千年旅行はじめました RSSフィード

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2017 | 01 | 02 |

2017年02月20日 月曜日 沖縄の台風対策

nelbone2017-02-20

▼今回は、沖縄の中級宿がのきなみ満室でまいりました。タクシーの運ちゃん情報によると、プロ野球のキャンプで、いろんな球団が来ていて、そのファンもごっちゃりやってきて混んでいるんだそうだ。スポーツについて、わたしは一点の関心もないけれど、バンギャやアイドルの追っかけみたいに、出待ちとかしてるんですかね。

▼結局、古宇利島という、現在は沖縄本島と立派な橋で結ばれている小島の民宿泊。そこから車で15分の今帰仁で、焼き鳥の夜ご飯。この辺、瀬戸内海のように島で囲まれていて、海がとっても穏やかな、好みのエリアです。運天港にフネを係留して、そこで暮らせたらいいね。

▼一方、那覇の雑居ビルのエレベータには、こんな注意書きがありました。台風襲来時に、沖縄のエレベータは、上層階で待機するんだそうだ。知らなかった。

f:id:nelbone:20170217234506j:image:w360

2017年02月18日 土曜日 沖縄のレンタカー利用は市内がおすすめ

nelbone2017-02-18

▼いい年になって恋をしてしまう対象とは、時や場所のような、この世であるな。LCCで沖縄にきて、エンダーのハンバーガー食べて、ブルーシールのアイス食って、ジャッキーのステーキをいただく、というまさに現世の行動楽しすぎ。

f:id:nelbone:20170218114846j:image:w240

▼おやつにジミーズのクッキー食べて、このまま住んでしまおうか、といつも思いますが、同じことを、清里にいても、ドゥブロヴニクにいても、フンザやレーやカトマンドゥにいても、そう思い込んでしまうのがわたしの性癖です。老人ホームなんか入らずに、きっと野たれ死のう。

▼ところで、沖縄でレンタカーを借りる場合、空港で貸し借りするのは、とても効率が悪いです。同じエアで一気に到着する客をさばくため、送迎も順番待ちで、遠く離れたモータープールに連れていかれる上、そこのカウンターも混んでいて、結局、乗り出すまでに2時間以上かかることがあります。返却時にも似た現象が起きる。

▼そこで、空港送迎を使わずに、タクシーやモノレールでTギャレリアというDFSまで行き、そこで貸し借りすれば時間のロスを減らせます。市内まで公共交通機関で10分の良アクセス空港で、あえて空港で車をレンタルする合理性は乏しいです。レンタルのレートはどちらも変わりません。

2017年02月12日 日曜日 ハヤブサが守る家

▼たまに「これは面白い」と思えた本。おバカでも、おめでたくも、ダークでもないファンタジーです。翻訳もいい感じ。

図書館で借りた本だが、10ページ読んで、そっこう買いなおした。借りたときには、図書館の予約ゼロだったのに、急に14人も予約ついてて、それはティム・バートンが映画化したからのようだ。映像も、Alice in Wonderlandみたい。見に行きたいなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=tV_IhWE4LP0

▼内容は、「アンネの日記」のような、ユダヤ人生存の物語なのですが、ブログのような日記でもなく、杉原千畝のような美談にもしない、小説としての架空の異世界物語になっているところが、すごく好いです。ヴォネガットが、リアル第2次世界大戦での陰惨な経験を、SFにしてしまったように、現実との距離の置き方が大人でいいね。

▼子供じみた日本の私小説が合わない人には、けっこうおすすめ。

2017年02月07日 火曜日 ゴルゴ13は何カ国語しゃべれるのか?

nelbone2017-02-07

▼サーティーンではなく、18カ国語だそうですが、そもそもあまりしゃべらないので、あやしい。「なんのことだ」「話を聞こうか」「俺の後ろに立つな」とか、50語くらいしかセリフがないので、それの18カ国分なら、余裕でしょー。

▼言語を取得する、もっとも重要な動機は恋、だと思うのだが、そのためには関西弁も、ブリシャスキー語だって、覚えるさー。写真は、ふもとで粉雪舞う荒れた冬山の南アルプス。行く手をはばむ悪天候とは、こうでなくてはならない。フンザ行きたい。

2017年02月03日 金曜日 尾崎クレハさんのこと

nelbone2017-02-03

▼異誕生譚である桃太郎は、吉備国(現在の岡山県)平定から派生した口伝承と思われますが、江戸時代の出版革命であった草双紙によって、広く大衆に伝播しました。

▼写真は、江戸時代生まれで、明治期に活躍した文学者尾崎紅葉による「鬼桃太郎」。立場が鬼の側から、桃太郎を成敗する視点で描かれています。オリジナルをややひねった設定ではあるけれど、結局のところ勧善懲悪なノリで、鬼、やられてた。

▼いくら児童文学とはいえ、当時の高名な師であった文学者が、それでいいのか? という気がしなくもないが、そのような文脈は、2017年の世界においても、ジャンプのマンガやハリウッド映画として主流なので、そういうものなのでしょう。もの足りない大人は、夜のアニメでも見よう。

▼ところで、尾崎紅葉と書いて、ふつう「おざき こうよう」と読みますが、読みも表記も、「尾崎クレハ」にしたら、カッコいいじゃん!