Hatena::ブログ(Diary)

Memento Mac RSSフィード Twitter

最近リリースした個人プロジェクト

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費
  • Waramoco Design Inc.

2015年09月08日(火)

またMacBookの掃除したった

前に「MacBookが超発熱して処理が超激重になったが裏ブタ開けて掃除したらきれいさっぱり解決した」ってエントリを書いたのだが、

MacBookの発熱問題が解決 - Memento Mac

今使ってるMacBook Retina (Mid 2012)も同じ問題に出くわしたので同じように裏ブタ開けて掃除したらものの見事に復活した。

処理が重くなりはじめた当初は、理由が発熱とは限らないしRetinaはまた別の星形ドライバーが必要だったりでなんとなく放っといたのだが、こんなことならもっと前から掃除しておけばよかったと反省。前回と同じように、ほこりがびっしりとファン周りにはりついておりました。新品で買ってから約3年目の出来事。

みんなも処理が重くなったときは(そして、うちわで仰いみてサクサク動くようになるようなら)ファン周りをきれいに掃除してみよう!というか、1年に1回くらいは掃除したほうがいいですね。

2015年07月25日(土)

Font Awesomeのアイコン一覧と文字コードを簡単に検索できるWebサービスを作った。

Font AwesomeはさまざまなWebサービスで使われているアイコンフォントで、アイコン一覧も公式サイトで提供されているし、文字コード一覧もこちらにあったりと、必要なリソースもまずまず充実している。

しかし意外と「インクリメンタルに検索できて」「文字コードも一覧に掲載されていて」「クラス名や文字コードがコピペしやすい」サイトが見つからなかったので作ってみた。

http://waramo.co.jp/fa/

  • 検索窓ではスペース区切りで文字列指定できる("tw sq"は"fa-twitter-square"にマッチ)
  • その他の正規表現も使える(スペース区切りでだいたい用が足りるのであまり出番なさそう)
  • タブを押すとクラス名や文字コードにフォーカスが移るのでコピペしやすい

こんなところが特徴である。

文字コードが必要になる典型的な例は、Font Awesomeのアイコンフォントをスタイルシートの content プロパティで使うとき。ナビやボタンでテキストは左寄せ、アイコンは右寄せといったデザインにしたいときは、アイコン自体はHTMLには記載せず、スタイルシートの :before や :after 擬似要素の content プロパティを使うことが多いが、このプロパティは文字コードで指定する必要がある。'\f061'と指定すれば右矢印が出てくるといった塩梅である。

f:id:neriu:20150725152850p:image

2014年09月11日(木)

Apple Watchの感想文。

Apple Watchが発売された。

現時点では否定的な感想が多いように感じるが、ウェアラブルデバイス市場というのは伸びるしかない市場だと思っているので、買う買わない、好き嫌いに関わらず、自分の考えをまとめておきたい。

デザインについて

Appleらしからぬバリエーションの多さが意外だと受け止められているが、時計なのでバリエーションがないと受け入れられない、そう判断した上での多商品展開だろう。どんなにデザインが気に入っても、知人5人で集まった時、4人が同じApple Watchをしていたら私なら萎えるし、もうつけたくなくなる。全身ユニクロの私でもそう思う。かぶっても気にならないスマホとの大きな違いだ。これはロレックスでも、スウォッチでも、G-Shockでも同じではないだろうか?

ただこうやって色々なデザインのApple Watchを眺めてみて感じるのは「やっぱり同じだよね」ということ。当り前だが全部「Appleのデザイン」だ。個々に見るとたしかに格好いいと思う。この中で気に入ったものを買ってつけてみてもいい。たがやはり、10人集まって7人が色とりどりのApple Watchをしていたら残念な気持ちになるんじゃないか。

他社にライセンスしちゃえばいい

んで思ったのは、Appleは今こそApple Watchを他社にライセンスすればいいんじゃないのということ。他社にライセンスするとデザイン面でも機能面でも、ユーザ体験が損なわれるというのがこれまでのAppleの言い分だったが、Apple Watchに関しては、もともとそこまであれこれ出来る端末ではないし他社製だから極端に使いにくくなることもなかろう。それよりもかぶって萎えるという最低なユーザ体験を避けるようにしたほうが得策ではないか。

Appleブランドとしてのユーザ体験は間違いなく損なわれる。が、そこを顧みず断行しないとApple Watchというソフトもハードも共倒れになりそうだ。なにより、他社から値段もデザインもさまざまなApple Watchが出てきたら楽しそうである。昔のMac互換機はMacそのもののシェアが低すぎて大失敗したが、今のiPhoneユーザは2億人だっけ?、とにかくたくさんいるので大丈夫。なんとかなる(適当)。

その場合の売上面の影響はどうか。Appleは売上から見れば今も昔も純然たる製造業である。利幅の大きなハードを作って売ってなんぼの会社だから、Apple WatchのOS部分をライセンスすると、ハードウェアとしてのApple Watchの売上は落ちる。しかしそれでもいいんじゃないのと思う。Apple Watchの利用にはiPhoneが必須なので、Apple Watchが売れればiPhoneも売れる。Androidユーザにも訴求できる他社Apple Watchがたくさん出てくれば、それだけiPhoneも売れるわけだ。

時計がファッションアイテム、ステータスシンボルとしての意味しかほぼ持たなくなっている現状でApple Watchが売れるには、たかだか十数種類のバリエーションでは全然足りないというのは、私には自明のことのように思える。ビジネスマンが「今後ここにある20種類以外のネクタイの使用を禁じる。いやならネクタイするな」といわれたらどうするか?みんなネクタイしなくなると思うんだよね。

健康管理デバイスとして

そもそもApple Watchをはじめとするウェアラブルデバイスって何に使うのかという話。

電話、ネット、ウォークマン、カメラ、ビデオ、手帳、ゲームと、既存のさまざまな機能を吸収してきたスマホだが、最近のトレンドはヘルス&フィットネス機能である。これは一時の流行ではなく、テクノロジーがもたらす大きな変革のひとつになるのは間違いない。

今回の発表を受けてよく聞かれたのが「必要ない」「スマホで十分」といった意見だが、私は、そうやって切り捨ててしまうのは少しもったいないと感じている。常に肌に触れているデバイスはスマホとは比較にならないほど多くのバイタルサインを収集できる。今回のApple Watchがどれほど健康管理に使えるのか使えないのか、買って自分の体で確かめてみたい。

おまけ

近未来の医療風景としてよく描写される「ウェアラブルデバイスが健康状態を常に監視。問題があればかかりつけの医者にデータを送信し、遠隔で診察」みたいなのは、まだ時間がかかるのは言うまでもないが、その端緒として語り継がれる可能性がApple Watchにはある。需要があり環境が整っているところには猛烈な投資マネーが注がれるのが世の常である。門外漢なので知らないが、医療メーカー、センサーメーカーはウェアラブルデバイスに載せる製品開発に眼の色を変えているであろう。Appleも当然のこと、ヘルスケア&フィットネスは最重要分野と位置づけているものと考えられる。

不摂生極まりない生活を送っている私がいうのもなんだが、これからの時代は、健康に気をつけてシステマチックにケアできる人は100歳まで生きて当然の時代になるのではないか?私の世代か遅くとも孫の世代には、そういう時代が訪れると思われる。私は100歳まで生きたいのだ。100歳まで生きて、預貯金が底をつき、年金は減額され、マンション管理組合は建て替え派と取り壊し派でまっぷたつに割れ、引っ越す当てはなく、子どもには同居にイヤな顔をされ、孫にはおじいちゃんお口臭いと言われるのだ。

というわけで、Apple Watch、買ってみまーす。

感想文は以上です。

ポイントは「とっとこライセンスしチャイナYO!」と「まずやせろ健康管理しチャオ!」でした。

2014年01月20日(月)

ぼくのかんがえたさいきょうのデザインスクラップ術

今までちまちまとフォルダに集めてたり、Evernoteに貼り付けたりしてたんだが、どうにもこうにも一長一短で決め手に欠けていたのだが、最近になってようやくこれかと思える方法を確立し(かけ)たのでここに記す。あらかじめ言っておくと、Macド標準のiPhotoを使うというプリミティブな方法である。

まだ1ヵ月しかこの方法で運用してないのでこれが最強だなどと言うつもりは毛頭ない(そう、タイトルは釣り)。むしろEmberユーザ様などからの「情弱乙」だったりEvernoteユーザ様からの「氏ね」だったりWindowsユーザ様からの「信者乙」だったり、いろいろなお叱りの言葉をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

俺の要件

  • デザイン(つまり画像)をスクラップしたい。
  • SafariiPhoneアプリスクリーンショットからの取り込みがメイン
  • スクショへの落書きはやらないのでいらない
  • 1日数個〜10数個たまっていく感じ。ゼロ個のときもあるので週に数十個くらい
  • タグ必須
  • iPhoneiPadへ同期したい
  • こんな要件を満たしつつ、取り込み・分類整理・活用のいずれのフェーズも簡単に。ものぐさな人間でも負担でないレベルで

こんな感じ。
そしてiPhotoを使ってこの幼稚な要件を満たすさいきょうのほうほうが以下のとおりとなります。

ステップ1:スクラップ画像の取り込み

iPhotoに取り込むパターンを細かくわけて考えてみると、私の場合おおむね4パターンある。それぞれの取り込み方法は次のとおりだ。ここが面倒くさいと何もはじまらない重要なステップ。

  • Aパターン:Safariで今見ているページの特定の画像をスクラップする
    → 画像を右クリックして「イメージをiPhotoライブラリに追加」
  • Bパターン:Safariで今見ているページ全体、またはAパターンで取得できない部分(HTML部分など)をスクラップする
    → SafariプラグインのAwesome Screenshotを使用して「イメージをiPhotoライブラリに追加」
    → このプラグインは、画面の表示している範囲だけでなく、一番下までスクロールしてページ全体のスクショを取得してくれる。同種のものは、アプリ、プラグイン、Webサービスなど形式を問わずいろいろあるが、Safariで使用可能で必要十分な機能を備えているため愛用している。取得したスクショに、コメント、ぼかし、各種落書き、トリミングが可能。私はあまり使わないのでアレだが、おそらくSkitchと似たような操作感なのかな?
  • Cパターン:Safari以外で今画面に表示されているものをスクラップする
    → スクリーンショットを撮り、ローカルに保存された画像ファイルをiPhotoにドラッグ
  • Dパターン:iPhoneのスクリーンショット
    → iPhoneのスクリーンショットはフォトストリーム経由で自動的にiPhotoに保存される

ステップ2:分類、管理

iPhotoで取り込んだスクラップには、種類ごとにキーワード(いわゆるタグ)を付与する。キーワードごとにスマートアルバムを作っておくと、勝手に各アルバムに分類整理されて非常に快適。キーワードはたとえば「Website」「App」「Logo」「Illustration」「Banner」といったもので、複数キーワード設定可。

これに加えて私は上記A、Bパターンの場合、URLを写真情報の「説明」になるべくコピペしておく。これが一番面倒なステップなのは承知している。単純に後日参照したいのもあるし、iPhotoから画像をシェアするときURLが自動で本文に入るのでなにかと便利だ。

ステップ2の補足:キーワードの効率的な入力について

キーワードは入力補完もされるので何もしなくてもわりと効率的に設定はできるのだが、ここはクイックグループ機能を使ってさらにスマートに入力したい。「ウィンドウ>自分のキーワードを管理」ウィンドウで特定のキーワードをクイックグループに設定すると、頭文字をタイプするだけでキーワード設定される。のみならず、キーワード入力欄をクリックしてフォーカスさせる必要すらない。間違ったらもう一度タイプすると消える。間違ったキーワードや使わなくなったキーワードを削除したり、キーワード名を後から変更したくなったときもこのウィンドウを使う。頭文字がダブったときは次の文字がショートカットとして利用されるし、それ以外に自分で独自のショートカットを設定することもできる。

ステップ3:サボり対策(?)

iPhotoは通常の写真管理にも使ってるので混ざっちゃうと面倒だ。混ぜないためにはスクラップする都度キーワード設定するのが一番だが、ついサボっちゃって「いつかまた」みたいにやってしまうと1〜2ヵ月立つ頃には混ざりまくって大変なことになる。サボらないのは私にとって少々難しいので「未整理のスクラップがたまっても破綻しない仕組み」をどうするかっていう話。

やったことは単純で「キーワード未設定の画像のうち、カメラ機種が設定されていない画像」という条件のスマートアルバム「要整理」を作ってやる。この条件だと通常の写真や整理済みのスクラップははじかれるので、未整理のスクラップのみが大集合することになる。たまにスキャンした紙焼き写真なども混ざるがレアケースだ。

注意点としては、こうして溜め込んだ未整理のスクラップに、いざキーワード設定しよう!というときは、対象画像をすべて一時的なアルバムに保存すること。これをしないと、画像にキーワードをひとつ設定した瞬間に「要整理」アルバムから消えてしまう。複数キーワードを設定したいときにこれでは困る。

スマートアルバムか普通のアルバムか?

まだ試行錯誤中で、たとえばスマートアルバムじゃなくて普通のアルバムにしたほうがいいのではという考えも少しある。例えばローカルにiPhotoで管理されていない過去のスクラップ画像がたくさんあるときは、Finderから直接iPhotoのアルバムにドラッグで放り込んでやるほうがはるかに効率的だ。いちいちキーワード設定する必要がない。実際私も当初は通常アルバムを使っていたし、今でももしCパターンが多いなら、そのほうがよさそうだ。現状ではAパターンとBパターンがメインなので、スマートアルバム方式にしている。

なぜiPhotoか?

実は他のアプリはあんまり試してない。Evernoteを少々たしなんだ程度だ。Evernoteはテキストスクラップのソリューションとしては優れているが、ビジュアルのスクラップブックとしては使い勝手が悪い。サムネの拡大縮小ができないとか、タイトルがないと気持ち悪いUI設計(テキストメモがメインなので、むしろ当然そうあるべきだ)とか、画像ドラッグするためにあらかじめ新規メモを作っておく必要があるとか、気になるのはそんな部分だ。Webページをまるごとスクラップできる機能は便利だが、これもコンテンツのスクラップがメインでレイアウトが完璧に保持されるわけではないので、私の用途には合致しない。

iPhoto…というかこの「さいきょうのほうほう」で私が気に入っているのは以下のような点。

  • 冒頭に書いたようにスクラップの取り込みが意外にもラク。もともとデジカメ写真整理ソフトなので、スクラップ用途にはどうかと思ったが、右クリックとAwesome Screenshotのおかげで問題ないレベル。この方法をはじめてから、iPhotoを常時立ち上げておくようになった。これは嫌な人もいるかもしれないし、私も重めのソフトが常駐するのはどうかと思ったが、やってみるとそんなに気にならず、むしろサクサク画像を放り込める快適さが勝った。
  • 重要なのが「サボる」運用が可能な点。スクショとったその時にタグをどうしようとか余計なことを考えなくて済む。小さなことだが、そのときやってる作業への割り込みを最小限にできるのがグッド。
  • サムネ画面も個別写真画面も、トラックパッドのピンチイン・ピンチアウトでぬるぬる拡大縮小できる。
  • サムネの見せ方がスマート。極端に縦長(特に最近のウェブサイト、スマホサイトに多い)の場合は上下を省略して見せる。タテ・ヨコが極端じゃない場合は普通にすべて見せる。一律「正方形」とか「4:3」とか決めずに幅をもたせているところがいい。
  • iPhone、iPadの「写真」アプリとも勝手に同期してくれる。

で、Emberは?他のソフトは?

すごく気になっていることは事実だが…5,000円かーーーという感じ。Ember推しの人には意見をぜひ聞きたいと思っている。他にもオススメがありましたらぜひ…。

2013年10月07日(月)

ヤフーショッピング無料化に思うこと

ヤフーショッピングが出店料や販売手数料などの無料化を発表した。

これによりヤフージャパンは短期的に二桁億円の減収になるということだが、中長期的には出店数が増加し品揃えが豊富になることで媒体としての価値が高まり、広告収入等で今以上の収益を目指すという話。

孫社長の相変わらず上手な発表の仕方もあるのか、世間一般の反応としては「ヤフーが楽天をつぶしにかかった」という捉え方をされているようだが、この評価は少々過大ではないかと思う。決して軽い発表ではないことは事実だが、たぶん、実態に即した評価とはいえない。

無料じゃない

「無料」という言葉に引きずられて勘違いしそうになるが、今回のヤフーショッピングの発表は、出店料・販売手数料・広告等で稼いでいた売り上げを、主に広告に一本化して稼ぐようにしますよという話だ。広告を出すのは出店者自身で、もちろん出さなければ無料だが、ヤフーショッピング自らが広告で稼ぎまっせーと明言している以上は広告出稿店舗はそれなりに今まで以上に優遇されるだろうし、広告を出さない店舗はこれまで以上に集客できなくなる。

「このお店でしか売っていない」「このお店でしか買いたくない」というような強烈なブランド力を持つ店舗以外、つまりほとんどの店舗は、浮いたお金を全額広告につぎ込むくらいの覚悟は必要だろう。

孫社長の発表で古来から続くショバ代ビジネスの例えが出ていたけれど、今後のヤフーショッピングにおいては、ショバ代は貰わないかわりに広告料払わないアンタのお店はモールのすっげーーー奥の薄暗い一角に押し込んで看板も取り外させてもらいますねーーー、とこのくらいの仕打ちを受けてしまうのだと、実際はわからないがそのくらいに考えてちょうどいいのではないか?そう考えるとこれはもう紛れも無く広告料=ショバ代だ。

そういうわけで今回の発表で「無料」というのはメイントピックではないと私は考えている。

評価できること

いっぽうで外部サイトへの誘導や顧客へのメール送信を許可したのは手放しで喜んでいい。出店者としてデメリットがなにもない。

もちろん顧客がヤフーショッピングで買いたくなるように、ヤフーとしては各種ポイント連携を強化したり、シームレスで購入しやすいようユーザインタフェースを改良したり、なるべく外部(出店者の本サイト等)へ逃げないように手を打つだろうが、これは本来顧客にとっても出店者にとっても悪いことではない。

出店者としてはこれまで「販売手数料をポータルにとられたくないからなるべく本サイトへ誘導したい」というモチベーションが常にあったが、ヤフーショッピングでは販売手数料が無料なのでそれがなくなる。ヤフーでどうぞというわけだ(ただ前述のように販売手数料の代わりに広告費が増えるだけという可能性もあるが、それでも外部サイトリンクOKのメリットが消えるわけではない)。

顧客へのメール送信については、本当になんの縛りもないのかわからないが、そうだとすれば英断だ。

とりあえずのまとめ

あんまりまとまってないけどまとめ。

総じて言うと、お店の立場では「出店してもいいかな?」と検討する余地は十分に出てきた。ヤフーショッピングとしてもまずはお店にそう思ってもらうことが第一歩だ。

この一歩の意味を別の角度から見てみる。

ECサイトを、楽天ヤフーアマゾンのようなポータル型と、GMOメークショップ、ペパボのカラーミーショップ等や最近話題のStores.jpやBASE等のASP型の2種類にわけたとき、ポータル型の特徴は固定費が高く自由がきかないが集客に優れ、ASP型は固定費が安く自由だが集客が弱いということになる(自社開発型等はここでは考慮しない)。

今までのヤフーショッピングは、ポータル型で必須の集客力が弱いくせに、固定費と自由度はASP型に負けるという、いいとこ無しの丸出ダメ子ちゃんだった。

今回、無料&自由にしちゃいますというのは、見方を変えるとASP型に近づける施策であって、実際多くのASP型は危機感を抱いていると思うが、それに加え集客も天下のヤフーが本腰を入れそうな気配である。これで集客力もあり安くて自由なイイトコどりの素晴らしいサービスがついに登場・・・!とはならないが(たぶん大して安くならないので)、安く見せかけて出店を促し活性化して集客につなげる・・・こんな絵をヤフージャパンは描いていて、孫社長が「革命」というほど大層なものではないが、ヤフーとしては打てる手を打った着実な一歩だと言える。

楽天アマゾンに負けてるとは言え、EC市場全体としては伸びる傾向は疑いようもなく、そこに親玉自らプレゼンしてテコ入れに乗り出してきたというのは、ここに力を入れますよというメッセージに他ならず非常に期待がもてる。歴史をひもといて地代だの小作農だのやり出したときには若干苦笑してしまったが、そうやって孫社長が革命だとぶち上げることも戦略のひとつということだ。

最後になるが、ヤフーはショッピングポータル事業の売上比率が低いため多少冒険して失敗しても立て直しが効くというライバルにはない強み(?)を持つ。個人的には、「無料」というのは市場をその気にさせるバズワードにとどめてもらって、革命の本丸はこの強みを最大限発揮し、効率的で本当に役に立つリコメンドやそれをベースにした読む気になるメルマガ、商品カテゴリごとに最適化されたドリルダウン検索、心地よくてスムーズな購入UI・・・等々をガンガン導入してもらって多少の混乱をも顧みず攻めて市場を勝ち取って欲しい。うーん、そこまでは無理かな・・・w

  • サイ・ヤング賞メーター - MLB The Cy Young Award Meter
  • 日本の教育費


Follow me on twitter