Hatena::ブログ(Diary)

ほそかわ幸宏new-hopeブログ

2011-05-16

2011年 新聞・テレビ消滅!?!

2008年からアメリカで始まった新聞業界の地滑り的な崩壊は、

3年遅れの2011年、日本でも起きる。

そしてこの2011年は、テレビ業界にとっては

2つの大きなターニングポイントの年である。


アナログ波の停波による完全地デジ化と、情報通信法の施行だ。


この二つの転回点によって、テレビはこれまでの垂直統合モデルをはぎ取られ、

電波利権はなんの意味も持たなくなり、劇的な業界構造転換の波へとさられれることになるだろう。


2011年は、新聞とテレビという二つのマスメディアにとっては墓碑銘を打ち立てられる年となる。


佐々木俊尚氏の『2011年 新聞・テレビ消滅』のプロローグより。



要は、マスコミは消滅し、中コミ、小コミになってゆくということです。


これだけ、人々のニーズが多様化したら、

最大公約数的な読者はもう存在していなくて、

人々が情報を取る手段も、新聞やテレビだけではなく、もっと、便利で、

その人の興味にあったものに、なってきたのです。


新聞・テレビが、マスメディアとして、

ほんとうにより多くの人々に有用な、良質な、

しかも、公正で、誠実な情報を提供しているならば、少なくともそうした姿勢を堅持するならば、

生き残れるのでしょうが、

実際は、そうでないから、

その悪業によって、消滅してゆくのです。中コミ、小コミに分裂してゆくということです。


新聞・テレビも、公器として、たとえ自らの会社の利害や営業の利益に反しても、

正論や正しい情報を載せる姿勢があれば、その善業と信用によって守られ、必要とされるのですが、

残念ながら、そうではなくなっているのが、いまの日本なのです。



長くは多くの人の目をごまかすことはできません。


また、政権と癒着し、政権が官房機密費によってマスコミ対策をし続け、

本当に必要な批判を、マスコミ政権にしていない事実、不誠実さを、

長い間、国民も黙って見ていることはありません。



やろうと思えば、不買運動など簡単なものですし、

公然とやらなくても、自然に「この新聞は信用できない」という情報、口コミは、

こらから、ますます高速に、広範囲に伝わり、淘汰の波は避けられないでしょう。


しかも、長引く不況と、大震災の影響で、まず広告宣伝費から削られて、マスコミの収入減は、避けられなくなりました。


菅首相、そして、民主党の消滅の次は、

マスコミの消滅であるということが、

いま、多くの人々が感じていることであるのではないでしょうか。


国民に正しい考え方が広がり、啓蒙活動が進めば、

マスコミの間違い、情報操作も分かるようになります。


また、マスコミが間違ったことの責任も、

しっかりと追及される時代になってきたのです。


正しさがこの日本を覆わねばなりません。

間違っていることを、公然と批判できないマスコミは滅びてゆきます。


そして、菅首相の間違っていることを、数千名でデモをしてまで公に訴えた幸福実現党の活動(5月14日と15日)を、

まったく、少しも報道さえしないというマスコミには、それだけの反作用がくるということが、まだ分からないのでしょうか?

そういう活動があったと公然と世に知らせることが、本来の民主主義の仕事ではないでしょうか?

しかも、警察もびっくりするぐらい、礼儀正しく、整然とデモ行進をし、感嘆されるぐらいの行動をとった団体であり、

その言論、考え方は、世を惑わすものではなく、「このまま日本の繁栄をすりつぶしてはいけない」という、

本当にまっとうなものであったのです。


とにかく、2011年が、日本のマスコミ消滅の元年となることを予言している人たちがいるということを、

お伝えし、「何が正しいか」をお伝えし、

あくまでも誠実に、正論を訴え続け、

正々堂々と戦い続ける幸福実現党の一人でありたいと心を固くしております。

がんばってまいります!


幸福実現党
ほそかわ幸宏

ご参考になれば幸いです。
よろしければクリックお願い致します!
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ
にほんブログ村

ご参考になれば幸いです。
よろしければクリックお願い致します!
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ
にほんブログ村

yukihirokunnをフォローしましょう

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/new-hope2009/20110516/1305550422