ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

猫頭の本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-04-23 本と映画と勉強

映画で見た「モリー先生との火曜日」の本が
大学にあったので借りて電車の中でその日のうちに読んだのですが、
ミッチ・アルボムはフィクションも書いているようだ
それだったら読めるかも????
なにしろ読まねばならない文献が多くて
小説を読む気になれない
小説は小説である(大説ではないでしょう)

普及版 モリー先生との火曜日

普及版 モリー先生との火曜日

天国の五人

天国の五人

時の番人

時の番人

昨日他に借りてきたのは、
「声の文化と文字の文化」byオング(まだ読んでなかった(~_~;)
「美学史研究 中世編」by浅岡潔
ゲーテ全集の「イタリア紀行」
ル=ゴフの対談集「中世とは何か」だけれど

ところで今日は病院付き添いに9時半から4時半かかった
その間、現代生物学の教科書を読んでいた
かたい椅子に2時間拘束・・そうでもなければ読めないかもなテキストを
「動物の部分をぬかして」通読・・
そうでなければこの単位取得、もう、くじけそうになる〜(笑)