千年旅行はじめました RSSフィード

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2012年05月20日 日曜日 ちょ、AACS感染って、やだなにそれ

nelbone2012-05-20

▼留守にしてたら、お山の建物や車が荒れてた。近所の温泉いってから、大熊猫にゃんをGSに連れてって、洗ってもらう。田舎には軽専用の駐車スペースがよくあるが、パンダは全長3405mmと、軽自動車とほとんど変わらないので、いつも軽専用の駐車場に置いてます。「おまえだけナンバーの色が違うじゃねーか」とか、こまかい文句を言われたことはなし。

▼さて、久しぶりにムカつくというか、信じられないお粗末な話です。お山ではBlue-rayコンテンツをPCで再生しているんだが、最近買ったBD再生しようとたら、「このソフトでそのコンテンツを再生する権利がありません。ただちにアップグレードしろ」とかなんとか。へ。なんだそりゃ。しかも、そのBDだけじゃなくて、以前、同じ環境で再生できてた古いBDまで、同じメッセージが出て、再生できません。フツーに考えたら、原因は、ドライブのハードエラーや、再生ソフトのパッチのバグだと思うでしょ。

▼しかし、違った。この事態の背景には、あたかもウイルスのように作用する、AACSというクソ嫌らしい著作権保護システムが陰で糸を操っているのであった。以下、今日わたしが知ったことをまとめた長文。

▼面倒な話なので、要点だけ。まず、これはPCシステムでBDドライブからBDを再生する場合に限る話ですよ。

  • AACSではプロテクトが破られるのを見越して、定期的に解錠暗号キーの変更を含めた、プロテクト方法のバージョンアップを行っている。
  • つまり、最新の新作BDコンテンツには、最新のプロテクト技術が入っている。それは、最初にPCのBDドライブで再生しようとした時に、そのBDドライブのファームウェアを(一切通知も表示もなく)強制的に書き換えることで、そのドライブから最新プロテクトの掛かったBDコンテンツを読めるようにする。
  • さらに、いちどファームを書き換えられたドライブで、ブランクディスクに何かを書き込むと、そのプロテクトソフトも一緒に書き込まれる。
  • そのユーザーが焼いたBDを、うっかり他人のPCで使うと、また同じメカニズムで、他人のPCのBDドライブのファームが書き換えられる。以下、感染/複製/拡散のプロセスを経て増殖する。

なーにが次世代著作権保護技術だよ。挙動は、ウイルスそのまんまじゃねーか!

▼このような保護技術の規格制定には、米国の巨大コンテンツ産業が露骨にからんでます。その圧力に言われるままの家電メーカーや、直接的な窓口であるJEITA(電子情報技術産業協会)とか、サイテーな情弱ゆとりで、もう地に堕ちてますよ。

▼ここまでが、嫌らしい話で、次は情けない話。最新AACSが書かれたBDをPCで再生するためには、BDドライブの低レベルの実装だけではなく、再生ソフトの側も対応しないと、再生できない。したがって、再生ソフトの開発会社は、常に最新のAACS対応パッチを配布してそうなものだが、再生ソフト大手2社のうち1社は、まったくサポートする気がなくて、AACSがバージョンアップしても、再生ソフトのパッチがなかなか配布されないか、全く配布されない。

▼わたしの場合では、再生ソフトを買ってから、たった1年でその状況に陥ってしまいました。つまり、新作BDを見ようとして、見れなかっただけではなく、BDドライブのAACSが書き換えられたことにより、わたしが正規に買った正当な視聴権利を持つ過去のすべてのBDが見れなくなっている状態なんです。そんなの絶対おかしいよ。

▼そのひどい再生ソフトとは、CyberLink社のPowerDVDなんだが、ろくにBDを再生できないクレームに対して、最新AACSに対応した最新バージョンの再生ソフトを買わせようとプロモーションするという、こざかしい商売をしています。わたしも盗人に追い銭を渡すつもりはないので、とりあえず今日はCorel社の同等品(WinDVD)を、30日間無料お試しで使って、BD見ているところ。Corel社のほうは、AACSへの対応を発売後5年間は行う、と明言していて、まだ好感度が高い。

▼もちろん、再生ソフト会社など虎の威を借りる狐、取るに足らない小者であって、本当の悪党は、AACS規格制定を取り仕切った米コンテンツ産業です。つまらないものをいかに高く売るか、にかけて、彼らは悪魔のような創造性を持ってますね。その一部を作品に回せないのか。

▼そんなわけで、今日は1日かけて、保護機構や背景を調べながら、ずっと立腹してました。PCでのBDやTV再生には、AACSとは全く異なるレベルで、DTCPHDCPなどの複数の異なる保護技術が何重にも絡み合っていて、正規の権利所有者でさえ、再生できることが奇跡のような状態になってます。普通のPCユーザーが、最初に機材をセッティングして、すんなり見れることは稀だし、Youtubeのように今日見れても明日見れないことが当たり前になってしまった。嫌な世界です。

▼家電のBDプレーヤは、PC上のBD再生ソフトと同じくらいの価格から製品が売られてます。よって、BD再生については、PCには関わらせずに、独立した再生チャネルとして扱うことにしたのが、わたしのFA

vinvin 2012/12/23 14:15 AACS作った人は、BDは家電で観て欲しかったんでしょう。
PCでリッピングされたくないから。
あなた見事にAACS創った人に踊らされてるよ。

つーつー 2012/12/24 04:55 こんばんは。
再生機会が少なくなれば、BDの売上げは落ちると思うんですよね。
では。

siranamisiranami 2013/01/26 17:27 私も同じような目に合ってます。NECのPCでつい最近までAACSの更新があったので安心して、年始に新しいHDDレコーダーで録画したコンテンツを再生しようとしたら、できなくなってました。なんと12月末でコーラル社のサポートが切れてしまったらしいです。NECに問い合わせるとそんなことはないといっています。PCの初期化を勧められていますが、ちょっとめんどくさいのでためらってます。
PCでBDは諦めたほうがいいんですかね?ますますPCが売れなくなりますよね。BDも普及に時間がかかっている気がします。

nelbonenelbone 2013/01/27 00:43 今やプレヤー1万円くらいで買えるし、もう中途半端なことしないで、PCでは一切再生不可でいいのに。そう謳ったほうが親切でしょ。
BDはDVDとそんなに価格差ないから、コンテンツを買うくらいの意欲があれば、DVDよりBD選ぶんじゃないかね。わたしも年末発売になった「謎の円盤UFO」のBD版、即買いです。

そんなそんな 2014/01/19 00:48 逆に考えるんだ
もう著作権コンテンツ商売は洛陽なんだと
小汚いまねで不況を乗り切る自信があると

通りすがり通りすがり 2014/08/14 22:59 ネットや本などの情報からですが、PS3と神ドライブと呼ばれているAACSの更新されないor簡単に初期化できるドライブなら、どんなに新しかろうが古かろうVerだろうが問題無く再生できるそうですよ。

生憎、自分はPS3のソフト位しかブルーレイディスクは持っていないので試しようがありませんが・・・(^^;)


コメント失礼しました。

nrnr 2015/03/05 15:52 PCのBDはデータバックアップ用としての販売ですからねぇ・・・キモチはすっごくわかります。