Hatena::ブログ(Diary)

nepoの困った日記帳 - とりあえず今年はNW

2020-01-01 本のレビューコーナー

本のレビューコーナー 本のレビューコーナーを含むブックマーク 本のレビューコーナーのブックマークコメント

備忘録も兼ねて、本を紹介していきます。

こちらのレビューはほぼ主観で書いてますので、リンク先のAmazonレビューと比較してみると面白いかもしれません(*`ω´)

(クリックでアフィリエイトとかは特に発生しません(´ω`)。)

08

Microsoft XNAガイドブック [XNA ゲームプログラミングの基礎] Microsoft Xna Game Studio Express Creator's Guide

XNAの、というよりXNAを使ってゲームプログラミングの基礎(ベクトル、行列、衝突判定)を学べる本です。

カスタムコンテンツパイプラインの章でQuakeIIのモデルフォーマット(md2)を用いているのが面白かったです。


Squirrelゲームプログラミング 組み込みスクリプト言語による実践テクニック

その名の通り、実際に業務でも使用されたスクリプト言語Squirrel(スクワール)のリファレンス本です。

Squirrelについて知りたい方にはもちろん、JNI(JavaC++)のような、異なるプログラミング言語間で動的に関数変数をやり取りするシステムを作りたい人にもオススメできる本です。

07

Windows Azure Platform開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)

章が進むごとに少しずつ前章にかぶせてるので、すらっと読めます。

サンプルコードによる説明が多めで、Azure入門に良いです。


Microsoftのクラウドコンピューティング Windows Azure入門

Azureがどんな技術か詳しく解説されています。

どういうサービスで活用、運用できるかを考える本です。


Windows Azureアプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)

例題から使える機能を学んでいくようになっています。

細かく章分けされているので、必要な部分のみピックアップして読むことも出来ます。


Windows Azure APIリファレンス (MSDNプログラミングシリーズ)

その名の通り、APIリファレンスとして手元にあると便利です。



プログラミングWindows Phone (MSDNプログラミングシリーズ)

前半はUISilverlight+Expression Blend+.NETで実装、後半はXNAを使ったグラフィック描画です。

環境構築から分かりやすく、これ一冊で作れます。

用途に応じて、SilverlightXNAのみの本を別途用意すると良いと思います。オススメです。

.NETのクラスライブラリ設計 開発チーム直伝の設計原則、コーディング標準、パターン (Microsoft.net Development Series)

タイトルがあれなんですが、.NETの説明本ではありません!

ライブラリフレームワークを設計する上で大事なことを、各々4つの評価(Do, Consider, Avoid, Do not)で解説されています。

さらに、それに対して.NET Framework開発者の方々のそれぞれの視点での意見も書かれてあり、かなりオススメです。

JNI:Java Native Interfaceプログラミング―C/C++コードを用いたJavaアプリケーション開発 (Java books)

AndroidSDK+NDKによる開発についての本です。

JavaC/C++の連携(JavaクラスのメソッドプロパティC++側で導出する)が分かりやすく解説されています。オススメです。

内部は.NET的な実装になっているようですね。

入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語

Haskellとは何か。何をする為のものなのか。

きっとプログラマーは読むだけでレベルアップを実感するはず。


プログラミングHaskell

こちらの本の特長は、ソースコードが元の記号で書かれていることです。

数学が好きな方にはこちらがオススメです。


詳解OSPF (Network Technology Series)

OSPFは勿論の事、RIPやBGPといった様々なルーティングプロトコルについて学べます。

IPv6やCIDR等にも言及しているので、ネットワークスペシャリスト試験合格を目指す方にもオススメです。


05

オンラインゲームを支える技術  −−壮大なプレイ空間の舞台裏 (WEB+DB PRESS plus)

ソケットプログラミングネットワークプログラムの設計、オンラインゲームの開発、運営などを丁寧に解説されています。

筆者の経験から具体的な数値つきで書かれており、貴重です。

MMOに限らず、FPS格闘ゲーム等のネットワーク対戦についても書かれており、ゲームプログラマにオススメです。

プログラミングのための線形代数

3Dに必要な数学をただの計算式として覚えた人が読むと、とても面白い本です。

ベクトル・行列等の数学的な見方、意味をかなり工夫して解説されています。

後半は別の参考書片手に読むとよいかも。かなり読み応えがあります。

UPnP入門

EthernetIPTCPHTTPと、プロトコルネットワーク下層から順番に解説されているので、ネットワークプログラミングを知らない方でも読めそうです。

UPnPの日本語仕様書として使えると思います。


02

リアルな動きのための ゲーム物理プログラミング

様々な物理エンジンの紹介と導入(C#+XNA)、そして物理エンジンを使うための物理を勉強できる本です。

数III、数C程度の前提知識は必要かもしれません。


ゲームプログラミングのための数学と物理

ゲームプログラミングに必要な数学代数学微積分学など)や物理(剛体、流体、摩擦など)、アルゴリズム(衝突判定など)を大量に学べます。(分厚い)

欲しい知識だけ選んでいく勉強方法もアリです。専門学校の教科書にしたい本で、オススメです。


ゲームデザイナーのためのリアルタイムカメラ

3Dゲームにおけるカメラワークについて、理論として書かれています。

タイトルの通り、ゲームデザインをするプログラマープランナー向けの本です。(プログラムが分からなくても読めるようになってます)


CUDA高速GPUプログラミング入門

CUDA(GPGPU)の紹介と、アルゴリズムの並列化を考える本です。

GPGPUとは直接関係ない部分ですが、ソートの高速化のヒントを得られました。


実例で学ぶゲームAIプログラミング

キャラクターAIの実装について解説されています。

内容は主に、「行動選択」と「動き(経路探索)」についてです。


ゲーム開発者のためのAI入門

著者は違いますが、上記の実例で学ぶゲームAIプログラミングを発展させた内容になっています。

特に、「動き(経路探索)」の部分を掘り下げて書いてあります。

A*アルゴリズムが図入りで分かりやすく解説されています。オススメです。

ゲームプログラミングのための行動AI数学

こちらも著者は違いますが、上記の実例で学ぶゲームAIプログラミングを発展させた内容になっています。

特に、「行動選択」の部分を掘り下げて書いてあります。

確率統計ガウス分布ポアソン分布など数学モデルをAIに組み合わせるものです。読み応えあります。


2011


2010

実例で学ぶゲーム3D数学

3Dプログラミングに必要な数学ベクトル、同次座標、行列、四元数)や知識を分かりやすく学べます。オススメです。

中の練習問題の解答は筆者サイトにて配布。

正誤表に私から指摘させていただいた部分があったりします(`ω´)

リンク元