ってなによ?」という所から発想を飛ばすか。そのような発想の幅、質を追求すると、この「大喜利」の方法論になる。

 つまり、一つのお題、フリから発想の幅と質を高め、どれだけ視聴側の予想を裏切れるか というところを追求する方法論である。

 IPPONグランプリなどの大喜利競技、ボケノートなどのネット大喜利の回答をみると分かりやすいかもしれない。ただ、競技、演芸としての大喜利と、ここで解説している方法論としての「大喜利」は別のものであり、演芸としての大喜利の回答の中には「言語学」「文学」「演劇」の要素が強い回答もあるということを留意しておいてもらいたい。

 この方法論を活用するのに長けている芸人がいわゆる「天才型」と呼ばれていたり、「この能力が高い=芸人としての真の力がある」といった風潮も見られたりと、非常に重要視されることが多い方法論である。

 ただ、その重要視の根拠の一つには、この能力は先天的なものであり後天的にはなかなか身につかないという妄信もあり、実際はトライ&エラーを繰り返す努力によってある程度までは身に付く能力であるため、重要視しすぎるのは疑わしいという事実もある。

 しかし実際この能力は、「人の考え付かないことを思いつく」「さまざまな角度から物事を見れる」「固定概念を突破できる」というような、お笑いに限らない「頭がいい人」としての能力が必要であるため、重要視されることもあながち間違いとは言えないのもまた事実である。

 上記の図を見てもらいたいのだが、「言語学」と交わってる範囲が広い。これは、この「大喜利」は、「言語学」と性質が似通っているからそのように描いたものだ。同じように「文学」と「演劇」がお互いに似通っているのだが、まず次は、今解説した「大喜利」と似通っている「言語学」について解説していこう。


言語学

 はじめはこれも同じように、大雑把な定義からはじめる。これは、「言葉の新たな可能性を模索する」という方法論だ。

 冒頭の引用部で挙げた芸人だと、バカリズムジャルジャル鳥居みゆきしずるがそれに当たる。

 具体的にネタを取り上げて、言語への挑戦について分析している記事『バカリズムの笑いの本質は「破壊」』を過去に書いているため、そちらを参考にしていただくとより詳細なところがつかめると思うのだが、ここでも繰り返し解説していく。

 冒頭の例で挙げた芸人7組のうち、過半数である4組がこれに当てはまった。「大喜利」のときと比べて非常に多い。これは偶然ではない。「言語学」は、四分法の中で最も新しく生まれたもので、悪く言えば歴史が浅い。よく言えば最先端である。そのため、新しいことを追求するのに意欲的な芸人はこれを好んで扱う傾向にある。そして、冒頭の例では、新しいことに意欲的な芸人を意図的に選んで挙げていた。そのため、過半数が当てはまったのである。実際は、芸人全体で「言語学」を追及している芸人は少数派になるはずだ。

 では、具体的に解説していく。

 代表的な例では、新たな形容詞、動詞を作る、という手法がこれに当たる。あまりチーズの味がしないものに対して「チーズチーズしていない」という言い方をしたり、ティッシュを使うことを「ティッシュる」という動詞に変えて「ティッシュればいいじゃん」という言い方をしたりする。

 また、一つの言葉の「言葉自体、音」だけを残して「意味」の部分を何でもありにする手法もこれに当たる。先ほど挙げた記事の「YOIDEWANAIKA!」の例や、こちらのTogetterまとめ「suzukosukeの冗長な退社」などがその手法の分かりやすい例だろうか。

「YOIDEWANAIKA!」の例で言うと、 

「よいではないかよいではないか」

「よいではないかと言っておるではないか」

「わしの言うことに耳を傾けてもよいではないか」

と同じ言葉が多用されていき、

「髪を切ってよかったではないか」

「それは尿意ではないか?」

「位置について、よーい、ではないか!」

 といった具合に意味が変幻自在になっていく。

 このように、既存の文法や言葉のルールを相対化し、再構築することで、今まで言葉では不能だった領域を表現する、これが「言語学」の方法論である。

 先ほど軽く触れたように、この方法論は四分法の中で最先端と呼べるものである。そのあたりについてはここでは触れないため、興味のある人は過去記事「お笑いと音楽は意味の開放へと向かっている」を参照して欲しい。

 では、次は「文学」について解説していく。


文学

 今までと同じく、まずは大雑把な定義。これは、「深い心情などの心の機微や、人間そのものを描く」という方法論だ。

 冒頭で挙げた例だとバナナマンロッチがそれに当たる。他に挙げるならさまぁ〜ずのコントの一部、松本人志Visualbum落語、などがある。

 これもまた過去記事を参照していただくと分かりやすいので、挙げておく。松本人志の映像作品、VISUALBUM評論「VISUALBUMは、落語だ」ともう一つ、「レベルの高い笑い」鑑賞講座。お笑い観を変える2つのポイント。に書いてある「気持ちを察する」の項である。いちいちリンクへ飛ぶのがかったるい人のためにここでももちろん解説する。

 この方法論の代表例は、松本人志がよく言っている「おもろうて、やがて哀し」の笑いである。自分の息子が見ている前では格好付けたい父親だが、殴られるのは痛くて嫌なので、乱暴な人相手にはつい卑屈な態度をとってしまったり、それともやっぱり格好付けようとしたり……という姿が描かれるコント「カッパの親子」などがその最たる例だ。人間の「格好付けたい」「楽なほうへ逃げたい」「悪いことをやりたい」この辺の欲を描き、その哀しさを笑いに変えるというものだ。立川談志落語論、「人間の業の肯定」にも近いものがある。

 もう一つの代表例が、気持ちを察して笑いに変えるというものである。「おもろうて、やがて哀し」の笑いと似通う部分もあるが、こちらはもっと広い意味だ。これに関しては、例を出すのが非常に難しいため、先にあげた過去記事からの引用をもって解説としようと思う。

 例えば、かなり昔のリンカーンの企画の、「さまぁ〜ず大竹の誕生日をUSJで大々的にパーレドをして祝う」というもの。大竹はパレードのでかい車の先頭に乗せられ、オリジナル誕生日ソングが流れる中、パレードをしてもらうという状態だ。これの一番分かりやすい笑いどころは、「誕生日だからって大々的にやりすぎだろ!」ってところや、「大竹の表情」である。しかし、これに「気持ちを察する笑い」という鑑賞のポイントを用いるとどうなるか。

 それによって生まれる笑いどころは、「大竹、こんなにすげえ祝われて、うれしいっちゃうれしいけど、ここまでしてもらうことじゃないし、恥ずかしい感じもあるだろうに。しかも、こんな大勢が見てる中を連れまわされて……、微妙な心持ちなんだろうなあ」これを察することによって生まれる部分である。

 このような、言葉にしづらいような絶妙に微妙な気持ちを察することで笑いを生むというもののである。

文学」の方法論はこの二つによって成立しているものを指す。

 松本人志がこの笑いを非常に重要視していたり、立川談志がこれを落語の極意としていたことがあったりと*1、笑いの巨人達に愛される方法論である。「言語学」を最先端エレクトロ・ミュージックとしたとき、「文学」は長く愛されるフォーク・ミュージックといったところであろうか。


【演劇】

 おなじみ大雑把な定義から。「リアリティのあるプロットと演技にとことんこだわる」という方法論だ。

 冒頭で挙げた例だと、特に友近を「演劇特化」として挙げている。他には先ほど「文学」でも挙げた松本人志Visualbumバナナマンロッチしずるのコントがこれに当たる。また、ここで挙げたものをみると分かるように「演劇」と「文学」はセットになっていることが非常に多い。この理由は後に説明する。

 いわゆる「日常の中の日常」と「非日常の中の日常」がこれに当たる。「○○の中の"日常"」である。最終的には日常なのが重要だ。「リアリティ」と聞くと、非日常の時点でリアリティが無いのではないかと思うかもしれないが、そうではない。例を出して説明する。

 過去の大日本人の解説記事に書いてあることの繰り返しとなるが、大日本人という映画は「巨大化する男が巨大な怪物と戦う」という設定の映画だ。この時点でリアリティがないのでは、という考えもあるが、ここで言うリアリティはそうではない。初めに示される「巨大化する男が巨大な怪物と戦う」という世界の中で、リアリティがあるかどうか、ここが重要なのだ。

 例えば主人公は巨大化する際、服までは大きくならないため、あらかじめ巨大なパンツに股を通してから巨大化する。服まで巨大化するってのはおかしいでしょ、ということだ。巨大化する際に使われるのは、コンセントコンセントで電気を流し込むことで巨大化する。変身ベルトなどではないところにリアリティがある。つまりそういったリアリティだ。

 今解説したのが大雑把な定義で述べたところの「リアリティのあるプロット」である。では、次は「リアリティのある演技」について説明していく。

 例えばしずるのコント。授業中に些細なことから二人が争うという筋書きなのだが、最後に片方が急にトイレに行きたくなる、というシーンがある。そういったシーンの場合、普通のコントだと「やば、トイレ行きたくなった……」のようなセリフを説明的に言う。しかし、しずるのコントの場合は、顔をしかめ、腹を押さえて「ト……」と一文字つぶやく程度しかしない。もしも実際現実でそういったことが起きた場合のリアリティに即しているのだ。

 つまり、「演劇」の方法論は、設定された世界のルールでの現実的なリアリティと、会話と行動のリアリティを追求するものである。

 リアリティの追求はお笑いに限ったことではなく、Jホラーで最重要とされている要素のひとつであるし、世界的映画監督黒澤明は偏執狂的に細かいリアリティへのこだわりを見せていたことで有名だ。

 リアリティが生む効果は「感情移入の強化」に尽きる。感情移入は共感と一貫性によってもたらされるものである。そのため、現実と近いリアリティを持つ「演劇」の方法論は感情移入を猛烈に促進するのだ。また、ご都合主義が無いため途中で感情移入が醒めることも防いでいる。

 そして、感情移入がお笑いに生む効果、それは「気持ちを察する笑い」の強化である。登場人物の気持ちを察することで笑いを生むシステムなら、感情移入していればしているほど効果が強力になるのは疑う余地も無いだろう。これが先に述べた「演劇」と「文学」がセットになっていることが多い理由である。




 以上で四分法の解説は終わりである。これを使うとお笑いを鑑賞する際、語る際、分析する際、非常に見通しが良くなる。是非うまく活用して欲しい。

*1:現在では「イリュージョン」のほうに傾倒しているため過去完了形

2010-12-21

Twitter新アカウント

| 09:32 | Twitter新アカウントを含むブックマーク Twitter新アカウントのブックマークコメント

http://twitter.com/ncat22

お笑い関連、このブログ関連などはこちらで呟きます。

元のアカの方は違うこととかもいろいろやっていきますので物好きな方は見守っていてください。

2010-11-09

お笑いと音楽は意味の開放へと向かっている

| 13:57 | お笑いと音楽は意味の開放へと向かっているを含むブックマーク お笑いと音楽は意味の開放へと向かっているのブックマークコメント

 あらゆる表現への価値の付け方には二種類ある。一つが、どこかの層への人気を基準に価値づけるとする経済的なもの。もう一つが「本質」と名付けたものを基準に価値づける芸術的なもの。前者にはある程度決まった分かりやすい基準がある。だから、幾分考えやすい。しかし、後者を考えるのはいつだって難しい。「本質」を紐解くには、歴史を参照したり、自分の奥深くへ問いかけたり、人間の本能を暴いたりする必要がある。それは心労の意味でも、単純作業量な意味でも、大変な作業だ。しかし、それが本質を探るというものである。

 歴史、自分、人間の本能、この3つが「本質」の中身を表すことのできる言葉であると考えているのだが、さて今回は、その本質を暴くための3つの言葉を使い、そこに音楽という補助線をひくことで、「お笑い」に隠れた「意味の開放」というものを導き出したい思っている。

 では、まずは補助線から。

続きを読む

2010-11-08

東京ポッド許可局VSラリー遠田氏、盗作論争の論点まとめ

| 05:10 | 東京ポッド許可局VSラリー遠田氏、盗作論争の論点まとめを含むブックマーク 東京ポッド許可局VSラリー遠田氏、盗作論争の論点まとめのブックマークコメント

事件詳細

http://www.voiceblog.jp/tokyo-pod/1261615.html

http://owa-writer.com/2010/11/post_23.html

http://owa-writer.com/2010/11/2_3.html

http://owa-writer.com/2010/11/3_1.html

「まとめ記事はついついわかった気分になって重要なことを見過ごしてしまいがち。できれば元のポッドキャストと書籍、ブログなどを見聞きしてください。」と東京ポッド許可局の方からツイートをいただいたので、時間のある方は上記アドレスを上からぜひ。



この色がラリー氏

この色が東京ポッド許可局

論点

手数論は果たして一般的な論であったのか?

「手数」という言葉は前々から使われていた

手数という観点から「実際に計測」し、それをM-1に当てはめている


実際に計測し、それをM-1に当てはめるということが、果たしてオリジナルなのか?

数えて当てはめるという程度ではオリジナルではない、自然の論理の流れだ

みんながうすうす思っていたことを実際に計測し、文字を起こす等の学術的なラッピングしたのが手柄だ、オリジナルだ


サイゾーの側が盗作を認めたというのはどうなのか?

盗作をしたという事実はサイゾーは認めていない

許可局担当のサイゾーの人が、盗作を認めた


松本人志についての記事のパクりはどうなのか?

手数論パクり騒動後、東京ポッド許可局を聞くのをやめたため、松本人志についてのポッドキャストが上がったときには、すでに聞いていなかった。

第一回からのリスナーだという話だったため、聞いて盗作したのでは?


ラリー遠田氏から届いた「東京ポッドの手数論に補足してまとめたので……」というメールの件は?

まだ続論なし

鹿島氏がツイッターにて、ラリー氏から「自分が東京ポッド許可局に影響を受けていることはまちがいないと思います」というメールが2年前届いていたとツイート


サンキュータツオ氏の「死んでくれって思っている」「断筆してほしい」発言の是非は?

まだ続論なし

まだ続論なし


ラリー氏が2008年M-1前の時点でナイツに対して手数という言葉を使って評していた件については?

手数という言葉はこのようによく使われるし、内容についてもそこまで重なっているとは思わない

手数という言葉ではなく、それをキッチリと計測している点が重要


水面下でラリー氏が「非があった件については謝罪する」とメールをしたという件については?

まだ続論なし

まだ続論なし


今回の件と関係なく、議論で問題にしてはいけない点

・ラリー氏の文章が面白いか、好きか嫌いか。

サンキュータツオ氏の文章が面白いか、好きか嫌いか。

東京ポッド許可局のメンバーがお笑いとして面白いか。

東京ポッド許可局のメンバーが賞レースでどうか、売れているか。

・ラリー氏、サンキュータツオ氏の学歴について。

ラリー氏の本や、東京ポッド許可局の本の売れ行き。


むしろ問題にしてはいけない点が重要。


関連テーマの記事

お笑いと音楽は意味の開放へと向かっている

バカリズムの笑いの本質は「破壊」

有吉弘行、バナナマン設楽の「テレビ批評芸」と「バラエティのプロレス」

2010-10-31

「なぜ日本ではGoogleよりYahoo!のシェアが高かったのか」を自分なりに考えた。

| 13:00 | 「なぜ日本ではGoogleよりYahoo!のシェアが高かったのか」を自分なりに考えた。を含むブックマーク 「なぜ日本ではGoogleよりYahoo!のシェアが高かったのか」を自分なりに考えた。のブックマークコメント

今更だが、なぜ日本ではGoogleよりYahoo!のシェアが高かったのか? - teruyastarはかく語りき

http://d.hatena.ne.jp/teruyastar/20101031/1288459532

 上記の記事で、非常に面白い現象について書いてある。引用するとこうだ。

Yahoo!Googleより人気の日本、なぜと頭をひねる − @IT

http://www.atmarkit.co.jp/news/200606/14/yahoo.html

「世界各国でGoogleウェブ検索のシェアが高いが、

日本では圧倒的にYahoo!検索が強い。これは興味深い現象だ。

なぜかと聞かれても分からないが……」。

海外ではこの構図が一変する。

米国英国フランスドイツではGoogleの利用率がトップ。

Yahoo!の利用率は10〜20%台に過ぎない。

井上氏によると、Yahoo!韓国台湾など

日本以外のアジア諸国でも人気で、

Googleを上回るシェアを獲得している。

井上氏はYahoo!がローカル企業と組んで

コンテンツを充実させていることを説明し、

「なんでもそろうというポータル戦略が珍しくうまくいっている」と分析した。

 で、まあこれを読むとき自分なりに、下に書いてあるteruyastarさんなりの結論を見る前に、自分で「なぜか」を考えてみた。せっかくなのでここに記しておく。

 日本などのアジア諸国と、米国英国フランスドイツとの大きな違いは何だろう、と考えたときに、一番大きいのはこれでないかと思った。下である。

f:id:ncat2:20090921121546j:image:w450

f:id:ncat2:20101031121809j:image:w500

 これと、

f:id:ncat2:20101031122823j:image

f:id:ncat2:20101031122822j:image

 これ。そう、景観である。前者のアジア各国は実に「Yahoo!」ではないか。

 逆に、後者の欧米各国。実に「Google」ではないか。

 景観というものは幼少期から触れ続けるものである。外に出るたびに目にし、その中で育つのだから、その影響力というのは計り知れない。つまり、国民の人間性というものに大きく関わってくる。

 そして、アジア各国の景観、多数のビルが立ち並び、中にはいたるものが統一感なく、ある。それが求めている方向性は、おそらくこんな感じだ。

・いろいろなものをごちゃ混ぜにしたい

・統一感はそこまで求めない

・引き算方式というより、足し算方式

・美意識より利便性

・シンプルより多機能

 そして逆に欧米各国の景観。統一感のある建物が並び、統一感を感じるデザイン。それが求めている方向性は、おそらくこんな感じだ。

・遊び心やコンセプトを大事にしたい

・統一感を求める

・足し算方式よりも引き算方式

・利便性より美意識

・多機能よりシンプル

 これが、アジア各国と欧米各国の景観の違いだ。そして、これは「景観の違い」を挙げたはずなのに、そのままちょうどYahoo!Googleの違いに当てはまる。

 すなわち、景観の違いが国民性の違いを生み*1、そしてそれがそのままプラットホームサイトのシェアの違いへ結びついたのだ。

 先にも述べたように、景観というものは、幼少期から、しかも常に、しかも身近に、そして密接に関わっているものであるため、国民性というものと非常に密になる。

 ごちゃ混ぜ多機能志向のアジア各国がYahoo!を好み、美意識シンプル志向の欧米各国がGoogleを好む。非常に妥当な結果であるといえよう。

 景観を見ることで国民性を知り、それに合わせてサイトを作る、それが一つ、成功への道といえるのかもしれない。

*1:そもそも国民性がそうだから景観がああなったとも言えるが

2010-10-15

松本人志のコントMHK、感想

| 01:00 | 松本人志のコントMHK、感想を含むブックマーク 松本人志のコントMHK、感想のブックマークコメント

 松本人志のコントMHKをみた。

 最近記事を更新していないしツイッターに感想書くにも長いしツイッターだとあまりネタバレしてはいけないみたいなのもあるしといろいろと重なってちょうど良いので、久々に感想記事みたいなものを書いてみようと思う。

 まず全体的な感想から言うと、かなり楽しめた。「おもしろくなかったらどうしよう」なんていう、よく考えたら妙な不安もあったが、それは杞憂だった。いやむしろ、仮におもしろくなかったとしても、それはそれでかまわないのだ。私などは、このように松本人志が何か腰を据えて作品を作るということになったとき、「おもしろいか否か」というところよりも「あの松本人志がどんなものを作るのか」という好奇心が先に来てしまうからだ。

 というかそもそも、松本人志が今回はずしたとしても過去の圧倒的な打率は覆らない。イチローが一番最近の試合で4打数1安打だとしてもイチローがすごいバッターであることには変わらないように。というような喩えを以前どこかで読んだが、まさにそのとおりだと思う。しかも、松本人志はまだまだ現役でバラエティーに出演しており、そこでのトークの発想力や視点がまだまだ一流のレベルを保っている*1ため、「衰えた」なんてのもてんでおかしい話である。

 と、自分のある種の信者的態度と呼ばれてもそれほど文句は言えないスタンスを明らかにした上で、感想を書いていきたいと思う。

感想

 松本以外の芸人が登場しないと聞き、期待していたが、期待通り全体として松本色が非常に強く、まずそこが非常にうれしいポイントであった。声に出して笑った箇所も非常に多く、単純に楽しめた。では、ここから個別感想。ニュースと幽霊シリーズについては書いてません。

ダイナミックアドベンチャー

 初っ端の通販のコントが、「明日かと思ってた」をやたらと主張するといういかにも松本らしいボケから始まった時点で、おもしろくなるなと非常に期待が持てた。そしてその後の「動詞と名詞があるからなんとなくわかる」というような言葉への気付き系のボケなども非常におもしろく松本らしい。ほかにも、「ハッピースティック(だっけ?)を右から三番目に刺してください」「右ってどっち?」というボケがあった後の、「RとLを滑り込ませる」というボケへの流れで、「RとL」を正しく滑り込ませた状態での「R」の方から三番目に、ハッピースティックが刺してあるようになっているという細かいこだわりなど、見所は非常に多い。

UFOアフター

 ビフォーアフターパロディでも、そのような細かいおもしろいボケが多い。似顔絵の顔の色が肌色であったり、「トイレの近くに台所がある」のシーンで、まな板の上に緑色のブニブニしていそうな丸いものがたくさん乗っていたり、改装後の食事のシーンで食べているものの色もおかしい、などなど。そのような細かいボケだけではなく、「ボッコリ」に収納し、真ん中は机がせり上がるようにするという発想や、ライトセーバーのボケやおばあちゃんのほふく全身などの視覚的なおもしろさなども非常に秀逸。遺影が楽しそうな笑顔に変わっていたところや、仏壇の「チーン」を鳴らしてみちゃうところなんかも非常に笑った。

答辞

 最後のコント、答辞についてだが、これもおもしろいことはおもしろいのだが、少し物足りない部分もあった。言葉遊びを繰り返すという実に松本らしいネタであり、間違いなくおもしろいコントではあったのだが、その松本の遺伝子を受け継いでいるバカリズムらのネタと比べると、どうも「逆に」という言葉の壊し具合遊び具合が足りないのではと感じられた。だが、演技の感じを見る限り、おそらく6、7割はアドリブであろうから、実はそのあたりは正直しょうがない。なぜならその分、アドリブの力で、演技への感情の入れ方や、言い方のおもしろさが際立つからだ。序盤での妙に癖とおかしみのあるしゃべり方や、後半でのたたみかけ、突然の逆ギレや「新聞紙!」という叫びなど、半アドリブならではの憑依的な芸が際立つのだ。さらに、半アドリブ芸こそが松本人志のホームグラウンドであるため、これもまた非常に松本らしいコントであったといえよう。


 と、非常に楽しめる45分間であった。なんども声に出して笑えたってのがでかいなー。シリーズ化に期待です。

*1:しかも、手癖や技術ではない部分で

2010-08-18

大喜利での「わざとわかりにくく表現する技法」とマーケティング

| 18:27 | 大喜利での「わざとわかりにくく表現する技法」とマーケティングを含むブックマーク 大喜利での「わざとわかりにくく表現する技法」とマーケティングのブックマークコメント

 テレビやDVD、またはインターネットなどでは、しばしばシンプルに大喜利での対決というものが行われている。それだけでなく、大喜利というのは非常に応用の利くコンテンツであって、例えばラジオのコーナー、雑誌の読者投稿コーナーなどなど、「大喜利」と名を冠していないものでも、底を除いてみれば大喜利であるものも多い。

 そのように、コンテンツとしてメジャーになっていくと、技法というものが現れてくる。そして、大喜利で有名な技法に、わざとわかりにくく表現する技法がある。今回は、それについて考察していきたいと思う。

 まず、その技法とは、どのようなものなのか、について解説していきたい。わかりやすく例を出す。お題として「あったら嫌な寿司屋」というものが出されていたとする。そして、それに対して寿司ネタの下に入っているわさびが、緑の絵の具になっている」という発想の答えを出したいとする。

 そうしてみると、まず表現として一番単純なのは上の鍵カッコの中を直接書いてしまう表現だ。

寿司ネタの下に入っているわさびが、緑の絵の具になっている

 これが一番シンプルな形。

 では、実際に上述の技法を使ってみると、どのような形になるか。

食べると緑の絵の具の味がする

 まずあるのはこんな形であろう。「わさびが」というところを省きわかりにくくすることで、「絵の具の味がするということは?」という具合に想像させる書き方。

 もっとわかりにくくすると、このような具合だ。

赤の絵の具というよりは緑の絵の具の味

 これは「食べる」という言葉すら省き、「味」という言葉だけでで食べるんだな、と言うことを想像させようとしている答えだ。さらに、赤の絵の具との味の違いを判別できる、という前提を持ち込むことで情報量を増やしている。

 さらに、ここからさらにわかりにくくするとこうなる。

「美味い!」の笑顔で爽やかな緑の歯が覗く

 これは「絵の具」と言うことすら省き、「緑の歯」と書くことで想像させるパターン。これまでの流れがあるから分かるが、実際ここまでわかりにくくなるとお題に対していきなりこれを出されても分からないであろう。更に分かりにくくしようと思えばできるのだが、次はこれまでとは少しベクトルをずらして分かりにくくするパターンを二つまとめて紹介する。

お子さんは緑絵の具抜きの寿司にしましょうか、と言われる

厨房に、からしチューブ、にんにくチューブ、緑の絵の具チューブが並んでいる

 これは「サビ抜き」を「緑絵の具抜き」と表現することで「わさびが緑の絵の具になっている」と表現するパターンと、他のチューブと並べることで、わさびの代わりであると表現するパターン。


 このように、同じ発想のボケであっても、表現方法はいくらでもあり、分かりにくくしようと思えばいくらでもできる。

 このような状況であるため、よく表れてくる問題が「同じ発想で分かりにくくする必要はあるの?」という問題、そして、「仮に必要があるなら、どこまで分かりにくくするのがいいの?」という問題だ。前者の問題に関しては、分かりにくくすることで言葉一つに乗る情報の量が増え、それによってスマートに大きく想像させることができるため、ある種の効果はあるであろうから、おもしろさを追求するという前提では必要である、と考えることができるが、厄介なのは後者の問題だ。

 これは経験上、多くの大喜利の場面で表れている問題である。インターネット大喜利コミュニティ、特に採点形式をとっているコミュニティに多く表れている。例えば、投稿者が表現を凝り、わかりにくくした結果、採点者に意図が伝わらず、低得点をつけられてしまった、というような状況。このとき、採点者が「そのぐらい意図を拾えよ、これはおもしろい答えだぞ」とバッシングされたりする。しかし、投稿者が表現を凝りすぎ、分かりにくくしすぎたとき、採点者が拾えなくても、むしろ投稿者が「それはやりすぎ、おもしろい答えと自己満は違う」とバッシングされていたりする。

 となってくると、「表現を凝るとおもしろくなるのでやるべきだが、やりすぎると自己満」ということになり、「じゃあ、その丁度良いとこってどこだよ! 『おもしろい答え』ってなんだよ! 」ということにもなってくる。難しい問題だ。

 しかし、この問題は「答えはマーケティングである」と考えると非常にスッキリして分かりやすくなる。

 つまり、「丁度良いとこ」、「おもしろい答え」というものがあるのではない! と考え、大喜利コミュニティの場合、「採点者*1のうち何人は、ここまで表現を凝ると拾ってくれなくなる」とか「採点者はのうち何人は、ここまで表現を凝ると非常に高得点をつけてくれる*2」ということを分析し、マーケティングし、一番効率が良いところを狙い撃ちする。需要供給曲線のように、丁度グラフが交わるところまでで表現を凝るのを止める、このマーケティング合戦が大喜利である、と考えるのだ。

 このように、大喜利に限らず、「ホントウの○○はなんだ?」みたいな問題がある場において、「マーケティング」というものを出していくだけで、非常に分かりやすくなるということは多々ある。例えば「レベルの高い音楽ってなんだ? 売れている大衆音楽とは違う、音楽通にしか分からない良さがあるじゃないか」という問題に対しては、「それは『レベルの高い音楽』ではなく、音楽をたくさん聴いている層、評論化筋に対して良く思われるためのマーケティングに過ぎない」と考えると分かりやすくなる。

 と、大喜利の話から大きな方向へ話が転がっていったので、そろそろこの辺りで終わろうと思う。


関連テーマの記事

「あるあるネタはレベルが低い笑い」というのは真っ赤な嘘

有吉弘行、バナナマン設楽の「テレビ批評芸」と「バラエティのプロレス」

笑い飯「鳥人」、松本人志「トカゲのおっさん」は差別の笑いである

*1:テレビならば客や審査員、出演者などになる

*2:テレビならばたくさん笑ってくれる、など

2010-08-03

「笑いのレベル」の正体と、相対主義

| 14:02 | 「笑いのレベル」の正体と、相対主義を含むブックマーク 「笑いのレベル」の正体と、相対主義のブックマークコメント

 以前、「レベルの高い笑い」鑑賞講座。お笑い観を変える2つのポイントという記事で、いわゆる「レベルの高い」お笑いの鑑賞方法という物について触れた。そして今回はそれと近いが違う話、「レベルの高い『お笑いそのもの』」について考えていこうと思う。

 まずは例を出す。松本人志山崎邦正の二人が大喜利をしている。そういう状況とする。まず、松本のほうがいわゆる「発想の転換」的な答えを出す。すると、スタッフにはウケたが、客にはいまいちだった。次に、山崎邦正が「言葉遊び」的な答えを出す。すると、山崎邦正の答えのほうが客にウケたが、逆にスタッフにはいまいちだった。それを見た松本は、「客に合わせた答えを出す」と宣言し、「言葉遊び」的な答えを出す。すると、先ほどよりも客にウケたとする。そして、逆に山崎邦正はスタッフに合わせたボケを出そうとしたが、イマイチウケなかったとする。

 つまり、こういう図になる

   発想の転換  言葉遊び

松本   ○      ○

山崎   ×      ○

   スタッフウケ  客ウケ

 このとき、「言葉遊び」よりも「発想の転換」のほうがレベルの高い笑いだと言えるか、というところが最初の問題である。つまり、「発想の転換よりも言葉遊びは下にあるため、発想の転換ができるということは言葉遊びもできる」と、言えるのか、ということだ。その答えを出すには、もう一つ補助線を引くと分かりやすい。

 ここに、例えば、ココリコの田中がいたとする。そして田中は、発想の転換ボケは出してスタッフにはウケたが、言葉遊びは出せずに客にはウケなかったとする。すると図はこうなる。

   発想の転換  言葉遊び

松本   ○      ○

山崎   ×      ○

田中   ○      ×

   スタッフウケ  客ウケ

 こうしてみると、発想の転換が言葉遊びよりも上にあるわけではないとわかる。発想の転換が上にあるのなら、発想の転換ができた田中が言葉遊びができなかった説明がつかないからだ。つまり、上下の関係にはなく、ベクトルが違うのである。この図で言えるのは、松本が、山崎や田中よりも笑いのマーケティング能力が高いということだ。つまり、パターンを分析し、それをアウトプットする能力が……と思いきや、例えばこうなってみるとどうか。

   発想の転換  言葉遊び ナンセンス

松本   ○      ○     ×

山崎   ×      ○     ○

田中   ○      ×     ○

   スタッフウケ  客ウケ  バランス

 このような形になったとき、もう全く三人に上下はつけられない。得手不得手としか言いようがなくなる。それだけでなく、「言葉遊び」というジャンルですら、「韻を踏む」「イントネーションを変える」「音読みを訓読みに」「部首を変える」「回文」などなど、いくらでも細分化できる。その中で、また得手不得手が出てくるのだ。そうなってくるともう上下なんて付けようがなくなる。

 こう考えていくと、笑いにレベルなんて付けようがないのである。いくらでもジャンルは細分化できるし、誰かにとって有利にも不利にもできる。絶対的なものはなく、相対的なものしかないという、いわば相対主義の壁と言えよう。この相対主義の壁は、なにかしらについて評論じみたことをしていると、必ずぶつかる壁である。

 その壁にぶつかった後にその壁を無視し、またきびすを返してレベル云々上下云々の話をする人もいる。そして、そういった人は、壁の越え方に迷っている人を見ると、「あー、俺もそこで迷っていた記憶あるわ」と言ったりもする。しかし、それは壁を越え、解決した人の意見ではなく、壁を無視したのが「昔である」というところでの、優越感からくる意見であることが多いため、非常に無意味なものである。昔、自分も同じことを考えた、ということで、下級とみなす。昔よりも自分が退化した可能性が見えていないのだ。

 相対主義の壁にぶつかったときは、無視するのではなく、越える必要があるのである。つまりは、実感として、目測として確かに感じでいる「この笑いすげえレベルたけえ!」と言う感覚や、笑いの歴史、それらを理屈に落とし込み、目測をものさしへ変え、更にそのものさしの目盛りをできるだけ細かくしていく作業が必要なのだ。

関連テーマの記事

バカリズムの笑いの本質は「破壊」

有吉弘行、バナナマン設楽の「テレビ批評芸」と「バラエティのプロレス」

吉本興業の団体芸は、「究極の笑い」へのアプローチである

2010-07-10

紳助に学ぶ、東大合格の19分の1の勉強量で年収5億を稼ぐ方法

| 04:36 | 紳助に学ぶ、東大合格の19分の1の勉強量で年収5億を稼ぐ方法を含むブックマーク 紳助に学ぶ、東大合格の19分の1の勉強量で年収5億を稼ぐ方法のブックマークコメント

 東京大学に合格するための必要単語量は、世界史化学を選択した場合、英語単語の7000、世界史単語の7000、化学単語の5000の、合計19000個くらいであるといわれている*1。それを会得するためには膨大な勉強が必要だ。東大合格者の夏休みの平均勉強時間は1日8時間だそうだ。

 そして、東大を卒業後、いったいどのくらいの収入が得られるのか。それを調べてみると、平均850万くらいだそうだ。サラリーマンの平均年収が430万くらいであることを考えると、ほぼ2倍というすごい数字だ。さらに、40代になれば平均1000万を超えるという。

 しかし、これは本当に努力の対価として相応だろうか? 1日8時間勉強し、年収はたったの2倍。研究職に就く人ではない限り、その8時間の勉強というのは「金のための勉強」ほかならない。プライドのため、やりたいことのため、などもあるのだろうが、基本は金のための勉強だ。しかし、もっとうまくやる方法は無いのだろうか?

 そこである記事の一部を引用したいと思う。

続きを読む

*1:適当にネットで調べた結果。

2010-04-28

シュールとはなにか? 本当にシュルレアリスムとは異なるのか?

| 22:35 | シュールとはなにか? 本当にシュルレアリスムとは異なるのか?を含むブックマーク シュールとはなにか? 本当にシュルレアリスムとは異なるのか?のブックマークコメント

 お笑い語りでよく使われる言葉に「シュール」がある。その語源は芸術用語の「シュルレアリスム」であるが、今となっては語源とは違う意味で使われている。まずは、そのあたりをWikipediaの「シュルレアリスム」の項目を参考に解説する。シュルレアリスムは超現実主義という意味である。そしてその超現実とは「現実を超越した非現実」という意味ではなく、「過剰なまでに現実」というような意味である。それに対して「シュール」は、「やや難解でアーティスティックである」「常識を外れて奇妙である」「既存の状態を超越している」「少し変な」というくらいの意味で使われることが多い*1

 と、この、シュールシュルレアリスムは語源で繋がっているが、実は違う意味で使われている、というところまでは知っていた人も多いのではないかと思う。では、シュールとは何か、というところを探ってみたいと思う。

 まず、『写実と「シュール」 - eigokunの手記 - subtech』という記事を参考にしたい。マンガと絡めてお笑いを論じているのだが、お笑いの部分のみを資料として抽出したいと思う。

続きを読む

*1:そしてここでは、「シュール」という言葉を、「使われることが多い」意味で使っていくこととする。