Hatena::ブログ(Diary)

NPOプラザ・ねこねっと

2017-07-17

NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版Vol.15 が届きましたので転載させていただきます

―――――――――――――

★★★NOW IS.★★★

―――――――――――――

+++++++++++メールマガジン版+++++++++

Vol.15

平成29年7月11日発行

宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)

++++++++++++++++++++++++++++

宮城復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.〜メールマガジン版〜」を配信します。

Vol.15では東松島市を特集しています。

≫NOW IS. Vol.15は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。

http://www.fukkomiyagi.jp/

========================

[目次]

◆NOW IS.トークセッション

◆今月のKey Person

◆Support Power the応援職員

◆記者の視点

◆NOW IS.防災

◆INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

◆MEDIA INFORMATION

========================

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.トークセッション

―――――――――――――――――――○●○●○

今回は人気お笑い芸人パンサーの3人が東松島市を訪れました。

○●○●○――――――――――――――――――

今月のKey Person

―――――――――――――――――――○●○●○

地元の自慢を笑って話せる媒体作りを目指す、東松島食べる通信編集長の太田将司さんです。

○●○●○―――――――――――――――――――

Support Power the応援職員

―――――――――――――――――――○●○●○

東松島市派遣されている応援職員をご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

記者の視点

―――――――――――――――――――○●○●○

東松島市復興の様子を新聞記者の視点でお伝えします。

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.防災

―――――――――――――――――――○●○●○

県内各地で行われている防災・減災の取り組みから、日々の備えに活かせるヒントを探していきます。今月は「ぼうさい探検隊」についてご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

―――――――――――――――――――○●○●○

◆未来(あした)への道1000km縦断リレー2017

青森から東京までの東日本大震災被災地域をランニングと自転車でつなぐイベントが開催されます。

宮城県内の通過は下記のとおりです。皆さまの応援をお願いします。

7月28日 陸前高田市から南三陸さんさん商店街まで

7月29日 南三陸さんさん商店街から松島町役場

7月30日 松島町役場から宮城県庁まで

7月31日 宮城県庁から相馬市まで

≫問い合わせ 県オリンピックパラリンピック大会推進室 TEL 022-211-2416 

  ホームページhttp://www.1000km.jp/

応急仮設住宅供与期間延長について

下記の対象市町で被災し、応急仮設住宅にお住まいの方のうち、要件に該当する方の供与期間を延長することが決まりました。

延長を希望される方は、被災時にお住まいの市町から送られる案内をご確認ください。

対象市町:石巻市名取市女川町気仙沼市東松島市南三陸町気仙沼市東松島市南三陸町については下記の要件1に該当の方のみ)

要件:1 災害公営住宅防災集団移転など公共事業による自宅の再建先は決まっているが、工期などにより退去できない方

要件:2 公共事業以外で自宅の再建は決まっているが、工期などにより退去できない方

≫問い合わせ 県震災援護室 TEL 022-211-3257 

f:id:neco-yo:20170711121226j:image

2017-06-12

NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版 Vol.14 が届きましたので転載させていただきます。

―――――――――――――

★★★NOW IS.★★★

―――――――――――――

+++++++++++メールマガジン版++++++++

Vol.14

平成29年6月12日発行

宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)

++++++++++++++++++++++++++++

宮城復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.〜メールマガジン版〜」を配信します。

Vol.14では女川町を特集しています。

≫NOW IS. Vol.14は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。

http://www.fukkomiyagi.jp/

=============================

[目次]

◆NOW IS.トークセッション

◆今月のKey Person

◆Support Power the応援職員

◆記者の視点

◆NOW IS.防災

◆INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

===========================

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.トークセッション

―――――――――――――――――――○●○●○

今回はモデルとして活躍する、仙台市出身の葛岡碧さんが女川町を訪れました。

○●○●○―――――――――――――――――――

今月のKey Person

―――――――――――――――――――○●○●○

女川に新たな生業を生み出す活動に取り組む、梅丸新聞店代表取締役・復幸まちづくり女川合同会社代表社員の阿部喜英さんです。

○●○●○―――――――――――――――――――

Support Power the応援職員

―――――――――――――――――――○●○●○

女川町派遣されている応援職員をご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

記者の視点

―――――――――――――――――――○●○●○

女川町復興の様子を新聞記者の視点でお伝えします。

 

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.防災

―――――――――――――――――――○●○●○

県内各地で行われている防災・減災の取り組みから、日々の備えに活かせるヒントを探していきます。今月は「サバ・メシ」レシピを紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

―――――――――――――――――――○●○●○

松島自然の家「野外活動フィールド」がオープンしました

松島自然の家「野外活動フィールド」が本館等の再開に先立ち6月1日(木曜日)にオープンしました。

現在、学校、企業、家族、グループなどの利用申し込みを受け付けています。利用申し込み方法などの詳細につきましては、松島自然の家ホームページや電話でご確認ください。

≫問い合わせ 松島自然の家 TEL 0225-90-4323 受付時間 午前9時から午後5時まで(月曜休館) 

       ホームページhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/matsushima-cnt/

看護学生・未就業看護師等病院就職ガイダンス開催

県内における看護職員不足は深刻な問題で、東日本大震災の影響により沿岸部をはじめとした県内の多くの病院が、看護師等を確保することが一層困難な状況となっています。

県内の病院で働く方々の生の声を聞き、それぞれの病院の魅力に触れるチャンスです。ぜひ足をお運びください。

日時:平成29年6月18日(日曜日)午前11時から午後3時まで

会場:仙台国際センター会議棟2階「桜一体」

対象:県内外の看護系大学、看護師等養成所に在学する学生及び未就業看護師

参加病院等:県内の68病院及び宮城県ナースセンター

入場料:無料

申し込み:不要

≫問い合わせ 県医療人材対策室 TEL 022-211-2615 

       ホームページhttps://www.pref.miyagi.jp/soshiki/iryoujinzai/kango011-guidance.html

f:id:neco-yo:20160608051600j:image

2017-05-11

NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版Vol.13 が届きましたので 転載させていただきます

―――――――――――――

★★★NOW IS.★★★

―――――――――――――

+++++++++++メールマガジン版++++++++

Vol.13

平成29年5月11日発行

宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)

+++++++++++++++++++++++++++

宮城復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.〜メールマガジン版〜」を配信します。

Vol.13では南三陸町を特集しています。

≫NOW IS. Vol.13は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。

http://www.fukkomiyagi.jp/

==========================

[目次]

◆NOW IS.トークセッション

◆今月のKey Person

◆Support Power the応援職員

◆記者の視点

◆NOW IS.防災

◆INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

==========================

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.トークセッション

―――――――――――――――――――○●○●○

今回は、タレントや歌手として活躍するほか、実業家としても活動する、はるな愛さんが南三陸町を訪れました。

○●○●○―――――――――――――――――――

今月のKey Person

―――――――――――――――――――○●○●○

南三陸杉の活用とブランド化に尽力する、丸平木材株式会社代表取締役の小野寺邦夫さんです。

○●○●○――――――――――――――――――――

Support Power the応援職員

―――――――――――――――――――○●○●○

南三陸町派遣されている応援職員をご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

記者の視点

――――――――――――――――――――○●○●○

南三陸町復興の様子を新聞記者の視点でお伝えします。

 

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.防災

―――――――――――――――――――○●○●○

県内各地で行われている防災・減災の取り組みから、日々の備えに活かせるヒントを探していきます。今月は「サバ・メシ」を取り上げます。

○●○●○―――――――――――――――――――

INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ

――――――――――――――――――――○●○●○

◆一途な想いが、宮城の明日を切り拓く。宮城県職員、募集。

県の職員採用試験(行政職・技術職・警察官など)の受付を5月12日(金曜日)から順次開始します。

詳しくは県人事委員会事務局及び県県警本部のホームページをご覧ください。

≫問い合わせ 県人事委員会事務局 TEL 022-211-3761 ホームページhttp://www.pref.miyagi.jp/site/saiyou/

警察本部警務部警務課 TEL 0120-204-606 ホームページhttp://www.police.pref.miyagi.jp/hp/keimu/police 

◆岩沼海浜緑地が全面開園しました!

東日本大震災の影響で閉園していた岩沼海浜緑地(北ブロック)が平成29年3月26日(日曜日)から再開園しました。これにより、北ブロックと南ブロックの全面が使用可能になりました。

有料施設の予約については北ブロック、バーベキュー利用については南ブロックへお問い合わせください。

≫問い合わせ 岩沼海浜緑地管理事務所 TEL 0223-29-2777(北ブロック)0223-23-5343(南ブロック) ホームページhttps://www.tohoku-daiken.com/contents/business/manager/facility/iwanuma/index.html

f:id:neco-yo:20170420124217j:image

2017-04-11

NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版 Vol.12が届きましたので転載させていただきます。

―――――――――――――

★★★NOW IS.★★★

―――――――――――――

+++++++++++メールマガジン版+++++++++

Vol.12

平成29年3月31日発行

宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)

++++++++++++++++++++++++++++

宮城復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.〜メールマガジン版〜」を配信します。

Vol.12では亘理町を特集しています。

≫NOW IS. Vol.12は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。

http://www.fukkomiyagi.jp/

========================

[目次]

◆NOW IS.インタビュー

◆VOICE of KEY PERSON 貴方がいれば大丈夫

◆Newspaper Pick-Up 新聞記事から見る、復興の歩み

◆NEWS in MIYAGI 県内復興防災にまつわるニュース

◆明日への取り組み

◆NOW IS.防災

========================

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.インタビュー

―――――――――――――――――――○●○●○

今回は、石原裕次郎のものまねで人気のゆうたろうさんが、亘理町を訪れました。

○●○●○―――――――――――――――――――

VOICE of KEY PERSON

―――――――――――――――――――○●○●○

亘理町を盛り上げている2名の方をご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

Newspaper Pick-Up 新聞記事から見る、復興の歩み

―――――――――――――――――――○●○●○

震災当時と今の新聞記事を比較することで、復興の進捗状況を改めて確認します。

○●○●○―――――――――――――――――――

NEWS in MIYAGI 県内復興防災にまつわるニュース

――――――――――――――――――――○●○●○

被災者生活再建支援制度について

東日本大震災により住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に支援金を支給しています。申請期限は平成30年4月10日までとなっていますので、お早めに申請をお願いします。

詳しくは下記お問い合わせ先までご連絡ください。

≫問い合わせ 県消防課 TEL 022-211-2372 ホームページhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubou/sienkin-top.html 

◆地域コミュニティ再生支援事業 平成29年度事業の募集

県では、被災地における住民主体コミュニティ再生に向けた活動を支援します。

詳しくは下記お問い合わせ先までご連絡ください。

≫問い合わせ 県地域復興支援課 TEL 022-211-2424 ホームページhttps://www.pref.miyagi.jp/site/hukkousien/komyu.html

亘理町の観光いちご園でいちご狩りを開催中

東北一のいちご産地」の復活を目指し、平成25年度にいちごの栽培復活を果たした亘理町では、町内2ヵ所の観光いちご園でいちご狩りを体験できます。甘くみずみずしいいちごを現地で味わってみてください。

・JAみやぎ亘理吉田観光いちご園

品種:とちおとめ

日時:5月下旬まで10時から16時まで(最終入園15時半)

休み:毎週月曜日  

場所:宮城県亘理郡亘理町長瀞稲荷前45-10

料金:5月7日(日曜日)まで一般1,500円、4歳から小学3年生700円

   5月8日(月曜日)以降一般1,300円、4歳から小学3年生600円

≫問い合わせ TEL:0223-34-9471 

・いちごランドこうちゃん園

品種:もういっこ

日時:5月下旬まで9時から15時(最終入園14時半)

休み:不定休(火曜日・水曜日は定休日)

場所:宮城県亘理郡亘理町長瀞字西谷地116

料金:5月7日(日曜日)まで一般1,500円、4歳から小学3年生700円

   5月8日(月曜日)以降一般1,300円、4歳から小学3年生600円

≫問い合わせ TEL:0223-34-4571

◆「亘理・桜十選」展開催 亘理町の桜の名所を紹介

亘理町では、住民自治組織「まちづくり協議会」が町内5地区で地域協働まちづくりを進めています。そのうち、亘理地区まちづくり協議会が昨年発行した「亘理・桜十選」に掲載した桜の写真や詩歌を展示します。

津波被害を受けながらも咲き続ける桜などの名所を巡りに、ぜひ亘理町に起こしください。

日時:4月1日(土曜日)から27日(木曜日)まで

場所:悠里館ギャラリーJR亘理町連絡通路内)

≫問い合わせ 亘理地区まちづくり協議会 TEL:0223-34-8583

 

○●○●○―――――――――――――――――――

明日への取り組み

―――――――――――――――――――○●○●○

住民とボランティアをつなぐ新たな支援の仕組みづくりを行っているNPO法人Cloud JAPANの取り組みをご紹介します。

≫問い合わせ ホームページhttp://www.kakehashi0311.com/

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.防災

―――――――――――――――――――○●○●○

もしものときにあなたを守る防災のヒントを12回にわたってご紹介します。今回はこれまで11回にわたってご紹介してきた防災のヒントをまとめます。

f:id:neco-yo:20170406160138j:image

2017-03-17

NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版 Vol.11が届きましたので転載させていただきます。

―――――――――――――

★★★NOW IS.★★★

―――――――――――――

+++++++++++メールマガジン版+++++++++

Vol.11

平成29年3月13日発行

宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)

++++++++++++++++++++++++++++

宮城復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.〜メールマガジン版〜」を配信します。

Vol.11では石巻市を特集しています。

≫NOW IS. Vol.11は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。

http://www.fukkomiyagi.jp/

=============================

[目次]

◆NOW IS.インタビュー

◆VOICE of KEY PERSON 貴方がいれば大丈夫

◆Newspaper Pick-Up 新聞記事から見る、復興の歩み

◆NEWS in MIYAGI 県内復興防災にまつわるニュース

◆明日への取り組み

◆NOW IS.防災

=============================

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.インタビュー

―――――――――――――――――――○●○●○

今回は、落語家として、ドラマやバラエティなど多方面で活躍する林家たい平さんが、石巻市を訪れました。

○●○●○―――――――――――――――――――

VOICE of KEY PERSON

―――――――――――――――――――○●○●○

石巻市を盛り上げている2名の方をご紹介します。

○●○●○―――――――――――――――――――

Newspaper Pick-Up 新聞記事から見る、復興の歩み

―――――――――――――――――――○●○●○

震災当時と今の新聞記事を比較することで、復興の進捗状況を改めて確認します。

○●○●○―――――――――――――――――――

NEWS in MIYAGI 県内復興防災にまつわるニュース

―――――――――――――――――――○●○●○

◆「みやぎ地域復興支援助成金平成29年度事業募集のお知らせ

県では、NPO等が行う東日本大震災に係る支援活動に対する助成を行っています。募集期間は4月7日(金曜日)までで、助成対象事業には被災地域の課題解決を目指す事業等、3つの対象事業があります。

詳しくは下記お問い合わせ先までご連絡ください。

≫問い合わせ 県地域復興支援課 TEL 022-211-2424 ホームページhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tisin/ 

◆「みやぎ被災者生活支援ガイドブック」を発行しました

震災により被災された方々の生活再建に係る各種支援制度の概要と、その問い合わせ先を掲載した「みやぎ被災者生活支援ガイドブック(平成29年1月版)を発行しました。

ガイドブックは、応急仮設住宅にお住まいの方などにお届けしています。また、県や市町村の窓口等で配付するほか、県ホームページでもご覧いただけます。

≫問い合わせ 県震災復興推進課 TEL 022-211-2408 ホームページhttps://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/guidebook.html

◆「3.19さぁーいぐべし かどのわき復興まちびらきイベント」

東日本大震災で大きな被害を受けた「石巻市門脇町」は、道路や復興住宅の完成により、新しいまちに生まれ変わりつつあります。

みなさんと新しいまちの誕生をお祝いする「まちびらき」を行いますので、ぜひお越しください。

日時:3月19日(日曜日)9時30分から14時まで  

場所:石巻市門脇地区内(旧門脇小学校南側)

見所:日高見太鼓、渡波獅子風流など楽しいステージと美味しいグルメが勢ぞろい!石巻物産市も開催します。

≫問い合わせ かどのわき復興まちびらきイベント事務局 TEL:022-288-6083 ホームページhttp://kadonowaki-hukkou.com/

◆ご支援に感謝を込めて「マンガッタン感謝祭」を開催

石ノ森萬画館平成25年3月23日にリニューアルオープンを果たし、今年で4年目を迎えます。

今までご支援くださった皆さまへ感謝の気持ちを込め、「マンガの力で全国に笑顔を発信」をテーマに「マンガッタン感謝祭」を行います。 

日時:3月25日(土曜日)・26日(日曜日)9時から18時まで

場所:石ノ森萬画館

料金:大人800円、中高生500円、小学生200円

≫問い合わせ 石ノ森萬画館 TEL:0225-96-5055

 

○●○●○―――――――――――――――――――

明日への取り組み:むすび塾

―――――――――――――――――――○●○●○

平成29年1月27日から29日まで「共催むすび塾@被災地」が開催され、震災6年を迎える被災地で、地域防災に必要な視点を確かめ合いました。

河北新報社webサイト http://www.kahoku.co.jp/special/bousai/

○●○●○―――――――――――――――――――

NOW IS.防災

―――――――――――――――――――○●○●○

もしものときにあなたを守る防災のヒントを12回にわたってご紹介します。今回のテーマは「災害伝承」です。


f:id:neco-yo:20170308173404j:image

今年も希望の花が咲きました