Hatena::ブログ(Diary)

Memento Mac RSSフィード Twitter

最近リリースした個人プロジェクト

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費
  • Waramoco Design Inc.

2010年04月22日(木)

iPhoneとFlashの一件で、AppleがAdobeを買収する可能性は高まったと思う。

Flashの件を、もう少し考えてみる。FlashがiPhone、iPadに搭載される可能性が完全に無くなったことで、ここで取りざたされているようなAppleによるAdobe買収の可能性が、逆に高まったのではないかという話。

iPhone&iPadからFlashが消えることが確定し、Googleも自社サービスのいくつかをFlashからHTML5にシフトしているので、Flashは大ピンチといえるが、少なくとも当面の間はGoogleがFlashを切ることは(対Appleという)戦略上ないだろうと思われる。

Adobeとしては大事なモバイル市場の片手をもがれたも同然の状況なのだが、ここで改めてFlashの優位性ってなんなのか(なんだったのか)考えてみると、

  1. クロスプラットフォームであること。HTMLのOS間、ブラウザ間による挙動の違いに四苦八苦してきた開発者にとってはFlashの存在はありがたい。
  2. リッチコンテンツを比較的簡単に作れること。よくサイトのトップやキャンペーンサイトにあるようなアレです。
  3. リッチなWebアプリを作れること。

これらのメリットが、アクセシビリティやSEO等の面でのデメリットと天秤にかけられて、採用されたり採用されなかったりして今の状況がある。

もし当初Adobeが目論んでいたようにFlash CS5以降で、各モバイルプラットフォームごとにワンソースでアプリを書き出せるようになれば、1の優位性に関してはかなり揺ぎ無いものになっていたはずだ。そのような開発環境は他にはないし、今後出てくる可能性も低いだろう。逆に言うと、もし今後iPhone(iPad)が市場シェアを落としていけば、この優位点はまるっと残る。

2については、HTML5でどこまで似たようなことができるかだと思う。もっとも実はこの分野でもAdobeが(たぶん)先行しており、FlashからHTML5のCanvasへ変換するツールを開発中とのことだ(参考リンク)。つまり、プラットフォームとしてのFlash(swf)が死んでも、オーサリングツールとしてのFlashは残る可能性が大いにある。AppleとしてもアウトプットがHTTPサーバ上に置かれるHTML5ならばさすがに手は出せないだろう。

3も上の話と関係してくるが、HTML5で十分代替可能だ。もっともiPhoneやAndroidでは、Webアプリをブラウザを介したインタフェースで利用するのではなく、専用のモバイルアプリが提供されることが多い。開発の手間はこちらの方がかかるが、使い勝手に圧倒的な違いが生まれる。

AppleはAdobeを買収して吉

個人的には、AppleもHTML5ベースのリッチコンテンツのオーサリングツールを出してくるかもと思っている。AppleがFlashを捨てることはモバイルシェア喪失というリスクを伴なうわけだが、そのリスクはHTML5が主流になればなるほど小さくなるからだ。iAdでジョブズはさかんにHTML5による「エモーショナル」で「インタラクティブ」な広告を喧伝していたようだから、可能性はあるんじゃないか?

ここでこのエントリのタイトル、AppleによるAdobe買収の可能性の話となる。繰り返すが、Appleにとっては、WebにおけるFlash利用を減らしHTML5を促進することが対Androidや対Windows Phoneの戦略を立てる上での、一丁目一番地だ。そのためにはHTML5でリッチコンテンツを作るためのオーサリングツールが、広くあまねく普及している必要があり、そのツールを最短距離で持ちうるのが他ならぬAdobeなのだ。Flash由来のHTML5オーサリングツールということならば、多くのクリエイターにとっても学習障壁は低く、スムーズに移行できそうだ。

これまでもAppleはFinal Cutをマクロメディアから、LogicをEmagicから買収してきた。iAdも、昔のiPod OSも、カバーフローも、Apple A4チップも、オンラインのApple Storeも他社を(もしくは他社から)買収して育てたものだ。なによりMacOS XとiPhoneOSの基盤となる部分はNeXTを買収して得たものだ。

冒頭でリンクした7 Reasons For Apple To Acquire AdobeによるとAppleの時価総額は1900億ドルで、Adobeのそれは180億。さらにAppleは250億ドルのキャッシュを保有しているので財務的には障害がないと思われる。またFlashだけではなく、Adobeの他のプロダクト(IllustratorPhotoshop、PDF)もAppleにとっては超がつくほど重要なので、Adobe買収はあらゆる面でAppleに利益をもたらしそうだ。

実質的にFlashを切る発表をした時点でAdobeの買収はないかと思ったが、こうして考えると、依然として「Adobe買収」は十分現実的な戦略のようだ。

もっともそうするつもりがあるなら、なぜジョブズはAdobeに対して不要かつ不用意な口撃をしたのかという疑問は残る。下手に反Apple感情を煽らずとも、粛々と買収すればいいだけの話だ。これについてはジョブズはやっぱりジョブズなのかと納得するしかないんだろうか?

関連エントリ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費


Follow me on twitter