熱血高校吹奏楽部

2015-08-23 アンサンブルコンサートV 終了しました。

顧問のヨシヲです。8月23日のアンサンブルコンサートVは、熱血史上最高の351名のお客様の中で無事開催することができました。ご来場頂きましたお客様に厚く御礼申し上げます。

昨日の演奏曲目などについて、演奏者側からみた感想などをつづってみたいと思います。

1.カエルの為に鐘は鳴る

アンサンブルコンサートIVでも演奏しましたが、前回の出来栄えメンバーの納得いくものでなかったため再演することになりました。しかし、再演だからという理由で、練習の割り当て時間は少なく、また演奏メンバーが2人入れかわったこともあり、前回からの上積みがなかなか難しかったのですが、なんとか及第点は取れたのではないでしょうか。

2.テトリス2+ボンブリス

某有名RPG風のBGMが特徴のタイトルです。ゲーム音楽を長らくやっているとクラシカルな曲が吹けなくなってしまうのですが、今回はがんばってクラシックをやってみました。

3.○○○○

ご清聴ありがとうございました。

4.ロードランナー

ネタ枠の一曲です。ロードランナー1面クリア〜自分で掘った穴に落ちて死までを再現してみました。
ステージのBGMをバスクラリネット、歩行音をアルトクラリネット、その他すべての効果音をE♭クラリネットで演奏しました。「穴を掘る音をクラリネットで吹く方法」は現在特許出願中になります。

5.くにおくんの時代劇だよ全員集合

熱血高校恒例の、テクノスジャパン枠の1曲です。民謡のモチーフが随所に取り入れられており和の雰囲気が満載ですが、結局最後はテクノスジャパン的な味付けでまとめられております。いつもより、少し難易度は低めでした。

6.スーパーマリオワールド

この曲は、FCBファミコンバンド)の指揮者であるいけちんにアレンジを委嘱した曲になります。前回演奏した悪魔城伝説もいけちんアレンジによるものです。部員がアレンジする場合は、一応クラリネット吹きなので、クラリネットにやさしいアレンジになるものですが*1、いけちん場合は一切の妥協無しになっており、今回も悪戦苦闘するはめになりました。エンディングの曲を楽しく吹きたいのですが、そこに至るまでは、数々のステージをクリアしなくてはならないのは、まさにマリオそのもの。

2時間目 NES BANDステージ

今回はゲストステージということで、NES BANDさんをお招きいたしました。
本当は最初から最後まで客席で見ていたかったのですが、3時間目もあるので泣く泣く舞台袖で一部を聞かせて頂きました。
マシンのトラブルで開始が遅れてしまい、MCが少し削られてしまったのが残念でしたが、素晴らしい演奏有難うございました。

3時間目

7.同級生2

男子部員によるキモイ演奏をコンセプトに選曲しましたが、予想通り暑苦しい演奏になりました。それっぽい衣装で演奏しましたが、いつもと同じ服装の部員がいたのが印象的でした。

8.すーぱーぷよぷよ

女子部員のよるかわいい演奏をコンセプトに選曲しましたが、予想以上に極悪な譜面になってしまい、編曲者(男)は激しいバッシングにうけることになりました。本番では、練習時には見られない爆速でサタン戦に突入しておりましたが、意外となんとかなった演奏でした。

9.Final Fantasy X

内蔵音源の制約がなくなった世代のゲーム音楽クラリネットアンサンブルで演奏するのは、音色的にも編曲的にも厳しいものがありました。今回、いろいろ無理をして8重奏にアレンジしましたので、自分の知っているFFXと違うと思われた方もいたかもしれませんが、好きな曲をクラリネット吹くというのが、熱血高校のコンセプトなのでご容赦いただければと思います。

10.アクトレイザー

SFC初期の作品で、発売後まもなくワゴンセール行きなった不遇なゲームではありますが、その音楽は高く評価された一作です。(私はゲームとしても十分面白かったですが)今回のアレンジは、E♭クラリネット担当の丼君によるものですが、彼の演奏技術のすべてが詰め込まれた編曲になっております。1発の勝負の本番ですので、思うようには演奏できなかった箇所はありますが、これまで熱血が演奏した大編成アンサンブルの中でも、上位の出来になったのでは思っております。

なお本コンサートの模様は動画サイトに順次UPしていく予定ですので、上記を参考にお楽しみに。

最後になりますが、今回のコンサートの開催にご尽力頂いたスタッフの皆様、我々の申し出を快諾頂き素晴らしいパフォーマンスを披露頂いたNES BANDの皆様に熱く御礼いたします。

一旦、熱血吹奏楽部の活動はおやすみになりますが、英気を養った後にまた復活いたしますので、今後とも応援をよろしくお願いいたします。

*1:楽器の構造上鳴りにくい音をさけたり、1フレーズ二人で分割したり