ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

猫頭の本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-01-19 歩き方〜〜

歩き方〜〜

今日はローマのホテルを見ていました・・
連泊なので、よっぽど選びまして・・
一人旅
ツアーでないと、ココらへんの作業がまず、大変です^^;
一応決めましたが、未だ全部確定していません
朝食付きで簡易キッチン付きが良いかな・・

それにしても入場無料の大英博物館はエライ
ローマでは、

美術館・博物館系→€5〜15(500〜2000円)
遺跡系→€5〜12(500〜1500円)
有料教会→€2〜6(だいたい1000円以下)


とにかく飛行機と宿の10日分は決めました(大仕事だった)

※追記
驚いた〜1

Google カレンダーでは、フライトやレストランの予約などの予定が Gmail からカレンダーに自動的に追加されます。

・・そうなっているの〜?
驚いた〜2

この度、amazonにてお買い上げ頂いたカレンダーの表示に誤りがございました。
商品を再製作する予定はないため、全額返金にてご対応させて頂きます。

・・かわいそう!
(使い始めてしまえばいろいろ書き込むから、気にならないかもしれないですが、これはデザイン重視でしたから?)

2017-01-18 ズボンの勝利

ズボンの勝利

古代ギリシア・ローマ人の生活・・ということで、西洋服飾史を見ていた
http://flora.karakusamon.com/IMG2/index4.html

ヨーロッパ服装の原型は後進のゲルマン民族の服装にあり、古代文明を開花させたギリシアやローマにはないのである。by徳井淑子さん

・・ということだが、
同じものが別の視点からまとめられる
る?

ズボンの勝利は寒冷地仕様でかつ活動的であるということだけでない?
青木英夫さんの『下着の文化史』
ズボンの形態について、宗教的、道徳的な というのは徳井淑子さんの「ヨーロッパ服飾史」にはみなかった視点。
(徳井さんのは、保温や乗馬での機能的な視点だった)
それはともかく、


抜書きしたところを思い出しました
「涙ぐみながら笑ってみせた」(『イリアス』6−484)
「我慢しろ、心よ。もっとひどいことを我慢したではないか。」(『イリアス』20−18)

2017-01-17 お久しぶり

お久しぶり

今日は新年初めてのボランティアに・・
f:id:nekoatama:20170117211140j:image
よくみると
この「植物公園」の新しいシンボルのうさちゃんって、凝っている!
f:id:nekoatama:20170117211139j:image
f:id:nekoatama:20170117211138j:image
10月桜の咲くクレマチス園で
「土壌改良材」を敷いたり(黒いので作業の後がよく分かる)
近頃の強風で隣の竹やぶから飛んできた竹の葉の掃除をしたり
1時間半から2時間位の作業でした
f:id:nekoatama:20170117211137j:image
f:id:nekoatama:20170117211659j:image
良いお天気での中で植物に囲まれてちょっとボランティア作業というのも、悪くないですね
(でも、まだ冬眠します〜〜???)
f:id:nekoatama:20170117211658j:image
土壌改良材 というと、こちらの担当(交差点)花壇にも入れたい
何がいいのかな
2月中旬には堆肥をもらえるはずですが・・
そういう使い方をしたことがなかった
(植え付け前の土作りにしか使っていない)
今度はやらないといけませんね

2017-01-16 けんえん慊焉

慊焉けんえん

こんな言葉が成立するのだろうか??
慊焉
不満と満足と反対の意味を表す言葉という
(同時にではない)
不可解な言葉である
倦厭 の方に引きづられたのだろうかと思ったが
すでに
の字義が
1に ありきたりなく思うさま
2に 満足に思うさま・・であった
そういえば音符の方の兼は 「かねる」で 二方向であった・・
しかし
言葉として用いた時、どちらかの意味であって、同時に意味しないのであるなら、
それは、どっちが発語者の意味することなのか?
等々
漢検三略で某辞書の虱潰し中ですが、いまカ行のケンでした(笑)
不可解な人間感情をそのまま表すような言葉かもしれない・・と一筆

ヨーロッパの昔臭さ

やり始めるとキリがない
過去のページの見直しと追加と関連ページをひとまとめにすること
http://flora.karakusamon.com/IMG2
そして、わたしの興味は、ルネサンスじゃないんだよね
ロマネスクでもないな、いわんや・・・みたいな確認

2017-01-15 今年の旅計画

今年の旅計画

旅の計画で、今まで書いたItaly関係のページをまとめてみました
http://flora.karakusamon.com/italy/
これ、簡単にワードプレスでやろうと思ったのですが、
ワードプレスはいまいち自由が効かなくて、やっていて全然楽しくない
・・http://karakusamon.com/wp/
シゴトじゃないから楽しい方がいいので、 
遊びました

まとめていると、行きたかったところが蘇ってきます
こんどは、ティベレ川沿いをゆっくり歩くのはもちろんですが、
・「テラモン」(人像柱)を見る
・ボマルツォの怪獣庭園に行く ・・・
f:id:nekoatama:20170115210326j:image
この、モデナにはボローニャから1時間位で行けるみたいだ!?
日帰りでいいのかな?
などなど・・・

園芸雑誌のビズ

2017年1月16日発売のビズ106号で休刊のよし
25年になるそうだhttp://www.bises.co.jp/
高いので買っていませんが、思い出ありの美しい写真のある雑誌でしたね

BISES(ビズ) 2016年 06月号

BISES(ビズ) 2016年 06月号

2017-01-14 荷風の絵が面白い

荷風の絵

寒波到来、ムチャクチャ寒いですね・・こんな季節にセンター試験とは大変すぎ
かわいそう 
荷風の絵がちょっと面白い
顔(の造作)が「悪」という字になっている
「馬」の裏文字(鏡文字)もあるし
f:id:nekoatama:20170114092817j:image
(「コソコソと何かあたりを騒がさん子年に迎える悪玉の夢」
巌谷小波宛明治45年1月3日消印絵葉書 
日本大学総合学術センター所蔵 「図説永井荷風」p142 by河出書房新社)

荷風の新聞連載は漱石の「門」の直前だったようです
この作品の「冷笑」が良いという人もいる(読んだことはない)
f:id:nekoatama:20170114223849j:image
土曜日で、娘とDVDの「X-MEN」の新作:アポカリプス(黙示録)を一緒に見た
(お願いして一緒に見てもらった⇒ハマったみたい!?)
その他は、漢字三略のノルマで、やっぱりこの小型辞書は大学のセンセイが勧めておられただけのことはあると思ったりしてました
(非常に簡潔!!読みの違いが3つの意味に分かれる)
一方、申し訳ないが学研のは感心しなかった(いや、巻末付録にはすごく感心したけど!!)
感心しないという意味は、Rhodia/ロディアのメモ帳と一緒で、なんか紙面が濃いのよね、みたいな感じ?
慣れなのかな?ロディアのマス目が濃いのは好かない(表紙だけはすごく好きだけど、中があれでは私は買わないのだ〜〜)
(山本健太郎くんを見習って好きを言ってみる)
ロディアよりマルマン・ニーモシネ!
f:id:nekoatama:20170114223847j:image

現代漢語例解辞典

現代漢語例解辞典

ブロック No.11【方眼】 cf11200

ブロック No.11【方眼】 cf11200

http://www.e-maruman.co.jp/mnemosyne/

2017-01-13 旅の支度開始

旅の支度開始

寒い寒い一日
重い腰を上げまして・・・http://bymn.xsrv.jp/
10年前!!!!のホコリを払い、表紙からイタリアの旅の準備のリンク出し 
色々なサイトを見ましたが、このサイトが、↓非常に役に立つ
http://mytabi-italy.com/planning-baggage/
本の方は、「海外旅行でスマホ活用」というのを借りているのだが
海外行くならイモトのWiFiとかが、必要そう・・
パソコンでは道案内にイマイチ・・
モバイルバッテリーも買わねばなりませんね
ま、そういうのは後でも、宿と足とを早割で予約です 

2017-01-12 断腸花

「断腸亭日乗」を読む(その3)

断腸亭という命名は、秋海棠からであるという
秋海棠(ベゴニア)の別名=断腸花というのは、・・私はまだ確認できていないが、
荷風は引っ越した偏奇館にも植えている・・
終の棲家(市川)にはどうだったのか!?(まだ7分の2しか読んでないので不明・・)

ちなみに「断腸亭日乗」の原本は、永井永光(ひさみつ)氏蔵とあるが、(いとこの息子で戦後に養子となった人だという)
原本には花の絵などもあるようだ・・
大正15年6月6日のところに、
不崩丘画伯来たりとあって、

「余弱冠、先生に従い絵事を学ぶ。先生その頃より、牽牛花栽培の術に精通せられ、右に関する和漢の図書にして窺わざるもの殆ど無しという。」


スケッチがこの本にはないのが残念

あけらかんこう(朱羅菅江)が、いぶかしや枇杷という木には実のなりてその後に花なのさくかと、という自讃の歌かきたる一幅を見た

などなど、植物話もけっこうある・・・
ところで、荷風ときたら元旦にチョコレ−トを煮て飲むヤカラだ・・(笑)
でも正月ニ日はお父さんの命日なので毎年墓参りに行っている

(昭和6年正月二日)墓前の蠟梅今なお枯れず花正に盛りなり

 
森鴎外上田敏の命日の7月9日も大事にしているようだ)
ついでに、昭和5年の元旦に、菊池寛からの年賀状を
もらういわれがないといって返送しているとは!何ということをする〜(笑)
その年の8月に谷崎潤一郎が妻を佐藤春夫に譲ったという一件があったが、
「あまりにお可笑しければ次に記す」、と全文引用してある・・
(谷崎は荷風を敬愛していて、その後、昭和20年に、疎開先に呼んだりしている)
芥川龍之介が自殺したときには(昭和2年7月24日)付き合いがないということで、
自分が36、7歳のことを追想して、よくも今日まで無事に生き延びしものよと不思議なる心地せざるを得ない、という感想くらいだった・・
(38歳、大正6年9月16日から「断腸亭日乗」を書き始めた)
昭和2年は円本景気で多大の収入があったようだが、色々つきまとわれたりして悩んだり・・、

それにしてもこのサイト↓には驚いた
http://www.tokyo-kurenaidan.com/kafu2-tokyo_10.htm

2017-01-11 本屋・文房具店遠征!?

本屋・文房具店遠征

今日は喫茶付き本屋・文房具店に遠征してきました
f:id:nekoatama:20170111175248j:image
キムタク表紙のこの週刊誌、岩合さんの犬猫カレンダーが付いていて
とてもお得だった!
週刊誌を買うなんて、ほんとに久しぶりですが、
買い出し本命の方の、「旅するイタリア語」テキストの方、
駅前の本屋では売り切れで、アマゾンでは定価で買えなくて(高くなっていたのが)
行ったのですが、一冊だけあったので良かった!
帰宅して、録画しておいた「旅するイタリア語」放送を見ました・・ 
明日は大学に行かねばならないので、本屋・文房具店というか、ロフトLoFtよってきます〜〜
(買わないけどね)←自己牽制(笑)

究極の文房具カタログ

究極の文房具カタログ

文房具屋さん大賞2016 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2016 (扶桑社ムック)

ときめく文房具図鑑 (ときめく図鑑)

ときめく文房具図鑑 (ときめく図鑑)

※今日の使って見る言葉は
揣摩臆測(根拠がなく自分勝手な推測)は駄目よ

2017-01-10 SNSの比較文化?

SNSの比較文化?

今日は一日が短かかった・・!?
お正月+連休明けで、仕事始めの一週間の始まりの一日は、長い・・と思った人も多いかもしれないが
こちらは、学生気分でノートをまとめていました
ノートというと、かなり前に注文していたスリムA5サイズバインダーがようやく届きました
・・けど、これは、イタリアの旅用なのだ・・表紙なでただけ・・♪文房具フェチ♪
イタリアというと、先日イタリア語を喋るヤマザキマリさんをテレビで見て、そういえば
彼女は、去年読んだエッセイでは、置かれた場所で咲きなさいという言葉にえらく反応していたな・あ・・と思ったのですが、
あの本の著者の渡辺和子さんも、・・昨年12月30日に亡くなっていたんですね・・∧(- - ) 合掌
最近私が反応した言葉というと、
婉娩聴従かなぁ
(元女訓の一つという)
意味は、「しとやかで優しく人に逆らわず従う」・・という、ウム(`´)

それにしても
twitterも、140字制限を緩和したり、(昨年9月からであったか)
ホシマーク(ファボ)をハートマークに変えたり、(それは11月だったそう)・・いろいろ変化あり・・
twitterは去年3月に10周年だったんですってね

パソコンでtwitterはよく見てますが、スマホではInstagramをよくみています
https://www.instagram.com/oliviahusseyeisley/?hl=ja
(幸せそうだ!)
こういうのを見られるとは、昔は信じられないと思う〜〜
日本でもスマホ保有率5〜6割になっているそうだが、
日本人は、facebookのようなopenSNSには慣れないから、
LINEのような閉鎖的なSNSが好まれるとかいう・・
なるほどね・・・・と思ったけれど、どうなんでしょう、社会学者の分析は!?

断片的なものの社会学

断片的なものの社会学



作者の猫マーク?⇒http://amzn.to/2iztnqQ




以上、twitterから引用してみたが
もう一つ
メリル・ストリープのクォート(キャリー・フィッシャーの言葉∧(- - ) )の方はこちらへ
http://bymn.xsrv.jp/von/2017v/20170109.html
このゴールデングローブ賞だが、テレビ部門受賞のトム・ヒドルストン主演『ナイト・マネジャー』(ジョン・ル・カレ原作)
amazonプライムで見られます・・すごいのね・・・