Hatena::ブログ(Diary)

Memento Mac RSSフィード Twitter

最近リリースした個人プロジェクト

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費
  • Waramoco Design Inc.

2009年09月17日(木)

ミニチュア風写真でサプライズな日々を。au、秋の新ケータイ。

【注意】タイトルと本文は関係ありません。

さて、前の記事で書いたチルトシフトジェネレーターで作成した写真です。実は写真の趣味はないのですが、試しにということでアップしてみます。

▼楽しいです。

f:id:neriu:20090917192243p:image

▼彩度を落としてみるとミニチュア風とはちょっと離れるがこれはこれでよし。なんとなくアビーロードみたいだと思ってしまったのは私だけだ

f:id:neriu:20090917193218p:image

iPhoneでチルトシフト(Tilt-shift)風の写真を手軽に作れるアプリ。TiltShift Generator が面白い!

最近チルトシフト(Tilt-shift)界隈がアツい。

これまでも時々話題に上っているのは見たことがあるが、メジャーどころで立て続けにチルトシフト関連の話題が提供されたことで、いろいろなブログでも話題が飛び火している感じだ。

そして今月はじめには、iPhone でこのチルトシフト風写真をジェネレートするアプリがリリースされた。ToyCamera や QuadCamera をリリースしたfladdict の深津氏 による新アプリ。

http://fladdict.net/blog/2009/09/tiltshift-generator.html

※iPhone App だけでなくオンライン版と Adobe AIR アプリ 版もあるよ。

試してみたがかなり具合がよい。UI のよさのおかげか、撮ってから完成までスムーズに進められる。はじめてでも1分ほど、慣れればアプリ立ち上げから完成まで30秒ほど。そしてそのあとはもちろん共有できる。

fladdict さんのアプリは、いわゆる「iPhone アプリの UI」から離れて冒険していることもあり、その点でも毎回楽しめる。TiltShift Generator のように、手順が必要になるアプリでは特にうまくハマってるんじゃないだろうか。

いくらフリーソフトがあるとか、Photoshop でもコツさえ知っていれば作成可能とはいっても、普通はなかなかそんなことしない。それが iPhone だけで出来ると不思議とつくってみたくなる。この手の「かける手間の割に驚きが大きくて、なおかつ周りに自慢できる」アプリはiPhone にぴったりだ。

レビューは以上。以下は自分用の(アプリを使わない場合の)チルトシフト作成メモです。TiltShift Generator の手順を参考にしながらメモってみました。

チルトシフト風写真を自作するには?

  • 焦点以外のところをぼかす。対象に思いきり寄ってマクロ撮影している気分で
  • 彩度とコントラストをあげてハイキーに
  • 写真の端を周辺減光ぽく暗めに
  • 写真は俯瞰アングルの方がミニチュアらしさがでる

こんな感じで、それっぽい雰囲気の写真になります。

ごく普通の風景を、手軽に、可愛く雰囲気のあるミニチュア風写真に仕立てられるのはちょっとした驚き。うまくやると本当にミニチュア模型としか思えない写真が出来上がります。iPhone ユーザも非ユーザもお試しあれ。

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費


Follow me on twitter