Hatena::ブログ(Diary)

NPOプラザ・ねこねっと

2015-03-11

みやぎ復興プレスメールマガジン版第34号が届きましたので転載させていただきます。

・━┓━━━━━━━━━━・━┓

★★★ みやぎ復興プレス ★★★

┗━・━━━━━━━━━━┗━・

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●メールマガジン版●┼┼┼┼┼┼┼┼┼

第34号

平成27年3月11日発行(毎月1回11日発行)

宮城県震災復興本部(事務局震災復興・企画部震災復興推進課)

┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼

 東日本大震災から4年になります。

 改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 本日、県内13市町では追悼式が行われます。

 また、宮城県では、県庁(行政庁舎)や大河原合同庁舎大崎合同庁舎

宮城県総合運動公園総合体育館(スポーツ振興財団主催)に、追悼献花台と記帳所を設置し、東京事務所と大阪事務所には記帳所を設置します。

 皆さまにおかれましては、東日本大震災の発生時刻である午後2時46分に

黙とうを捧げられますようお願いします。

 詳しくは、

≫ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kikitaisaku/tuitou.html

 復興に携わるさまざまな方々に宮城復興状況や被災者支援情報を

お届けする「みやぎ復興プレス〜メールマガジン版」、第34号を配信します。


=========================

[目 次]

◆トピックス 東日本大震災から間もなく4年

◆明日のみやぎへ!みやぎ"復興人"

被災地からのレポート

◆応援職員紹介コーナー

復興ニュース

復興関連イベント

◆県からのお知らせ

=========================

○●○●○トピックス━━━━━━━━━━━━━━━━━

東日本大震災から間もなく4年

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

 東日本大震災から4年となる平成26年度は、県震災復興計画に定める

「再生期」の一年目であり、県内各地で、様々な復旧・復興事業の「完成」の

知らせを耳にするようになりました。例えば東日本大震災による県管理道路の

通行止めが全て解除されたり、常磐自動車道が全線開通しました。

 大震災から4年の県内の主な出来事を振り返ります。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/295484.pdf

 なお、県では、復興の進捗状況について、ホームページ上で公開し

ていますので、どうぞご覧ください。

復興の進捗状況について

≫ http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/shintyoku.html


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日のみやぎへ!みやぎ"復興人"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

 被災地復興に向けて活動している皆さまをご紹介します。

 今月号は、平成26年6月に仮設工房が完成し、同年12月には、特許庁

地域団体商標に登録された雄勝硯生産販売協同組合千葉隆志さんに

お話を伺いました。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/295484.pdf


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

被災地からのレポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

宮城県復興応援ブログ「ココロプレス」

 宮城県内の復興に向けた取組を紹介するブログです。

≫ http://kokoropress.blogspot.jp/

 オススメ記事をどうぞご覧ください。

日本三景松島」から「世界の松島湾」へ〜再発見!松島"湾"ダーランド構想〜

塩竈市多賀城市東松島市松島町七ヶ浜町利府町宮城県

≫ http://kokoropress.blogspot.jp/2015/02/blog-post_22.html

○新しい居久根の再生へ。この一年を振り返る〜仙台平野「みんなの居久根」プロジェクト〜(仙台市

≫ http://kokoropress.blogspot.jp/2015/02/blog-post_28.html

震災から4年。進められる復興工事(気仙沼市

≫ http://kokoropress.blogspot.jp/2015/03/4.html


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

応援職員紹介コーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

 宮城県復興のために、全国から駆けつけていただいている皆さんを

ご紹介します。

 今月は北海道亀山裕康さんと木戸隆行さん、鳥取県の佐々木優一さん、埼玉県の岡村祥史さんです。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/295484.pdf


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

復興ニュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

○民間企業と連携した復興に向けた取り組み

 平成27年2月2日から3日にかけて、民間企業のご協力により、

東京都宮城県特産品フェアが開催されました。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/295484.pdf


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

復興関連イベント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

◆イベント開催情報

○東北歴史博物館テーマ展示「修復された被災文化財−色麻古墳群−」(多賀城市

3月3日(火)〜9月27日(日)/東北歴史博物館

≫ http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/detail.php?data_id=697

○伝える学校の発表会(仙台市

3月10日(火)〜15日(日)/仙台市市民活動サポートセンター地下1F

市民活動シアター

≫ http://311memorial.org/

○マリンパル女川おさかな市場 かに祭り(女川町

3月14日(土)〜15日(日)/マリンパル女川おさかな市場

≫ http://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=1263

○東北復興ソーシャルビジネス・ギャザリング(仙台市

3月15日(日)/夢メッセみやぎ 西館

≫ http://socialbusiness-net.com/sbg/forum1

○東口パフォーマンス広場「明日への祈りvol.4」(仙台市

3月15日(日)/仙台市生涯学習支援センター6階 体育館

≫ http://www.sendai-shimincenter.jp/miyagino/tsutsujigaoka/kouza/annai/20141031_02.html

亘理町復興水産まつりカレイフェスティバル(亘理町

3月15日(日)/亘理町荒浜にぎわい回廊商店街

≫ http://www.sendai-web.com/watarifukou/ibentbukai.html

女川町復幸祭2015(女川町

3月21日(土)〜3月22日(日)/女川駅前広場、女川町町民第二多目的運動場

≫ http://onagawa-town.com/fes/

志津川湾ワカメまつり福興市(仮称)(南三陸町

3月29日(日)/ベイサイドアリーナ(予定)

≫ http://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=13142


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

県からのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

避難されている皆さまへ

 被災した市町村から別の市町村避難し、届け出をしていない方や

避難先を異動した方、避難を終了した方は、現在お住まいの市町村への

届け出をお願いします。

≫ http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/todokede.html

◆みやぎ被災者生活支援ガイドブックを発行しました

 県では、震災により被災された方々の生活再建に係る各種支援制度の概要と

その問い合せ先を掲載した「みやぎ被災者生活支援ガイドブック(平成27年1月版)」

を発行しました。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/guidebook.html

東京スカイツリー復興パネル展を開催しています

 4度目の震災の日を迎えるにあたり、これまでのご支援に対する感謝と震災記憶の

風化防止への気持ちを込め「復興パネル展 in 東京スカイツリー?」を開催しています。

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukumachi/tokyosukaituri.html

◆「みやぎ海岸林再生みんなの森林作り活動」

 県では、海岸防災林において、ボランティアによる森林づくり活動を希望する

民間団体や企業等を募集しています

▼詳しくはこちら

≫ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sinrin/minmori.html


○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みやぎ復興プレスメールマガジン版第34号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

【発行日】平成27年3月11日

【発 行】宮城県震災復興本部

事務局震災復興・企画部震災復興推進課)

電話  022-211-2408

e-mail fukusuim@pref.miyagi.jp

震災復興推進課URL

≫ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukusui/

○バックナンバーURL

≫ http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/pressm.html

Copyright(C)2013MiyagiPrefecture掲載記事の無断転載を禁じます。

メールマガジンおよびメールマガジンからのリンク先サイトから

得られた各種情報の利用により生じたあらゆる不利益、損害などに

関して、宮城県は一切の責任を負いません。

!このメールマガジンは、登録を希望された方のほか行政機関の方、

県外に避難されている方、宮城県震災復興本部の職員と名刺交換

させていただいた方などにお送りさせていただいております。

新規登録や配信解除を希望される方は、下記メールアドレスまで

ご連絡ください。

≫ fukusuim@pref.miyagi.jp

f:id:neco-yo:20150310143922j:image

〜春を告げる 今年も希望の花が咲いています〜

2015-03-04

3月9日(月)19:00〜 被災地は、忘れられたのか?〜被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォ-ラムのご案内が届きましたので転載させていただきます。

最近めっきり、被災地のことを聞かなくなりました。

確かに、壊れた建物は直り、仮設住宅の大半も無くなり、爪痕も消えつつあります。求人倍率も高い地域も出始めました。

でも、それと「復興する」ということは、同じことなのでしょうか。

そこに住む子ども達は、どうしているのでしょうか。

20年後、被災地はどうなっているのでしょうか。

こうした問いを、4年経とうという今、いまだ被災地で支援活動を続ける現場のNPO経営者達で、真正面から議論したいと思います。

震災復興に想いを持つ方。ぜひ、3月9日虎ノ門に足を運んで下さい。

そして、新しい形の支援の在り方を、これからの復興の形を、手探りする旅を皆さんと共にできることを、願っています。

===================================================

あの東日本大震災から丸4年。このたび、ハタチ基金2014年度の活動報告とともに、風化しつつある被災地の現状や子どもたちを巡る課題に対してどのような支援活動が必要か、皆さまのご理解を深めていただく場として「被災地は、忘れられたのか?〜被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォーラム〜」を開催する事といたしました。

===================================================

被災地は、忘れられたのか?〜被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォーラム〜」

(内容を一部変更する場合がございます。)

■日時 2015年3月9日(月) 19時〜21時 (18時半開場)

■場所 日本財団ビル1階バウルーム(東京都港区赤坂1丁目2番2号)

銀座線虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分、銀座線南北線溜池山王駅」9番出口より徒歩5分

アクセス:http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

プログラム 

・はじめに 公益社団法人ハタチ基金について

公益財団法人日本財団からのご挨拶

2014年度の活動報告

代表理事らによるパネルディスカッション

・コラボ・スクール生徒からの発表

・質疑応答

■登壇者

今村 久美(公益社団法人ハタチ基金代表理事・認定NPO法人カタリバ代表理事

駒崎 弘樹(公益社団法人ハタチ基金代表理事・認定NPO法人フローレンス代表理事

白井 智子(公益社団法人ハタチ基金代表理事NPO法人トイボックス代表理事

今井 悠介(公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事

ファシリテーター 荒井優(東日本大震災復興支援財団専務理事) 

■参加費 無料

■お申込み こちらからお申込みください。

https://ssl.formman.com/form/pc/f3F1hE6LEr6ea7IG/

=============================================================

※遠方で参加が難しい方には、インターネット中継を予定しております。

http://www.ustream.tv/channel/hatachikikin-live

【フォーラムのお問い合わせ・ご連絡先】

ハタチ基金事務局 嘉数(かかず)・下岡(しもおか)

電話番号:03-5327-5667(平日10:00〜19:00)

メールアドレス:info@hatachikikin.com


f:id:neco-yo:20150228005732j:image

2015-03-02

2015-02-23

宮城県、観光客の旅費半額補助へ 河北新報 2月20日(金)11時54分配信記事を転載させていただきます。

宮城県は19日、県内を訪れる観光客の宿泊代や交通費を、半額程度助成する事業新年度から取り組む方針を固めた。旅行券や旅行商品を販売する事業者などに割引相当額を補助し、東日本大震災で落ち込んだ観光客入り込み数の回復を期す。関連経費約10億円を計上した本年度一般会計補正予算を開会中の県議会2月定例会に追加提案する。


補助対象は、インターネットのサイトや旅行会社の窓口で販売される宿泊施設と鉄道や飛行機のパッケージ商品など。ほかに、観光客が県内の宿泊施設で利用可能な旅行券をサイトや旅行会社、コンビニエンスストアなどで割引価格で購入できるようにする。一部は4〜5月の大型連休前の利用開始を目指す。


補助率は現時点で5割程度を見込み、観光客1人当たりの利用上限は原則として設けない。観光客の居住地も制限せず、県内在住者でも利用できる。中部地方以西など、県内を訪れる人が少ない遠方からの観光客ほど割引幅が大きくなる制度設計も模索する。


補助総額は7、8億円程度になるとみられ、インターネットの割引システム構築経費や旅行券発券手数料次第で変動する可能性もある。対象の販売事業者はプロポーザル方式で選定する。


現在、県は政府の「地域住民生活緊急支援交付金」を財源に総額約32億円の経済対策を取りまとめている。経済対策には旅行代金補助のほか、県内への移住促進事業などを盛り込む予定だ。

河北新報社

f:id:neco-yo:20150223210534j:image

2015-02-17

社会的投資CSRフォーラム【同時通訳付】(3/7)のご案内

社会的投資CSRフォーラム【同時通訳付】(3/7)のご案内

下記要領で、3月7日(土)に、明治大学(駿河台キャンパス)におきまして、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業文科省)の研究助成を受け、明治大学経営学部公開講座「社会的投資・CSRフォーラム」を開催します。

今回は、英国から、インパクト投資やインパクト評価の第一線で活躍するPwCMark Graham氏ら(確定)や内閣府(交渉中)の方もお呼びし、ソーシャルインパクト・ボンド(SIB)という新たなインパクト投資スキームと、社会的インパクトとビジネスの成功とを統合的に追求する民間企業や社会企業家の取り組みの意義や課題に焦点を当て、3部構成で開催します。

SIBは、金融の仕組みを活用し、社会課題解決のための社会的プログラムの運営資金を、税金からではなく、民間投資家(社会的投資家)から調達するスキームで、英国ではロンドンエセックスマンチェスターなどで17件以上、米国でもニューヨーク市ニューヨーク州シカゴマサチューセッツ州などで少なくとも5件以上が組成され、再犯防止、貧困家庭の児童の早期教育、若年者の非行防止、ホームレス支援など、社会課題解決のためのプログラムに導入されています。

ご関心のある方はぜひご参加ください。

詳細は、下記の非営利・公共経営研究所のHPをご覧ください。

http://inpms.main.jp/news/?p=383


■日時:2015年3月7日(土)12:30-18:20 (受付開始:12:00)

■会場:明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階 309B教室

http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

プログラム *内容は予告なく変更させていただく場合があります。

(以下、敬称略)

12:30-12:40 開会のあいさつ

12:40-14:40

第1部「イギリスにおける社会的インパクト投資の動向―ソーシャルインパクト・ボンドを中心に」(同時通訳付)

U.K. Cabinet Office Social Investment & Finance Team (交渉中)

Dr. Mark Graham (Head of the Social Investment & Enterprise Team, PwC UK)

Matthew Johns (Senior Associate, PwC UK)

司会:金子郁容明治大学経営学部特任講師)

15:00-17:00

第2部「Impact ×Business : 社会的インパクトをビジネスの主流に組み込むことができるか?」(仮題)

磯貝友紀(あらた監査法人 PwC Japan サステナビリティ・サービスシニア・マネージャー、国際開発チーム・リーダー)

永田暁彦 (株式会社ユーグレナ 取締役 )

百嶋徹(ニッセイ基礎研究所社会研究部上席研究員、明治大学経営学部特別招聘教授)

17:20-18:20

第3部 学生セッション 「企業家育成を通じた被災地復興の可能性―石巻市等の事例を中心に」(仮題)

明治大学経営学部2年生学生研究グループ

コメンテーター:高橋径子(一般社団法人RCF復興支援チーム プロジェクト・マネージャー)

18:40-20:00

懇親会(会費制、要申込み)

会場:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント17階ホール

■参加費:無料

ただし、終了後の懇親会は会費制とさせていただきます。

(一般:3500円、学生[社会人学生は除く]:1000円)

■参加申込み・お問い合わせ

参加を希望される方は3月4日(水)までに、(1)お名前(よみがな)、(2)Eメールアドレス、(3)ご所属・ご役職、

(4)電話番号(日中連絡可能)、(5)懇親会傘下の有無、を明記の上、EメールまたはFAXで

事務局公社研[明治大学発ベンチャー])までお申込みください。

Eメール:info@pmssi.co.jp Fax: 03-3296-1152

公社研HPからも申し込めます。

http://koshaken.pmssi.co.jp/company3.html

■定員:150名(先着順)

■主催等

・主催:明治大学経営学部

・共催:明治大学非営利・公共経営研究所

・協力:公共経営・社会戦略研究所(公社研)

・後援:PwC Japan あらた監査法人