Festina Lente(ゆっくりいそげ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-11 ポール・マッカートニー来日公演

[][]ポール・マッカートニーを聴く

(写真は全て大きくなります)

思えば遠く来たもんだ。ポールといえば、肝心な時に来日しない、

出来なかった大物アーティストNO.1じゃなかろうかと。

持って来てはいけない者を不法所持していたお陰で、公演はおじゃん。

ウィングスの来日公演も単独公演も駄目になり、そのまま。

全盛期を過ぎた来日公演は、長過ぎた春のようなもので、

聞きに行った、出かけたという事実だけ作って思い出が残っていない、

この哀しい現実。


f:id:neimu:20131111192109j:image    f:id:neimu:20131111192416j:image

f:id:neimu:20131111192421j:image    f:id:neimu:20131111192427j:image


ビートルズは偉大かも知れないけれど、私がビートルズを知った時、

既に解散していた小学校時代。

だからリアルタイムに知っているのはソロ活動のメンバー。

一番鮮明なのはジョン・レノンとヨーコ・オノの音楽活動ならぬ、

お騒がせなニュースが中心の話題で、

ポールが売れずに苦労していた時代はわからず、

ウィングス時代の曲が、ガンガンラジオで流されて身近に。


f:id:neimu:20131111192444j:image    f:id:neimu:20131111192457j:image

f:id:neimu:20131111193708j:image    f:id:neimu:20131111193716j:image


だから、ブラック・バードが生ギターで演奏されるのを見て鳥肌。

ジョン・レノンや亡くなった妻リンダ、ジョージ・ハリスンに捧げる曲。

昔懐かしい曲。聞いたことのある曲、初めて聞く新曲。

様々な曲を、語るように、思い出を込めて、

楽しげに、次第に盛り上がる会場をクールダウン

もしくは盛り上げて賑やかに、とりどり揃えてコンサートは進んだ。


f:id:neimu:20131111193933j:image    f:id:neimu:20131111194633j:image

f:id:neimu:20131111195326j:image    f:id:neimu:20131111195335j:image


6. ペイパーバック・ライター(*ビートルズ

7. マイ・ヴァレンタイン(*ソロ)

8. 1985年(*ウイングス)

9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(*ビートルズ

10. 恋することのもどかしさ(*ソロ)

11. 夢の人(*ビートルズ

12. 恋を抱きしめよう(*ビートルズ

13. アナザー・デイ(*ソロ)

14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(*ビートルズ

15. ブラックバード(*ビートルズ


f:id:neimu:20131111195911j:image    f:id:neimu:20131111200352j:image

f:id:neimu:20131111201136j:image    f:id:neimu:20131111201436j:image


こうやってみると、本当にビートルズ時代の曲が多い。

確かに、世代的には私より上の時代のアイドルなのは間違いない。

それでも、馴染んでいるのはビートルズの曲の偉大さ。

彼もインタビューで答えていたけれど、今度のニューアルバムもそう。

どう聞いてもビートルズ時代の雰囲気満載の曲作り。

「だって、僕は元ビートルズなんだから」まあ、確かに。


f:id:neimu:20131111201745j:image    f:id:neimu:20131111201752j:image

f:id:neimu:20131111202506j:image    f:id:neimu:20131111202522j:image


16. ヒア・トゥデイ(*ソロ)

17. NEW(*新作『NEW』)

18. クイーニー・アイ(*新作『NEW』 )

19. レディ・マドンナ(*ビートルズ

20. オール・トゥゲザー・ナウ(*ビートルズ

21. ラヴリー・リタ(*ビートルズ

22. エヴリバディ・アウト・ゼアー(*新作『NEW』)

23. エリナー・リグビー(*ビートルズ

24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(*ビートルズ

25. サムシング(*ビートルズ


f:id:neimu:20131111203740j:image    f:id:neimu:20131111204057j:image

f:id:neimu:20131111205028j:image    f:id:neimu:20131111205510j:image


コンサートはいよいよ終盤に向かっていく。

まだまだ聞きたい曲は多い。

有名な大御所的な曲はまだ演奏されていない。

いつ出てくるのか、いつ演奏されるのか。期待が膨らむ。

BAND ON THE RUN

BAND ON THE RUN

ヴィーナス・アンド・マース

ヴィーナス・アンド・マース

[][]近くて遠い京セラドーム

(写真は全て大きくなります)

京セラドームで追加公演って、追加公演の方が本公演より早い日程。

本公演のチケットを買った人は怒らないのか?

そういう人は2日分チケットを買っているのだろう。

東京大阪間の「のぞみ」より高いチケットを、全日程キープしている人だって。

そんなことを考えながら、職場を出て普段乗らないJRに乗る。

いきなり電車止まる。もうすぐ天王寺なのに。

嫌な予感。


・・・嫌な予感的中。車内放送あり。

緊急停止信号のためしばらくお待ち下さい。

「しばらく」ってどのくらい?

数分以内に放送が入ってほっとするも束の間。

人身事故芦原橋大正間って? 

大正が京セラドーム最寄り駅ですが!?

(事故には申し訳ないけれど、とんでもないと思ったのは事実。

思わず、大量に人が異動してホームからこぼれたのかと思ったくらい)


1日真面目に仕事をして、ご褒美のつもりがこれか?

コンサート会場目前にして天王寺までも辿り着かないのか?

焦る私・・・。ようやく動き出した電車。

冷静になって考えてみれば、行きつく手段はまだある。

環状線外回りで箱詰めにならなかっただけ、マシ。

天王寺に到着。すぐさま地下鉄御堂筋線に乗り換えて心斎橋

そこから鶴見緑地線に乗り換えて、京セラドーム前へ。


f:id:neimu:20131111183201j:image  f:id:neimu:20131111183533j:image


幸いなことに、大正から歩くよりも遙かにドームは近い。

目の前。しかし、これがくせ者。ドームに辿り着いても、

席に辿り着けるかどうか。物販、記念品を買い求める人の列、

押すな押すなの大混乱。トイレなんぞ行けるもんじゃ無い。

まずは座る席確保・・・、幸か不幸か、

最果てのスタンド席に上る階段口でパンフ確保。

席に着いたのは19時5分前。


f:id:neimu:20131112002011j:image


ああ、本当にステージのほぼ真横だ。

ステージ全く見えないと一緒。

バックの映像なんて100%見えない。

両側に設置されたスクリーンでかろうじてご尊顔を、

拝し奉ることが出来るかどうか、って感じの端っこ席。

でも、人が溢れかえっている。恐ろしいほど。


f:id:neimu:20131111185117j:image    f:id:neimu:20131111185133j:image


11年前も見たはず、聞いたはずなのに何も思い出せない。

やたら待たされたような記憶だけが蘇る。

しかし、たったの10分遅れでコンサートの幕は上がった。

新曲のBGMが途切れて、流されていた映像が、照明が

一瞬のうちに、夜を塗り替えたように明るく輝く。

懐かしいメロディと共に。


f:id:neimu:20131111185311j:image    f:id:neimu:20131111185418j:image


ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー

2013年11月11日 京セラドーム大阪

1. エイト・デイズ・ア・ウィーク(*ビートルズ

2. セイヴ・アス(*新作『NEW』)

3. オール・マイ・ラヴィング(*ビートルズ

4. あの娘におせっかい(*ウイングス)

5. レット・ミー・ロール・イット(*ウイングス)


f:id:neimu:20131111190925j:image    f:id:neimu:20131111191020j:image

f:id:neimu:20131111191050j:image    f:id:neimu:20131111191055j:image


ああ、大好きなウィングス時代の曲を聴いて、

リアルタイムで聞いていた時代が蘇って、

本当にコンサートに来たんだという実感が湧いてくる。

現実味がないまま時間が過ぎていく。

いつの間にか上着を抜いて、どんどんギターを替えて歌い続ける

ポールマッカートニーの姿を直にではなく、画面でしか把握出来ないけれど、

声はリアルタイム、本物だよね、歌声は。


f:id:neimu:20131111191415j:image    f:id:neimu:20131111191429j:image

f:id:neimu:20131111191435j:image    f:id:neimu:20131111191535j:image

Wings Over America

Wings Over America