HogeHogeHack72 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-11

[]タブレットでお絵描きしたいよね?

「タブレットでお絵描き講座」に行ってきた

screenshot

ブロガー応援企画:「タブレットでお絵描き講座」を開きます - ITmedia エンタープライズ


タブレットには興味あるけど、どうせ絵なんかうまく描けないし、買っても使いこなせないよなぁ。

と、長年ふてくされていたのだけど、百式の田口さん企画のこの講座に運良く参加できたので、

学んだことをシェア。


言葉では説明しにくいので、まずはこの動画を見ていただきたい。


講座は二部構成になっていて、上の動画は第一部を再現したもの。

  • 第一部
    • 先生の説明にそって、写真をベースにりんごを描いてみる。
  • 第二部
    • 他の参加者の顔写真をベースに、自由に描いてみる。

第一部

第二部

  • 顔写真をいじって、目を拡大したり、増やしたりする。
    • 目とか口とかを範囲選択して、コピペするだけでレイヤーが自動で作られるのが便利。
  • 顔写真をいじり終わったら、クローンを作成する。
    • レイヤー統合された一枚絵になるので、あとは第一部と同様に描ける。
  • 線画だけでデフォルメして描くと、キャラクターっぽくなる。
    • それを下絵にして、さらにトレースを繰り返すうちに、自分の画風ができていく。
    • 翻訳ものの小説でいうところの超訳みたいなもんか。
    • この発想はなかったので、とても面白いし実用的だと思う。
  • ヒラヤマ先生はタブレットの上に紙を敷いて、紙と同じ感覚で描けるようにしているらしい。
  • どうやったらイメージ通り描けるのかわからず行き詰っていたところ、プロの力を見せつけられた。
    • ヒラヤマ先生がちょちょっと黒と白で目にメリハリをつけただけで、グッと見れる絵になった。メリハリ重要。
  • 出来上がったのはコレ。時間切れで中途半端だけど、かわいく描けたのではw
    • f:id:nettabo:20071212010410j:image

まとめ

想像していた以上に、タブレットで絵を描くことの敷居は低かった。


ふだん全く絵を描かない人間でも、かんたんに絵が描けてしまうのがすごい。

下絵トレースを繰り返せば、もりもり上達していくことだろう。

そうやってたくさん描けば描くほど、タブレットのありがたみを感じるのだと思う。

#ヒラヤマ先生も昔はマウスで描いていて、腱鞘炎になりまくったらしい。


今回は参加者4名という贅沢な環境で、貴重な体験ができて良かった。

講師のヒラヤマさん、主催のBiz.IDさん、企画者の田口さん、協賛のワコムさん、そして参加者のみなさま、

ありがとうございました!