サイレントトラベラー日記 このページをアンテナに追加

2014-12-03

秩父・龍勢祭に行ってきました。

長らく更新し忘れていたので、11か月ぶりの更新です。

IEではなく、firefox写真をアップすれば不具合なくできたのをすっかり忘れていたのです。

 

(と言っても行った日から2か月近くも後になってから)


f:id:neo-slpolient:20141012085205j:image

f:id:neo-slpolient:20141012085221j:image

所沢もあまり行っていない間にいつの間にかすっかり変わっていました。


f:id:neo-slpolient:20141012085239j:image

特急は既に満席なので、普通列車で移動することに。


f:id:neo-slpolient:20141012092152j:image

飯能で乗り換える西武秩父行き電車は併結して8両で運転。


f:id:neo-slpolient:20141012102326j:image

f:id:neo-slpolient:20141012102734j:image

西武秩父からは臨時バスで移動。かなり行列ができ、車内も混雑していました。

駅から40分あまりで龍勢会館前に到着。吉田まで結構距離があります。



f:id:neo-slpolient:20141012134606j:image

龍勢会館の入口をのぞいてみると、、

f:id:neo-slpolient:20141012113142j:image

なにこれキモい!! めんまが化けて出そうな顔になってしまいました。


f:id:neo-slpolient:20141012113929j:image

会場に向かう道中で、かかしをみました。さっきのめんまはむしろ、かかしっぽい気がします。


f:id:neo-slpolient:20141012114547j:image

龍勢祭会場に入ると、有料席でテーブルを囲んで食事している人がいました。

中には、携帯コンロなんかを持ち込んでいる人もいました。


f:id:neo-slpolient:20141012115005j:image

会場横にある、椋神社です。

実は、龍勢祭はこの椋神社の例大祭で、

龍勢は神に奉納するために打ち上げられるものだとことになります。


f:id:neo-slpolient:20141012115304j:image

f:id:neo-slpolient:20141012115339j:image

さらに、この椋神社は秩父事件の際に、困民党が決起するために

集結した場所でもあるのです。

でも、秩父事件さえ1300年の歴史から見ればまだまだでしょうね。



f:id:neo-slpolient:20141012115847j:image

ところで龍勢のように、早く動くものを撮影するには、

iPhoneカメラ機能の方がずっとうまく撮れると思います。

動画と静止画を同時に撮れるのも、ロケット花火を取るのにもってこいです。


f:id:neo-slpolient:20141012124028j:image

ちょうど龍勢が運ばれるところに通りかかることもできました。

全長20mもある巨大なものです。


f:id:neo-slpolient:20141012131202j:image

神社と打ち上げ場の間には、多くの屋台が並んでいました。

食べるものがないかと思い、弁当を家から持って来たのですがその心配無用でした。


無料の観覧スペースで昼食を食べました。それからしばらく経って1時前になりました。

いよいよ、あの花龍勢が打ち上げられる時間になりました。

これを生で見たかったがために、わざわざ秩父、吉田まで足を運んだわけですよ!!


あの花龍勢発射の前に、

めんま役の茅野愛衣さん、あの花龍勢を制作した櫻龍会の頭領、町田一郎さん、

「あの花」キャラクターデザイン田中将賀さんの挨拶があり、

その後、茅野愛衣さんの口上に続いて、いよいよ発射。


f:id:neo-slpolient:20141012130001j:image

f:id:neo-slpolient:20141012130004j:image

f:id:neo-slpolient:20141012130023j:image

大成功です!! 見事に打ち上がりました!!

見ていて非常に感動させられました。


他の人がYoutubeにアップした動画も併せて載せておきますね。


f:id:neo-slpolient:20141012131445j:image

でも、派手さという点では次の龍勢の方が上だったと思います。


さて、そんな感じで龍勢をいくつか見てきたので、龍勢会館の館内でも

見て行こうと思い、戻りました。


f:id:neo-slpolient:20141012135359j:image

龍勢を発車するやぐらがカットモデルとして展示されていたりしましたが、

f:id:neo-slpolient:20141012135627j:image

f:id:neo-slpolient:20141012135630j:image

f:id:neo-slpolient:20141012135644j:image

f:id:neo-slpolient:20141012135714j:image

f:id:neo-slpolient:20141012140039j:image

f:id:neo-slpolient:20141012140052j:image

興味を持ったのはあの花関係のものばっかりでした。

なんか本末転倒ですけど、聖地巡礼というのは案外そういうものです。





一通り見て回ったので、そろそろ帰りのバスに乗ろうとしたのですが……

f:id:neo-slpolient:20141012141109j:image

f:id:neo-slpolient:20141012141138j:image

ゲゲッ!! ずいぶん長いバス待ちの列ができている!!

まあ、公共交通手段はバスしかないのですから仕方がありません。

バスの列の後ろに並ぼうと移動したところ、すごい物を見てしまいました。


f:id:neo-slpolient:20141012141156j:image

なんだ!! この神輿を考えた奴は!!

これで龍勢会館入口にいためんまと合わせて、超平和バスターズ女子3人が

揃ったわけですが、何故それを神輿にしようと思ったのか!!

狂気の沙汰としか思えませんでした。


f:id:neo-slpolient:20141012141643j:image


f:id:neo-slpolient:20141012141424j:image

西武秩父行きではなく、皆野行きに乗ろうとも思いましたが、

結局西武秩父行きの待機列に並ぶことにしました。


西武秩父からはレッドアローに乗って、

f:id:neo-slpolient:20141012180318j:image

このふくろうがいる駅で降りました。

2014-01-20

大洗に行ってきたときのちょっとした記録

またしても半年ぶりの更新

アップロード調子ますます悪化し、大量の画像をアップするのが難しくなってしまったからです。

というわけで、去年に何度か行っているのに1度も取り上げていない、

ガールズ&パンツァー」の聖地、大洗についてちょっと取り上げます。


f:id:neo-slpolient:20131117142259j:image

f:id:neo-slpolient:20131117150747j:image

f:id:neo-slpolient:20131220190112j:image

主催者発表10万人という客が訪れたあんこう祭からおよそ1ヶ月半。

大晦日に、大洗磯前神社ガルパンの巨大絵馬があると聞き、年が明けてからの1月4日訪問しました。

f:id:neo-slpolient:20140104134930j:image

社殿に向かって左側にガルパン絵馬がありました。

OVA劇場版のヒット祈願と書かれているので、公式のものですね。

右側にあった普通の巨大絵馬にも人が集まっていました。ってむしろ、そっちの方が多かったです。


痛絵馬も健在。ガルパンだけでなく、軍艦那珂忠魂碑がある関係から、

艦隊これくしょん」の痛絵馬も多くあります。


f:id:neo-slpolient:20140104135444j:image

その中でも、一番笑ったのが、この(作中の)肴屋本店おっさんイラスト

f:id:neo-slpolient:20140104135512j:image

そうそう、場所は痛絵馬とそうでない絵馬が分けられていました。

f:id:neo-slpolient:20140104135451j:image

そういえば、那珂ちゃん解体ネタが批判されて炎上する事件もありましたね…


f:id:neo-slpolient:20131117151134j:image

(あんこう祭当日の、肴屋本店前)

さて、商店街には何度も行っているので、たまには別の方向に行ってみようと思い、

マリンワールドの横を抜けて那珂川を渡ってひたちなか市に入りました。

f:id:neo-slpolient:20140104154119j:image

那珂湊駅まで大洗磯前神社から歩いて約1時間。思った以上にかかった…


f:id:neo-slpolient:20140104160812j:image

ひたちなか海浜鉄道には、こんなユニーク駅名標もあります。

f:id:neo-slpolient:20140104160903j:image

ちなみに、ひたちなか海浜鉄道勝田駅のホームはJRのホームの隅。

注意していないと気付きませんので、ご注意を。

2013-07-28

初めて東北の被災地を見る、仙台、石巻の旅

すみません半年近くも更新サボってました。

再開しようと思った矢先に、フォトライフへのアップロードがうまくいかなかったので、

解決策が見つかるまで日記を中断してしまっていたのです。

一応、解決策はあったので再開します。


f:id:neo-slpolient:20130714075006j:image

埼京線で乗ったのはE233系。埼京線には最近は行ってきたばかりの車両なので、ラッキーでした。


f:id:neo-slpolient:20130714081032j:image

赤羽で乗り換えた方が早いので乗り換えて、大宮まで移動。


f:id:neo-slpolient:20130714081346j:image

新幹線に乗り換えて、

f:id:neo-slpolient:20130714093758j:image

仙台に到着。


f:id:neo-slpolient:20130714094024j:image

乗ったのはE5系E3系の混結はやてでしたが、乗ったのはE5系ではなく、E3系の方でした…

営業運転開始して2年以上経ったので、いい加減乗ろうと思ったのですが、

指定席を取るときに確認ミスをしたのが痛い…


f:id:neo-slpolient:20130714095420j:image

さて、震災前の2月以来、2年5か月ぶりの仙台駅下車です。

最初目的地は石巻です。

高速バスに乗るつもりでしたが、すれ違いになってしまったので仙石線経由で行くことに。

から見ると、これが結果としていろいろな意味でよかった(というのは適切か?)と思います


f:id:neo-slpolient:20130714095910j:image

萬画の街 いしのまきへ!」

仙台駅のコインロッカーにもサイボーグ戦士が描かれています。


f:id:neo-slpolient:20130714100131j:image

f:id:neo-slpolient:20130714101009j:image

仙石線の電車高城町まで運行中で、それより先へは松島海岸で乗り換えとなります。


f:id:neo-slpolient:20130714103732j:image

というわけで、松島海岸に到着。


f:id:neo-slpolient:20130714103739j:image

日本三景松島への最寄駅なので、混雑していた車内から乗客が一気に降り、

ホームも混雑しています。


f:id:neo-slpolient:20130714104049j:image

代行バスはこんな車両。貸し切りバスのような車両ですね。

松島の辺りは津波の被害が小さかったこともあり、あまり被害の痕跡は感じられませんでした。

代行バスのバス停の多くは、元あった駅より離れている場所の方が多くなっています。


f:id:neo-slpolient:20130714110413j:image

東松島市の津波被害が大きいエリアに入ると、

荒涼とした原野に流されずに残った建物がいくつか残っているようなそんな感じの

殺風景な光景がありました。


f:id:neo-slpolient:20130714110534j:image

f:id:neo-slpolient:20130714110421j:image

f:id:neo-slpolient:20130714110611j:image

津波で被災した野蒜駅に着くと、曲がった架線柱など、

被災した時の状態が撤去されずに残っていました。


f:id:neo-slpolient:20130714112549j:image

さらに進んで、代行バスの終点矢本駅に到着。


f:id:neo-slpolient:20130714112733j:image

駅名標ブルーインパルスです。


f:id:neo-slpolient:20130714112907j:image

陸羽西線で使われていたキハ110系に乗って、


f:id:neo-slpolient:20130714114927j:image

仙石線の終点、石巻に到着。


f:id:neo-slpolient:20130714115039j:image

改札横には仮面ライダーと009、003がいます。


f:id:neo-slpolient:20130714115154j:image

そして、石巻駅の精算所の看板にはロボコンが描かれています。


f:id:neo-slpolient:20130714115215j:image

さらに、駅正面の上には、002がいます。


f:id:neo-slpolient:20130714115510j:image

駅のステンドグラスにも石ノ森キャラが描かれています。

さすが、萬画の街、石巻…

石ノ森萬画館に向かって移動すると、

f:id:neo-slpolient:20130714120123j:image

f:id:neo-slpolient:20130714120123j:image

f:id:neo-slpolient:20130714120341j:image

f:id:neo-slpolient:20130714120522j:image

f:id:neo-slpolient:20130714121016j:image

f:id:neo-slpolient:20130714121117j:image

f:id:neo-slpolient:20130714121156j:image

f:id:neo-slpolient:20130714121827j:image

道中には石ノ森キャラがいくつも見かけられます。

それにしても、ゴレンジャーが太って見えたのは気のせいだろうか…


f:id:neo-slpolient:20130714121728j:image

マンホールにもロボコンの姿が見られます。


f:id:neo-slpolient:20130714121732j:image

意外と注意して見ないとなかなか見つけられない震災の痕跡。

壊れたシャッターや、

f:id:neo-slpolient:20130714123901j:image

f:id:neo-slpolient:20130714123559j:image

コンクリートの基礎だけが残っている場所などが津波被害の大きさを感じさせます。


f:id:neo-slpolient:20130714122009j:image

石巻まちなか復興マルシェという、小さな商店街もありました。

f:id:neo-slpolient:20130714123409j:image

この中には、いくつもの店があり、その中には行列ができている店もありました。

その中の店で弁当を買って、このマルシェにある休憩所で食べました。


f:id:neo-slpolient:20130714123805j:image

そして、いよいよ萬画館に入館します。

f:id:neo-slpolient:20130714123954j:image

1階部分が津波で被災したことを感じさせないほどに復興しています。


f:id:neo-slpolient:20130714124350j:image

石ノ森章太郎先生握手をして、中に入ります。


f:id:neo-slpolient:20130714124404j:image

f:id:neo-slpolient:20130714133320j:image

f:id:neo-slpolient:20130714133358j:image

1階は撮影可能だったので、撮影しました。

全体的になかなか面白い内容で、行った甲斐があったと思います。

サイボーグ009企画展もなかなか良かったです。



f:id:neo-slpolient:20130714133651j:image

バッカモーン ここに車を止めちゃイカン!!(ここは駐停車禁止です。)

このキャラ誰!? 星一徹っぽいけど違いますよね!? どなたかご存じありませんか!?


f:id:neo-slpolient:20130714133758j:image

f:id:neo-slpolient:20130714134101j:image

萬画館の奥の建物は、建物の形こそ残っていますが、

津波で無残に破壊されたままです。


f:id:neo-slpolient:20130714134446j:image

橋もよく見るとゆがんでいます。


f:id:neo-slpolient:20130714134534j:image

f:id:neo-slpolient:20130714134549j:image

川沿いのガードレールなどが壊れたままになっている様子もいくつか見られます。


f:id:neo-slpolient:20130714134628j:image




f:id:neo-slpolient:20130714141034j:image

付近にも、浸水深を示した看板が置かれています。

1mはゆうに津波に使ったことになります。(ちなみに、この辺りは海抜3、4m)

f:id:neo-slpolient:20130714141231j:image

駅舎の前にも、浸水した高さが示されています。

津波の被害を忘れないようにするためでしょうね。


f:id:neo-slpolient:20130714141345j:image

構内には、マンガタントレインキハ48が入線していました。

しかし、それには乗らず反対方面に向かいます。


f:id:neo-slpolient:20130714143401j:image

万石浦沿いを進みつつ、


f:id:neo-slpolient:20130714143937j:image

現在列車が運行している終点の浦宿に到着。

f:id:neo-slpolient:20130714144045j:image

こうしてみると、ホームがかさ上げされていることがよく分かります。

f:id:neo-slpolient:20130714143847j:image

駅構内まではかさ上げもあり、きれいな線路ですが、車止めを過ぎると

草ぼうぼうになってしまっていました。


f:id:neo-slpolient:20130714144137j:image

道路の反対側からは、女川行きの代行バスが発車していきます。



f:id:neo-slpolient:20130714144225j:image

入り口横に、券売機のある小さな待合室があるだけのこじんまりとした駅です。


f:id:neo-slpolient:20130714144419j:image

線路の万石浦寄りには、真新しい防潮堤が設置されています。


f:id:neo-slpolient:20130714151317j:image

f:id:neo-slpolient:20130714152121j:image

石巻に戻ると、別のマンガッタンライナーが入線していました。

これに乗って小牛田に向かいます。


f:id:neo-slpolient:20130714152315j:image

f:id:neo-slpolient:20130714154603j:image

車内のマナー啓発ポスターも、石ノ森キャラとなっています。


f:id:neo-slpolient:20130714160614j:image

小牛田に到着。 天候は前谷地辺りから雨になっていました。


f:id:neo-slpolient:20130714160952j:image

ホームを移動して仙台行きに乗車しました。


f:id:neo-slpolient:20130714174626j:image

仙台に到着後は、駅周辺をブラブラして、帰りの新幹線の時刻を待ちます。


f:id:neo-slpolient:20130714175242j:image

仙台放送の看板。8に濁点で「はじまるよ」というわけでしょうか。


f:id:neo-slpolient:20130714181617j:image

駅構内の牛タン料理店には行列ができていました。


f:id:neo-slpolient:20130714185206j:image

帰りの新幹線はE5系です。


f:id:neo-slpolient:20130714185829j:image

f:id:neo-slpolient:20130714190100j:image

夕飯には、駅で買った牛タンの駅弁いただきます

温めるタイプのはずですが、食べてみたら

十分温まっておらず、冷たかったです。

ジェットのせいで歯車がズレたとはまさにそのこと…

(って、開けるタイミングを間違えた自分が悪いか…)


窓際の席はいっぱいでしたが、車端部の席を取ることには成功したので、

iPhoneの充電タイム内装には木目調の物が使われています。


f:id:neo-slpolient:20130714200651j:image

ちょうど真上に設置されていた、車内の監視カメラ

f:id:neo-slpolient:20130714200608j:image

大体同じアングルで車内を俯瞰した様子を撮ってみました。


f:id:neo-slpolient:20130714201047j:image

以上、仙台から大宮まで止まらないはやて44号からお送りしました。


今回は以上となります。

Connection: close