Goro Goro Nyanta

Goro Goro Nyanta

お出かけ日記はこちら(goo blog)

落書き帳です。(rakuten blog)

mixi やってます。

18/06/12 バブルの余韻

[]小泉政権の賭け

2005年、国連安保理事会常任理事国入りを企てるも失敗。

アジア諸国の支持を得られなかった。

18/06/01 掲示板

[]コメント用

特定の記事にコメントしにくい話など何でもどうぞ。

18/05/09 財政再建不要論

[]

一部の経済学者の方は「実は日本の財政状況は悪くない、財政再建は不要」という主張をしているようです。詳しい事は十分検討していないのですが、ざっくり言うと「政府と日銀は親会社と子会社みたいな関係だから、財政については連結して考えるべき」「したがって日銀が持っている国債は国の借金では無い」という話の様です。自分にはこれの当否を判断できるだけの知識は無いのですが、「誤っているという確証は無いが、少なくても無批判に支持できる考え方では無い」という立場です。

政府の通貨発行権行使や政府紙幣の発行が長期的に経済にどう影響するかという問題についても、経済学の専門家の間でも人によって大きく主張が異なり安易に特定の主張を支持できません。

※このカテゴリーのエントリーは公開されていても、検討すべき論点を整理するための自分用のメモであり特定の主張を伝えるものではありません。

18/05/08 日本共産党の党名を変更すべきという意見に関して

[]

いわゆるリベラル系の論客界隈で、「より広い範囲の支持層を得るため党名を変えるべきか」という議論が起こっているようです。現在の所、自分としてこの問題に明確な意見を確立できていませんが、この問題をきっかけに、とりとめの無い文章を書きながらいろいろ考えてみたいと思います。

そもそも「共産党」という党名にどういう理由でネガティブなイメージがついてしまったのでしょうか。

戦前の「非合法」だった時代の名残とか、冷戦時代のアメリカやその同盟国である日本の政府などによる「反共宣伝」(この場合の「反共」の対象は日本共産党という組織ではなく共産主義というイデオロギー)の影響とかいくつか説明は考えられます。

そのような話とは別に「共産主義」そのものに対する否定的な感情は、リベラルな勢力の中にも有るようです。

続きはまたいつか。

16/07/01 自己肯定感など

[]まとまっていないけど

自己肯定感は成功体験から産まれる?

過度の承認欲求は自己肯定感の低さから。

幼少時に親から過大な期待を受けた場合。「褒めない親」

以上、いろいろ考える材料。