ネルメモ

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 11 |
2015 | 10 | 12 |
2016 | 11 | 12 |

2016/12/01(Thu)

[]アート・オブ・アニメーション リゾートホテル

f:id:neru:20161124122642j:image:h240

今回はせっかくだから宿泊ホテル公式ホテル

これは、本当にディズニー世界に入り込める感じで素晴らしい。


f:id:neru:20161124122811j:image:h160f:id:neru:20161124122938j:image:h160f:id:neru:20161118112550j:image:h160

このホテルは、『ファインディング・ニモ』『ライオンキング』『カーズ』『リトルマーメイド』の4つのエリア構成されてて、それぞれのホテル周辺に映画キャラクター達がいて、それを探すだけでも楽しい

フロントに入ると甘いお菓子匂いがして(これは最初、誰か他の客の香水か何かかと思ったけど、いつ行っても同じ匂いがしたので演出だと分かった)、このキラキラした光景。パークに行く前にホテル荷物を預けたので、最初にこれを見た時には「うおお、ついにディズニーワールドに入ったんだ」といった感じでテンション上がった。何しろ片道20時間以上かかってるし!遠い!


f:id:neru:20161119075629j:image:h160

我が家宿泊したのは『ファインディング・ニモ』のエリア

なぜニモじゃなくて先生がメインなのか。


f:id:neru:20161124123052j:image:h160

ホテルの脇には「ちょーだい、ちょーだい」のカモメたち。

ただのオブジェかと思ったら、たまに「mine! mine!」って鳴いてた。面白い


f:id:neru:20161123182845j:image:h160f:id:neru:20161123182908j:image:h160

室内はこんな感じ。内装もしっかり作り込んであるものの、毎日朝早くからパークに行って、夜は帰ってきたらすぐに風呂⇒寝るだったから、それほどじっくり堪能はしていない。それでも、ホテル自体が新しめなので快適ではあった。


f:id:neru:20161118112211j:image:h160

ちなみに、全エリアにプールが備え付けられている。フロリダは常夏の土地かと思いきや、この時期は朝晩は10℃を下回る日もあってとてもプールに入れるような気温ではなかった。

が、アメリカ子どもたちは元気にプールに入っていた。

アメリカ人はこういうところがクレイジーだな、と思った。


f:id:neru:20161119080009j:image:h160f:id:neru:20161119080025j:image:h160f:id:neru:20161124123122j:image:h160f:id:neru:20161124123814j:image:h160

これは『カーズエリア。ちゃんとラジエータースプリングの看板があるのが素晴らしい。

写真撮り忘れたけど、ちゃんとマックイーンもいた。子どもはみんなマックイーン大好き。


f:id:neru:20161124124334j:image:h160f:id:neru:20161124124405j:image:h160f:id:neru:20161124124602j:image:h160f:id:neru:20161124124527j:image:h160f:id:neru:20161124124258j:image:h160f:id:neru:20161124124640j:image:h160

これは『ライオンキングエリアハイエナ達はちゃんと象の墓場にいる。

オブジェを探していて一番「おお、これ映画で観たシーンだ!」と感じたのはこのエリアだった。


f:id:neru:20161118114348j:image:h160

余談だけど、旅行中に一番「すげぇ!」って思ったサービスがこのマジックバンド

アメリカ在住の人は事前に自宅に届けられるらしい。訪米外国人は、ホテルチェックイン時にもらえる。


このバンドがパークの入場チケットであり、ホテルルームキーであり、ファストパスであり、レストランプライオリティシーティングチケットであり、ファンタズミック等の特別観賞席のチケットであった。さらクレジットカードとも連動していて食事やおみやげも買える(精算時はPINコード必須なので、落としても誰かが勝手に使うことはできなくなっている)。これさえあれば財布もバッグもほぼ不要

先に書いたとおり、11月は朝晩寒かったので上着を持ち歩くためのバッグを携行していたものの、時期が時期であれば、本当に手ぶらでパークを行き来することができるたと思う。


これは本当に素晴らしいサービス日本でも導入してくれると嬉しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/neru/20161201

2016/11/30(Wed)

[]エプコット

f:id:neru:20161124115955j:image:h240

実験未来都市(Experimental Prototype Community of Tomorrow)の略でEPCOT。

今となっては割と未来都市ではなくなってしまった感。

写真はエプコットシンボル、スペースシップ・アース


フューチャーワールド

f:id:neru:20161122192649j:image:h120f:id:neru:20161120143448j:image:h120

未来都市部分で、主に派手なアトラクションが集まっているゾーン

写真のザ・ランドやザ・シーのように、大地・海をテーマにした巨大な建物があって、そこにアトラクションや展示が集まっている。

ザ・シーにはなんと水族館があった。アニマルキングダム動物園にも驚いたけど、水族館も驚きだよ!


f:id:neru:20161120152708j:image:w120

個人的にツボだったのは、コカ・コーラ提供クラブクール

f:id:neru:20161120151605j:image:h160

なんと、世界各国の地ビールならぬ地コーラ飲み放題

一通り試した。やっぱりインカコーラはウマい!一番左のイタリアのBEVERLYとかいうのはすごい味だった…二口目を口にする気が起きなかった。

我らが日本の地コーラは…

f:id:neru:20161120151617j:image:w120

ベジータベータ!すげぇ!懐かしい!と思ったら、国内でも2015年までは売っていたらしい。


ワールドショーケース

f:id:neru:20161120132124j:image:w240

世界11ヶ国のパビリオンが並ぶゾーン

写真の様な感じの音楽もありつつ、イギリス館ではロックを演っていたり、


f:id:neru:20161120124517j:image:w120

イタリア付近では謎の大道芸人(上手い)がいたり、なかなか面白い

エプコットワールドショーケースだけでも充分広くて見応えたっぷりなのに、フューチャーワールドもけっこう広いので、とても一日では回り切れない広さというのがすごい。

しかもそれぞれのパビリオンでは食事も摂れる。ドイツ館のビアガーデンオクトーバーフェスト雰囲気でかなり楽しめた(本場に行ったことないけど)。


f:id:neru:20161120124947j:image:h120f:id:neru:20161120121837j:image:h120f:id:neru:20161120125538j:image:h120

イタリア館、日本付近ではどこかで見たことのあるようなモニュメントが…。

厳島神社風とか、相当節操ないよな……。


f:id:neru:20161120121855j:image:h120f:id:neru:20161120122111j:image:h120

ちなみに日本館は全体的に節操がない。お土産も謎に充実していた。

このチョイスは一体誰がしているのだろうか…。


アトラクション

f:id:neru:20161124115423j:image:h120f:id:neru:20161122192943j:image:h120f:id:neru:20161122192512j:image:h120f:id:neru:20161124113454j:image:h160f:id:neru:20161120134151j:image:h160

左の写真のテストトラックは、「理想の車」を自分でデザインして、実際にその車に乗ってテストするというライド型のアトラクション

車のデザイン用UIがカッコ良くて、男心をくすぐる。実際に乗る部分については、1回しか乗ってないのでデザインによってどういう差が出るか不明あんまり変わるようには思えない内容だった。


から二番目のソアリンが、今回の旅行で乗ったアトラクションの中で一番すごかった。ハングライダー型のライドに乗って、眼前の超巨大スクリーンに映し出された空撮映像を見るというものプラネタリウム空撮映像の巨大スケール体感型といった感じ。本当に風に揺られながら世界中の上空を旅行している気分になれる。乗り終わった後「これすげぇ!もう一回いくぞ!」ってなった。


右の写真のグランフェスタツアーは、メキシコ館にあるイッツアスモールワールドみたいなアトラクション

アトラクションそのものは地味なんだけど、『三人の騎士』のアニメが懐かしすぎてそこに心躍った。

昔すごい好きだったのに、このアトラクション見るまですっかり忘れてた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/neru/20161130

2016/11/29(Tue)

[]アニマルキングダム

f:id:neru:20161121072924j:image:h240

アニマルキングダム!今回行ったパークの中では一番新しいだけあって、世界観の作り込みは一番良くできている印象。

フロリダから一気にアジアアフリカに行ったかのような錯覚に。

あと、めちゃくちゃ広い。とても1日では回り切れないボリューム

生命の樹

f:id:neru:20161121075625j:image:h240f:id:neru:20161121184334j:image:h240

アニマルキングダム一番のランドマーク、ツリーオブライフ。

パークに入ってからしばらく林道のようなところを通るのだけど、そこを抜けて視界が開けるといきなりこの超巨大な樹が見える。すごい。完全にファンタジー世界に入り込んで「あれが世界樹か!」とか言いたくなる気分に。


夜はプロジェクションマッピングライトアップされて、これがまたキレイ。

ちゃんと樹の凹凸を活かしたマッピングをしていて、何度観ても飽きが来ない。

キリマンジャロサファリ

f:id:neru:20161121104357j:image:h240

f:id:neru:20161121085941j:image:w120f:id:neru:20161121090018j:image:w120f:id:neru:20161121091017j:image:w120f:id:neru:20161121090506j:image:w120f:id:neru:20161121090839j:image:w120f:id:neru:20161121091326j:image:w120f:id:neru:20161121091445j:image:w120f:id:neru:20161121091606j:image:w120

メインのキリマンジャロサファリ。なんとディズニー敷地内にサファリパークが!これは日本じゃ考えられないアトラクションだなぁ。

サファリバスに乗ってガイド説明を聞きながら動物を観るという形式ガイド説明で周りの人達がどっと笑ったりしてるのだけど、英語がめちゃくちゃ早くて聴き取れなかったのが無念だった…。

FESTIVAL OF THE LION KING

f:id:neru:20161121103857j:image:h120f:id:neru:20161121153447j:image:h120

ショータイプのアトラクションは、『ライオンキング』のショーと『ファインディングニモ』のミュージカル観てきた。

ライオンキングすげぇぇぇぇ!ディズニー的な歌と踊りだけではなくて、空中ブランコファイアーダンスといった演目で、ミュージカルサーカスを融合したような見応え。面白すぎた。これはまた観たい。

ニモミュージカルも、本当に映画世界再現していた。魚達の動きが活き活きとしていて素晴らしい。

アトラクション

f:id:neru:20161121134358j:image:h160

写真のアトラクションカリリバーラピッド。渓流下りのようなアトラクション

乗る前に荷物をロッカーに入れてレインコートを着る…ってなんでアトラクションでそんなこと?と思っていたら、思いっきり水がかかる!というか、明らかに濡らしにくるようなギミックもあったりして、これは盛夏の時期に乗ったらめちゃくちゃ気持ちいいんだろうな、と思った(フロリダは常夏とは言え、11月に水に濡れるのは寒い)。濡れ具合で言えば、スプラッシュマウンテンの比にならないくらい、こちらの方が濡れた。


あと、写真が撮れなかったのだけど、エクスペディション・エベレストにも乗った。

まり詳しく書くとネタバレになってしまうから割愛するけど、ギミック面白い

ライドに乗るまでの舞台設定の作り込みが凄くて、そこだけでも見応えたっぷりだった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/neru/20161129

2016/11/28(Mon)

[]ディズニーハリウッドスタジオ

f:id:neru:20161119091216j:image:h240

さて、ここから日本に無いパーク(マジックキングダムもまったく同じではないのだけど)。

スターウォーズインディージョーンズのような、ハリウッド世界が作られてます


f:id:neru:20161119091507j:image:h240f:id:neru:20161119105200j:image:w240f:id:neru:20161119090819j:image:h240

左の写真がパークに入ってから展望。右がタワーオブテラーを臨む通り。

本家タワーオブテラー東京の「ホテルハイタワー」の設定とちょっと違って、アメリカの往年のドラマトワイライト・ゾーン』がモチーフ。だからハリウッドスタジオに設置されているんだな、と。1960年代海外コンテンツとなると日本人には馴染みがないから日本に輸入するときにはオリジナルストーリーを入れたんだとか。なるほど。音楽だけは聴いたことがあった。


f:id:neru:20161119110259j:image:h160

帝国テーマBGMにしてストームトルーパーが行進してた。

「お前はレジスタンスか?」みたいなことを嫁ちゃんと息子くんに訊いてた。な、なぜそれを知っている!(↓の写真に続く)


f:id:neru:20161119180158j:image:h160

うちの子がパダワンとして修業していることがバレているなんて!


この参加型のアトラクションジェダイトレーニング』凄かった。ちゃんとジェダイ戦士子どもライトセイバーでの闘い方を教えてくれる。ライトセイバーもやたらカッコよく光る。いや、大人でも参加したがる人すげぇ多いだろ!だって自分もライトセイバー振ってみたい!

あと、トレーニング途中に「ある大物」が登場して子ども達がビビってた。面白い

アトラクション

f:id:neru:20161120082052j:image:h240f:id:neru:20161120083045j:image:w240

楽しかったのが左の写真のロックンローラーコースター

エアロスミスライブに遅れそうだからスタジオからライブ会場まで高速道路を貸し切って車ぶっ飛ばすぜ、とか言ってたんだと思う(まともなヒアリングできず)。

エアロスミス音楽BGMにし車型のライドのジェットコースターに乗ってるとハイな気分になってきて面白い


トイストーリーマニアは、外観は日本とだいぶ違うものの、中身はほぼ同じだった。


その他、インディージョーンズアドベンチャー美女と野獣のショー形式アトラクションも観た。

インディージョーンズ舞台装置スケールが違う。めちゃくちゃ広いしデカいし派手。

火薬使いまくりで、ショーと言いつつも相当迫力あって楽しめた。息子くんは爆発の音に怯えてた。

観賞席のあるショーは全体的にレベルが高かった。


ファンタズミック

f:id:neru:20161120082218j:image:h240

あと、暗すぎるか明るすぎるかどちらかだったのでうまく写真撮れなかったのだけど、ファンタズミックが凄すぎた。

専用の観賞席があって、そこでド派手な水と炎の演出を堪能できる。途中からプロジェクションマッピングなのか本物の舞台装置なのか見分けがつかなくなるような錯覚に陥った。これは本当に「ディズニー魔法」だな、と感嘆。素晴らしいの一言

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/neru/20161128

2016/11/27(Sun)

[]マジックキングダム

f:id:neru:20161118122426j:image:h240

来年子ども小学校に上がったら安くて空いてる時期に海外旅行に行けなくなるから、行くなら今年が最後のチャンス!」ということで、嫁さんの悲願だったWDWに行ってきました。

ツアーにしてしまうと行動の自由がなくなってしまうからと、嫁さんの個人手配でディズニーリゾート公式ホテルに6泊。めちゃくちゃ満喫してきました。実際はファストパスの都合で1日に2パーク行ったりしてたのだけど、分かりにくいのでパークごとに見どころをまとめた上での旅行記にしてみます。

ちなみに、アトラクション内部の写真を撮るのはNGな気がしたので、だいたい表の写真ばっかりです。悪しからず。

オープニングイベント

f:id:neru:20161122075552j:image:h240

朝イチから魅せてくれるオープニングイベント

マジックキングダムは、入口がウォルト・ディズニー・ワールド鉄道(東京ディズニーランドウェスタンリバー鉄道みたいなもの)の駅になっていて、オープニングに合わせて列車が入線して、古参ディズニーキャラ達が降りてきて挨拶をしてくれるというもの。これはテンション上がる。

トゥモローランド

f:id:neru:20161118165304j:image:h240

トゥモローランド日本とほぼ同じ場所にあって微妙に違う。奥に見えるアストロオービスタがカッコイイ。

アストロブラスターは要領は同じなのだけど、なんかエイリアン劇画調でトイストーリーのポップさが薄まっている気がする。

東京ディズニーランドにないのはスティッチマイクアトラクション英語が分からないと楽しめなさそうなのでパスした。逆にライドアンドゴーシークなんかは日本限定っぽい。

スペースマウンテンは、ライドがボブスレーみたいな形で上半身むき出しだからめちゃくちゃ怖かった…。

何気に注目なのが、ピープルムーバーという10分くらいでトゥモローランドを1周するというライド。歩き疲れた時にゆっくりと乗るには最適だし、初めて見る場所を眺めるのはとても楽しかった。

ファンタジーランド

f:id:neru:20161122081110j:image:h240

f:id:neru:20161122081211j:image:h120f:id:neru:20161122085625j:image:h120f:id:neru:20161122085953j:image:h120f:id:neru:20161123091106j:image:h120

東京ディズニーランドでは計画中のニューファンタジーランドも、マジックキングダムでは完成していた。

すごい。風景の作り込みが本当に物語世界に入ったかのよう。ガストン酒場が、目の前に彫像置いてあったりして「ああ、ガストンらしいな…」って思った。

で、野獣の城をモチーフにしたレストランにも行ってみた。野獣の城だけあって、あのバラが置いてあったり、ルミエールが出迎えてくれたり、これは映画ファンにはたまらんだろうな、といった内容。

パレード

f:id:neru:20161123152443j:image:h240

f:id:neru:20161123151640j:image:h120f:id:neru:20161123151653j:image:h120f:id:neru:20161123151707j:image:h120f:id:neru:20161123151933j:image:h120f:id:neru:20161123152057j:image:h120f:id:neru:20161123152233j:image:h120f:id:neru:20161123152358j:image:h120f:id:neru:20161123152612j:image:h120f:id:neru:20161123152629j:image:h120f:id:neru:20161123152751j:image:h120

観たパレードは3種類。

昼のパレードと、季節限定の夜のクリスマスパレード、あとはダンスパレード

昼のパレードは、上の写真のような大型のフロートが圧巻。うまく写真に収められなかったけど、このカッコ良すぎる機械ドラゴンは火を吹いてた。素晴らしい。

f:id:neru:20161118175343j:image:h160f:id:neru:20161118175356j:image:h160

面白かったのはダンスパレードディズニー音楽クラブ調にアレンジして、観客がパレードルートに入って一緒にディズニーキャラクターと踊れるという趣向。アメリカ人のおねーちゃん(というか子連れのおかーちゃん)達がノリノリで踊っていて楽しかった。

f:id:neru:20161118204624j:image:h160f:id:neru:20161118204844j:image:h160

夜のクリスマスパレード。向こうでは日本よりもオラフ人気が強い気がする。

夜のイベント

f:id:neru:20161118210902j:image:h160f:id:neru:20161118220250j:image:h160f:id:neru:20161118221818j:image:h160

シンデレラ城にエルサが魔法で雪のライトアップしてた。ショー連動。めちゃくちゃキレイ。

花火日本より豪華。豪華というより派手。すごい。視界いっぱい、パノラマ打ち上げられる花火は圧巻。

で、帰り道は雪の演出。すごい幻想的な風景。本当に、魔法にかけられたような、夢のような夜だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/neru/20161127

アンテナ

ジャンプ感想

2006
・2006/02/10 10号
2005
・2005/11/07 49号
・2005/08/29 39号
・2005/07/25 34号
・2005/07/17 33号
・2005/07/04 31号
・2005/06/27 30号
・2005/06/20 29号
・2005/06/13 28号
・2005/06/06 27号
・2005/05/31 26号
・2005/05/23 25号
・2005/05/16 24号
・2005/05/09 23号
・2005/04/18 20号
・2005/04/11 19号
・2005/04/06 18号
・2005/03/29 17号
・2005/03/20 16号
・2005/02/07 10号
・2005/02/01 9号
・2005/01/17 7号
・2005/01/05 5・6号
・2004/12/20 3・4号
2004
・2004/11/15 51号
・2004/11/01 49号
・2004/10/25 48号
・2004/09/13 42号
・2004/09/06 41号
・2004/08/09 37・38号
・2004/07/26 35号
・2004/07/17 34号
・2004/07/12 33号
・2004/07/05 32号
・2004/06/28 31号
・2004/06/21 30号
・2004/06/14 29号
・2004/06/07 28号
・2004/05/31 27号
・2004/05/25 26号
・2004/05/18 25号
・2004/05/10 24号
・2004/04/26 22・23号
・2004/04/19 21号
・2004/04/12 20号
・2004/04/05 19号
・2004/03/29 18号
・2004/03/22 17号
・2004/03/15 16号
・2004/03/08 15号
・2004/03/01 14号
・2004/02/23 13号
・2004/02/16 12号
・2004/02/11 11号
・2004/02/05 10号
・2004/01/24 8号
・2004/01/05 6・7号
・2003/12/22 4・5号
・2003/12/15 3号
・2003/12/08 2号
・2003/12/01 1号
2003
・2003/09/01 40号

ピックアップ

ブックマーク

カテゴリ一覧

小説

我孫子武丸
人形はライブハウスで推理する
弥勒の掌
伊坂幸太郎
オーデュボンの祈り
グラスホッパー
ゴールデンスランバー
砂漠
終末のフール
重力ピエロ
フィッシュストーリー
魔王
陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングの日常と襲撃
ラッシュライフ
井上夢人
オルファクトグラム
プラスティック
岩崎夏海
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
冲方丁
天地明察
マルドゥック・スクランブル
歌野昌午
世界の終わり、あるいは始まり
葉桜の季節に君を想うということ
ハッピーエンドにさよならを
密室殺人ゲーム王手飛車取り
ROMMY―越境者の夢
奥田英朗
イン・ザ・プール
空中ブランコ
最悪
サウスバウンド
町長選挙
マドンナ
ララピポ
岡嶋二人
99%の誘拐
小川洋子
博士の愛した数式
乙一
暗黒童話
きみにしか聞こえない―CALLING YOU
GOTH
死にぞこないの青
小生物語
天帝妖狐
夏と花火と私の死体
平面いぬ。
恩田陸
三月は深き紅の淵を
海堂尊
アリアドネの弾丸
イノセント・ゲリラの祝祭
極北クレイマー
ジーン・ワルツ
ジェネラル・ルージュの凱旋
ジェネラル・ルージュの伝説
チーム・バチスタの栄光
ナイチンゲールの沈黙
ブラックペアン1988
ブレイズメス1990
マドンナ・ヴェルデ
夢見る黄金地球儀
螺鈿迷宮
片山恭一
世界の中心で、愛をさけぶ
上遠野浩平
機械仕掛けの蛇奇使い
金城一紀
フライ,ダディ,フライ
加納朋子
魔法飛行
貴志祐介
青の炎
悪の教典
鍵のかかった部屋
硝子のハンマー
狐火の家
黒い家
新世界より
天使の囀り
京極夏彦
覘き小平次
桐野夏生
錆びる心
リアルワールド
佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども
サン=テグジュペリ
星の王子様
さだまさし
解夏
時雨沢恵一
キノの旅VIII -the Beautiful World-
キノの旅IX -the Beautiful World-
島田荘司
異邦の騎士 改訂完全版
Pの密室
殊能将之
ハサミ男
杉江松恋
バトル・ロワイアルII 鎮魂歌
滝本竜彦
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
ダン・ブラウン
ダ・ヴィンチ・コード
梨木香歩
裏庭
西尾維新
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
早川いくを
へんないきもの
またまたへんないきもの
東野圭吾
さまよう刃
使命と魂のリミット
聖女の救済
探偵ガリレオ
手紙
パラレルワールド・ラブストーリー
秘密
分身
変身
真夏の方程式
むかし僕が死んだ家
容疑者Xの献身
予知夢
流星の絆
平山夢明
独白するユニバーサル横メルカトル
深沢美潮
TETORA
デュアン・サーク2 魔法戦士誕生
古川日出男
ベルカ、吠えないのか?
舞城王太郎
阿修羅ガール
熊の場所
暗闇の中で子供
煙か土か食い物
好き好き大好き超愛してる。
世界は密室でできている
NECK
みんな元気。
山ん中の獅見朋成雄
三上延
ビブリア古書堂の事件手帖
宮部みゆき
ブレイブ・ストーリー
森絵都
永遠の出口
森博嗣
スカイ・クロラ
森見登美彦
四畳半神話大系
横山秀夫
半落ち
吉村萬壱
クチュクチュバーン
ハリガネムシ
米澤穂信
氷菓
綿矢りさ
インストール
蹴りたい背中
和田竜
のぼうの城