猫頭の本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-01-28 8等身の怪物は怖いか?

「プリニウス」

本日はヤマザキマリさんの「プリニウス」を読んだのであるが
f:id:nekoatama:20160129093445j:image
描かれた辺境の怪物たちが何か
8等身ぽいので、
そこで、ん??(笑)

半魚人はともかく
第2巻の9ページのプリニウスの書斎をいくイメージの絵にある
f:id:nekoatama:20160129093446j:image
アンティポデス(対蹠人)など
この怪物たちは 普通 3等身だと思うけど
ふ〜〜ん〜〜〜
f:id:nekoatama:20160129103418j:image
f:id:nekoatama:20160129103419j:image
f:id:nekoatama:20160129103420j:image
http://www.karakusamon.com/2014k/romanesque_ogata.html

8等身のほうが怖そう??
f:id:nekoatama:20160129102811j:image
この漫画の主役は、従者の書記エウクレスのほうか?〜
デルトイ(筆記道具)ねえ

普通に一気に楽しめる漫画でないので困る

プリニウスは「古典中の古典」とあるけど、
それは確かにやたらと引用される「博物誌」であり
私も興味があり、もっているが、
好奇心のあまりに、ポンペイの噴火で死んだ・・というくくりでおわる
をれをマリさんは最も描きたい男という・・
(この漫画、連載も途中だが・・「新潮45」で?)

それはそうと
ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」を読み返したら、
奥付に、編集者(講談社 3名)の名前が出ていた
そうなんだろうな
ああいう漫画では
編集者が内容を先導している面もあったはず

映画のように 著作権者の名前がずらずらということもありうる?
ちなみに「プリニウスの博物誌」でも、「典拠者作家」名のズラズラ記述もすごいのだった 
f:id:nekoatama:20160129093447j:image

おまけだが
猫が出てくる♪
f:id:nekoatama:20160129102812j:image
とくに第3巻で「ガイア」だという名が分かる
f:id:nekoatama:20160129102813j:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nekoatama/20160128/1454030441