一人でお茶を

過去記事は上部の[記事一覧]から。日記内検索は検索ボタン[日記]を押してください。

2016-01-21

フォーリーブス - 踊り子 (1976)

D

郷ひろみはデビュー曲「男の子女の子」から小学生だった自分もよく覚えているのだが、フォーリーブスは顔は覚えているけれど、どんな歌を歌っていたかまではすぐに思い出せなかった。

ジャニーズが話題になっているので、その流れでふとYouTubeで検索して聴いてみて、ちょっと唖然とした。

若い男の子を4人並べて、洋楽調のポップな楽曲に乗せてふりつけつきで歌わせているんだから、フォーリーブスも訴求対象を若い女の子とする男子アイドル路線だったんだろうけれども、それにしては、この「踊り子」の歌詞内容はなんなのだろう。

いい歌なんだけれども、これ、女の子向け男アイドルの歌なのか?

(それとも訴求対象は女の子ではなかった? まさかね……)

そしてすずろに思ったことは。

ジャニーとメリーは、安穏と小奇麗なふりをしている小市民社会に向かって中指突き立てる心意気があった人たちなんだろうなって。あらかじめ市民社会の主流から排除されたところに置かれた者にとっては、自分たちを疎外してきた社会の中に侵入してトップに上り詰めることが、社会への“反逆”になり得る。「優雅な生活こそ最高の復讐」に、なる。

フォーリーブスがこの歌を歌った頃から月日は流れ、世の中の風潮や彼らを取り巻く状況は変わった。でも、世間に中指突き出す心意気がまだメリーさんの胸中にはあるのかもしれない。そしてたぶん、彼女にとってはそれは十分正当なものなのだ。

こういう復讐の仕方もあるってことなのかもね。

オカピーオカピー 2018/03/11 18:59 弊記事までTB&コメント有難うございました。
まさか、あの記事にTBがつくとは思いませんでしたよ(笑)
フォーリーブスは自分のところで挙げた「夏の誘惑」「ブルドッグ」は憶えています。後者はビートルズの「ヘイ・ブルドッグ」をどこか意識していると思っています。

この「踊り子」は僅かに聞いた憶えはあります。しかし、この曲、テンプターズが日本語版を歌ったグラスルーツの「今日を生きよう」からの拝借ですね。Aメロが似ていますし、最後の「しゃららら」はほぼ同じメロディーです。井上忠夫氏にこういう趣味があるとは。

ジャニーズの創設者については意識したことがなく、よく解りません。SMAPの解散はかなり騒ぎになりましたが、解散してもしなくてビートルズではないのだから大した問題ではないよと白けていました(笑)

nesskonessko 2018/03/12 23:07 オカピーさん、こんばんは。
>テンプターズが日本語版を歌ったグラスルーツの「今日を生きよう」からの拝借ですね
おお、そうでしたか! わたしはあまり知らないので気が付きませんでした。それで知らないままこの「踊り子」はいい歌だな、と。
>井上忠夫
私はシャネルズ(ラッツ&スター)のファンだったので、シャネルズの歌の作曲で名前をよく記憶しています。そのころは井上大輔という名前だったですね。
しらべてみると、大勢の歌手に作曲していて、すごい人だったんだな、とあらためて思いました。もちろん、「ブルー・シャトウ」も覚えています。

>SMAPの解散
じつは私も、SMAPがブレイクしたころと自分があまりテレビを観なくなった時期が重なっていて、大人気なのは知ってても自分ではあまり見ていないので、なんであんな大騒ぎになるのか、ぴんと来なかったのです。
ジャニーズは若い人が次々出てくるところなので、宝塚みたいにある程度の年齢になったら卒業していくほうがいいんじゃないかと思ったりします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証