このページをアンテナに追加 RSSフィード

20070525Fri

おれが小倉優子さんについて何かしらのコトゴトを書けない理由。 21:19 おれが小倉優子さんについて何かしらのコトゴトを書けない理由。を含むブックマーク

ふと小倉優子さんについて何かを書かねばならない、という天の啓示てきなアレがおれの第六感ぽい部分を刺激したので、じゃあ何かを書こうと思ったのだが、そもそも小倉優子さんを記述する場合、小倉優子さんと書けばそれは小倉優子さんなのだろうか?

情報というものは正確を期するべきである。であれば、じゃあ小倉優子さん(Fカップ)と書くべきなのではないか、などとも思うわけだが、もし小倉優子さんがFカップ以下であった場合、「やっぱりおっきいほうがいいんだ? ふーん」という冷たい視線で刺し殺されることは必至であるし、小倉優子さんがFカップ以上であった場合は「わたし、そんなに小さくないわよ!」と激昂されまくること疑いなしだし、かといってFカップそのものであった場合、胸元押さえて「ちょ、おま、わざわざサイズ書いてんじゃねーよ」と赤面されうつむかせてしまうこと間違いなしだし、もうこうなると小倉優子さんを表現する術がない。

なんと。小倉優子さんをあらわす記法存在しないのである。

地球上に小倉優子さんをあらわす記法存在しないとなれば、これはもう文章として表現が不可能ということであり、それがおれをして小倉優子さんについてのナニゴトかを書かせない事態をひきおこしちゃっているのであった。

おれ、もう、小倉優子さんについて何も書けない。

[]萌理賞非参加作品「集え生徒会!1年B組神藤雅」 16:45 萌理賞非参加作品「集え生徒会!1年B組神藤雅」を含むブックマーク

977文字なので応募見送り。400字におさまる文章ができたら改めて応募します。あと、もうちょっとお題を遵守しないとダメだ、おれは。

第十一回萌理賞

「今回のお題は「学園の(七)不思議」です。」

http://q.hatena.ne.jp/1179911611



『集え生徒会! 1年B組 神藤雅』



「いいかげんにしてください! なんで私が書道部やめて、生徒会なんかに!」

「いつまでもそういう態度だと、こちらにも考えがあるんだがね? 神藤雅クン?」

生徒会長、菟剣司朗は何かを払うように右手を薙いだ。と、背後に立つ女生徒が彼の手首をつかみ、それを制する。

「いけません会長。力のほうは……」

「……そうだったな。しかし……」

「……私の方から説明します。同じ、ですから……」

そういって彼女は一歩踏み出し、私の前にたつ。背の中ほどまでのびた艶のある黒髪と切りそろえた前髪。墨を流したような漆黒の瞳は何もかも吸い込みそうな……

「私は3年の七条依子。神藤さん、あなた、このところの怪談話知ってるでしょう?」

「夜中に変な化物を見たっていうアレですか? ばかばかしい」

「残念ながら冗談ではないの。そしてアレはあなたが引き起こしているのよ?」

依子さんがポケットから折りたたまれた半切をとりだし、ひろげはじめた。《魑魅魍魎》。

「それ、私の……」

「そうあなたが部室で書いたもの。……あなた。言霊って知ってる?」

言葉には力が宿るっていう?」

「一般的にはそうね。でもちょっと違う。言葉が何かをするわけじゃない。言葉を理解する何かが力を行使するの」

「その何かが私の書を見て、化物を……魑魅魍魎を呼んだ?」

「そう。……言霊の本質はね、平行空間中に遍在するナノマシンが《執行者》の言葉を命令コードとして実行する、ということなの」

平行空間? ナノマシン? わけがわからない。

「そのナノマシンを誰が残したのかは知らないわ。神様かもしれない。問題はナノマシンの能力は《執行者》の権限に左右されること。そしてあなたの権限がSクラスだということ」

「……Sクラス?」

「私があなたに力の制御法を教えるわ。それまで書道を禁止してほしいの」

依子さんがすっと近寄り、私の髪をひと房とって耳元で囁く。

「(その力、学園と私のためだけに使いなさい)」

首筋に息がかかる。顔が火照るのを感じながら、私は聞いた。

「……先輩、あなた、いったい何者なんですか?」

「あなたと同じ《執行者》よ。くやしいけれど、私はAクラス生徒会では、書記を務めてるの」

会長のほうへ戻る依子さんが、振り返りながら微笑む。

「大丈夫。Sクラスのあなたならいい書記になれるわ。歴代最高の書記に」

yakumo_mishimayakumo_mishima 2007/05/27 00:23 こりん語で書けばいいと思うだぷー。

kennkousaikatukennkousaikatu 2007/05/27 00:35 これはいい厨設定ですね!

nekoprotocolnekoprotocol 2007/05/28 21:18 >yakumo_mishimaさん こりん語はゆうこりんが記述した言葉なのでしょう? そのこりん語がゆうこりん自身を記述できるものなのでしょうか? 無限の回廊に迷い込みそうだ。

nekoprotocolnekoprotocol 2007/05/28 21:20 >kennkousaikatuさん 厨設定だと?! くっくっく、はーっはっはっは。最高の褒め言葉だよ。おれもいつかきっと、エターナルフォースブリザードの高みに・・・