Hatena::ブログ(Diary)

大沼ねこひ日記

2018-04-21

パンマルシェ・22日午後

f:id:nekohi3:20180421201242j:image:w360

朝には咲いてなかった(たぶん)こぶしの花が、夕方ほころび始めていました。

大沼周辺では水芭蕉が咲き、天気も良かったのでたくさんの方が来て下さいました。

豆乳スコーンは早めに完売。楽しんでお買い物してくださっている姿を見せていただき、

私も嬉しかったです。皆様ありがとうございました。


明日のパンマルシェは14:00−16:30です。

短い時間にぎゅっと凝縮された販売なので、出来るだけ早く品物をお渡しできるよう、

今年も「パンセット 500円」をご用意します。

あんぱん、チーズパン、クルミパン、胚芽丸パンが詰め合わせになったお買い得セットです。


このセットの登場で、去年は長い行列がみるみる縮んでゆきました。

今年はレイアウトや表示に気を付けて、並んでいる方たちがスムーズにお買い物して

いただけるように更に工夫を重ねたいと思います。ひつじパンDXは3台限定ご用意。

息子1も売り子として一緒にゆきます。みなさまよろしくお願いします☆




2018-04-17

北海道発クナウマガジン/パンマルシェ

f:id:nekohi3:20180417102121j:image:w360

北海道民による地元のお宝発掘マガジンとでもいうような雑誌を丁寧に刊行している

クナウマガジン。メイン雑誌「スロウ」にも以前載せていただきましたが、

この度「スロウな旅 北海道」の西北海道編に手土産コーナーでご紹介いただきました。

各地の渋いチョイスがツボです☆新しい視点で北海道を旅したい方へ。


さてさて、土曜日は寒い中ご来店下さった皆様、遠くから応援して下さった皆様

ありがとうございました!徐々に店内が暖まってゆくのを感じます。


今週は第3木曜なので木曜にもお休みが入りますが、その代り日曜日には蔦屋書店

パンマルシェがありますので、ばっりち用意してゆきますよ☆彡


f:id:nekohi3:20180417103909j:image:w360

各種パンの他、ひつじパンDX、ひつじのケーキ、パウンドケーキ・スクエアも

持ってゆきます。豆乳スコーンをご希望の方々、お待たせしました!

今週土日入手可能です。

レアキャラですのでお買い逃がしなく。


今週の店舗営業日:火・水・金・土曜

パンマルシェ:22日(日)14:00−16:30 函館蔦屋書店



2018-04-13

春が開いてゆく

f:id:nekohi3:20180413085133j:image:w360

昨日、鶯が鳴きました。どんどん鳥の声がにぎわってゆく季節。

ご来店の際はぜひあたりに耳を澄ませてみてくださいね。


「週刊朝日」巻頭カラーグラビアに載せていただきました(写真上)。

動物パン特集です。竹内涼真くん表紙。


そうそう、ご報告が大変遅くなりましたが、1月下旬の手紙社さんの「北海道物産展」

(浦和パルコ)ではラム缶・クッキー缶とも好評で早々に完売したとのこと。

みなさん応援ありがとうございました♡


f:id:nekohi3:20180413085123j:image:w360

朝には蕾だったクロッカスが、午後見に行くと開いていました。

福寿草はもう消えているし、大沼のささやかな春たちは見る間に移ろってゆきます。

f:id:nekohi3:20180413085120j:image:w360

スノードロップも日々風情が変わり、1週間楽しませてもらいました。

明日もパン・キッシュ・チーズケーキなどをご用意してお待ちしてます。

まだまだ風が冷たいので、お散歩される方は防寒をしっかりなさってください。

ストロベリーのパウンドケーキが初お目見えすることになりました♡




2018-04-10

月とビスケット

f:id:nekohi3:20180410125636j:image:w360

季節ごとの絵本コラムを書かせていただいているwebマガジンちいさないえ→

web版はいったん終了となり、これから紙媒体に形を変えて続いてゆくそうです。

発行人のyukiさんとは、西荻窪でお店をやっていた時にお客さんとして来ていただいた

ことからお付き合いが始まりました。もう10年以上経つなんて!


東京の人は冷たいとか言うけれど、西荻窪は人と人の距離が近く、村のような感じで

お客さんから子どものおさがりをもらったり、出産見舞いやお祝いをいただいたり、

ついでにご飯を差し入れしてもらうほどの距離感が当たり前にあって、とても居心地が

良かったです。長男出産時は特に沢山の方に応援していただきました♡


webデザイナーをされていたyukiさんは、当時からすてきなフリーペーパを

作っていらっしゃいました。そうそう、フリーペーパーが充実しているのも、

古本屋と骨董の多い西荻ならではという気がします。

個人の方が作っている読み応えのある無料冊子・ペーパーがあちこちの喫茶店や店先で

配られているのです。読むのが好き、表現するのが好き、と両者あっての環境ですね。


f:id:nekohi3:20180410125424j:image:w360

そこに、絵本の紹介をしませんかとお声がけをもらって、店の人とお客さんという

立場に、編集者と書き手という感じで新たな関係が加わり、またそのうちには2男子の

母という共通点が生まれ、さらにyukiさんは安曇野に移住して「月とビスケット」

というお店を持ち、移住者同士、お店の人同士、と共通点が増えてゆきました。


「月とビスケット」のページを覗くと、とっても丁寧に作られた手の込んだお菓子が

並んでいて、夢のような世界にうっとりしてしまいます。

松本・安曇野はもともと魅力的な地域でしたが、すてきなお店が1つ2つと増える

ことでさらに吸引力を増していますね。旅を夢想して、私もがんばろう!っと。


月とビスケット(お店の情報)  → 

十二の月(お店の横顔・コラム) → 




2018-04-09

Hyou!

f:id:nekohi3:20180409205403j:image:w360

お椀に入ったこのあられのようなもの。何でしょう?

f:id:nekohi3:20180409205409j:image:w360

雹(ひょう)が降りました。夕方突然ガラガラと。

f:id:nekohi3:20180409205407j:image:w360

みんな面白くて外に踊り出して手に乗せたり食べたり。

ぐにゅっと不思議な食感。1cmもあったので霰(あられ)ではなく雹(ひょう)。


土曜日悪天候ながら無事初日終了。久しぶりにお会いした方、オープンを

待っていて下さった方がいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

来て下さった方、遠くから応援してくださった方、本当にありがとうございました。


中盤落ち着いた店内で毎年オープンの日に必ず寄ってくれたTちゃんを思い出し、

引っ越してしまったんだよなぁと改めてしみじみ。私が何を大切にしているか的確に

理解して、オープンと店じまいの日に律義に寄ってくれるという出来そうでなかなか

できないことを毎年続けて励ましてくれました。


そして店を閉めて片付けようとしていたところに思いがけないお客様。

なんと去年厚真に引っ越したTちゃん家族が来てくれました!


1年ぶりの再会でお互い泣きそうなくらい懐かしく、しばらく抱き合ってしまいました。

1時間しかないというのでお茶を入れる間ももったいなくて、大慌てで近況を報告し

ながら言葉にならないものを分かち合い。


ふたりとも子どもが小さく身動きのとれなかった数年前。偶然にも同い年で、

同じ頃大沼に引っ越してきたばかりという共通点もあり、心細さやもどかしさを分かち

合う日々。顔を見せ合うことがどれだけお互いの慰めと励ましになっていたことか。


私たちにとっては「底」だった5年を分かち合ったことは、強い絆を作り

会うだけで勇気をくれる友にしてくれたようです。

今回オープンの日に来られたのは偶然だったそうだけど、それでも叶った事実に

Tちゃんの気持ちを感じて満たされた一日。


祝福された一日を経て、明日からもお店を開けてみなさんをお待ちしています!


追伸 

明日発売「週刊朝日4月20日号」カラーグラビアページにひつじパンDX載せていただきました♪