一人でお茶を

過去記事は上部の[記事一覧]から。日記内検索は検索ボタン[日記]を押してください。

2006-05-29

「国際平和協力活動」

本日の四国新聞より。

首相訪米 「世界の中の同盟」アピール 日米協力拡大も検討

小泉純一郎首相は6月29日にワシントンで行なう日米首脳会談で「世界の中の日米同盟」をブッシュ大統領と確認、日米安保体制が国際社会の平和と安全に寄与していくことをアピールする方針だ。国際平和協力活動などを念頭に、日米協力拡大の必要性を共同声明などで表明することも検討する。

首相は日米同盟を日本外交の基軸としており、今回の訪米は「日米の信頼関係を積み重ねてきた小泉政権の総仕上げ」(安倍晋三官房長官)となる。

国際平和協力活動に関連しては、米側がイラク南部サマワに駐留する陸上自衛隊の復興支援活動を高く評価。日本が国連から要請を受けたイラクでの国連職員、物資の航空輸送支援に踏み切るよう求めている。米政府内では、自衛隊が国際貢献で実績を積み上げ、より積極的な活動をすることで、国際紛争解決での日米連携にまでつなげられないかと期待が高まっている。

一方、日本政府や与党も、国際平和協力活動を自衛隊の「本来任務」とする法案を提出する方針のほか、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」制定も検討中。政府筋は「日米協力拡大の機は熟しつつある」と指摘する。ただ、首相は9月に退任するため、新たな日米安保協力の具体化は次期政権以降の課題になる。

首脳会談ではこのほか、米軍普天間飛行場移設など在日米軍再編の早期実現に向けた連携強化を確認する見通し。北朝鮮の核開発や拉致問題解決に向けた協力強化や、対中国政策をめぐっても意見交換する。

(四国新聞2006年5月29日)

「国際平和協力活動」とは具体的にはどのようなことをするのでしょうか?米側は国際紛争解決での日米連携への期待が高まってるとのことですが、そう言われるとここらでごねるのがうまい政治家が出てきたほうがいいのかと思ってしまう今日このごろです。

おもしろいのは小泉が9月でやめちゃうところかな。結局この件も次期政権が担当することになるのですね。次は誰なんだろうな。

mew-run7mew-run7 2006/05/30 14:08 TB有難うございます。「国際平和協力」という耳障りのいい言葉を表に
出して、国際平和を破壊するのが好きなアメリカとつるんで、他国の攻撃
を行なうような国にだけは、絶対なってほしくないです!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証