猫頭の本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-06-21 偽造David カード

偽造David カード

16日にイタリアから帰国しているのだが、
今日、私のDavid カードがなんと
19日にアメリカの郊外で使用された(海外で現金=USドル引き出し)形跡を発見し、
即座にカードを停止し、銀行に連絡した処、3時間で解決でき、ほっとしている。
偽造 カードの使用だという・・
なんということでしょう!
とにかく、銀行からは、今日中に口座に返金し、新しいカードを送るとのことだった・・
これも含めて、
海外旅行のあらかたの問題には遭遇したと思うわけだが、
我ながら全てにおいて「無事」生還!なので
イヤハヤ!(よかった)
このカードに関しては,多分フィレンツェの駅の地下での使用がいけなかったのではないか・・と思う
次に使ったアメリカ人が怪しい・・
便利だからってあんなところでは、よくなかった・・
しかし暗証番号が何故に漏れる?
とにかく、ローマやフィレンツェなどの都市の駅は、ほんとに問題だ・・
まったく物知らずであった!(苦笑)
f:id:nekoatama:20170619104323j:image
カトリックの国なのに、神を畏れぬヤカラが うようよ・・
イタリアの「遺物」は魅力的だ、
しかし・・あの人達、あのゴチャゴチャ、あの道路・・と思うと、また行こうと思う気持ちは半減する・・
(いや、あんなヤカラばかりでなく、懐かしいと思える人もいたことはいたのだが・・)
とにかく、また今度という物件も多かったのだが、次は、別の国の田舎がいいな ^^;・・

アポセカリー

イタリア語では 薬局は ファルマチーア farmacia なんだけれど
中世の修道院には必ず付属の薬草園(ハーブ園)と調剤室があって ラテン語で アポテカ といったらしい
それで、
アポセカリー(調剤薬局)という英語がある
ラヴェンダーとペッパーミントの香りのシャワージェルを置いていたホテルがあって、あれは良かった
しかしあれはイタリア製でもアメリカの会社のものみたい(!?)
シー・オー・ビゲロー アポセカリー(阪急梅田の3階に直営店があるようだ・・ちょっと興味がある)

f:id:nekoatama:20170619113224j:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nekoatama/20170621/1498030478