Hatena::ブログ(Diary)

雑念山

雑念が渦巻く山だから雑念山です。
 

2011/11/17 咳気の雑念

池上、所沢と続けて立川談春の落語を聴く。


池上での演目は「禁酒番屋」「除夜の雪」、所沢での演目は「禁酒番屋」「鼠穴」。「禁酒番屋」を続けて聴くことになったが、特に、酒屋の番頭の扱いが変わっていたように思えた。意識的に変えたのか、流れの上で変わったのかわからない。


「除夜の雪」「鼠穴」とも初めて聴く演目で、非常に楽しめた。「鼠穴」、最後の「夢は土蔵の疲れだ」というサゲは常識のように思っていたのに、そこに至るまでの流れをすっかり失念していた。そのせいか竹次郎の行く末に必要以上に手に汗握ることに。


「禁酒番屋」のマクラで談春、柳亭市馬、柳家花緑、柳家三三のいずれも下戸(だった)というのが面白かった。今の落語ブームの(比較的)ストイックな部分を背負う(?)人たちが揃って下戸というのが面白い。それでいて酒に酔った時の演技はみんなうまいよなあ。


「下戸の芸能史」っいうのがあるのだろうか。古今亭志ん生、桂春団治といった泥酔者とは別の流れ。たしか明石家さんま、関根勤も下戸だったはず。


しかし聴いたことがない演目だと嬉しくて、何度か聴いた演目だとちょっと残念、というのはよくないなあ、とは思う。同じ話でも何度でも笑えるのが落語、というお題目になっているのだから。でも実際はそんなことなくて「また紺屋高尾か」と思ってしまうし、聴いたことがない演目、珍しい噺だとつい嬉しくなってしまうのが現実。


これが「いろいろな演目をできるだけ聴く」という方向になると何だかスタンプラリーのようになってしまう(「小言幸兵衛」まだ聴いたことないので、ネタ出ししてるから聴きにいくか)。それはちょっと違う気がするのだが、ある意味それも楽しいなあ、とかそういう蒐集欲が今の(沈静化しつつある)ブームを支えているのかもな、とかいろいろ考えたりもする。


いっそ、今までに見た演目の一覧(聴いた落語家を含めて)を公開できるサイトがあったら面白いかもしれないなあ、とも思う。粋な人は野暮だと言うのだろうなぁ。

2011/11/10 悪寒の雑念

三谷幸喜が映画公開前に大量に番組出演を重ねるのを見て、twitterで著書を出したライターが大量に感想RTを連ねるのを思い出した。

2011/07/21 涼風の雑念

ダイハツ・シャレードのCMの「♪シャ、レ〜ド〜」というサウンドロゴが口から離れない。Youtube探しても見つからないんだ。

2011/06/24 事後の雑念

「アシュラマンのカーカカカ☆カタオモイ-C」。


久しぶりに書く文章がこんなのでいいんだろうか。


やっぱりtwitterとかのほうがいいのかな。まあ、あっちはあっちで面倒そうだし。もうしばらくこっちで書いてみよう。


震災の時のことは、またいずれ残しておこうか。

2010/08/31 残暑の雑念

「ザッケローニ」と聞くと「ざっかけない」という言葉を思い出す。私たちもざっかけない人間ですから。


「ノースリーブス」を「ソデナシズ」と呼んでGS気分を味わうみる八月の夕暮れ。

 
2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 | 07 | 11 |
45209
Connection: close