ダ・ニッキ RSSフィード

2006-12-16

コードギアス スタッフインタビュー(古いネタ)

13日の分の補助資料ということで、オフィシャルにあがっているインタビューをリンクしておきます。

それぞれ放送前の記事で、あまり注目されなかったようですが、みなさんにコメントいただいた情報などを予備知識に入れて読んでみると非常に興味深いです。

インタビュイーに関する情報量が半端じゃなく豊富。これだけの情報を引き出したインタビュアーを褒めてあげたい。

また、それぞれ「絵コンテ・演出」「脚本」「作画」の具体的な仕事内容についても拾うことができます。

こっちを先に読んでおけばよかった。

遅読なのでえらい読むのに時間かかりました。

アニメーター出身じゃない監督」という視点で話が展開されています。

アニメーターの経験がない人が演出を経て監督になることの難しさを推し量るよい資料です。

今はそういうパターンも増えていますが、谷口監督の頃は相当厳しかったみたいですね。


J.C.STAFF」って「ジャパンクリエイティブスタッフ」の略なのか。

シリーズ構成吉野弘幸さんと大河内一楼さんって学生時代の友人なのか!

こないだ「大河内さんと一緒に仕事することでいい影響を受ける」とか失礼なこと書いてしまいました。

キャラデザにもオーディションってのがあるんですね。

コードギアスでは「メインアニメーター」の肩書きが付いているけど、基本的にはキャラデザに専念のようです。

アニメ脚本家の相関関係

最近はうっかり忘れそうになってしまいますが、このニッキは主旨はスタジオオルフェ関連のことを観察するニッキでした。

スタジオオルフェといえば物書きが多く所属する会社で、あそこの社長もライターやってたりします。

現在所属している脚本家は社長でガンダム関連のノベライズが多い千葉智宏さん、リヴァイアスとかおねティでおなじみの黒田洋介さん、R.O.Dかみちゅ!倉田英之さん、デモンベインの脚本書いた中村浩二郎さんが所属しています。


過去に所属していた人というのがこのたび一気にわかりまして。

黒田さんが大阪からスカウトして「ゆめりあ」を手がけたと思ったらいつの間にか退社してて、現在フリーで「あまえないでよっ!!」とか「うたわれるもの」の脚本をやっている上江洲誠さんは記憶に新しいところですが。

すでにアーカイブ化してしまった黒田洋介さんのスタジオオルフェの日記から拾ってきました。


女子高生GIRL’S*HIGH」のシリーズ構成をやっていた白根秀樹さんもオルフェに所属していたことがあるそうです。

極上生徒会」や「陸まお」では、ほとんどのシナリオを黒田さんが書いていたのですが、白根さんが1話くらい脚本を書いていました。

最近では岩崎良明監督作品の脚本が多いです。


続いて、木村暢さん。

ソルティレイシリーズ構成が記憶に新しいところで、舞-HiMEにもかかわっていました。最近注目しているライターさんです。

以前より黒田さんと微妙な関わりがあったのですが、スパイダーライダーズでは黒田さんがシリーズ構成で木村さんが各話の脚本というコラボレーションがありました。


これらを象徴する作品が「瓶詰妖精」。

シリーズ構成が「スタジオオルフェ、白根秀樹」の連名になっていて、各話のシナリオに木村さんも書いています。


今回調べたきっかけというのが、黒田洋介さんが大河内一楼さんと朝まで飲んだという話を思い出してアーカイブを覗いてみたってところからはじまります。

黒田さんと大河内さんは同い年で誕生日が1日違いだとか。

黒田さんと大河内さんの生年って1968年ですが、倉田さんも同い年。

1968年生まれのクリエイターってけっこうたくさんいたはず。


そういえば、昨日のコードギアスで、大本営が攻撃受けているときに「黒田と倉田もやられました」と言っているように聞こえたのですが。

極上とかホーリーランドでは黒田さんが谷口監督の名前を借りたので、ささやかなおかえしだったのかも。