熱血高校吹奏楽部

2017-09-02 Live前日だよ、熱血高校

とうとうLive前日になりました。

前回病に倒れた顧問は復活。やっぱり顧問がいると安心感が圧倒的にちがう!そして部長は電車で定期券を忘れるイベントを発生させて大遅刻。その一報を聞いたメンバーは、溜息しか出ませんでした。


さて、本番目前の熱血高校では、いつもの練習とちがう様子がチラホラと見受けられます。


散乱するリード

クラリネットは「リード」という木の板を振動させて鳴らす楽器です。リードは1枚1枚クセがあり、演奏する曲に合わせて選ぶ必要があります。熱血高校の演奏曲では、長時間吹きっぱなしと、頻繁にある音の跳躍が求められるため、部員はクラシック曲を演奏する時よりも抵抗の少ないリードを選ぶ傾向にあります。本番に使う本命リードを探して、演奏が近くなればなるほど、リードを取っ替え引っ替え選別しならが練習をするので、各部員の周りにはリードが散らかります。


譜めくりを考慮した楽譜

通常練習では、楽譜をそのままペラペラの状態で使っているのですが、それでは本番には臨めません。わずかな隙間で譜めくりができるように、楽譜の製本が必要です。当日をシミュレーションをしながら製本する作業は、なかなか時間がかかります。その作業を面倒くさがってか、本番まで製本しない部員もいて、誤って楽譜を落として床にバラバラと広げてしまうミスもしばしば。


サインを確認し合う部員

本番近くになればなるほど、曲を全部通して吹く、通し練習が増えます。曲間の繋ぎや、入りのタイミングを確認するのです。指揮者がいないアンサンブルでは、これがとても重要。タイミングを合わせるために、各ポイントで担当部員がサインを出します。E♭ClやB♭Cl、AltoClは、ベル(楽器の先端)を揺らすことでサインを出すのですが、BassClやContraAltoClは、楽器を床面に固定しているため、そのようなサインは出せません。そのため、肘を上げ下げすることでサインを出します。低音クラリネットにとって、肘は他者とコミュケーションを取る器官となっています。

楽譜しか見ていないようで、実はこんな風にサインを送り合い続けているのです。


こんな地味なことを重ねて、本番に挑みます!!!

以上、BassCl担当の80でした。

2017-08-11 ネツスイで、愛されボディ・夏エンジョイ☆

熱血高校吹奏楽部、通称ネツスイは、ゲーム音楽を演奏するクラリネットアンサンブル団体だよ。この9月にあるLiveに向けて練習中!

メンバーはネツスイ活動で、この夏まわりと差がつく、愛されボディを手に入れちゃうよ。


1.透き通る美肌を見せつけろ♪

練習場所は冷房が効いた屋内があたり前。ところによっては地下室だから、徹底的に紫外線をシャットアウト練習は朝から始めて、終わる頃には日が落ちてるから、太陽なんてサヨナラ。肌は美白になるばかりだよ。


2.引き締まった二の腕を見せつけろ♪

楽器に楽譜譜面台。重い荷物を持って練習場所に行くだけで、腕はキュッと引き締まるよ。必須アイテムに加えて、3種の神器は、Bluetoothスピーカー(電子メトロノームを大音量で流す用)、レコーダー(練習演奏を録音して、後で反省する用)、スマホ(毎回の練習場所確認と遅刻謝罪連絡用)。メンバーのバッグはいつも荷物でパンパン。今回、パーカッションで参加してくれる、FCB有志のメイジソさんの重装備には勝てないけどね!


3.スリムな腹筋を見せつけろ♪

ゲーム音楽は人間による演奏を想定していないから、再現のためには、どうしても息継ぎが考慮されない楽譜ができあがるよ。素早く息を吸ったら、意識が遠のくくらい吐き続けるから、美木良介もびっくりのロングブレスダイエット状態。インナーマッスルはムキムキになっちゃうよね。そして最近、炭水化物抜きダイエットをしているメンバーがちらほら。食事面でも脂肪とオサラバだよ。


9月3日のLiveでは、こうやってつくりあげた愛されボディで、お客さんをトコトン魅了しちゃうよ!


・・・以上、BassCl担当の80でした。女性誌風に書くのはしんどいですね。


※結果には個人差があります。この記事は効果を保証するものではありません。

2015-08-16 ゲネプロ!

みなさまごきげんよう。

5月に行われた某ファミコンバンドのバーベキュー大会で顧問のヨシヲ先生から「熱血でクラリネットを吹かないか?」とお声が掛かり、憧れの部活へのお誘いに「ハイ!がんばります!」と即答し入部に至ったのはよかったのですが、担当楽器の水道管(※金属製コントラアルトクラリネット。形状が水道管に酷似している為こう呼ばれる)となかなかシンクロできず苦戦中の新入生、みなえです。

さて、先日16日はいよいよ本番一週間前!という事で、本番を想定した通し練習「ゲネプロ」が行われました。

今回演奏する「マリオワールド」の編曲者でファミコンバンドの常任指揮者「いけちん先生」がゲネプロをご覧になるという事で、私はとても緊張しておりました。

なにしろ、いけちん先生の楽譜は難易度が「おに★×10」

ゲーム音楽を忠実に再現する事に重きが置かれた楽譜は、息継ぎの場所考慮されず(ゲームは息しない)困難な音域と運指(ゲームはそんなの関係無い)

私だけではなく、マリオを演奏するメンバーは「この楽譜クラリネットで人が演奏出来る範囲をあきらかに超えている」と思っていたはずです。 

ゲネプロは順調に進み、いざマリオの番!出だしこそ楽しげに吹けていたのですが、おに楽譜との戦闘は困難を極め次々と瀕死状態に陥るメンバー …何とかHP1で持ちこたえた感じの演奏でありました。

吹き終わった瞬間「ヤバい。これ、絶対いけちん先生お怒りだ」と思ったのですが、意外にも先生は「ごめんなさい」「ほんとうにごめんなさい」と繰返し仰るばかり…。

…先生に「ごめんなさい」と言わせてしまった演奏。

敗因は私が途中で「スロウ」「コンフュ」になってしまった事が大きいように思います。

本番はこんな悔しい思いをしないよう、朝練でレベル上げしてステータス異常克服だ!!と決意を新たにしたのでした。

ゲネプロ後に行われた楽しい反省会では、みんなでポーションやらエリクサーやらガンガン飲んで回復いたしました♪

これで本番はHP、MP満タンの状態で戦いに挑めるはずですので皆さんどうぞ応援に来てください!!

2015-08-01 休憩時間の話

5年生(留年2回目)になりましたみさきくんです!前回から女性陣の古株になってることに動揺隠せません。まあ、、いっか。

今日も暑かったですね。練習場所の都内某所もやたらと暑くて飲み物の消費が激しい一日でした。

いつもは午前〜午後(→打ち上げ)の比較的真面目に爽やかな練習日程を組まれるのですが、昨日は午後〜夜間という練習日程が組まれました。私は朝が苦手なので午後から練習というのは大変ありがたいのですが、今思えばあれは罠でした。。

休憩時間がないんだけど。。

いつもならお昼休みという名の休憩時間があるんですよね。夕食は練習終わったら。ということは…という話です(割愛します)。

だから、練習最後の方は腐った死体みたいな音しか出ませんでしたよ。最後に通し練、と言われた時のみんなの「え。。」という顔、忘れられません。自分もですが。

でも今思うと、午後〜夜間の練習って昔よくやってたんですよね。1年生とか2年生の時とか。なにかな、このひしひしと感じる体力の衰えは。。

_(:3」∠)_


熱血高校吹奏楽部の演奏会、徐々に迫ってまいりました!今回も楽譜は難しく、普通の演奏技法じゃ吹けない楽譜が多々ありますが…ギリギリまで頑張ります!!

8月23日(日)、部員一同心よりお待ちしております。

2015-07-19 この症状にかかったら要注意!熱吹症!

本日の練習日記担当は、Bass Clの80です。

今回の演奏会で、晴れて熱血高校の2年生となりました。そして、新入生の時と比べ「かなりこの部活動に染まってきてしまった」と思う症状が出てきた昨今です。今日は「この症状にかかったら要注意。熱吹症!」をお届けします。


症状(1) オーケストラ楽器のように吹けと言われると違和感がある

ファイナルファンタジーX練習中に、顧問から「そこはチェロ」「そこはオーボエ」と吹き方の指示が。「爆発音」とか「横スクロール風」とか、ゲームっぽさを追求する(無茶な)指示はあれど、クラシック楽器を引き合いに出されるのに少し動揺を隠せません。これに動揺するとは、一つの病気。この症状が行き着けば、「アンサンブル的には正しいけど、ゲーム的に正しくない」と言い始めます。

症状(2) 曲中に休みが無いことに驚かない

ゲームは息をしないので、楽譜は人としての息継ぎを想定しないものが出来上がりがちです。そして、同じBass Cl担当の顧問が驚異的なHPを所持しているため、そのスペックに合わせたBass Cl譜は、輪をかけて「息継ぎ?何ソレ?」状態に仕上がります。当初はそんな譜面に文句を言っていましたが、2年生にもなると、「四分休符分も休みがあるや、わーい☆」という狂った感覚になります。ただ、人間の体力にも限界はあるので、長いパッセージを繰り返す練習があると、気持ちがだんだん沈んでいきます。

症状(3) 異様に黒い楽譜が見慣れてくる

複雑なゲーム音楽を再現しようとすると、クラシック音楽では見たことのない連符やリズム、テクニックが求められます。クラシックなら四分音符と全音符が多い、ベースライン担当のBass Clも同様です。細かい動きのためクラシックよりも譜面が黒く見える熱血高校の楽譜に見慣れてしまうと、たまたま余裕のある譜が配られた時に「まだこれから譜が加わるんじゃなかろうか」と疑心暗鬼になります。

(あ、決して楽譜を足せ、という訳ではございません。これでもうお腹いっぱいです、諸先輩方!)


こんな病気にかかっている患者たちで、8月の演奏会はお届けします。お楽しみに!